生かされて活かされて 痛さん&さなさんのブログ

おのれを忘れて他を利する。
穏かで慈悲のこころに満ちた生活を送りたいものですね。
日々のできごとをお伝えします。

浦賀の叶神社と松輪サバ(三浦半島)

2021年09月28日 | ちょいグルメ
2021年9月27日(月)

ふと思い立って三浦半島の「松輪サバ」を味わいに行った。
松輪のサバ(鯖)は「西の関サバ、東の松輪サバ」と呼ばれるほどのブランド魚なのだそうだが、横浜ではあまり聞かない。
(“私達だけ”なのかも知れないが)

ワイフが「ついでに、浦賀の叶(かのう)神社に行きたい」というので、予定より30分早い9:45に家を出た。
横浜から首都高経由で横浜横須賀道路に入り、浦賀ICを降りて「叶神社」に向かう。
「叶神社」は浦賀港の西側、東側の二カ所あり、松輪へのルートの都合で1時間ほどで西側の「叶神社」にやってきた。

(横須賀市のHPから)
浦賀の港を挟んで、東西の叶神社が向かい合っています。
社務所の裏には井戸があり、勝海舟が咸臨丸での太平洋横断前に、この井戸で水垢離(みずごり)をした後、明神山山頂で断食をしたと伝えられています。
拝殿前の狛犬は、それぞれ子供を抱いていて、右側の狛犬はお乳を飲ませています。
また、狛犬は口を開けた「阿(あ)形」と口を閉じた「吽(ん)形」で一対をなしていますが、東叶神社の狛犬は、左右とも口を閉じているように見えます。
西叶神社の狛犬が、いずれも口を開けているように見えることから、東西で一対となっているとの説もあります。
願が「叶う」、叶神社。パワースポットとしても人気があります。西叶神社の勾玉を、東叶神社のお守り袋に納めて身につけていると、恋愛をはじめさまざまな良縁を結んでいただけるそうです。
東西の叶神社は、浦賀の港を行き来する「浦賀の渡し」で結ばれています。


西側の「叶神社」




勾玉(まがたま)のお守り






浦賀の渡し(横須賀市のHPから)
ポンポン船の愛称で親しまれ、浦賀のシンボルになっている渡船は、港に隔てられた東西の浦賀の町を行き来する人にとって、大切な交通手段です。
時刻表は無く、渡船が対岸にいるときは、呼び出しボタンを押すと、すぐに来てくれます。約3分ほどの船旅です。




ポンポン船




西側押しボタン




東側押しボタン




東側の「叶神社」




札所




右側の狛犬




左側の狛犬





両方の「叶神社」を参拝し、昼食を摂りに松輪へ向かう。
浦賀港から県道210号、国道134号で三浦海岸駅へ。
三浦海岸駅から県道215号線を走って目的の「地魚料理 松輪」へ。
県道215号線を走るのは20数年ぶりだ。

「地魚料理 松輪」さんのある松輪漁港は、県道215号線から外れ、路地を左折で入るのだが、ここが実に分かりにくい。
注意して見ると、それらしい看板があるのだが、見落としてしまいそうだ。
漁港への道はデコボコでしかも狭い。
視界が開け、かなりの車が駐車している空き地に出る。
一応駐車場っぽく仕切りがあるが、好き勝手に止めて良さそうだ。
空き地のせいか、駐車料は無料。

空が広い空間にポツンと場違いな建物が建っている。




この建物の2階に目的の「地魚料理 松輪」さんが入っている。
まだ新しさの残る建物に入り、2階に上がると「いらっしゃいませ」と女性の元気な声が迎えてくれた。




時刻は12:30。メニューを見ると「松輪サバ」は不漁のため入荷が少なく「完売」だった。
残念だが「松輪サバ」は次回のお楽しみとしよう。

痛さんがオーダーした「刺身5種盛合せ定食」2,480円(税込み)+定食のアオサ汁をアラ汁に変更 +165円(税込み)




ワイフがオーダーした「なぎさ定食」2,780円(税込み)
刺身3点に天ぷらが付いたボリューミーな定食




「松輪サバ」は「1本釣りで、しかも魚に手を触れず出荷直前まで生かしている」また、天候にも左右される、ため漁獲量が定まらず入荷が少ない日があるとのこと。
事前に店に確認した方が良いようだ。

「地魚料理 松輪」
  神奈川県 三浦市 南下浦町松輪 264 エナヴィレッヂ2階
  046-886-1767
  11:00~16:00(L.O.15:00) 定休日:火曜日


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ゴリラツールで住所入力がで... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。