ツルノリヒロの生活と推理

アーティスト、ツルノリヒロの気ままな発信基地。

2018秋の韓国公演

2018-10-12 11:20:06 | コンサート

本日より韓国に地方公演に行って来る。

利川市(イチョン)と仁川市(インチョン)良く似た名前だが、利川はソウルの南東、車で約一時間に位置し、インチョンはソウルの西、インチョン空港があるところ。

今年は韓国へ行くのは5度目・・・

まとめてくれれば良いのだが、なかなかうまくは行かないようだ。

写真は今年三月に訪れた蔚山市での公演の模様。

蔚山市は釜山の西、車で約一時間に位置する。

 

コメント (2)

いわさきちひろ美術館・生誕100年Life展

2018-10-01 17:06:57 | アート

下石神井にある、いわさきちひろ美術館に久しぶりに行く。

自宅跡地に立てられた美術館は、とても気持ちのよい空間で、好きな場所だ。

今年は「いわさきちひろ生誕100年・Life展」をやっていて、

7月から10月までは、いわさきちひろの作品をモチーフとしたインタラクティブアートに、

シンガーソングライターの えこ さんが、高見沢淳子名義で音楽を提供していると言うのだ。

招待券を頂いたので、Ayakoを誘って行ってみた。

インタラクティブアートを制作しているのは、「plaplax」と言うグループ。

コラボレート作品は、チラシの上から二番目の写真のように、床に敷かれた薄いマットの上を歩くたびに、

水彩絵の具のにじみがピアノの音と共に広がる作品や、いわさきちひろの何枚もの絵の中に、白く抜かれた影絵として自分が入り込む作品、

(撮影可と言うことで、雰囲気を伝える為に載せさせていただいた)

最も好きだった作品は、白いテーブルの上の様々な絵を書く道具に触れると、ピアノの音を始めとする様々な音と共に、

机の上にいわさきちひろの様々な絵のキャラクターなどが映し出され、しかも動いてゆくと言うもの。

チラシの表、一番上の風船と舞い上がるパスカルは、赤青黄色の絵の具に触れると現れ上へとのぼって行くし、

黒インクのビンに触れると、まるでそこから這い出て来たかのようにモノクロの少年が、インクの跡を引きずり歩いてゆく。

短くなったクレヨンに触れると、そのクレヨンで絵を書いている女の子が現れ、ベビーカーに乗った赤ちゃんが机の上を走り回る。

とても楽しい。

高見沢淳子さんの作品は、ピアノを使ったとてもシンプルな音楽で、シンガーソングライターとしてのえこさんとは一線を画する。

このようなインタラクティブな作品の場合、音が混ざり合う事がある訳だが、

それでもぐちゃぐちゃにならないよう、濁らせないところはさすが。

「plaplax」からも高見沢淳子さんからも、大いに制作欲を刺激される。

 

帰りにショップでCDを買う。

19曲収録されているが、曲名は無く番号のみ。

著作権の登録はどうやったのだろう・・・

 

とても気持ちのいい美術展だ、10月28日までやっているから、興味を持たれた方は足をお運びになっては如何だろう。

 

コメント (2)

秋のコンサート

2018-09-22 02:45:24 | お知らせ

2018年秋のコンサートのお知らせを。

 

① 9月24日(月・振替休日)
「二人のシェフと三人の音楽家によるコラボレーションvol.22」
開場14:10 開演14:30 場所:東中野「驢馬駱駝」料金7,000円

食と音楽のコラボです。
2回にわけての食事タイムと演奏タイム。
料理は十品ほどの大皿料理をバイキング形式で取っていただきます。
飲み物は赤・白ワインにソフトドリンクが、ほぼ飲み放題。
演奏もたっぷりまるコンサート分演奏します。
かなりリーズナブルで人気のイベントです。



② 10月25日(木)
「Suono Danza Piacere vol.2」
開場18:30 開演19:30 場所:渋谷プライム5F イープラスカフェ 料金5,000円
一昨年行ったベリーダンスとのコラボレーションの2回目。
僕やギタリストの永島さんの曲を、あらかじめダンサーさん達が選び、曲に合わせて振り付け、即興も交え踊ります。
道玄坂入り口109隣のプライムビル5階、とてもおしゃれなカフェです。

チケットはeplus(イープラス)からお求めが出来ます。 http://eplus.jp/sdp_2/

あるいはこのBlogのコメ欄から申し込んでも頂けますよ。




③ 11月04日(日)
湘南スペシャルライブ2018 ~笹りんどうと秋の空~
開場16:00 開演16:30 場所鎌倉歐林洞ギャラリーサロン 料金5,000円(ワイン・紅茶・お菓子付き)
鎌倉にあるとてもおしゃれな洋菓子店、歐林洞でのコンサート、今回は「Acoustic Café」のコンサート。
10月に韓国公演をやっての凱旋コンサートになります。
Acoustic Caféは僕のソロとは違ってピアノトリオの編成で、クラシック、映画音楽、ピアソラやボサノバ等、カバー曲もたくさんやります。
御予約購入は、

チケットぴあ Tel.0570-02-9999 http://t.pia.jp/  (Pコード:125-410)

ローソンチケット Tel.0570-084-003  http://l-tike.com/  (Lコード:76464)


チラシの裏にちょこっと載せてるけど、来年4月には「にっぽん丸」の博多~沖縄クルーズでも演奏します。




コメント (2)

ミッドナイトジャーナル 音楽

2018-03-26 22:48:40 | お知らせ

久々にTVドラマの音楽を担当させていただいた。

作品は、本城雅人原作「ミッドナイトジャーナル」

3月30日夜9時から、TV東京「春の開局記念ドラマ」として放送される。

映画「陽はまた昇る」「半落ち」の佐々部清が監督し、

出演は竹野内豊/上戸彩/寛一郎(佐藤浩市の息子)/小日向文世/松重豊 他

 

シリアスなドラマで、心理的な部分に音楽を付けるシーンが多く、なかなか苦労した。

昨年9月に話をいただいてからすぐに原作を読んでいて、なかなか難しそうだと分かっていたから、

映画の監督である佐々部さんならではの、TVドラマでは普通やらない「台本読み合わせ」にも参加し、ロケも見学させてもらいに行った。

年が明ける前にテーマを作って欲しいと言われていたので、「ミッドナイトジャーナルのテーマ」そして上戸彩扮する「祐里のテーマ」の2曲を作った。

ありがたいことに、2曲とも好評だったが、ここからが大変で、編集の終わった映像にあわせ、30曲近く音楽を作らなければならず、

監督からは、なるべく少ないメロディーで、と言われていたので、5つほどのテーマのバリエーションでほとんどをまかなった。

今のドラマ等の音楽の付け方は分業制で、作曲家である僕は曲を作り、録音して曲にするまでを担当。

選曲、と言う立場の方が、それらの曲を聴き、どのシーンに当てはめるかを考え、時には編集して繋ぎ合わせたりもする。

でも僕は古い人間で、映画が大好きなものだから、昔から細かくシーンに合わせ曲を作りたくてしょうがない。

今回も役者の方達の表情や、演技と演技の間、台詞回しのテンポやリズムに合わせてスコアを書いた。

つまり、同じメロディーでもシーンに寄ってテンポも変わるのだ。

結果、佐々部監督からは

「とても素敵なスコア、ありがとうござます。硬質というか、硬派なスコアで、大人のドラマを意識させてもらえます」

とのメールをいただき、Ayakoのチェロが深い、とプロデューサーからは絶賛していただいた。

お時間のある方は是非。

以下から予告が見られる。

https://youtu.be/RYIsOOuhGO4

 




コメント (6)

2018謹賀新年

2018-01-16 00:08:10 | 最近

 

みなさま、大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

 

今年もよろしく(アップした時には)お付き合い下さい。

コメント (4)

Acoustic Café 笹りんどうと秋の空Vol.6 鎌倉歐林洞コンサート

2017-10-13 00:24:32 | お知らせ

今まで三年間、〜笹りんどうと秋の空〜では僕のソロコンサートを行って来た。

だが、よく考えると、素晴らしいスタインウェイのピアノがある歐林洞では、Acoustic Caféの方がふさわしいのではないか、と、ふと考えた。

期せずして主催であるキャピタルヴィレッジの荒木社長からも、同じ提案をされ、今回のコンサートとなった。

 

Acoustic Caféは、1990年に結成されたグループで、

20世紀初頭、パリのカフェに集った様々なジャンルのアーティストたちを気取り、

そこから生まれた、ジャンルを超えたコラボレーションにあこがれ、自由な表現を目標に活動をして来た。

 

そして2009年、CDを幾枚も発売していた韓国から熱望され、僕とAyakoを中心に、新たな一歩を踏み出し、

現在まで毎年数度のコンサートツアーを行っている。

 

今回もまた一つの集大成・・

とても素敵な世界を用意している。

 

是非みなさまいらしてください。

 

【日時】10月29日(日)
【料金】5,000円(ワイン・紅茶・お菓子付、税込)
【会場】鎌倉 歐林洞ギャラリーサロン (〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目12−18) 
【時間】開場 16:00/開演 16:30 ※途中休憩あり ※Tea Time 18:30~
【メンバー】ツルノリヒロ(Vln)Ayako(Cello)西本梨江(Piano)

【お問合せ・ご予約】キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

チケットぴあ
ローソンチケット
CNプレイガイド
キャピタルヴィレッジ

でお買い求めいただけます。

また、tsurunorihirofc@gmail.comにメール、あるいは03-3954-7664まで留守電吹き込みか、FAXでもご予約出来ます。

 

コメント (2)

ツルノリヒロ「音の旅人ライブ2017」at 恵比寿 アート カフェ フレンズ

2017-10-08 21:00:15 | ライブ

久しぶりに東京でソロライブを開いた。

場所はこれまた久しぶりの、恵比寿アートカフェフレンズ。

オーナーの  すずきまさかつさんとは、古くからの付き合いで、

アートカフェフレンズの前身であるアートカフェの時代には、良く演奏をさせていただいていた。

今の場所に移り、アートカフェフレンズになってからも、時々演奏をさせていただいていたが、

ここ7〜8年ほどはご無沙汰していたから、本当に久しぶりだった。

 

メンバーはいつものギタリスト永島広さんと、チェリストのAyako、そして、スペシャルゲストギタリストとして、

今は岡山在住の荒木博司さんを招いてのステージだった。

荒木さんは、僕の初期のサウンドを支えてくれたとても素敵な、大好きなギタリストだ。

喜多郎の全国ツアーで知り合い、僕の1stから3rdまでのソロアルバムや、アニメーション映画「アルスラーン戦記」様々なドキュメンタリーシリーズなど、

たくさんのプロジェクトでエレキギター、生ギターを弾いていただいている。

今は岡山で、実家の会社を切り盛りしながら演奏活動を続けているのだが、6月の僕の関西ツアーで久しぶりに共演をさせていただき、

今更ながらにその素晴らしい演奏に感動し、今回のライブに繋がった。

 

荒木さんが岡山に帰られてから、すでに20数年経っている。

その間に共演する機会があったのは、わずか4回・・その間に僕のサウンドも随分変化して来た。

けれど、荒木さんが参加して、レコーディングで演奏した曲を弾き始めると、たちまちその時代の世界に引き戻されてしまうのだった。

今回演った曲では、

1stアルバム「月をつくった男」の「Moonlit Dancer」「嵐ヶ丘」「Close Your Eyes」

2ndアルバム「太古の太陽」の「出航」「五月の風」「Going Home」

3rdアルバムの「砂漠の彼方に」

 

音楽は不思議だ。

懐かしい曲を聴くと、聴いたその時のことや、演奏した時のこと、そしてその背景の時代までを思い出すことがある。

風景、情景、そして誰とどんな話をしたかまで、鮮明に浮かんで来る。

 

今回のライブも、まさにそんな感じだった。

レコーディング中の細かなことまで思い出し、懐かしかった。

 

だが、今は昔と違うこともたくさんある。

サポートしてくれている、永島さんやAyakoの演奏は、まさしく新しい今の世界の表現だし、

何よりも、あの時代より、僕も十分成長している。(しすぎてる・・?)

 

昔のオリジナルなサウンドに、今の世界感が加わり、そしてようやく昔よりも幾倍も音楽を表現できるようになった自分がいて、

今回の演奏は、一つの集大成的なコンサートになった気がする。

 

もう一つ久しぶりだったこと、

とても懐かしい方達が、たくさん聴きに来てくれたこと。

音楽プロデューサーとして知られている立川直樹さんを始め、ずっと仲良くさせていただいて来たたくさんの友人が、

それぞれの生活の中から抜け出すように、久しぶりに会いに来てくれたこともとても嬉しかった。

 

アンコールの「Going Home」は荒木さんとの数あるセッションの中でも、特に思い出深い曲。

そんな当時の話をたくさん交えながら、二人だけでの演奏を聴いていただいた。

 

 

 

コメント (4)

ツルノリヒロ「音の旅人ライブ2017」東京

2017-09-14 21:24:13 | お知らせ

久々のツルソロ東京です。

「ツルノリヒロ 音の旅人ライブ 2017」
日時:9月25日(月)18:00開場 19:30開演
場所:恵比寿 アート・カフェ・フレンズ
料金:5,000円(ワンドリンク付き、税込)
出演:ツルノリヒロ(Vln)永島広(Guit)Ayako(Cello)荒木博司(Guest Guit)

ゲストギタリストの荒木さんは、僕の初期のサウンドを支えてくれた素晴らしいギタリストで、
喜多郎の全国ツアーで知り合い、僕の1stから3rdまでのソロアルバムや、
アニメーション映画「アルスラーン戦記」「ドキュメンタリーシリーズ」など、
たくさんのプロジェクトでエレキギター、生ギターを弾いてくれています。
今は岡山で、実家の会社を切り盛りしながら、演奏活動を続けているのですが、
6月の関西ツアーで共演したところ、やはり素晴らしく、
今回来京する彼に合わせて、急遽ライブを企画したものです。

日にちが限定されていた為、曜日的にも良くなく、日にちも迫っているのですが、
もしお時間がありましたら是非!

どうぞよろしくお願い致します。

 

Acoustic Caféの鎌倉公演もよろしく!!

 

 



コメント (3)

ツルノリヒロ「音の旅人ライブ2017」関西

2017-06-10 20:53:20 | ライブ

ソロのライブでは初めての神戸、名古屋、そして3年前に一度行っている岡山。

3カ所でのライブが再来週に近づいている。

メンバーはギターの永島氏とチェロのAyako、トリオの編成となる。

 

神戸では阪神淡路大震災時に、「頑張れ神戸!」をテーマにしたアルバムを作り、復興支援コンサートを行ったこともあり、

神戸kissFMで1年半ほど番組を持っていて、北野外国人倶楽部にて公開録音コンサートを開いたこともある。

今回は歌手のまり遥さんをゲストに迎えて、三ノ宮の有名なグレートブルーでの演奏となる。

 

岡山には、喜多郎のレコーディングや全国ツアーで知り合い、僕の1stから3rdまでほとんどのCDで Guitarを弾いてくれているギタリスト、

荒木博司さんがいて、3年前もその縁でライブをやることが出来た。

今回も同じように、彼にお世話になりながら、もちろん彼をゲストギタリストに加えての4人編成のライブとなる。

場所は新しいライブスポットでtonicaと言うお店。

 

名古屋はAcoustic Caféでたびたび訪れた町だが、最近はご無沙汰している。

パラダイスカフェ21と言うライブハウスでの演奏だが、ここにはピアノもあるらしい。

紹介をしてくれたベーシストの河合徹三さんには、Acoustic Caféでもいいんじゃない? と言われている。

今回うまく行ったら考えてみようか、と思う。

 

申し込みなどは

19日神戸グレートブルー
開演 1st    19:00~19:45
       2nd   20:15~21:00
前売り3,500円 当日4,000円(Drink別)
神戸市中央区琴ノ緒町5-5-29 
三経ビル地下1階

ご予約・お問い合わせ
greatblueakinori_a@yahoo.co.jp
greatblueakinori@gmail.com
greatblue 078-231-0071

20日岡山tonica
開演 1st    19:30~20:15
       2nd   20:45~21:30
前売り3,500円 当日4,000円(Drink別)

ご予約・お問い合わせ
岡山市北区表町1-10-13
tonicalive@nifty.com
086-238-7189

21日名古屋パラダイスカフェ21(T.C 500円別)
開演 1st    19:00~19:45
       2nd   20:15~21:00
前売り3,500円 当日4,000円

ご予約・お問い合わせ
TEL.052-741-8566
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1-8-5

あるいは僕のファンクラブアドレス

tsurunorihirofc@gmail.com まで

コメント (2)

アコカフェライブ

2017-01-20 18:30:40 | お知らせ

Acoustic Caféはかつては全国ツアーなどもやっていたが、ここしばらく国内ではほとんどコンサートをやっていない。

たまににっぽん丸クルーズで演奏すると、わざわざ昔のファンの方が乗船してくださる事もあるぐらい。

古くからの音楽仲間、ピアノの宮原慶太君やギターの久保田邦夫君らが作っているフェイブルと言うアコースティックグループに、一緒にコンサートをと誘われた。

アコカフェ初対バンである!

1部がフェイブルで、僕らは2部。

合同でも一曲演奏する。

8人編成となる・・

ステージに乗るのだろうか?

コメント (2)