くない鑑

命を惜しむなっ!名こそ惜しめっ!!前へぇ、前へーーーぇっ!!!

三十路の九歩目

2016年02月22日 | くない観

語呂合せだとサンキュー(39)
感謝の歳に入りました(笑)
皆さんへの感謝の念を篤くして、今歳一年歩んで行きます。
御指導、御鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

さて、ここ数年は仕事で忙しくしていて、いろいろと疎かにしてきたことがありましたが、四十路・・・そう、不惑之歳四十路を前にして、いろいろと整理整頓をしたいと、ちょっと思ってます。
それは、身辺心的の他に知識でも。
正直、ここまで来ましたから、それなりに地位と名誉が積み上がってきました。
けど、社会的に、仕事面で、まだまだだと、身の長に合っているかどうかは心許なく覚束ないと思うことが多々あります。
更なるステージへ、正しく「不惑」となれるよう、ここらで最適化したいな・・・と、思っています。

ただまずは、何事にも逡巡する自分を変えねばなりません((苦笑))
コメント

ディスリード

2015年07月31日 | くない観
いま話題の安全保障法案なんですが、、、

賛成派は反対派を
反対派は賛成派を、互いにディスり過ぎ!(苦笑)

何故もっと冷静に、互いの意見や中道の意見に耳を傾けようとしないのか
その意見を言えない雰囲気が、恐ろしく、腹立たしい!!
互いを攻撃したところで、議論も理解も深まるわけがない
中道に立つ私から見たら、浅慮過ぎてバッカバカしく思うこと、この上無いです

反対も賛成も、気勢が上がらないのはその所為なのでは?!と、最近思います

敢えて言います
私の苦手な赤い翼のシンパさんは、毎日のように朝、駅で辻立ちして訴えてます、反対を。
けど、賛成を唱える意見を、私は一度も見たことがありません
私の住む選挙区から選出された自民党員は、当選後、一度も見たことがありません(爆)
理解が深まらないのも、当然です
その努力を、与党員がしていないんですから
それで賛成しろだって?!
バカも休み休み言え!って、言いたいです(笑)
また、反対派ばかりを取り上げず、賛成派も取り上げろ!、などという意見を見ましたが、上記のように、私は、賛成派を見たことがありません
昔あった大黒摩季の都市伝説並みに、賛成派の存在を疑ってます(笑)

だから私は、互いをディスる行為を白眼視して、法案に賛成するか反対するかの判断は、それぞれの立場の人が、身近でどう行動しているかを、(判断材料の)1つとします

尤も(苦笑)
いまのソーリは、年金問題をやり遂げる!と高らかに宣言しながら何もせず
最近もまた、オリンピックの開催地を決める場でのプレゼンで「予算はあります!」と高らかに宣言しながら、新国立競技場を建てる予算すらなくちゃぶ台返しをして、剰え、(閣僚が)その責任をザハ案を採用した民主党政権に転嫁させるお粗末さ。
呆れて物が言えませんが、このソーリの最大の罪は、所信表明演説後に辞任、いや、トンズラしやがったこと!
到底赦せぬ裏切り者なので、全く信じてません(爆)

あっ、だから憲法を超える法案を作りたくなっちゃうのか(爆)
憲法解釈でなんでもできるなら、いまの憲法、だれも信じなくなるのでは?!
「徴兵制はありえません」なんて言ってても、このソーリ、すぐウソつくから、信じられません。
ほら、憲法解釈で何でもしちゃうんだから、徴兵制だって、何かにこじつけてするかもね(笑)

まぁ、私論ですから、あしからず<m(_ _)m>

・・・気が付けば、今年初めての日記投稿
つぶやく暇はあるんですが、日記を書くまでの時間は(^^ゞ
こう見えて(どう見えて?!)、意外と忙しいんです(笑)
コメント

謹賀新年!平成27年乙未

2015年01月01日 | くない観

みなさま
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も引き続き変わらぬご愛顧、ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

さて、久しぶりのブログ更新となってしまいました。
みなさま、ご無沙汰しておりました。
如何お過ごしだったでしょうか。
私は、昨年は4月から、業界団体で組織するグループの責任者に就いた都合上、結構忙しくしてました。
いままで、三國志心理テストで当たるのが“諸葛謹”や“魯粛”といった中間管理職的な立場だった、自分でもNo.2的立ち位置がよいと思っていたので、正に、柄にも無いところにいるんですが、案外面白いです。
だから、本務を疎かにしがちで困ってます。
一緒に仕事をしている方々からも、好評を得ています。
だから、自信と勇気を貰ってます(笑)
・・・が、ここであっちが成功しないんですよね、、、(爆)
今年は、それを最重要課題として取り組みます!
見ていろ!来年の新年を!!

・・・と、ちょっと脱線てしまいましたが、仕事、しっかりやります。
ちなみに、グループ(組織)の責任者は1年限りなので、今年の春までです。
それまでに、組織改革に邁進します。
その為に、正月から資料やPCとにらめっこ中です。

あと、今年も、ここ最近連続参陣している祭りには出たい!と思っています。
少し間隔を空けちゃうと、感覚が鈍っちゃうので(^^ゞ

それと、実は一昨年の秋からい弓道を習っていまして、今年は、まずは初段獲得を目指します。

これも、最重要課題です。

ちょっと、このブログを放置気味ですが、時間の許すところで更新していきたいと考えています。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

あっ、画像は平成27年乙未元日の初日の出・・・です。
九十九里まで出張ったんですが、ちょっと残念な結果に。
けど、陽射しが幻想的的で、それはそれでよかったです(o^-')b !

くない卿家基 謹言
コメント

税、ゼエ、、、

2014年06月27日 | くない観
みなさん、こんにちは。
気が付けば、、、
二月ぶりの掲載か?!
無精者で、申し訳ありません。
石和参陣記を書いてはいるんですが、仰せつかった井上さんの軌跡で、止まってますあせ(^^ゞ
もう暫くしたら、調べた上で、書き始めます。

さて、、、
この間の給料明細に、税金差引額の明細も入ってました。
簡単に言うと、給与の2割近く毎月持って行く、その予告が載ってました!
そこで思い出したのが、地元の駐輪場の実態。
私は、通勤に電車を利用していて、自宅と最寄り駅は、自転車で往復しています。
その時、市営の駐輪場を利用していたんですが、2年ほど前か、閉鎖されました。
震災後、地面がひび割れていたりうねっていたりしたので、安全上、修復でもするのかな?!と思ったら、後々で、私の住んでる街を開拓したデベロッパーが、大学を誘致して、そこを含めた区画にキャンパスを建てる計画が有ることを知りました。

そこはまだ、閉鎖された時のまま、手付かずです。
まぁ、無理だろう、、、
実現しても、何時の事やら、、、
・・・と思いながら、駅近くの商業施設の駐輪場に止めていました。
閉鎖された駐輪場の近くに、跨線橋を利用した屋内型の市営駐輪場が在るんですが、使ってた駐輪場の料金が倍!
しかも、1から建てた駐輪場ならまだしも、跨線橋を利用した、言わば便乗駐輪場にそんなカネ払えるか!!と思って、そうしてました。
商業施設側も、門付けたり、チェーンやロープで簡単に出入りできないようにしていたので、段々と罪悪感が増してきて、遂に折れて、便乗駐輪場に利用の申請をしようと行きました。

今のご時世、とかく問題はあるものの、どこの行政も指定管理者制度を利用していて、我が街も、駐輪場の管理等に入れています。
その手先である留守番のじいさんに利用の申し出をしたら、、、
「満杯です」
、、、と言われました。
行ったのは日曜日の昼。
平日よりも利用が低いのを差し引いても、駐輪場はガラガラ。
到底納得出来ませんでしたが、大人なので、ぐっとこらえて引き下がり、今もまだ、商業施設の駐輪場に止めてます。

ちなみに、閉鎖された屋外型の駐輪場は、直線距離で300m西の駐車場の一画に、1/3くらいの規模で移ってますが、不便極まりなく、絶対に使いませ!

そんなこんなで。
市民税、月でそのくらい、年間で数十万円にも上ります。
納税は国民の義務ですが、到底納得出来ないです。。。

駐輪場が事実上値上げになる時、市議会でこの議論が成されたのか見てみましたが、ありませんでした。
駅前で、Rな人達や市民オンブスマン系の連中が声高に何やら叫んでいますが、このことには何一つ触れておらず、益々この系統の連中に嫌悪感が増したと共に、議会の無能さ、市民との乖離を感じました。
いま、市議会が開会中で、何が話し合われているのかを見たんですが、呆れる内容ばかり。
今までの、市議会選に対する自分の無関心を痛感しました。

よくよく見ねばなりませんね、、、。

そういえば、議会と言えば都議会の件。
発端は、不規則で破廉恥で無能愚鈍な野次ですが、今や、言われた方が何やかやと言われ始めているようですが、それってちょっと、いや、かなり違う気が。
言われた人の経歴や人格なんてのは、別次元の話。
根本的な問題は、鈴木なにがし他議員の資質の問題。
政治家は言葉が命!
なのに、自らそれを名乗り出られない!
こんなの、政治家として言語道断!
しかも、鈴木なにがしが名乗り出るまで、知らぬ存ぜぬ、発言者は議員辞職モノとか言っておきながら、いざ自分が名乗り出て追及されると、拒否する有り様。
しかも、公約には女性が働きやすい社会を作るうんが有るとか!?
もはや噴飯モノ、公約違反も甚だしく、万死に値する罪です。
他にも、産めないのか云々と野次があったようですが、その真偽は確かめられず。
名乗り出られないなら、端っから言うな!って、言いたいです。
数万の中から見つけ出すならともかく、たかが知れた数しか居ない都議の中で確認できない、都議会の無能(自浄能力と調査力の無さ)と、発言に対する責任感の無さを、大いに嗤います。
都住民なら、無能な都議会の解散請求しますよ、きっと。
署名なんか集めるより、動かない、事の重大さを弁えていないのなら、リコールが一番です。

けど、はてさて、、、。
コメント

平日都民

2014年02月08日 | くない観
いま、8日の午後6時を過ぎた頃からこの記事を書き始めていますが、外は吹雪いています。
千葉を含む首都圏には、大雪と暴風雪の警報が発令されています。
昼過ぎまでは、細かい雪が降る程度で、夜明け前から降っている割には然程積もってはいなかったです。
ゆえに、車で出かけられましたが、帰って着て、午後の2時か3時頃から雪の降る量が増え、加速度的に積もっていきました。
そして、見たことがないくらい降り積もってます。
予報では、都心でも20センチを超えるか?!と言われてるので、郊外のこの辺りは、場合によっては30センチも積もる可能性が?!
ただただ驚くばかりですが、今日と明日が休みだったのが幸いです。

そんな中、明日は東京都知事選挙。
呆気なく、さながら蜃気楼の様に去った猪瀬前知事の後任選びに、16人近くも立候補したとか。
それも、全員男性。
しかも、平均年齢が高いこと高いこと(苦笑)
良きに付け悪しきに付け、大阪市長や大阪府知事くらいの年齢の人が居ないことが、至極残念です。

私の住まいは千葉ですが、職場は都内。
凡そ、平日は日の半分を過ごしています。
ゆえに、少なからず都知事選には関心があります。
けど、選択できる権利があるのは住民票が都内にある人だけ。
各候補の訴えを見聞きするに、雇用だの、電力だのと言っているので、“職場都民”にも選択できる権利があってもいいのでは?!と、思いました。
少々無理で無茶かもしれません(^^ゞ
けど、少なからず職場で勤務(生産)することによって、都にヒト・モノ・カネを流しているので、言う権利はあるのでは?!とも、思います。
ゆえに、各主要候補の訴えを見てみました。
結果、、、
都民が哀れに思えました。
どいつもこいつも、何一つピンとこない。
何をしたいのかが判らない。
胸焼けしそうな訴えばかり。
都政に、何故国政批判を織り交ぜる!
確かに、私も今のトンズラ総理を支持する気持ちは毛頭ないです。
施政方針演説をした、その舌の根も乾かない内に辞任した過去をがある人間を信じることなど、私には全くできない。
ただ、辛うじて与党幹事長には幾分信任することろがるのでどん底まで貶めませんが、、、
国と都(地方)との制度について述べるのは当然かと思うけど、憲法がどうの、総理の経済政策がどうのと訴えるのは、筋が全く違う気がする。
それと、一政策一辺倒で訴えているのにも、多いな疑問。
それ以外のはどうするのか?!と。
元知事の後継を自称し、その元知事が応援している候補の政策を見ましたが、?ばかり。
新銀行東京、排ガス規制問題、何も書いてない。
知識が有るのかが疑わしい。
それに、元知事から前知事へと受け継がれて成果が出つつあった都営地下鉄とメトロとの統合問題。
私的にはこれが最大の関心事なんですが、このことに触れている候補は誰一人いなかった。
都民の足をなんだと思ってるんでしょう、、、。
正直、私は前知事に期待してました。
いろいろと問題はありましたが、、、施策の一つであった地下鉄が統合されれば、便利になること間違いなしです。
国政を非難する暇と気力が有るなら、少しでも多くの都政について訴えろ!
あの人に応援されてる♪
この人にも応援されてる♪なんてことを上げるくらいなら、前知事との政策の比較を上げてみろ(苦笑)

それが出来ない、しない人に一票を投じるなんて・・・勿体ない!
もう4年後に期待して、それまでは辛抱ですね(苦笑)

さてさて、明日の都知事選の投票率や如何に。

※これらはあくまでも私論です。悪しからず。





コメント

隠蔽捜査

2014年01月21日 | くない観
TBSで、1月の毎週月曜夜8時から始まった「隠蔽捜査」を、毎話遅れて視ています。
遅れて・・・というのは、仕事で帰りがそんなに早くないのでリアルタイムでは視られず、ということです。
原作(今野敏)は読んでいないんですが(^^ゞ
以前、テレ朝の2時間ドラマ枠で視たことがったので、流れや内容は何となく知ってますが、人が変われば違うもので、今のは今ので、私は面白く視ています。
[テレ朝版は、竜崎警視正を陣内孝則が、伊丹警視正を柳葉敏郎、今回竜崎を演じている杉本哲太が大森北署の戸高刑事、他に、色々とキャラ設定が違う。]
中でも、テレ東でボンテージ並みの衣装(逃亡者おりん)でドキドキさせてくれた、青山倫子さんが出ているのも注目しているのですが(笑)
それはさておき、、、
私は面白く、毎話楽しみにしています。
けど、視聴率はあまり振るわないようです。
が、前々から疑問なんですが、視聴率ってのは、どこまで正確なんでしょう。。。
昔・・・そう、10年近く前だったか、誤差が5から10%ある・・・と聞いた記憶があります。
それに、同じく10年くらい前、日テレが情報操作もしていました。
あの時は、自らを律せられない日テレ愚劣さを見たのをよく覚えてますが、それは置いといて。
いま、テレビを視るツールって、テレビ機以外にも沢山。
例えばスマホ、パソコン、カーナビなど。
それに録画も。
視聴率のデータ収集って、そこまでカバー出来てるんでしょうか?!
確か、データの収集って電話回線を介してるって、聞いたことがあります。
もしまだそうだとしたら、ちょっと・・・四角四面信用できるのか?!甚だ疑問です。
あともう一例、大河も。
私は、これもリアルタイムでは視てません。
その時は仕事をしてたり別番組を視ていたりしているので、後追いで視てます。
ただ、、、
大河は地上波で週2回、衛星でも1回やってます。
いま、新聞などでは日曜夜8時の率だけを取り上げられてますが、もし、その作品の評価を視聴率でするならば、ここだけなら片手落ち。
他の2回も含めてすべきだと思うんですが、、、。

忙しい今、ニュースならまだ(リアルタイムで!)解りますが、ドラマなどは後でも視られます。
まさか・・・とは思いますが、その疑念がある以上、視聴率ってのは、
およそ真正面からは信じられません。

好み良し悪しは人それぞれですからね。

おっと!久しぶりの記事投稿だ(゜Д゜;)
コメント

どこへ行くのか、、、

2013年07月22日 | くない観


困った、すんごい困った。誰に、どこに私の貴重な一票を投じるか。核まで悩んだ(ーー;)






これは、投票所を前にしてのつぶやきです。
車のメンテナンスを終えて、指定の投票所に着いたのは11時頃。
手続きをして、投票用紙を受け取って、書くその時まで迷いました。
積極的に投じたい、託したいと思うところが一切なかったので。
結果、私の中での消去法で決めて投じました。
20時の投票締め切りとともに、各局の特番は一斉に与党過半数獲得!を伝えていました。
下馬評通りとは言え、民主の凋落ぶりには笑っちゃいました。
いや、それはざまぁーみろ!的な意味ではなく、一度は天下を取った、政権与党であった政党が、かくも無惨な敗北をしたことへの、憐れみと軽蔑が入り混じった笑いです。
プラスで強いて言えば、なぜ民主党はネトさんたちからフルボッコにされているのかも、不思議でなりません。。。
確かに、政権与党時代のテイタラクは弁解の余地なく、液状化振りは目を覆いたくなる惨状ですが、気が付けば、もっと恐ろしい真打ちの共産党が伸長しているではありませんか(゜Д゜;)
人の話を聞かず、議論となれば割ってはいる図々しさは、虫酸がします。
共産党の政策見ました。
詳しく記してはいるんですが、凡そ実現出来るとは思えません。
けど、ネトさん達の動きが鈍いと感じるのは、何でなんでしょう、、、。

維新とみんな、我が選挙区でも立候補してましたが、あえなく敗れました。
どちらも議席は伸ばしたようですが、期待通りの結果では無かったようで、大阪の代表などは出処進退まで考えているような神妙さ。
当人・・・よりはマスコミが、その理由に所謂軍と性を巡る発言が尾を引いたという論調ですが、本当にそうなのか?!
なぜマスコミ連中がこれを何時までも持ち出すのかが不思議でならないんですが、、、
維新のマニフェスト、内容がぺらっぺら。
しかも、一事が万事と捉えてバッサリと、大仰に切り捨てたみんなの党の、偏狭で、自我を押し通して協調性皆無な代表では、勝てる選挙も勝てまいて、、、
お互いで票を奪い合い、潰し合う愚考をして勝とうと思う、思える方が不思議です。

それと、マスコミは、とかく政策だ!政策論争!!とは言いますが、相変わらず。
揚げ足とあげつらいが目立つ感じが。
そして、二言目には“政界再編”。
もう、聞き飽きましたよ、、、。
また、“ネットによる選挙解禁”が正しいのに、“ネット選挙”と略して誤解を少なからず与えていることに、疑問を感じています。。。

投票率がいま少し伸びなかったのは、第一に政治の責任がありますか、次は、やはりマスコミに罪ありと、私は感じます。

とこりで、話は全く変わって。
ネットで調べ物をしていたら、私的に懐かしいHPに辿り着きました。

探し物をしていたら、こたつ城に辿り着いた!まだ在ったとは、、、リンク集の大半は無くなっているのに・・・懐かしい、懐かし過ぎる!知っている人、どれだけいるんだろう、、、。





ネットを始めた頃のことなの・・・彼是10年ほど前か、随分と懐かしく感じました、、、。
ただ、リンク先の大半は無くなっていて、時代の流れを感じました。。。
コメント

片手落ち

2013年06月28日 | くない観
相も変わらず、、、
参院閉会日に出された首相問責。
これで、法案6件と条約等承認6件が採決されずに廃案となってしまいました。
閉会後、問責された人はねじれの所為にし、その不愉快な仲間たちは野党の仕業!と宣う。
片や、問責した方は廃案になった案件に対して熱意がないだのかんだのと、こちらも宣ってる。
けど、我(々)からすればお互い様。
喧嘩両成敗でしょう(苦笑)
法案もそうですが、廃案になった条約承認は対外的なもの。
この国の信用問題になりかねないのでは?!と、強い懸念があります。

しかし、一部法案は継続審議となってます。
ニュースでこれが取り上げられていないことに些か、いや、強い疑問と不信を感じ、作為的か?!と勘ぐってしまいますが、、、
逆に、廃案の諸件がなぜ継続審議にならなかったのか、またはしなかったのか。
手続きや要件にいろいろと制約があるようですが、なぜその方策を取らなかったのか。
その一考の余地はなかったのか、模索しなかったのか、努力かったのか、甚だ疑問ですし、マスコミ連中などはそれを聞き質さなかったのかという点でも、疑問です。
ついでに言えば、異口同音、耳にたこが出来きて胸焼けするほど聞く“政界再編”も、何で終わりなのか?!何を目指せばいいのか?!が解らない。
それこそ、単なる話題づくり、紙面等販売促進運動にしか思えない、、、。
問責云々なんて、正直、余程のことがない限り、本会議ではなく懲罰委員会とかで審議してから出せ!って、言いたいです。

専門家などの見立てでは、参院選を見据えた行動らしいですが、もしそうなら、有権者をこれほどバカにし、軽んじられる、呆れた愚考蛮行はないでしょうね。。。
政争の愚が国を滅ぼす!ということを、この国は多大な犠牲を払って経験しているはずなのに、、、。
都議選の投票率が低いのも肯けます、、、。
そして、今度の参院選の投票率も何となく、推して知ることができそうです。。。
愚考蛮行に対する反省もなく、先の都議選では低投票率という不名誉に蓋をし、反省もせず、勝った事実だけに喜んでいた連中の厚かましさに、少なからず腹立ちと苛立ちを感じました。

これだけのことをされて何も起こさない。
何も起こらないこの国って、ある意味すごい、、、と思いました。

何かと嫌悪感の強い西のC国。
基本的に一党支配で選挙がないです。
だからか、不正や汚職がハンパないようです。
同じく、北のDK国は、国のトップも直接選挙で決まり、投票率も比較的高いと聞いてます。
そんな両国に比べてこの国は、、、
悲しいかな、負けている気がします。。。
外のことを毛嫌いする前に、まず、我々に与えられたら権利と義務をしっかりと行使して、それから!って、ここ最近思います。
それには一つ、議員一人一人を的確な指標があるといいですね。
北のDK国には、それがあるって・・・聞いたことがありますが、、、。

こんなことがいつまでも続くと、、、
選挙ボイコット運動があってもいいですね。
さもなくば、、、
平成の226事件が起こる・・・かも(苦笑)
コメント

ブログ始めて3000日

2013年06月14日 | くない観
ここでのスタートは2005年。
それまで1年半ほど、他でブログをしていましたが、何が切っ掛けだったか、ここに移って気が付けば8年。
開設3000日を迎えました。

その、事実上最初のを見ましたが、何やら最初から愚痴ってました(^^ゞ
けど、何となく、今日まで続けてきました。
始めてから暫くは比較的頻繁に更新していましたが、昨今は、、、
反省するところ大です。

振り返ればこの8年、いろいろとありました、、、。
その点、私の歴史や、その時の思いや考えを垣間見ることができるので、やっててよかった・・・と思います。
また、先人の遺した日記や記録に触れてきた史学士の1人として、記録が如何に大切かを(少し読み直して)実感しています。

3000日を迎えて、今までのを少し読み返して見ましたが、リンク設定の失敗や誤字脱字が結構(^^ゞ
これらは見つけ次第改善します。
また、昨今更新を怠っているのに比例してか、アクセス数が低調なので、、、
知りたいこと、特に歴史のことが、ここを見れば分かる!繋がってる!!ってことを目指し、志して始めたブログ。
その初心を思い出して、なるべく更新していきたい・・・と、思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメント

二年経過

2013年03月11日 | くない観
忘れませ。
忘れることはできません。
あの瞬間。
そこから始まった驚天動地の日々を。

あの時、その瞬間に合わせて、職場では、一斉放送を合図に東北地方に身を向けて、職場一同で黙祷を捧げました。

私の職場は、被害が甚大だった宮城県沿岸部のとある町、あの直後から縁あって支援しています。
当初は大きく2グループに分けて、現地に入ってボランティア活動をする人々と、街頭に立って募金活動。
私は、業務上行けなかったので、後者(募金活動)を行っていました。
その後も、この町の特産品を代行販売したりしています。
また、今年に入って、この町に拠点を造り上げてのフィールドワーク活動も動き始めて復興・再生の支援を強化(深化)させていくようです。
正直、それがどこまで進み、成功するかは・・・懐疑的です。
尤も、私は残念なら行ったことはありません、、、
職場は大々的にかつ組織的に動いてますが、私個人は、あの前から宮城とはご縁があり、今年も何かとお手伝いできる機会がありそうです。
職場もそうですが、私個人も、宮城とはあの前から縁があり、今年も何かお手伝いできる機会がありそうです。

千葉も、全域に渡って様々に被害、影響を受けましたが、概ね直ったように見受けられます。
しかし、被害甚大だった地域のそれは、まだまだのようです。
中々一朝一夕とは行かないでしょうが、復興が成ること願います。。。

昨日の昼間の一時。
東京の空は“煙霧”なる気象現象が発生しましたが、一瞬、あの時の前日だったのてちょい不気味に感じました。

そこで改めて。
日々、日常が当たり前のように過ぎていく有り難みを実感しています。
コメント

折り返しの段差

2013年02月27日 | くない観
この間の22日に、また一つ、歳を重ねました。
三十路も、はや折り返して次の路に近づきはじめています。
そこでじわりと感じるのが、やはり身体面。
誕生日の二週間前、久しぶりにガツンとくる風邪を引きました。
熱は38.3度を計測。
病院で診てもらい、薬まで処方してもらったので安心したのか、その後の苦痛感はあまりなく、仕事は休まずに遂行しました(^^ゞ
尤も、概ね低テンションでしたが、反面、これ(苦しみ)に耐えるのもまんざらでも・・・と、軽く変態度が上がっていたのはここだけの話。
しかし、そんな思いが伝わったのか、今まで、風邪は大抵一週間で完治したんですが、今回のはしぶとかったのか、大抵外に、身体が正常に、完治と認めるのに(今までの)2倍の二週間程掛かりました。
大学生の頃、罹っては治し、治ったらまた罹るという繰り返しを1ヶ月間していたことはありますが、治すまでにこれほど日時を要した風邪は初めて(だと思います)。
多分、細胞の入れ替わりが一週間なので、完治もそれくらい・・・と、勝手に想像しているんですが、、、。
今回も、それが促進されるようにと体を温めたり、ビタミンCを多量に摂取したりとしたんですが、効果は・・・半信半疑です。
しかも、この風邪による不調の隙をねらって口内炎も発生、、、。泣きっ面に蜂な有り様です。
また、誕生日直前の火曜日。
今度は左膝に違和感(鈍痛)が、、、。
歩く度、屈伸する度に、何かに当たるような痛みというか、違和感がorz
これから2日後、誕生日前日などは歩くのがやっとのほど。
あまりの違和感に、土曜日、腕がいいと聞いていた自宅近くの整形外科に行きました。
初めての整形外科。
何だか新鮮な感じを受けながら、呼ばれて診察室にはいると、応対したのは、結構年配な院長先生。
あれやこれや、(院長が)奥さんからの電話を途中で挟んで診てもらいましたが、院長先生は首を捻るばかり。
レントゲンも撮って診てもらいましたが、骨などに異常はみられず、、、。
触診を何度かしていましたが、やはり、首を捻るばかり。
私はてっきり、コンドロイチンよ、お願い!ってだけかと軽い気持ちで行ったのに、予想外の反応。

顔は笑っていましたが、心中ドキドキで、まさかの重傷を疑いましたが、、、

結果、判らず!?
原因不明!と診断されました(爆)

もう、びっくりです
いろんな意味でびっくりです

一応、関節などの炎症を疑って錠剤と湿布を処方してもらいましたが、1回しか飲んでません。
怪しくて(苦笑)

その後の調子は、、、
慣れたのか、はたまた何かが治まったのか、酷い時よりは痛みや違和感はないです。
ただ、完治はしていません、、、。
軽い違和感はまだあります。
それとプラスで、右足の踵脇にひび割れが。
全く知らないうちに割れてました。
歩く度に、痛みが走ります、、、。

これが暗示だったのか、、、
今日、人生2度目、今の職場では初めての異動(命令)を受けました。
今の部署は4年目。
私よりも歴が長い人も居るのでまだかな?!とは思ってましたが、諸般の事情を鑑みると、そろそろ、ひょっとして・・・とは思ってました。
そこに、全体会の前、部長から電話で会議室に呼び出しを受けて確信しました。
なので、部長との面談は異動先の内示を受けて終わり。
10秒もありませんでした(笑)
いまの部署は、入職と同時に配属されました。
その間、いろいろと担当して、私なりに業務の改善などをしたりして、お客さんから、同業他社さんから、信頼は得ていて、意気高く、やりがい持って楽しく仕事をしていたので、残念・・・というか、(それらが道半ばで)心残りではありますが、サラリーマンですから、これでも(^^ゞ
歳も改まったので、新たな道を進みます。
コメント

気合い入ってます?!

2013年01月12日 | くない観
仕事始めを前日に控え、持ち帰った仕事をイソイソしていた6日の夜。
この日が初回の「八重の桜」をちょっとだけ見ました。
録画しているのであとでゆっくりと見ますが、、、
率直に、NHK福島(会津)の気合いと期待を感じました。
例えば、肥後守(容保)様が藩校日新館等へ御成をされる場面に、いま復元されて在る藩校日新館会津武家屋敷(西郷頼母邸)が使用されていましたから。
一度行って知っている、ということもあるかと思いますが、受ける臨場感が(やっぱり)違います。
日新館も西郷頼母邸も、在りし日の姿で成ったと聞いていますので、余計です。
あと、会津の人々がみな会津弁を使って(話して)いるのには、当然と言えば当然かもしれませんが、、、
とてもいいです。
すごくいいです。
思い入れと贔屓度が(より)増します!
それが、会津領内に止まらず、江戸でも話していたのがよりよかったです。
「ならにことはならぬ」
これ、ひょっとしたら今年の流行語に選ばれるかもしれませんね。
ただ、残念なのが、、、
人物名のテロップ。
細かなことが気になりまして(^^ゞ
演じる役者に合わせてか、家臣で出たのは西郷頼母と佐川官兵衛だけ。
他にもお歴々が登場しながら紹介されなかったことに、ちょい、不公平を感じました。
それと、せっかく八代容敬公も出られたので、その最期と家督継承の流れも語ってもらいたかったです。
それと、追鳥狩りで流鏑馬をしてきましたが、何故スローだったのか?!
流鏑馬の醍醐味を完全に殺してたと、私は思いましたが、、、。
あとはまぁ、懐疑的な交流や大袈裟なセットや演出に、山本覚馬が乗船計画を立てる予告がありましたが、ドラマと言うことで・・・理解しました。 

冒頭が南北戦争と会津戦争から始まるとは、在る意味斬新でした。
ゲティスバーク演説のリンカーンまで出てきて時代の潮流を紹介したかったんでしょうが、多分、我が史学の恩師がご覧になったら、、、
「正月から戦争とはなんたること!」と、言われたと思います。
葵徳川三代が関ヶ原から始まるのをご覧になってそう言われたので、、、
私も幾許かそう思いますが、けど、ちょっと興奮しました(^^ゞ
そして、劣勢を観念されたであろう(?!)容保公のお姿に、思わず落涙してしまいました。。。

映像とか視聴率とかで、とかく話題の多かった前作。
私はいいと思ってました。
・・・いや、評判は決して悪くないようですよ。
マツケンの前半はイマイチでしたが、後半は、それを挽回するのに十分な見応えがありました。
視聴率なんて誤差幅が大きい上に不正が可能であることが日テレによって実証されたので、あまり信用してません。
けど、今回の大河を見て、前作があまり奮わなかった理由が何となく判った気がします。
コメント

おきてやぶり?!

2013年01月09日 | くない観
最早当たり前になった女性専用車両。
通勤で使う路線のうち1路線以外は導入されています。
その1つ、地下鉄東西線でのこと。
中野方面の先頭車両がこれで、9時で終了します。
この時(9時)に、後発の電車から、先発する西船橋始発の電車に乗り換えて乗って座っていたら、ホームにいた警備員に、、、
「この車両は女性専用車両ですから移ってください。」
、、、と言われた。
それを受けて、条件反射的に移動した男性がいましたが、明らかに9時を過ぎていたので、、、
「9時を過ぎているからいいんですよね。」
、、、って言ったら、この警備員は、、、
「この電車は遅れていて、本来なら9時前に出る電車なんでダメです。」
、、、と宣いやがった!
「なんだと!?」って思いましたが、同時に、何とも言えぬ空気を(勝手にか、被害妄想か?!)感じたので抗弁せず、抵抗もせず、唯々諾々とこの電車を降りて、(向かいのホームに停車中だった)最初に乗っていた後発の電車に乗って行きました。
けど、、、
けど、、、、、、
なかなかに堪忍し難いところがあるので、それを解消したくて記します(^^ゞ

前々から思っていたんですが、同じ運賃を払っていながら、女性専用の車両を設けて一部利用者だけが優遇されているのが納得できていません。
きっかけが(一部)男の不届き不埒な振る舞いが事情にあることは理解していますが、納得できていません。
ただ敢えて、京成やJRはそれほど不便や不利益を被っていないのでまだいいんです、まだ。
しかし、問題、いや大問題なのが東西線。
落合、高田馬場、
早稲田、神楽坂、飯田橋、竹橋、大手町、門前仲町、木場、東陽町、南砂町、西船橋。
あとは、一応日本橋と茅場町。
先頭車両=女性専用車両付近に乗換口や出口がある駅がこれだけ。
地下駅はほぼ全部・・・ですね。
それでいて、朝は遅延が当たり前の東西線。
いち早く、私は大手町で乗換たいのにできませ。
乗換で、東西線のホームも階段も大混雑で渋滞します。
毎日利用していて、よく事故やトラブルが起きないもんだと思ってます。
また、女性専用車両が有って分散されないので、南砂町から門前仲町までは劇混みです。
首都圏屈指の混雑率をはじき出しているこの区間は、先頭から2両目は特に混んでいます。
著しく不便、不利益、苦痛を被っています。
百歩譲って、プラス料金か車両を変える、もしくは完全定時運行!か各駅の改良。
これなら何とか理解します。
けど、そうでなかったら、特に東西線の今の現状では腹立たしさしかありません、、、。

これを書いて、人にも話していたら溜飲は下がりましたが、やっぱり私的には、ならぬことはならぬものです。。。
コメント

いよいよスタート

2012年12月09日 | くない観
先月16日、時の総理が啖呵を切って解散した衆院の選挙が4日(火)から始まりました。
自宅最寄駅では、朝から早速候補者が演説している・・・と思ったんですが、嵐の前の静けさか、はたまたダメなのか?!
案に相違して誰もいませんでした。
この前の日は、日常的に居る赤い集団が、4日前の金曜日には野党第一党や公約至上群団などが居ました。
多分、全国行脚の一環だとは思うんですが、、、
野党第一党の幹部や名の知れている人が、投票率全国最低の千葉県内に入ってます。
時の総理の地盤だからかもしれませんが、公示の前の土曜日には、自宅最寄駅含めた複数個所に野党第一党のトンズラ総裁が演説に来ていたようです。
その前日には、気勢のいいコーノタローとかいう人が朝から演説していました。
乗る電車の時間が迫っていたので立ち止まって聞くことができませんでしたが、殊勝な挨拶をしてはいましたが、右手をジャンパーのポケットに突っこんだまま。
全く以て無礼千万です(苦笑)
ちょっと尖った中高生じゃあるまいし、、、。
世どんなに高邁なことを言っていても、所詮はそんなもんだ(笑)・・・と思いました。
また、今日は野党第一党の青年局長が県内を遊説行脚しているようで、隣町のショッピングモールに行った時、それに遭遇しました。
街中に有った捨て看には「11時」って書いてあったんですが、当の青年局長が選挙カーの屋根上に上がったのは12時前。
最早、詐欺に近いです(笑)(それまでに、市長やとある党、立候補者が演説。)
選挙カーの周りには、十重二十重と青年局長目当てにか集まっていましたが、晴れていたとはいえ、寒風吹く中、よくもまぁ待ってるもんで(苦笑)
当人を見て「中々カッコいいね」なんて言ってるオッサンがいて、とても嘆かわしく感じました。

今日も朝から党首討論番組とかが放送されていたので、ちょっと見てました。
その前にも、いろいろな番組で、折に触れて放送されているのを見ています。
今日の演説も、ちょっと見ました。
赤い集団の幹部クラスが「我を我を」と意見を述べるのにはほとほと辟易しますが、この他にも、、、
野党第一党とコバンザメ党が必ず言うのは「与党の3年半はとんでもない!」という、相手の批判ばっかり。
そんなこと聞きたくもないし時間と労力のムダだと思いますが、強いて言うなら、他の、例えば威勢だけがいい第3極勢力が声高に叫ぶのならまだ判ります。
私も、少なからずそう思います。
けど、野党第一党がこれを声高に、しかも第一声で出して主張するには、どうにも合点がいきません
なぜ(野党に)下野しなければならなかったのか、全くの反省が見られないからです。
この主張を聞くたびに、与党の3年よりも野党第一党の50年、またはバブル後の10年、コイズミ期の5年、トンズラ野郎から3代の猫の目の内閣交代といった罪業の方が深くて酷い!と、思います。
これならまだ、公約を守れなかったことを詫びている与党の方が、私は、まともに見えます。

それと、、、
今日見た街頭演説で、応援演説に来ていたコバンザメ党の県議が、中央道笹子トンネルの事故を引き合いに“メンテナンスは大事です!その公共事業を!!”って言ってましたけど、そうしたのは、(確かに)社会の要請もあったでしょうが、責任の一端は、当時政権与党だったいまの野党第一党です。
バンバン作り過ぎてメンテ費用がいま重く圧し掛かっているのに、高速道全線や整備新幹線、空港などを更に作ろうとしている。
新規は止めて、メンテ中心に、余力が有れば新規も行きますが・・・なら合点は行きますが、新規とメンテ、二兎を追うチグハグな政策には到底理解が出来ない。
公共事業をするなら、明確な方針(交通体系、インフラ構想)を提示すべき!だと思います。

もともと、与党時代から野党第一党は好かない党ですが、最近ますます厭になってきました。
尤も、まだ幹事長がトップに就いていたら思いも違うんですが、、、
何せ、国会(衆議院)と言う国権の最高機関(立法府)で、日本国憲法第72条(内閣の国会への報告)にも触れる、衆院会議録にも残る「所信表明演説」を述べた3日後に辞任した人がトップなんですから(苦笑)
与党の公約違反をこの人が責めていることほど、滑稽極まりない光景はないと、私は思います。
公約違反は指弾されるべきことだと思いますが、それよりも強く指弾されるべきは上記のことだと思うので。
全く以て、信用ならないこと、この上なしです。
もし、万が一・・・になったら、先が思いやられます。

はてさて、来週の今頃はどんな結果を迎えることになるのか、、、。



ちなみに。
先にちょっと触れた中央道笹子トンネルの事故。
石和参陣の折などには必ず通った道なので、驚きは一入です。
不幸にも3台の車が被害に遭ってしまわれましたが、あそこは渋滞のメッカ。
もしその時間帯に起こっていたら・・・目も当てられない大惨事になってますね。
年末年始に備えて、下り線を片側相互通行に暫定的にして通すようですが、あのトンネルから、上り線は3車線から2車線に減るので増車線工事をすればいいのに・・・と、新規なんか造るのよりこっちを先に・・・と思ってました。
それと、被害の車の運転席から、暫く救援を待つ電話が有ったと聞いています。
煙などが充満していて現場に駆けつけることが困難だったとも聞いていますが、こんな時につくづく思います。
レイバーさえあれば・・・と。
コメント

7日の連勤術私

2012年10月29日 | くない観
今月初旬のこと。
世間様の多くは三連休で、、、
白石の鬼小十郎まつりだ!
××の時代祭りだ!
体育祭だ!
、、、と、楽しい予定を立て、実行されたことかと思います。

片や私は、この3日間、全て出勤orz.....
しかも、月曜日は出勤調整で休みましたが、翌日の火曜日からはいつも通り。
気が付けば7日連勤です。
この3日間、一番心配だったたのが、起きられるかどうか。
ちょと前までは、私の辞書に「寝坊」の文字は無かったんですが、ここ最近は何件かあったので、あの言い知れぬ恐怖などに遭わないよう、アラームを三段階に分けて設定。
万全の体制で臨んだので、これは大丈夫でした。

けど、疲れました(苦笑)

漸く休みとなった連休明けの火曜日は、ゆっくりと寝る・・・はずだったんですが、普段とあまり変わらない時間に起床。
やり残していたことに気が付いた仕事のメールを仕上げて送り、序でに着信も確認。
その後も、仕事でおざなりなっていた諸々、例えば車の再修理の打ち合わせなどで細々と動いていました。
とりあえず、普段は出来ない昼寝と、高校からの友達としゃぶしゃぶ食い放題は行けました(^^ゞ
しかし、全体的に休めたかといえば・・・やろう!と思っていたこともできなかったので、結果的には無為に過ごした気がします、、、。

もう少し、休み・・・いや、時間の使い方を見直した方が・・・と、ちょい思いました(/_;)

コメント