朝焼けのほんの少しの間だけ

2018年10月16日 07時19分27秒 | 日記

ここ何日かパソコンがスムーズに作動してます。先週の火曜日だったか起動して立ち上がるまで2時間かかり、その後、ローマ字の日本が変換が出来ず、強制終了して研修に行き翌日こわごわ起動したらスムーズでしたので、ウインドウズ10がやっと一通り更新等の作業を経て落ち着いたのかなって感じ。もうこのまま快適な状態が続いて欲しいです。

 朝焼けがきれいでした。ただし、朝焼けの日は天気が良くないとのことですがその通り後はどんより曇でした。背景の青い空に白い雲がピンクに染まるというのは色の在り方としてはとっても素敵な光景でした。ただし、そんな時間はほんの一瞬のような出来事ですが。

北海道占冠から送られた小さなサボテンですが、どうやら子を吹いてきたようです。今夏の暑さで原種シクラメンは2種類が腐ってしまい、また夏を越したと思われたエケベリア「プラチナドレス」も秋に入ってからの異常な暑さと雨で瞬時にダメージを受けそれも腐ってしまいました。難しいものです。その点、サボテンは水を控えめにしていれば比較的丈夫な植物なのでしょうね。鉢で育ってるってやはりこまめに観察してないと駄目ですね。以前、学生時代ですが多肉の「リトープス」と「コノフィツム」に魅せられて幾鉢、幾種類を栽培したことがあったけど勤務しだしたら時間的余裕がなくてやがてすべて駄目にしたことがあったことなど思い出しました。それでもいつも何かしらの鉢植え植物を傍に置いていました。植物が身近に感じるのが好きなのですね。

たった1種類の薔薇で、大した世話もしないけど毎年、長い季節、咲いてくれます。

今年の「西王母」は例年になく小さめです。今年の気候にむくれて居るみたいだな。

「税務相談」の勉強をしてましたが、質問概要だけでは事前勉強も限界があるなって感じ。そして夕刻ファックスが入り、一問変更が有りました。わー苦手な分野だと。何とか急いで勉強を。

富士山が例年よりかなり早い冠雪があったとの事。気候が激変かな。自然が優しく無いのかも。でも、人が最も優しくないこの国の時代なのかも。

コメント

集く虫の音に秋を

2018年09月10日 06時54分58秒 | 日記

「コスモス」は季節を先取りして早く咲いたり、遅く咲かせたりもしますが、やはり秋のコスモスが一番自然の中で似合うと思う。

午前中は蒸してましたので空の青も薄い。

季節は一歩後退二歩前進って感じで移ろいで行くのでしょうね。

業務を依頼されると、私の場合はいろんな方のお知恵や考えを承ることが多いかな。定年退職後の業務ですし、もう報酬を沢山いただいたり独り占めなんて気持ちはさらさらなく、業界の同じような境遇の方たちとシェアする方向性の方が好きですので。もちろん依頼者の個人情報には十分すぎるほど留意してですが。そうして仲間をたくさん得て、可能な限り日々を楽しく過ごしたいですから。

八重の「酔芙蓉」ではありませんがこの一重の芙蓉も始め白くて徐々にピンクを濃くしているようです。季節の移ろいを凝縮出来るなんて自然は妙です。

パソコンの不具合で失われた台帳を作成しなおし、そこに数字を落としています。駐車場収入が多い方ですがそれを台帳として口座振り込みか現金受けかなども色を付けてわかるようにしています。この手作り台帳作成は結構時間がかかるのですがちゃんと記帳していかないと決算時に前受賃貸料や未収賃貸料の処理が大変ですので。まあ、手数の割には合わないのですが初期の顧客さんですので其処は丁寧且つ大事にしています。これを行っていると生きがいで業務だなーなんて感じますがそれで良しとしてます。

秋の空は雲の変化に富んでいて見ていて飽きないのです。

最近のNHK公共放送を見てますとなんか、変わってきた感じが。シリーズのスペシャルドラマなど見るべき作品ももちろんあるのですが、また、多くあったのですが、ニュース番組などマスコミの使命である権力側に対する批判精神は薄らいで、広報を担っているのでは感が濃くなった来ている気がしてるのですが。思い違いなら良いのですが。かつて、この国でもマスコミの自由な発言が抑えられて結果、国民に真実が伝えられず、その結果的に悲惨の歴史があったのですから、言論等の自由は絶対に失ってはいけないのです。杞憂であればよいのですが。公共放送で何度も音声映像等を意図的に流されると人はそうかななんて感じてしまう生き物でしょう。

日差しが強い昼間は別として夕方から夜にかけて虫の音が入ってきだしました。集く虫の音に秋が来ていることを感じるなんてことをこの国では連綿と続いていたのでしょうね。人工音でない自然音に耳を傾け、何か懐かしさを感じる自分がいます。昨夜は夜になり涼しい風が吹き、エアコンを止めて窓を少し開けて風を通したら気持ちが良かった。

コメント

またまた猛暑日です

2018年08月31日 07時08分14秒 | 日記

サボテン「般若」が咲きました。サボテンは暑さに強いです。でも湿度には弱い部分もあるので暑いときは水遣りは控えた方が無難です。現に、長年、傍にあっった種類で今までは大丈夫だったのに今年腐ってしまったのもありますので。でも、このサボテンは大事にしているというか関心をもって観察してますので腐らすようなことはしないです。

またまた耐えがたい猛暑でした。ここのところ主に業務というより失ったパソコンのデーターの可能な部分を復旧してますが、なかなか進みません。気持ちの中で専門業者に出しているハードデスクがもしかして回復するのではという期待と希望があってどうもなのです。でもそれまでには時間がかかるので帳簿入力が先に進みませんのでできる部分は作らなければなのですが。

疲れると気分転換が必要ですが以前のウインドウズ7にはインストールされていたマージャンゲームが10にはありません。よって気分展開に「ヤマダ電機」に行って購入してきました。廉価でした。インストールも簡単に、なんと以前のパソコンに入っていたゲームと同じものでした。

自転車で15分程度ですがもう汗だく。でも購入代金はポイントがたまっていてそれを使ったので支払いはなし、おまけにカードをかざすと100ポイント追加できました。ラッキー。

午後は暑いので自宅でパソコンデーターの復旧作業と時たまマージャンゲームに興じた一日でした。

さてさて、国会は開催されていませんが、例の「モリカケ等」の問題は終結なのでしょうか。私の中では何ら解決してないと感じますので終章という感じは無いのですが、マスコミはやはり小利口な忖度体質になっているのでしょうかね。何か、「物言えば」何とかの暗い世相に成って来ているのでしょうか。だとしたら嫌だな。政権党の総裁選挙で女性議員が推薦人の20名が集まらず断念とのこと。それは仕方がないのだけ度。その後の動きがどうも、現総裁の方針が好ましいと感じないから立候補を志したのでしょうに、「寄らば大樹の陰」だとしたら、その程度の器量だったということかな。

8月も最後に日になりました。個人的には今年の8月は猛暑に耐えがたく良いことがなかった気が。明日から「仙台ー陸奥」旅行です。午後からの出発ですが天候が気になります。がまあ、旧交を温めて、盃を交わしてきます。月も替わることだし、心機一転しましょう。

コメント

強い陽射し、散歩は無理、暑い。

2018年07月02日 06時40分21秒 | 日記

夏なのに春の花が咲いてます。狂い咲きなどという言葉はふさわしくない清楚で可憐。

7月に入りました。今年も半分が過ぎたということです。早いなーって感じます。年々そんな感じが。

暑さに強い「ポーチュラカ」です。

「ミニトマト」。味はさておき鑑賞には耐えますね。

比較的近所のかなり早くから出来た「セブンイレブン」が道路隔てた場所に「リニューアル・オープン」と言って良いのだろうかわかりませんが移り、売り場面積も駐車場も増えて開店しました。開店サービスとかがあるそうで「ななこカード」を作ってしまった。でも抽選で当たったのは「うまか棒」だけで、なんだって感じでしたが。

そのようなカードは余り持ちたくないタイプですがそれでもいつの間にか幾多のカードが、普段使わないのも他にまだありますがこれは常に財布に入れてあリカードです。バス・電車用「スイカ」もここには写ってませんが一番使っているカードでしょう。

自転車で3分程度ですが日差しが強くてTシャツから出た腕がヒリヒリ焼かれる感じです。今年も向こう3ヶ月くらいは暑さが厳しそうです。

途中の花等。3枚目のクリが実ってイガが割る頃には秋が来るのだろうけどそれまでじっとというか気候に負けないで、でも気張って頑張ったりしないでそれでも耐えないとって感じ。

概ね日陰にあるから咲けるのかもって思ったり。

朝食後にエアコン入れて涼しくして預かっている伝票入力等してました。すると散歩に行きたいななんて思うけどコンビニ行くだけで散歩なんて危険で無理と理解しました。

今朝は風もなく快晴。きっと猛暑日だろう。

 

コメント (2)

春はうらら

2018年04月02日 08時28分22秒 | 日記

「ソメイヨシノ」は満開から散り出すと早いです。桜はいろんな種類があるようでまだまだ桜が咲いています。

昼間はうららな春模様でした。

地元自治会館が会員等の寄付と借入金で建て替えが完了し内覧会があり見てきました。役員さん等の苦労が報われたようです。訪れて昼間から少しお酒を飲みました。祝い事ですからお酒が付き物で飲んで明るく成りました。自治会活動が民主主義のゆりかごの様であれば良いと思うし、ここから真の民主主義が根付くと良いと感じます。ただ、近年はそういった自治会への参加を避ける傾向も強くなっているようですが、それは社会全体の縮図でもあるのでしょう。個人だけでは生きていけないのが人間社会でしょうに自分は他人を助けることをしないという。

途中で見かけた「花桃」、「黒椿」、「花カイドウ」の花。

論理なき独断はやがて辻褄合わせの嘘をつく様になり、嘘つきは嘘を重ねざるを得なくなりますので、それは排除され変えなければ世の為人の為に成らないですよね、きっと。

「トモロウ・パークヒル」が咲き出しました。日当たりが少ないところに咲くこれはとっても豪華で綺麗です。そのうちにアップさせます。

「日暮」、「サワダス・ドリーム」、「絞孺子」、「エレガンス・シャンペーン」、「フランシー・L」、「マーガレット・デービス」、「羽衣」、「グランド・スラム」が咲き続けています。これから咲く花も幾つかと今年は蕾をつけない種類も幾つか。

今朝はとっても温かい。外に出ると早速、くしゃみ、鼻水、目の痒みと。花粉症の症状が強く感じるようになったのは齢を重ねて体が軟弱になったせいか、はたまた花粉がたくさん等環境の変化のせいか判りませんが。「悪魔の証明」なる言葉が使われている回数が多くなった感じ。でもこの悪魔の証明とやらで逃げ切る事を考える輩はきっと心に悪魔が住み着いてしまっているのだろうなんて思うのです。

 

コメント

雨上がりの初春って感じ

2018年03月11日 06時58分26秒 | 日記

ホッとした思い。というのも手持ちのH29年分確定申告書等は処理が一段落ですので。今年は安心域になるまで10日まで掛かってしまった

今後何日かは暖かい日が続きそうですので椿も咲き進むことでしょう。

明け方の空。宇宙がいつまでも夢や希望に溢れていて欲しい。人類が汚すのは嫌ですから。

数鉢になってしまった「雪割草」ですが咲いてくれました。小さな小さな花ですが。

森友学園にかかる文書の改ざん問題。もう、習慣的にそのようなことが行われていたのかと思われても不思議じゃない感じ。ということは加計学園についても疑わしく感じますが。そして職員の自死、長官の辞任と続きますがそこで幕引きでは本当の責任を取るべき者が残ったということですか。「忖度」という言葉がすっかり汚れてしまったけど、一連の事件が、忖度から発生したのではないですか。とすれば忖度させた者が一番の悪と言えるのではないですか。そこをちゃんと明らかにしなければ信義が通らないでしょうに。

椿咲く季節です。今年はあまり作が良くなさそうだけど暫くはアップできそうな感じ。

さてさて、事後処理というか提出後のその写等を渡さなくては完了ではないのですがホッとする方が先で。あ、床屋さんにも行きたいな。

夜が明けて3月11日になりました。東日本第震災から7年が過ぎました。今だ7万3千人の人々が避難生活をしている。あの日に起きた地震・津波・原発事故により生活基盤を一瞬に失い生計を維持することが困難になった方々、先の暮らしの展望が開けない方々が多くいます。「国民の命と暮らしを守る」ことが政治の中心であるべきでしょう。今は所得税の確定申告の期限間近です。国民から集められた税財源、それは国民の共有する財源です。暮らしが困難な国民にまづは使うべきでしょうに。口先だけの政治家は要らない、選出してはいけないと心底思う朝です。

コメント

少しだらけてますがまた仕訳をしてました。

2018年02月27日 07時17分56秒 | 日記

乾燥しているので寒くても水やりが必要です。

一日の中でも風が冷たい時やそうでも無い時と変化があるものですね。

普段は直に見ると目に危険な太陽も雲の力を借りれば大丈夫。さてさて電子申告でも別送したほうが世話の無い物もあるもので郵便局へは最近度々行っているような。封書も120円だったり240円だったり。

途中で「梅」も見られます。

椿も侘助系は咲くのが早い。

お目当ての「福寿草」。曇で空気が冷たかったせいか花が開ききってなかったのは残念でした。この業務をしていると年金の受給額が毎年減額されているのがわかります。年齢による受給額の違いも気になりますし、これから受給年齢に達する方々は今以上に少なくなるのだろうなと感じてます。国民皆年金制度なのですから、働くのが困難になった時には年金で暮らせないというのはそりゃ施策の貧困でしょう。基礎的年金では生活出来ないことが分かると今度は生活保護基準の引き下げですか、暮らしの実態がわかってないのだろうなそんな施策は。それでも、なんとか現実を見ないあるいは見ないふりしてこのままでも良いと考えている者が多いのだろうか。それとも無関心、それとも思考する事を放棄ですかね。海外への支援も必要でしょうけど国民への支援を怠ってないだろうか。一部の富裕層を除いて市井の人々は以前よりは苦しくなっているのではと思うのですが。経済学の専門の方たちの意見を聞きたいものです。税負担はといえばそりゃ年々増加してますよね。

小さな鉢の中で精一杯咲いている「シクラメン」です。勇気をもって事に当たればという気持ちになるかも。

今日は気温が高めになるらしい。風が吹いて土埃が舞うのは勘弁願いたいのですが。

コメント

確定申告会場

2018年02月09日 08時20分52秒 | 日記

青空に飛行する「ヘリコプター」。でも、最近は落ちやしないかと少し気になる。でも、最近の事故はそういえば軍関係でした。

終日業務に従事して、流石に疲れました。

申告会場に8時過ぎについて5時過ぎまでそこで業務でした。この様に一気に集中して業務を行うのはもうそうそうしてないので疲れました。でも考えようで、初めて話をしていろいろ資料等を通じてこのような事がなければ交流することがない方々と接するのですから本来楽しいことなんだと思うのですが、自身の心身の衰えも感じながら今年の従事も何とか終えることができました。さあ、これから自分が個別に依頼を受けている方の決算等の作成にこれから専念します。勤務時代は当然に行っていた朝から5時過ぎまでの仕事ですがもうそれはしんどいや。今はパソコンでの入力が主ですから余計に疲れます。

戻ってからは直ぐに風呂で暖まってそれから飲んで気持ちを緩めました。

朝の月。明ける時刻は刻一刻です。

前の日の晩。誘われてアルゼンチンタンゴの生演奏を聴きに行きました。それはそれで良かったです。

翌日のことがあり、急いで帰りましたが街が寒かったこと。「リベルタンゴ」も演奏してよかったです。CDの「ヨーヨー・マ」のそれをを聴きたくなった。ずっと前ですが中国旅行でCD屋さんで「ヨーヨー・マ」がありますかと聞いたらなんのことかわからないようでしたので「マ・ヨーヨー」と言ったらああー無いと言われたっけ。

さあ、今日と明日は午後から受任している方からの税務申告資料を受け取りに行かなくては、ここに来て寒い日が続いてましので体調に留意してです。

コメント

オー寒、ブルブル

2017年12月29日 07時34分24秒 | 日記

前日、「水菜」と一緒に頂いた大根2種、「青首大根」と「赤い大根」。大根はおろして頂くも良し、煮て良しですね。

午前中は大掃除と言えない程度の小掃除をして、合間に伝票入力をして、また小掃除して、やっぱり、切羽詰っての掃除開始でした。

快晴で乾燥してます。でも岩手県等東北に暮らす友人のメール連絡では一日2回も雪掻きして腰も疲れるということでしたから、列島の中ではまだ気候的には楽な方かも。

「パンジー」で気分少し温めて。

どんどん咲いてきてます。

そしてやっぱり年内に床屋さんに行かなくてはと予約したら4時すぎで、終わった時はもう真っ暗でした。寒〜い、ブルブル、風が体感温度を下げますので。ウイスキーをまた買ってきて早く体を温めたい気分。

もう少し掃除して、金魚の水槽もきれいにして、できれば金魚と金魚藻も欲しい処だけど時間的に可能かな。

私は小さい「みかん」が好きです。だから、この「みかん」は好みにぴったりです。

挿し木で増やした椿の小苗に蕾が色づいています。咲いてみるまで特定できないでいますが多分、この時期に咲くのだから「西王母」かなって思っていますが、まだ、特定は出来ません。

気になるブログ等記事からはやっぱり立川談四楼師匠のツイートから:『12月22日:最低賃金アップを謳うならまだしも、まさかの生活保護費160億円の削減だ。血も涙もない、人情紙の如しという政策とはこのことで、まあアベノミクスが成功してたらこんなことにはならないだろう。どうにもならないからこうなるわけで、何かと詰んでいる安倍さん、そろそろ潔く失敗を認めたらどうか。』

それでもまだ景気回復っていうのですが、その成果はどこに実っていて、それを公にみんなに示して欲しいのですがって気分も。

WEBで検索してみたら、昨日の件ですが、『拘留は「刑事罰の一種」で、「1日以上30日未満の収監」をする自由刑とされています。一方、勾留は「刑事裁判までの拘束期間」のことを指し、被疑者・被告人の身柄を拘束することです。勾留の一番の目的は、被疑者・被告人の逃亡や証拠隠滅の阻止です。』そうするとやはり何か変です。

コメント

静かに篭っていた

2017年12月12日 07時10分31秒 | 日記

前夜は戻ってから娘の亭主が草津から仕事で戻ってきたのでと一緒に飲んだ。やはり、一人で飲むより飲みすぎてしまう。でも、それも人生かなんて感じで嫌いじゃないですから。

朝の雲。朝の月。朝の薔薇。

モミジが枯葉に成りそうです。「オータム・リーブス」という曲がありますが、いろんな方が演奏してます。ジャズでもたくさんの方が演奏してますが、私は「チェット・ベーカー」のそれが好きかな。優しさと情感が溢れているのが好きなのに生きるのが悲しくて仕方がないと感じで奏でています。

昼の椿。毎暮れには咲き出す「有楽椿」が膨らんで一輪は咲いていました」。

租税教室のアンケート用紙の質問事項に回答を作っていました。いろんな視点の質問があり3クラス分ですからかなりありますが、一つ一つできるだけ丁寧に、質問内容が不明確なのには優しく忖度して。そいうえば忖度という言葉がすっかり劣化してしまったけど、本来は優し気持ちで相手の事を思い図るということでもあったのでしょうに。最近、言葉が沢山信用を無くす使われ方がしているようだ。というのも口だけ、今だけ、読んで言うだけ、が多すぎるからでしょうに。で、回答はまだまだとても終わりません。年内一ぱいには完了したいのですが。

小さな宇宙を見て大きな宇宙に夢馳せる感性は持ち続けたいです。

夕方の「ヘリコプター」。今秋はトンボが随分と少なかった年だったなーと思う。

気になるブログ等から:

この事実を知って、普通に考えておかしいと思うでしょう。そこにはどんな裏の話があったのかやはりはっきりさせないと正義じゃないでしょう。事実を証言するのを拒んでいるから疑念は高まるばかりです。

それとこれ。我々の国では困っている者は助けるのが当たり前じゃなかったのかな。いつから追い打ちを掛けるようなことを考える国になってしまったのだろうか。悲しいことです。

税制改正大綱の中身が漏れ出してきてます。給与所得者で年収850万円以上は増税になるとか。給与が上がらず景気は回復しているという矛盾。税収確保になりふり構わずですか。でも、国の議員等は上がるのですね。庶民の暮らしが判るには同じ生活をしてなければ駄目でしょうに。

本日は午後から福祉関係の研修会です。福祉が押し潰されない世で有りたいものだ。

 

 

コメント (4)