やっと散歩に出て歩いた

2018年08月18日 06時41分17秒 | 散歩

朝には咲いていました。まだ、蕾は有りますので楽しみです。

過ごし易い朝から、終日風が吹いていたけど今までとはだいぶ異なり、クーラーの作動不要な日でした。

雲の形も様々で面白い。

腰痛等も収まってこれから色々活動です。だから、体力回復等の確認に散歩に出たいと考えていたらこの秋のような気候。もう、散歩に出ました。若干ゆったりとですが約2時間の何時ものコースです。

散歩に出るといろんな季節花等が目に入ります。

「見沼田圃」越しのさいたま新都心とその先に多分秩父連峰。

栗も大きくなってますし、稲も大分穂が実ってます。汗はかくものの、日差しは強いものの風も有り、日蔭は涼しくも有り、さわやか感ありです。腰痛が収まったか注意しながら段差はなるべく注意して、足裏がひりひりするもののまずは大丈夫です。スニーカーをクッション性の高いものに変えないといけないかな。終盤に霊園を通りますが、お盆は過ぎたけど、空いている時にとの考えでしょうか結構、車で来られている方が多かった。

秋の月は午前中からずっと天空に居りました。

夕方、以前相続案件の相談を受けて居た中学高校時代の同窓だった女性から事案が発生したので宜しくとの連絡が入りました。一通りすべきこと等を伝え9月前半に会いましょうと伝えました。相続税申告の為に戸籍をそろえたり、預金等の残高証明を取ったりというのも相続人にとっては経験がそうそう有る事ではないので難しいとの事。先輩の行政書士を開業しているMさんに連絡を入れました。近く他のの件も有りますので、夕方飲みながら相談したいとの連絡を入れました。さあ、体力を整えて行かなくてはとの気持ちの張りも出てきました。

こんな力強い花だったのですね。

今朝も昨日同様気温がさわやか。薄晴れの上空を野鳥が群れを成して飛んでいました。もう渡りが始まったのだろうか。いやー、きっと練習だろうな。さて、午前中に一件、7月中に訪問できなかったお宅を訪問します。

コメント

久しぶりの30度を越えない日で

2018年08月08日 06時53分19秒 | 散歩

色々な事をキャンセルしています。もう10日程もそうしてます。突然の激腰痛からどうやらようやく抜け出せそうです。でも、まだ用心です。体のあちこちで重ねていろいろ出てますので。

刈り取られた麦畑で落ち穂を啄んでいるのでしょう。鳩が集まっています。

居住地では台風の影響で曇りがちの小雨の日でした。気温は前日より10度も下がっています。Tシャツ短パンでは肌寒いでしたが気温としては久しぶりに過ごし易い。

前日、整骨院の院長に云われたようにリハビリに30から40分程度の散歩に出ました。傘をさしてです。何時ものコースを途中まで行って引き返しました。腰の様子を伺いながらゆったりと。途中信号の様子を見て、前だったら少し走って渡っただろう処もそれはゆったりとです。久しぶりなので足が重いし、歩みは快活ではないです。ここでまた腰に痺れを感じたら後戻りですので。

農家さんの栽培畑。多分、お盆や彼岸に使われるための花物栽培でしょうか。

「百日紅」は小雨の中でも咲いているのをあちら此方で見かけます。そう、小雨でしたので蝉の声は気が付かなかった。

小雨の中の「つゆ草」は最も合う感じです。

勝手にこぼれだ種から芽を出したいわゆる「土手南瓜」でしょうか。この気温だと夜に成るときっと「ガチャガチャ」が鳴いているのではないだろうかと思ったり。

雨に濡れたオシロイバナはきっと濡れてしまってその種からの粉が白粉には成らないのだろう。

8月も上旬なのでまだまだですが栗の実りを目にすれば秋はすぐ先に在るような気に。

歩き戻ったらやはり汗かきました。下着は着替えて、腰の状態や足の状態を確認してまあリハビリとしては成功でしょう。

今朝は何か初秋の気配、台風の影響です。予報では雨ですが今の処は晴れ間が出たり曇ったりで雲の動きが早い。朝食後、母をディ・サービスの迎えの車に乗せてから蕁麻疹の治まり具合を検査に皮膚科に行きます。自転車なら15分程度なのですが歩けば40分ぐらい。予報では台風の影響の雨なので歩いたほうが無難かな。車で行けば良いのですが駐車場が狭いので躊躇です。夜中に痒くて搔いてしまったりで何度か起きてしまうので寝不足感が。午後は出来れは訪問して伝票の受け渡しをする月次活動が遅れてしまっている福祉施設に行きたいのですが、台風の影響が心配。ただ、温度があの猛暑日の高気温では無いので助かります。

 

 

コメント

居住地は蒸し暑い日でした。

2018年07月09日 07時17分01秒 | 散歩

居住地ではこんな空で蒸し暑いです。

西日本を中心に大雨の被害に遭われた方々が沢山いられます。お見舞い申し上げます。亡くなられた方々もたくさんおられます。慎んでお悔やみ申し上げます。この国に暮らす同胞として何とも対応のチグハグさに申し訳のない気持ちになります。自然災害とは言うものの人為的事前の対応で回避出来たであろう部分もあったのではという思いも持ってしまうのです。

関東での稲の生育状況です。

「白鷺」と「青鷺」が水田等に餌を求めて降りています。

しばらく出来なかった散歩に雨も止み曇りがちの空も青空が広がった日でしたので蒸し暑いけど久しぶりに出ました。直ぐに湿度が高いせいか汗がビッショリに。

「薮甘草」は元々どこにでも咲いていた花です。

お目当ての一つ「合歓」の花です。アゲハ蝶が似合うのですが今回は飛んでませんでした。

そうそう時期を逃したせいで「ネジバナ」は見られませんでした。わずかに枯れた軸はありましたが。それだけ散歩に出てなかったのでしょう。

「ムクゲ」の季節です。

西日本等では未だ大雨で大変な状況でしょうが関東ではこんな感じ。

「ひまわり」等も「戻り梅雨」の後に咲いている感が。セミは鳴き声が聞こえたのは「ニイニイゼミ」でした。

「エゴ」の花の後の実が沢山付いています。

久しぶりの散歩で体が重く、スニーカーも軽い夏ものにしましたが戻ったら足の裏が火脹れ状態と踵の骨が痛い。それにこの暑さで途中、水分補給はしたものの熱中症一歩手前の感じ。戻って昼食を取ってから少し横になりました。やはり普段の運動等不足は直ぐに体力等の劣化が進んでしまうのですね。

「百日紅」はこれからさかりに向かいます。

今朝は新聞休刊日。TVで今回の大雨被害の死傷者が100名をゆうに超えているとの報道がありました。痛ましい事態です。このような災害に遭うことはいつでも誰にでも起こりうる状況なのですね。

水道民営化の方向性を政治家が海外で話しています。その必要は無いです。民営化が全て良いなんてことはないのですから。国鉄民営化は何をもたらしたのか。利益優先で儲からない鉄道は次々廃止して、結果、地方が枯渇したでしょう。地方の時代なんて口だけで実態は地方をより過疎化したのです。

 

 

 

コメント

未だ、復調せずに

2018年06月01日 07時00分05秒 | 散歩

散歩で見た「立葵」。今が盛りかも。

疲れが抜けないのか未だ体調不良気味。静養はしてたのにまだです。それに一昨日等福祉関係の研修会等があったのですがすっかり失念したことを手帳を見て判り、誤りの電話を入れる始末。やっぱり体調がすぐれないと意識も欠落してしまうと反省然り。

そんな時は散歩して汗かいて血液を循環させてと考えました。よって散歩へ。

「栗」の花がびっしりと。きっと秋には大きな実をつけることでしょう。

「アリストロメリア」。「そば」の花。収穫間際の「麦」。「クチナシ」。なんだっけ。

「沙羅」は気品を感じる。「沙羅双樹」の花ですね。

「紫陽花」がいろんな色で咲いています。園芸店では改良が進み更に変化に富んできていますが野辺に咲く紫陽花は華美過ぎない程度が良いかな。

気になるブログ等から:ごはん論法の例が載っていました。

『Q「朝ごはんは食べなかったんですか?」

A「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」

Q「何も食べなかったんですね?」

A「何も、と聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので・・」

Q「では、何か食べたんですか?」

A「お尋ねの趣旨が必ずしもわかりませんが、一般論で申し上げますと、朝食を摂る、というのは健康のために大切であります」

Q「いや、一般論を伺っているんじゃないんです。あなたが昨日、朝ごはんを食べたかどうかが、問題なんですよ」

A「ですから・・」

Q「じゃあ、聞き方を変えましょう。ご飯、白米ですね、それは食べましたか」

A「そのように一つ一つのお尋ねにこたえていくことになりますと、私の食生活をすべて開示しなければならないことになりますので、それはさすがに、そこまでお答えすることは、大臣としての業務に支障をきたしますので」

*常識人であれば、Q「朝ごはん食べた?」 A「食べた。パンとタマゴ」というようにわずか5~6秒で済む会話です。』

今、我が国の議論する最高機関で同じような事が平気に行われているようです。これじゃ、議論に成らないし、こんなことではもうどうしようも無いでしょう。やはり変えなきゃ駄目でしょうに。最高機関での議論は「嘘」や「誤魔化し」は御法度でしょうに。もう、こんな状況になってしまっているのですね。

今、改めて「三権分立」を考えなくては。歴史から学んで確立選択された制度だと思うのに今や危うい。

昨日はお土産に頂いた「白酒」を来てくれた娘の亭主と飲みました。アルコール度は強いけど抜けるのは早いと思う。でも、少し控えなくちゃとも感じてます。昨夜は寝汗をかいたもの。

コメント (4)

蒸し暑い最中に散歩に出てしまった。

2018年05月19日 06時37分19秒 | 散歩

時間的余裕のタイミングの関係で午前中に散歩に出ました。予報では曇りでしたが朝は前日を引きずって蒸し暑かったし、予報に反して日差しも出ました。

道端の草花が、きっとこぼれ種でほぼ自然に芽を出し花を咲かせているのだと思う。

野辺の花木は今回は白色が目に付いた。「雉」の鳴き声は何箇所かで聴こえたけど姿は捉えられなかった。蒸し暑さで汗がたっぷりです。でもそれが体調管理の為の目的でもありますので、額の汗を指で拭えば飛び散るほどに。

「皐月」も嘗ての人気も薄らぎ、鉢植え盆栽仕立てよりも垣根に使われているようです。

「クリ」の花が咲き、また一年のサイクルが始まった感じです。

気になるブログ等記事から:『政府は18日、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」との答弁書を閣議決定した。』という。なんやこりゃ。閣議決定ってなんとも仰々しいけど、こんなもん。これにどれほどの意味があるの。セクハラ行為は許されない犯罪行為を構成する事になります。だけど、現行法で「セクハラ罪」という法律条文は無いということをわざわざ閣議決定しないとならない訳ということですか、ありゃ。ここは思考の幼い者の教室での授業風景ですか、レベルがなー。そんなことより「セクハラ行為」を無くす為の施策等展開がすべきことでなないのかなー。いやー、まいったなー。

「立葵」が咲き出しています。夏が来るなーってイメージ。

午後は曇りがちで風が結構強くなり、それに伴い温度も朝より上がらず26度ほどに。この温度のままだと室内ではクーラー着けずともパソコンの不安も無くです。でもまだ5月だからこれが普通だよね。

夜半から小雨が降ったようで気温が平常な感じ。長袖シャツを着ててちょうど良い。午前中にS先生と相続関係業務に出かけます。

 

 

コメント

散歩に出たけど急いで回った

2018年05月14日 07時27分34秒 | 散歩

何かの鉢に寄せ植えて気に咲いていたのが種がこぼれて勝手に毎年、下草のグランドカバーの様に、また雑草のように生えては小さな花を付けています。

午後は留守居番でしたので曇り空の下、散歩に出ました。15分も一立木のぱらりぱらりと雨つぶが。でも雲は明るかったのですが。もう、戻っても進んでも大した変わりはなさそうといつものコースを急ぎ足で歩みました。「ケーン・ケーン」と雉の鳴き声がすれど姿わ見えず、また探している余裕もなかったけど。

「ムラサキツユクサ」も「矢車草」も「昼朝顔」も環境に適応した同じたぐいかも。でも、ややくすんだオレンジ色のやたら空き地や道端にはびこるポピーの仲間のような厄介者扱いされてはないですよね。

長袖ポロシャツに古いジーンズとスニーカーで散歩に出ますが、止むだろうと思っても止まずに降る小雨と急いで歩いての汗でビッショリになってしまった。肩から下げている小さなポシェットの中の携帯とデジカメが濡れるのが嫌で手で覆いながら2時間弱の午前中散歩でした。

好きな花ですが、生える場所によってはその環境に合えさえすればほぼ毎年同じ場所に咲いているのが見られます。

この花も同じような感じです。

急いで雨を気にしつつ、歩きながら少し思ったのは、今この国の政治を行う者たちが「嘘」をつくことに平気なのか或いは「嘘」をついていることを認識できないほど劣化しているのか、又は確信的「嘘」なのか、なんて感じたり。だったら治すには辻褄が合わないことは曖昧にせずしっかり解るまで議論を続け事実を明確にする事、そして「誠実」せ在る事を取り戻すしかないのではなんて思ったり。

散歩の終盤の霊園内の桜並木の下を歩いて、見上げれば小さくて人間には味を含めて食用にするにはきっと適さないだろう「サクランボ」がたっぷり実ってました。野鳥にとっては有難いのだろうななんて。でも「カラス」が幅をきかせていて、他の野鳥は寄り付けない様子でした。

午後はすっかり本降りとなりました。長袖のシャツのボタンを嵌めてちょうど良い気温。

「母の日」でした。集まれる家族でささやかに祝う。

コメント

wifiで取り込むなんて

2018年05月07日 06時52分45秒 | 散歩

ご近所の「薔薇」を切ってくれたので活けました。花があるだけで心豊かに感じます。

2日間にわたる剪定等で疲れたので散歩に出ました。もちろん汗かきました。が、それも目的の一つです。

アイリス類も各種咲いています。

「薔薇」も咲いています。

野の花や木々も一斉に咲いていますし、実り出してもいます。春です。残念ながら今回は「雉」の声は聴けなかったけど。

ネット発注して2日後には手許に。一回り小さく軽いので良かったのですが、画像をパソコンに取り込むのに参った。wifiでの取り込みだそうで有線仕様ではないのです。ネットもプリンターも有線で繋いでまして、無線ランは使ってないのですが、どうしようって感じ。カメラ本体での設定は出来ましたがいざ送付先をパソコンとする段で繋がりませんとの表示が。で、考えた末、メモリーチップを前のカメラに入れて有線接続でなんとか処理。でも画像が大きすぎとか表示は出ますがなんとか、この画像がそうですが取り込めたようです。Windows7でwifiを使ってなかったのでどうしようかという感じ。会計ソフトや税務ソフトをメインに使ってますのでそこに影響等があると嫌ですが、パソコン内のワイアレスの設定で無線ランを有効にするという設定に躊躇っています。

もう、電算機器の進展についていくのも大変です。今日はこれから雨の予報。気温も大分抑えられる感じです。

 

コメント

降りそうでもった昼間だったけど

2018年04月25日 07時33分39秒 | 散歩

椿の木にはい伸びて咲く「テッセン」です。

居住地では朝から霧雨のような微細な雨がありましたがその後は何となくあやふやでしたがとにかく昼間は降らずにもった。

水槽も水取替後の数日後が一番水が清んで馴染んだ感じになります。

我が家の「シャクナゲ」が満開です。

月にほぼ一回の割合で割合に駅に近いところの内科クリニックに通ってます。血圧降下剤を貰いにですが、実はもう既に無くて2日飲んでないのですがクリニックで測ると137-72とかでかなり良いのです。が、血圧の薬はなかなか辞めるってわけにはいかないのでしょうね。ここが長年飲み続けている者のきっぱりと判断ができないところ。50分強歩いて行ったあとの測定しての良い数値ですから。それに脈拍数はいつもですけど多い。

ほったらかしのサボテンが成長し出してます。こちらは冬中戸外で寒さに当てていた「レウイシア」ですが今年は蕾が上がらないようです。

 まだ咲いているのですよ。

温州みかんは蕾が膨らんで膨らんでいますが開花に至らず。

自民党岸田派の名誉会長である古賀誠氏が福岡市で開かれた講演で「安倍政権の後は宏池会(岸田派)主軸の政権をつくりたい」ということでその発言内容に「その政権には、憲法9条を堅持し、9条は一字一句変えない決意が必要だ」と語ったという。それは評価しますが。で、岸田氏の考えはどうなのだろう。と共に派内に同じ考えの人はいるのかいないのか、そして今までそのような発言が派閥内議員から発信されてなかったというのは、それが政治権力の世界なのですかね。もっと単純に誠実にが良いな。そしたら閣議決定とかで「法」をないがしろにしてきた動きは止められたのではとも思いますが。

端っこに置かれても「君子蘭」は確かな趣があるような。

 今朝は雨。これから一層強くなる予報です。雨が降れば水害が起きという繰り返しの気候変動が近年多い。自然に対する敬う心の欠如がどこかに生じているのだろうか。生き物は自然の中で生かされていることを忘れてしまったからなのだろうか。

本日は母の「ディ・サービス」の日であり、月例の福祉施設に伺う予定日です。早めに天気が回復して欲しい。

 

コメント

鳴き声は聴こえど

2018年04月24日 07時17分55秒 | 散歩

「ツツジ」が盛りの季節です。

普通の今の気候に戻った感じ。穏やかで蒸し暑くない春に戻ったようです。1件の入力作業も1月から3月分まで済んだので気分転換に散歩に出ました。陽の陰った曇り空です。

目指すは地元の「クマガイソウ」自生地。以前は5月の連休頃が見頃でしたが年々早くなり、今年の気候ではどうかと思ったところ、その場所の入口で出会った方に「咲いてますか」と訊ねたら「もう、遅いかな」と言われましたが案の定、自生地ではもう見られず、その土地を所有している方の庭の片隅に咲いているのをやっとこ見られました。年々、少なくなってきているようです。気候がこの土地では合わなくなってしまったのかもですね。

歩くにはちょうど良い温度で、ウインド・ブレーカーを着て急ぎ歩くと汗が出るので手にしてのんびりと爽やかに。

途中何箇所かで「雉」の鳴き声が聴こえましたが、姿を捉えることはできませんでした。かつては至るところで生息していたのでしょうけどだんだん開発とともに追いやられ、でも最近また個体数を増やしているような気がします。勿論、自然環境が保護され復活している場所にですが。

「シャガ」と「あやめ」かな。やはり今時期の花。でも今年は少し早めに。

「ナンジャモンジャ」という名前が解ります。遠くで見て近づいて見て、なんじゃこれって感じ。

昼時のさわやかな散歩でした。植物は動物のゆりかごのように思う。

特に好きな椿「トモロー・パークヒル」と「マーガレット・デイビス」です。ほぼ終盤。

紫系の花。春は色とりどりに。

黄色が目に付く「黄モッコウ」。

夕方、友人が来ていろいろ話をして、その中で埼玉県議会が「電発推進」の意見書を採択したって知っていると聞かれました。知りませんでしたので「へーッ」て感じ。そこでWeb検索するとありました。『埼玉県議会は2017年12月22日、「原子力発電所の再稼働を求める意見書」を自民党などの賛成により採択し、衆参両議長や安倍晋三首相、世耕弘成・経産相などに送付した。福島原発事故の後、都道府県議会が再稼働を求める意見書を採択したのは初めてと見られる。』

そうなんだ。県民の代表としてこんな意見書を提出したんだ。県議会って意外と身近に感じてなかったけどこんなことが起きてたんですね。福島原発事故の事後始末が今だ先行きが混沌なのですよ。地域の方たちは今もその為に大変な苦労を強いられているのですよ。私は賛成できません。議会で多数決で採択されたのでしょうから、次の選挙は来年だと思うけど、一票を大切に行使します。私は納得できませんから。

 

コメント

ツツジ咲く候

2018年04月17日 07時38分05秒 | 散歩

「黄モッコウ」がご近所も含めいろいろの場所で咲いています。綺麗だ。

予定はあくまでも予定で、その通りには行かないことは想定済みですので別に構いません。で、その空いた時間で何をするかが、選択の妙ですかね。

散歩にしました。

すると、目に付くのが「ツツジ」でした。2時間少しの散歩でいたるところでツツジを愛でる事ができる季節です。自然が季節を得て華やいでいます。

「藤」や「シャクナゲ」もそれぞれに季節を感じています。

「緑」が背景に有ってこそたおやかにかも。

何か、ようやく論理の正当性を持たない状況がやっとの事ですが終焉を迎えるムードが漂ってきました。それは当然といえばそうだと思う。それはそれでステップとしては良しと言えますが、この後が大変だなって感じも漂います。一度、壊された状況を戻すにはそれにかかった時間と言うか年月の倍以上もかかるでしょうから。でも、変わることはもはや避けて通れないのですから。後退の後の前進を。でも、財政面では日銀の異次元の緩和金融施策はどうやって落とし前をつけるのだろうか。将来に渡り財政赤字が重くのしかかってくるよなーってため息が吐かれる様な。

我が家ではまだまだ大事に咲かせています。

 

本日は曇空、どんよりと。夜は地元の落語会の開催日。

 

コメント (2)