サボテン「ランポー」がまた咲いた。

2018年07月19日 07時01分38秒 | 鑑賞

この気候の中でもサボテンが咲いています。強いです。

どうかしたのかと思うほどの高温多湿が続いています。室内にいても冷やさなければ危険。

バラも蕾を付けています。植物の順応性は動物より優っているのかも。

ミニトマトの右上に「カマキリ」が。確か先日迄は緑色でしたがトマトの色に合わせているのかも。生存のために持てる能力を働かせているのでしょうか。

先日、一輪だか咲いて、今季は終わりかと思ってましたが、ここのところの気候でまたぞろ蕾をつけています。大輪の花が期待できそう。それにしても暑いです。被災地で復興に向けて頑張っている方々にエールと感謝とを強く感じながら・・・・体調管理にご留意くださいと言うしか出来ない自分がいます。

夕刻に、地域福祉を推進している先輩のところへ「敬老会」にかかる行事等に関して伺いました。その要件は直ぐに済んだのですが「こんなハガキが来たのですが」と相談のように言われました。法務省等に成りすましての架空請求詐欺ハガキでした。「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書いてあり、連絡をさせることにより、金銭を巧みに不正にだまし取る手口です。先だって我が家にも届きましたので、絶対に電話連絡はしないようにと話しました。裁判所をはじめ各行政機関ホームページ等に注意喚起が掲載されています。冷静に考えればこのような内容を封書でなくハガキで送付する事は有り得ませんから。でもこんなことが頻繁に発生する社会になってしまったのですかね。表面だけの「美しい国」になってしまったのかと情けないような、腹立たしいような気分に。

誠実に嘘をつかない社会を多くの方は望んでいるのでしょうに。 

サボテンの花を見ながら人様の社会の汚れにうんざり。暑さにもうんざりの日でした。

3時間冷房タイマーを点けて就眠するのですが3時頃には目が覚めてしまいます。今朝は30度以下でしたので再度点けずにいましたが、やがて起床する時間には室温が30度になっていました。予報では熱中症注意が伝えられています。朝から蒸します。

本日は15時から福祉施設に出かけます。月例の訪問ではなく「遺言公正証書」の作成に関してです。実情に合わなくなった公正証書の更新に先輩の行政書士さんと公証人とで意思確認等の面談です。公証人役場へ出向く事が困難な方には公証人の方が出向いてくれる制度がありますのでそれは便利な制度です。暑いので車で出かけ途中で関係者を載せて伺います。十分注意して運転します。

 

 

コメント

サボテン「短毛丸」も咲いた

2018年05月17日 07時23分50秒 | 鑑賞

「短毛丸」が朝に大きな花を咲かせていました。一輪ですが見事に咲いています。

暑いです。30度を超えました。そうなるとパソコンが心配でクーラーを着けようか、でも、まだ5月。で、「扇風機」を出しました。

やっと床屋さんに行きましたが、日差しが遮れないところは暑いこと。床屋さんの散髪台に座ってからも汗が引かず、タオルで何回か拭ってもらいました。もう首から下はシーツで覆われてますのでそうしてもらうのが一番でしたから。

 今日は一輪だけでしたが蕾はまだついていますのであと何回かは楽しめそう。

公文書の改竄問題で、改ざん前のほぼ原文が見つかったそうで、当然それは国民の為の行政機関の文書ですから公開され、この件が、つまり一連の疑惑発生がどのような経緯で、そして関係する事項との事実関係等解明されるべき重要な資料ですから、与野党共同して積極的に協議・審議されるのが望ましい形でしょうに。整理してから提出公開するそうで日数がもっと必要だとか。変ですねー。また改竄ですかと思われますよ。与党ほど責任の重さから言って開示に前向きであってほしいのに。って事はやはり国民に隠さねば成らない謂わばやはり真っ当でないのでしょうかね。行政の持つ文書は例えメモ書きであっても公開請求されれば出すべきものと情報公開法や条例が出来た時そう、学んだのですが。国民の為の行政が仕事の内容・事の経緯等、国民に隠し事する必要はないし、いやはや今は既にそんな状況になっているのでしょうかね。

「母の日」の為の花がたくさん咲いています。「カサブランカ」と思っていたら、ラベルはオリエンタル・リリー「マザース・ピンク」と有りました。ラベルはもっと濃いピンクですが、鉢植えで直射日光に当てずに咲いてますのでピンクが淡くなったのかな。でも香りが強くて、強すぎて、部屋から玄関に移しました。

ひと鉢の花が香りを含めて存在感が濃いです。

今朝は曇。温度は高い。湿度も高くなりそうです。

コメント (2)

今年は「ブラック・マジック」がよく咲かない

2018年04月14日 12時39分12秒 | 鑑賞

今年の春は天候が、温度が急変してます。暑くて半袖でも良いような感じから温度が下がって風が冷たい。

花弁にとっても何て暑い日、寒い日が繰り返すのだろうかって感じかも。

「ゲスト・オブ・オーナー」が咲き。「ブラック・マジック」も。でも、今年のブラック・マジック」は残念なほどの状況です。

2枚目の「マーがレット・デービス」などは良く咲いてくれましたから、気候に合わせられたのでしょう。

夕方には「大宮駅」から電車に乗って「新橋駅」経由で銀座へ。業務連絡は早速に終わらせ、

ビルの中の小さなお店ですが料理やお酒が気遣いで洒落た店です。ほぼ繰り返し満席状況。4月の金曜日とあって会社人も活発に動き始めているのでしょう。街もかなりの混雑でした。色々と政治状況や景気なども話したり会話を楽しんで。

その後いつもの「ルーネス」で落ち着いて。

大宮に着いたのは12時少し前、深夜バスにギリギリで間に合いました。よって本日はすっかり遅起きで。

コメント

青空が烈に

2017年12月10日 07時35分46秒 | 鑑賞

明けやらぬ早朝の明けの明星です。南東に位置してました。

やがて明るくなり西の空に月が寒々と浮かんでました。でも不思議だ、明けの明星を見た時気がつかなかったのに。

寒さで青空が烈なイメージに。烈といえば東京でブランディーグラスに注がれた冷酒の銘柄が「烈」だったけど。

「薔薇」のつぼみの三態。この寒さでも咲こうとしているようです。

さてさて、自分の分の口座帳及び領収証等の入力をしました。決算にはまだ一月分がありますが見通しを立てるために。今年も収支はトントンかな。今年は事務室として主に使う部分の水回りの改装はしたけどそれを経費化しても大幅な赤字ではなく他にたいしたパソコン等設備の設備投資も無いし相応に活動してこれで結構満足なのです。来季はパソコンを入れ替えたいけど、こうして生き甲斐的に細々と展開できていれば充分という思いです。

「レウイシア」2鉢のみ生き残りました。一つ目は「フィレーリア」ですが夏の蒸し暑さにとても弱く3鉢の内2鉢は蒸れて腐ってしまいましたが、どうにかこうにか残った1鉢が寒くなったら成長し出しました。寒さにはめっぽう強いようで、むしろ寒くなってから小さかった芽が成長しています。春に花が咲くまでに成長するか楽しみ。2枚目は普及種の「コチドレン」です。やはり夏はすっかり乾かしていたのですが寒くなってからは元気が出ています。こちらは咲いてくれると見込んでます。思うに「レウイシア」は北国が適した花苗かな。

年賀状のデザインをパソコンで作りました。何種類も作って適当に使います。喪中のハガキもまだ届いてますので20日頃に一気に作成します。

寒い一日でしたがひだまりの「パンジー」で気分を温めています。

12月10日になりました。今日は旧大宮の「大湯祭:十日町」の日です。昔から十日町がくると北風ビュンビュンという感じでしたがその通りかも。この酉の市で氷川参道周辺は混雑すると思います。12月3日の「秩父夜祭」から始まり順次移動して有名なのが大宮の10日町、浦和の12日町で川口の市を経て移動して「浅草の市」で上がるとの事です。

コメント

道端の菊花

2017年11月07日 07時05分32秒 | 鑑賞

何もしなくても季節は進み月日は流れ次へ移ってしまうなーなんて秋になると浮かんできます。忙しく過ごしていると思いもしないことが浮かんでくる季節です。

少し小さな路地を歩けば至るところに「菊」が咲いています。小まめに手を加えているわけでなない、きっと、咲き終わったらそこに植えておいたというような感じで揃った感じではないものの、それがまた盆栽で言えば「文人したて」のように感じて美しさが感じられもします。

明け方の空です。

米大統領が来てゴルフや食事会やら忙しいスケジュールの中で「拉致問題」家族にも接触があったようです。拉致問題については人道的に許せないことであり、直ぐなる返還が基本的思いですが、そして、当事者にしてみれば有りとあらゆる機会に訴えていくと言う姿勢は痛いほど分かります。でもなー、更なる圧力を公言している中で解決が可能なのですか。そして、現政権は何かに触れ拉致問題を持ち出してはくるものの、今までどこまでの進捗があったのだろうか。パフォーマンスにこの問題を前面に出すことがあっても地道な交渉を行える状況がたっているのだろうかと、残念ながらそんな思いが浮かんでしまうのです。でも旨く言い表せないもどかしさを感じます。

薔薇が少しだけ咲いています。

椿がひっそりと目立たずに咲いています。

気になる記事等から:『幕末の13代須坂藩主、堀直虎(1836~68)の没後150年を記念した特別展「須坂藩堀家14代」が、長野県須坂市立博物館で開かれているそうです。堀直虎が21歳で書いた「忠正者多忤意 邪佞者多順旨」は、中国・宋の歴史書「資治通鑑」の一節。「正しい忠義に生きる者は君主の意向に逆らうことが多く、邪心でへつらう者の多くは君主の意向に従順である」という意味。大政奉還後に江戸城で自刃。鳥羽伏見の戦いに敗れて帰ってきた将軍・徳川慶喜に厳しい意見をぶつけ、死をもって諫(いさ)めたとの説もある。学芸員の三ツ井氏は「上司に非があり、間違っていると思うときは、しっかりと意見を言う。仕事をする上で直虎が大事にした姿勢は、いまの時代にも通じることかもしれません」。』

歴史を学ぶと今の我が国の状況との比較がしたくなるものです。

夜、TV「鶴瓶に乾杯」で佐賀県の陶工たちを訪ねてました。陶器、磁器等の一大発展地です。太閤秀吉の朝鮮出兵でこの地に連れてこられた方々の子孫が多いのでしょうか。そんな時代もあったのです。どのような経緯があったのかは詳らかに判りませんが無理やり連れてこられた方がいたとしたらやはり由々しき事なのでしょう。戦争や侵略による武力行使は結果として多くの憎しみ悲しみを生みます。「戦わずして勝つ」という言葉もありますが、武力行使しないで解決する道がベストなのでしょね。人一人の人生はそんなには長くない。だから、歴史から学ぶことが大切だと思うのです。

暦の上では「立冬」だそうです。でも、今日は暖かそうです。

コメント (2)

旧友と一緒に

2017年09月15日 11時04分11秒 | 鑑賞

秋のバラです。一層鮮やかに。

昼間はまだ夏の様な天候です。上着は不要でした。

17時すぎの始発電車に乗って西日暮里まで。

高校時代の、つまり半世紀以上前に同じ学校で学んだ仲間と集まっていろいろと。今回はフラメンコ鑑賞でした。なにかどこかノスタルジックな思いがしました。きっと、我々の遺伝子の中で世界各国との繋がりがきっとあるのでしょう。だって、人類だから、みんな同じ部分がたくさんあるはずでしょう。そうして考えると同類同士で争うほど馬鹿なことはなくみんな同じ仲間です。いがみ合う基には経済位的優越、劣後とかがあって、そこを平等にすればみんなが自由を得られるのではないだろうか、なんてフット思ったり。チーズとワインと生ハム旨い。相性がぴったりです。

コスモスが今は彼方此方で見かけます。コスモスって宇宙ってことでしたっけ。

次は何しようかって事で落語会にという提案が。尤も暮れの「大成金」はチケットを手配済ですが今月中にということで。もうもう行動派の老年者グループな感じ。

今朝も北国ではJアラートが鳴らされたそうです。埼玉県内上尾駅でも電車の遅延があったそうです。私はあらゆる核の使用に反対の立ち位置ですが、対話の道を進む方向が今だ見えてこないのですが。警告は煽らないで冷静にと思う秋空に吹く風に少し夏の終わりを感じる朝です。

いつ迄もそして何時も花が咲いている世界に、世界中が。

 

コメント (2)

暑い処も涼しい処も

2017年09月10日 07時08分36秒 | 鑑賞

朝になり陽が出るとどんどん気温が上昇して暑かった。入力作業をすると決めていたので、クーラーを入れました。昼は暑くて、でも16時半頃になるとやはり秋を感じます。そして「ツクツク法師」が懸命に鳴いています。

拝見しているブログでは寒いくらいと言う記述も多いのですが居住地ではまだ夏が残っているようです。

一本だけのバラの木ですが秋も春もよく咲いてくれます。

新聞記事。

防衛予算は確実の伸びています。そのことに対しての国民への説明は必須だろうに、話し合いによる解決策を取らない方針のようで、そうなると増える一方という事に成るのでしょうね。世界各国で原爆を保持して牽制しあい均衡を保つなんてなんて馬鹿な事だろう。軍事産業で経済を活性化してなんて「死の商人」でしょうに、恥ずべき事です。その為の開発研究を人類の幸せの為に使えば良いということは判ってはいるのでしょう。その方向に導くのがリーダーって者だろうに。

図書館へ行き新たな小説を借りてきました。一日数分でも小説を読みたい季節かな。

草花を見るとやはり夏から秋に向かってはいるのですね。

今朝の室温は25度です。これから暑くなるのかそうで無いのか。

コメント (2)

桜花の下で

2017年04月05日 07時06分19秒 | 鑑賞

引き続き穏やかな日でした。

郵便局の帰りに少し遠回りして黒椿が咲いている場所に寄りました。この椿を改良して海外ではいくつもの品種が作出されています。「ブラック・マジック」もこの系統でしょうけど、持っている今年の鉢植えは蕾をつけませんでした。

昼頃に妻の発案で今年も母を桜見物に連れて行こうという事になった。

車椅子ごと乗れるよう福祉車両にして、途中コンビニでおにぎりや飲み物を購入していつもの比較的静かな市営霊園の桜並木で休息しました。桜花の基で、花明かりを身に浴びてたおやかな一時を。

満開ではないけど半分咲きくらいでしょうか。風もなく散り出してはいませんが綺麗です。

此方は同じ場所の土手際に咲く「垂れ桜」です。同じく車椅子の方も来てました。ゆったりおにぎり等を食べ、わずかな時間でしたが良い時間を過ごしました。

樹の下の「たんぽぽ」も懸命に咲いています。

「桃」の花です。花は華です。

今日の椿です。最後の花は「バレー・ヌーゼン」です。大きかった樹は下水関係工事の時に枯れて仕舞いましたが挿し木苗が引き継いで咲いています。

復興相と記者のやりとりがTV放映されていた。「自己責任」とのこと。地震や津波、それに伴った原発事故、避難先から戻る戻らない或いは戻れないは「自己責任」という事で締めくくられるのですか。国の方針に従わない者はどうなろうと政府としては関係ないということなのかな。何とも全体主義的傾向・方向がここにも出てきたような薄ら寒い・怖い思いが。

コメント (4)

三月もあと僅かに

2017年03月30日 07時06分35秒 | 鑑賞

穏やかな春の装いになった日でした。

「春のパンジー」。秋から咲き続けてやはり本来は春の花なのでしょう。一段と華やいで。

順に「グランド・スラム」、「ギリオ・ヌチオ」、「フランシー・L」、「クラマーズ・シュープリーム」です。とにかく極大輪の花ですが似ているようで違う種類です。

その他の今、咲いている椿です。まだこれから開花する種類もいくつかです。

図書館へ返却に行き、代わりに借りてきました。コメントを頂いた方からお勧めということで探したらありましたので早速借りました。

途中の道々で。「ソメイヨシノ」開花してきました。

「卜半」です。我が家の小さな鉢植えは今年は蕾がつきませんでした。

「レウイシア・フィレーリア」の状態です。

「桃」も春です。

これから「ソメイヨシノ」桜の開花時期です。満開の桜の下の華やかさと寂しさ・儚さも感じる季節です。

 

 

コメント

多肉植物パキフィツムが咲いた

2017年01月07日 06時27分53秒 | 鑑賞

昼になると温度も上がり、思ったより温かかった一日です。

それでも朝晩はしっかりと冷え込みますが。それでもまだ、外のバケツの水が凍ってはいませんので、北海道でのマイナス26度とかとはレベルが異なりますが。

 日溜まりの「パンジー」。

椿の蕾も色付いてきたものもあります。

多肉植物パキフィツム・「月美人」あるいは「星美人」です。この両者の違いって本当に判らない。でも、咲いてくれると何かどちらでも良いかって感じになります。

いくらか雲も多かったですがまあー良い天気でした。

椿「有楽椿」がたくさん咲いています。

いつまで野鳥に啄まれづに赤い実がもつかなって思いで見ています。

授業内容をさらってました。「法」に関して話すには「税法」もそうですが、その根本に憲法が有り、その理念である「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」があってこそ法律が民主的に規定され実施さ守られるべき法として作動するのだと感じます。「租税法律主義」もその線上でこそ有るのですもの。

今朝は5時半に起床。寒さに中で実を引き締めています。そして体も頭も最善の状態に持っていかなくては。外はまだ日の出前ですので暗い。

 

コメント (1)