モーニング・サービスは久しぶり

2018年10月27日 06時29分47秒 | 季節

「薔薇」が一輪だけ咲いています。寂しいはずなのにそこは薔薇、一輪だけでもパッとあたりを明るくします。

野原の様子。繁殖力が強く、花粉症の原因とも成るようで困りもの扱いですが黄色の花は明るくてきれいではあります。

「芒」は日本の原風景のような風情です。この感じは捨てがたく心に染み込んでいる感じ。

近くの喫茶店で待ち合わせ。11時前に入店したので、メニューを見るとモーニング・サービスがあるとか。で、本当に久ぶりにそれを頂きました。トーストにゆで卵が付いたコーヒーセットです。だけど本当に久しぶりの珈琲セットでした。学生時代のアルバイトの時や務めてから昼食後等には必ず喫茶店に入ったものです。それが一つの決まりのパターンであったように。それだけ喫茶店もあったのでしょう。今時期は喫茶店も経営が難しいのでめっきり減りましたし、入ることも少なくなりました。若い世代の勤め人もこちらは主に経済的理由もあるようですが食事ー喫茶店という流れは通常化はしてないようです。日常生活のサイクルもそれなりに考えて変わってきているのでしょう。ただ、安定した収入を得る事での気持の豊かさも抑えに抑えられてきている時代なのかもと感じるところもある。

皆が等しく我慢しなければならないことも在るでしょう。皆がそう努力するというのなら判るところだと思うのです。でも現状は如何だろうか。格差が拡大してないですか。一握りのドリームをつかんだ方だけに偏っていないだろうか。そんな夢を見させるだけの社会に成ってないだろうかと極めて疑問に感じるところです。

予報よりも早めに曇ってしまった。でも、とにかく衣替えはしました。もう朝晩大分涼しいですから、やらないわけには行かなくて。

夜半から降り出した雨が朝も続いています。予報だと居住地では昼頃までらしい。月末訪問も土日だから控えて、植替えとか水槽掃除とかを考えていましたが雨は気持ちを萎えさせます。のんびり過ごすもまた良いかって思いも。

消費税増税対策だとか報道されてますが、住民税非課税世帯だとかいろいろややこしい。こんなに複雑にしてどうするのだろう。要は庶民感覚が無い方々が机上で捏ね繰り回しているのでしょう。すっきり辞めたら。

 

コメント

夏から秋への途中

2018年10月04日 06時53分01秒 | 季節

今年は何輪も咲いてくれた「短毛丸」です。これから周りの草が生え、枯れて冬の間は寒さから守ってくれます。この共生によって上手に生育できる状況なのでしょう。そこには植物間の助け合いが感じられる。

秋の爽やかな日とも言えないけど今年の猛暑を思えばやはり季節は確かに移行している感じます。

ぽつりぽつりと咲いてくれます。だからこの花は長いこと開花時期と感じます。

大分重たくなって垂れ下がってきた「温州みかん」です。

午後から相続案件最終書類チェック及び納付書渡し、報酬請求にS先生と一緒に伺いました。前日の飲み会の疲れが残っていて最近は抜けるのが遅くなったと感じます。飲んでいる時は元気で明るくなのですが疲れが翌日感じます。幾つに成っても懲りないで困ったものです。さて、結果は預金の残高証明がまだ送付されてないのでそれが届いてからの提出になります。

昼間は温度が上がったので「ポーチュラカ」がたくさん咲きました。

深夜零時過ぎに携帯電話に猛々しく「緊急地震速報」が入り目が覚めました。「千葉県東方沖で地震発生。強い揺れに備えてください(気象庁)」とのメールでした。その後に揺れがありましたが居住地では特に大きな揺れではなくホッとしました。日本列島、この様な地震は日常的に頻発しているのですね。台風といえ、地震といえ、自然が荒ぶっている近年です。

 

コメント

盆の入り

2018年08月14日 07時10分22秒 | 季節

今年は何回も咲きます。それもいったん咲き終わるとまた蕾をつけてい云う感じで。

今年もお盆が来ました。まずは配偶者側のお墓にそれから近場の私の方のお墓にという順番は何年か続いています。

「さいたま市」から「熊谷市」方面に向かうのを下りと言いますが、何でかななんて思いつつ出発。普段は1時間少しでつきますが2時間弱かかりました。止まりっ放しの渋滞という訳では無いのですがのろのろでした。

お墓参りしてそれから親類の家にも挨拶に。

そこは「星川」に近い場所です。確か「星川」と言えば熊谷市街地にに流れるそれは戦争中、大空襲で焼きだされた人々が多数水を求めて「星川」にたどり着いてそこで亡くなったという話を聞いたことが有ります。まだほんの70数年前の事です。

配偶者側の3姉妹とその連れ合い6人でのお墓参り等です。その後、昼食を共にして慌ただしく戻りましたが。

「するめ烏賊」の姿造り刺身を頼むと飲み物が全て200円とかで。帰りは私は運転をしないので「ハイボール」を何杯か、皮膚の状態を気にしつつ。

夕刻は自宅から大した距離の無いお墓にお迎えに。

戻って来て一緒に過ごすという言う事に成るのでしょう。

今日は一日が経過するのが早かった。夕餉は娘夫婦も加わって5人で賑やかに。

今朝も蒸しています。TVの天気予報では東京地方の湿度は100%と。蒸すわけだ。

大分、薬の副作用による蕁麻疹から始まった痒み等も薄らいできたような。それは時間の経過を経て回復してきたのだろう。昨夜も何度か起きて搔いて塗り薬を使用してでしたが今までとは明らかに異なり快方にと感じてます、そうなると昨日昼に食べた「烏賊の刺身」が良かったのかとか「鰻のかば焼き」かな、或いは夕食時に少し舐めた日本酒原種2種類かななんて思ったり。悪くなるのは一気にだけど良くなるのはじわりじわりというのは世の中と同じだななんて思ったり。腰痛も、昨日1時間半以上の同じ姿勢の運転で腰が張ってはいるもののもう痺れなどは感じなくなった。昨日集まった兄弟姉妹と言ってよいのだろう者との来年こそは「沖縄旅行に」との話はきっと実現するだろうなんて気持ちも前向きに成ってます。

 

コメント

蒸して不安定な大気の状態

2018年08月12日 07時42分35秒 | 季節

蒸してます。外気がむっとする感じ。でも、何かその中でも秋の空気も感じられるような気がしてます。それは期待感が有るからなのかもしれませんが。

午後から、急に雨が降ったり、止んだり、陽が射したりで不安定な大気が感じられます。ただ、居住地では記録的短期間豪雨はまだ有りませんので助かっています。それとて単に運任せなのですが。

この暑さの中でも「短毛丸」が元気で、また咲きそう。こんな年は今まで無かった。

パソコンが元に戻って順調なのです。半分買い替えをしないと駄目かなと諦め気分でしたが順調です。と言う事は何だったのだろう。意地悪な操作が入り込んだのだろうかなんて疑い深くなりそう。でも、今は順調に動いてます。

秋の爽やかな大気が来てほしいです。この人形もまだかと探して居る様な。

少しずつ良くなっている気はしますが、医院でもらった軟膏を着けますが身体が温まると具合が良くない傾向。夜中にそうなるとムヒの方が効果的な感じも。今回は随分と長引いています。それもこの猛暑の成せる事かななんて思いも。

ほとんど室内で涼しい場所で過ごしてましたが、それも体を温めないで居たい為です。腰痛はほぼ落ち着いたみたい。整骨院に確かめに行きたいけどその為に炎天下に出るのは億劫で。季節は時間的経過が着実にしているのでしょう。シャクナゲの蕾が膨らんでますので。

今朝は蒸して曇り、時たま雨が。足首がむくんでいる感じも。何かすっかり変なのですがもう治さなくてはと感じています。そんな気持ちが有りますのでもう治します。若い時はいろんな不具合も試練で、そんな試練はもっと来たって負けないぞなんて心身の成長期の勢いみたいな強さが在ったと振り返れば思うのですが、今はもう試練は要らないと思っています。思いを馳せれば試練だらけに成るのは戦争でしょう。僕たちは戦後生まれですがそれでも戦後の試練はまだ続いていた時代なのでは。今は戦争を直接体験した方々が少なくなりました。だから、歴史から学ばないといけないのでしょう。一旦戦争に成れば「試練」に囲まれて暮らすようになるのです。根源的根拠無しの正義を御印に残虐の限りを尽くすようになるのです。そしてその裏には戦争屋が利益を上げて、民族浄化とか国民の中でも時の政権に不必要だと見なされた者は消されるのでしょう。そこには差別が正義の名のもとに正当化されるのでしょう。今だってそんな輩が首を擡げ出してきている事象が有るでしょうに。民主主義の中からずる賢く民主主義が嫌な輩が勢いと力を持ち出している時代のような気もして。

8月だからこそ、この国の歴史を振り返り学ぶことができるのではなんて少し思ったり考えたり。

 

 

コメント

今日も暑い日に成りそう

2018年07月10日 07時45分45秒 | 季節

昨夜は暑くて何度も起きてしまった。扇風機をタイマー設定してそれが切れると又目が覚めての繰り返し。エアコンは今季まだ寝るときには切ってましたがそろそろ無理かも。今朝はパソコンの関係も有り7時前から入れました。

昨日の空。梅雨が明けて暑い夏の到来です。

前日の散歩の疲れか足の裏の火脹れと踵の骨が傷んで、それを庇うせいか腰痛も。

地域地域でいろいろな行事や高校野球の地区予選など行われています。地域の暮らしがありますのでそれはそれで通常な日常の暮らしだと思います。暑い夏がきました。

被災地区でも梅雨明けが発表されたとのことです。これから復旧作業が大変です。激甚災害指定が遅ればせばせながらされたとのこと。ですから国を挙げての支援が求められるでしょう。地方の議員と異なり国会議員は国政全体を考えて行動することが求められています。今回の大雨災害を結果として予測しえなかった国会議員も一層の尽力をなされる事を国民は求めています。国民の命と財産が失われたのです。事態がわかるほどに被災状況が拡大しています。使途の説明を求められないそして国民に判らない官房機密費などまず直ぐにそこへの導入は可能でしょうに。

「金柑」が一斉に咲き出しています。未だ実も付いています。そばの「シャクナゲ」は来年の花目を形成してます。

白い「ポーチュラカ」。

「オシロイバナ」は夕方で写真写りがボケてます。

コメント

6月中なのに関東は梅雨明け

2018年06月30日 06時46分34秒 | 季節

例年、梅雨明けは7月10日すぎ頃だったと記憶してますが今年は6月中に梅雨明けだそうです。朝から快晴で風はあるものの気温がジリジリ上がった。今季初の朝からクーラーをつけた日でした。デスクワーク時にはで電子機器の作動の関係でつけないわけには行かない状況です。

しばらく開催できてない地元密着型「落語会」のポスターが出来上がりました。手作りの稚拙なポスターですが今の時代だからこそこれもまた良いのです。

午前中、自転車に乗って私鉄駅沿線の銀行に所要で行きましたが片道15分程度の行き帰りでポロシャツが汗だくになりまして、半袖の腕もジリジリ日焼けする感じが。

梅雨明けしたそうです。最近よく見かける「ノウゼンカズラ」ですこの花は夏の日差しにも負けない感じがします。

植木鉢の中に小さな「パンジー」が咲いていました。春まで楽しんだ花の種がこぼれ育ちきっと季節を間違えて咲いてしまったのでしょう。どこまで季節に逆らって咲いてくれるか注視してます。

新聞記事です。問題を残したまま何故に急いで決めてしまうのだろう。国権の最高意思決定機関ということが分かっているのだろうか。この何年かこんの事ばかりが起こっています。この有様はきっと禍根を残し近い将来にもっと厳しい状況を生ずるでしょうにと極めて危惧しています。「カジノ法」ですか、これで誰が潤い、誰が苦しむことになるのか疑問。「公営ギャンブル」や「宝くじ」で十分じゃないのかな。パチンコ・スロットは特定の場所でのみ設置許可にするのかな。現在の経済施策で金融機関はほぼ撃沈気味でしょう。ゼロ金利政策の泥沼に埋まってしまっているのが現状ではないのかな。

今朝も快晴。暑くなりそうです。午前中はS先生と相続案件の申告書最終提示に出かけます。午後は「納期の特例」の関係で一件訪問予定。

コメント

福祉車両で

2018年06月22日 07時10分02秒 | 季節

「へメロカリス」が咲く季節になりました。だいぶ改良が進んでいるようですがやはり色合いはまだ不安定な感じも特徴かな。

こうして見るとそれなりにきれいだなと思うのです。

陽が射さない曇りでも湿度が高いので少し動けば汗ばみます。「紫陽花」が終盤に入ってきた感じ。

夕方に街中の眼科さんに母を乗せて行きました。一人では車椅子ごと乗せるのは困難なので必ず一人は運転一人は介助で二人は必要とします。福祉施設で一度眼科さんで診断したほうが、と言われてましたので雨が降らない日ということで行きました。私が通う眼科さんはもっと近くなのですが2時間も待ちますので街中でも待ち時間が少なく以前からかかりつけの病院に行きます。

医院は2階ですが今の建物はバリアフリー化というのか車椅子でも安心して通えます。踊り場に飾ってあった花。こうした花があるだけでも気分が落ち着く感じ。

さてさて「森友学園」問題で、新たに官邸の積極的関与を伺わせる文書が出てきたようです。「膿を出す」という言葉は発せられたけど全然、真っ当な説明がないまま解明に向かってないのですから全容開示に向けて今後もいろいろ新たに事実に迫る文書等が出てくるのかも。もう一つの疑惑の学園の説明会も震災やワールドカップに隠れるようにセコイ方法を選択した感じのイメージが拭えない。

「ムクゲ」蒸し暑さの中で清々し感が。

本日は朝から快晴。福祉関係の研修会が午前中有り、午後は毎月の内科さんへ。それでもう、一日が過ぎそうです。

コメント

昼間は初夏のようにも

2018年04月03日 09時23分43秒 | 季節

ご近所のシャクナゲが例年よりかなり早く咲いて、その枝を頂きまして活けました。シャクナゲの枝は成長が大盛なわけではないのでもったい気持ちも。でもこうして飾るとそれはそれで素晴らしい。

午前中は伝票入力で、午後からはのんびりでした。

夕刻に、酒のディスカウントストアーに買い出しに。家で飲む分には安いものだと言いながら。

途中で、「黄色の木蓮」を見ました。木蓮もかなり品種改良が進んでいるようです。

「右近桜」も咲き出しました。こちらも咲き出しは黄色系です。

「クラマーズ・シュープリーム」が咲き出しました。「ギリオ・ヌチオ」と並んで大きな花を咲かせています。

これが「ギリオ・ヌチオ」。

それぞれの品種にそれぞれの良さがあります。

今朝も遅起きでした。最近は春のせいか2度寝が多い。娘夫婦が来て一緒に飲んで飲みすぎ気味かも。今日もかなり暑くなりそうです。半袖でも良い感じ。

陸自の無いと言い張っていた文書が有ったそうです。十分書き換えをして辻褄合わせして出しても良いかという事かななんて思ったり。

 

 

コメント (2)

桜咲き汗ばむ気温

2018年03月29日 10時13分11秒 | 季節

「桜」が満開になりました。

そして「菜の花」も「土筆」もたっぷりと

午後からは忙しかった。歩いて所用をこなしたので花見も出来た。でもこの時期こんなに暑かったっけと感じで。

木々がもう精一杯咲いています。地域福祉に関する話し合いでしたが、会議も2時間もするともう疲れて、それに次の用事もありますので退出。気が急いて歩くとなお一層汗ばみます。

今年は特にですが椿と桜が同時期に咲いています。

「羽衣」。

「フランシーL」。

「グランド・スラム」。

「日暮」、「春の台」、「絞孺子」と肥後椿の「王冠」として購入したのですが、すっかり覆輪花でなくなってしまって残念な花。

さてさて夜は飲み会。すっかり飲みすぎて2軒目3軒目と、そして今朝は疲れたなって感じですっかり遅く起床。

コメント

また仕訳入力等が始まるなー

2018年03月25日 08時11分48秒 | 季節

「グランド・スラム」が咲き出しています。どっしりした大きな花です。好き嫌いはあると思いますが優れた品種だとは思う。

午前中Oさん宅に伺い、提出した申告書等を渡し、また今年度の資料等を受領する。H30年分についての仕訳入力等を始めなくてはという意識が。ここは3ヶ月分の入力をする時期だから。

「プリムラ・マラコイデス」が一面に咲いていました。

「サワダス・ドリーム」、「羽衣」、「春の台」、「紅妙蓮寺」、「バリー・ヌーゼン」です。今年の作出は今一ですけど咲けば綺麗。

投稿された新聞記事。今、確かに民主主義の基盤の歯車が噛み合ってないと思う。

黄色は元気色かも。

ブログで見つけた気になる記事等。『トランプ大統領の言葉。トランプ大統領は3月22日の署名式で強い不満をぶつけています。

( I’ll talk to Prime Minister [Shinzo] Abe of Japan and others, great guy, friend of mine, and there will be a little smile on their face and the smile is: ‘I can’t believe we’ve been able to take advantage of the United States for so long.’ So those days are over.)

訳して〈「こんなに長い間アメリカ合衆国につけ込めるなんて信じられんな」とほくそ笑んでいる日本の安倍首相を始めとした偉大な我が友人たる各国首脳たちに言っておきたいことがある。そんな日々はもうこれで終わりだ。〉

他の訳としては〈会う時はいつもにこやかな笑顔を浮かべるいい友達の安倍首相だが、その笑顔は米国をうまく利用してきたというほくそ笑みだ、だがそうした日々は終わった。〉』

海外に度々行って外交を積極的に推進・展開していると評価する評論家の方々もいますが、こんな言葉が当事者からツイートされているのですね。上手くなんかいってねーじゃないかって事じゃないの。

「春眠暁を覚えず」でした。夜中に一回起きてまた寝たらすっかり7時を過ぎていた。冬から春への季節の移行。体調管理に散歩に出たい。土筆はもう顔を出しているだろうかなんて思いながら。

 

コメント (2)