やっと散歩に出て歩いた

2018年08月18日 06時41分17秒 | 散歩

朝には咲いていました。まだ、蕾は有りますので楽しみです。

過ごし易い朝から、終日風が吹いていたけど今までとはだいぶ異なり、クーラーの作動不要な日でした。

雲の形も様々で面白い。

腰痛等も収まってこれから色々活動です。だから、体力回復等の確認に散歩に出たいと考えていたらこの秋のような気候。もう、散歩に出ました。若干ゆったりとですが約2時間の何時ものコースです。

散歩に出るといろんな季節花等が目に入ります。

「見沼田圃」越しのさいたま新都心とその先に多分秩父連峰。

栗も大きくなってますし、稲も大分穂が実ってます。汗はかくものの、日差しは強いものの風も有り、日蔭は涼しくも有り、さわやか感ありです。腰痛が収まったか注意しながら段差はなるべく注意して、足裏がひりひりするもののまずは大丈夫です。スニーカーをクッション性の高いものに変えないといけないかな。終盤に霊園を通りますが、お盆は過ぎたけど、空いている時にとの考えでしょうか結構、車で来られている方が多かった。

秋の月は午前中からずっと天空に居りました。

夕方、以前相続案件の相談を受けて居た中学高校時代の同窓だった女性から事案が発生したので宜しくとの連絡が入りました。一通りすべきこと等を伝え9月前半に会いましょうと伝えました。相続税申告の為に戸籍をそろえたり、預金等の残高証明を取ったりというのも相続人にとっては経験がそうそう有る事ではないので難しいとの事。先輩の行政書士を開業しているMさんに連絡を入れました。近く他のの件も有りますので、夕方飲みながら相談したいとの連絡を入れました。さあ、体力を整えて行かなくてはとの気持ちの張りも出てきました。

こんな力強い花だったのですね。

今朝も昨日同様気温がさわやか。薄晴れの上空を野鳥が群れを成して飛んでいました。もう渡りが始まったのだろうか。いやー、きっと練習だろうな。さて、午前中に一件、7月中に訪問できなかったお宅を訪問します。

コメント (1)

8月の空の青さが今年は深く感じる

2018年08月17日 06時46分52秒 | 健康に注意して

「柱サボテン」の花が今年3度目成るのかな、咲きました。

乾いた鉢植えに水遣りを朝行ったのですが、蚊に刺されました。今年は暑すぎて蚊の活動ができなかったと言う事だったのですが、いくらか温度に変化が出て来たのでしょう。

猛暑では有るけど朝など時たま冷気も感じられます、8月も後半に入って季節の鬩ぎあいが始まってはいるのでしょうか。

8月の青空が濃くなっていると感じます。腰痛は自分でストレッチを心がけなんとか大丈夫の様です。太腿の湿疹ももうほぼ治ってきて、夜中に目が醒める痒さも大分遠のいた。実際にその部分の薄皮がぽろぽろむけだしているので代謝が進んだと言う事で、医者もこのまま順当に、そして今一度少し経過を見てと言う事でした。今夏はそんなわけで大分静養というか休養になりました。そろそろ活動もしないとの気分。そんな折、メールで相続関係の書類が揃ったのでお会いしたとの事で、先方の都合に合わせて日曜日に面談と決まりました。復帰の気持ちが本格的にとの思いです。あれもこれもと気持ちは有るのですが抑えて押さえてと。

昨日、盆の送りをした霊園の緑です。夏は緑が濃い。散歩もしたいです。

多肉やサボテンの植え替えもしたいです。でも、何もしないでぼっとしているのが、それも大好きかな。

居住地では夜半から風が出て冷たい空気を運んできました。だから、朝はクーラーなしです。室温25度です。昼間は気温は上がるのだろうけど朝晩すずしくなると楽です。体調に影響した猛暑ももう直に去って行くのだろうという予感。散歩して心身を充実させてなんて思いです。

コメント

まだまだ暑い

2018年08月16日 07時37分38秒 | 休息

今日も終日陽射しが強く暑かったです。

暑いけど雲の形に秋が出番を待っているのではないかなんて感じたり。

午前中に整骨院に電話したら今日から治療を行っているとの事で行って来ました。もう痺れは無く、腰の重さは時たま凝っていると感じる程度で、多分これで今回の腰痛対策での治療は最後と思っています。あとはストレッチや散歩で済ませそう。空いていました。この暑さじゃ、本当に調子悪い方は自宅で静養かななんて。

サボテン「短毛丸」が一気に咲いてます。一日花であることが残念ですが、だから良いという考えも有るのかも。

パソコンのメール連絡がとっても便利と感じた日です。長崎の友人と9月の同窓会の連絡を取りあったりり、定年退職後3年間勤務した社協時代の優秀な職員からの業務に関連した相談を受けたり、自宅に居ても事足りましたので。

「飛行機雲」。上空は冷えている証拠かな。

夕方、お盆の送りをしました。夏は約一月後にはお彼岸ですね。こうした年中行事も元気でいてこそなんて思うのです。

本日は朝、水遣りしたら蚊に刺された。やっと蚊も活動できる温度に朝は成ったのかなって。本日は皮膚科に診断に。昨夜は夜中に痒くて眠れないなんてことも無かったようで、やっと薬の副作用も消えてきたのかも。

 

コメント

夏ですね

2018年08月15日 07時22分14秒 | 休息

お盆ですのでのんびりしたほうがとの気分で。

サボテン「短毛丸」の花が咲きそう。

柱サボテンも今季何回目かに成りますが咲きそう。

サボテン「般若」がもう3~4回目に成るでしょうけど咲いています。

今夏は猛暑日が多いですがサボテンにとっては別段、困った事ではないようです。

7月終わりごろからの体調不良も、身体の湿疹等も収まって来てます。原因となった飲み薬は止めて、関連する塗り薬もやめてどうやら戻ってきました。まだ、少し赤みは有るけど、それに痒みも有るけどかなり楽になったし、何よりも蕁麻疹のサメ肌状態が消えて元に戻ってきてます。半月も掛かってやっとって感じで。あと、数日で以前に戻れと思うし、気分も晴れます。腰痛は腰の張りは出たりしますが痺れて激痛なんてことも過去のことに成った。

30年ほど前の学童保育父母会の仲間と作った竹を半分に割っただけの「竹踏み」です。青竹踏みではなくなったけどしっかりした竹で踏んで健康法の復活です。

お盆ですので既に他界した父や姉兄が好きだった「天麩羅」で自宅で作っての夕食との事です。基本的に脂っこいもの好きなのですね我が家は。身体の不具合も収まってきたのでのんびり飲んでかな、今日は。

昼間の休んでいるトンボです。洗濯バサミの裏に止まってますので多分「アキアカネ」だと思うけど確かめなかった。せっかく休んでいるのだらそっとしておくのが良いだろうし。

秋に成ったらミカンが豊作かな。まあ観賞用ですが。

パソコンのカーソルがぴたりと動かなくなった。そこで以前に見て頂いて月額980円でのアフターサービス保障に入った日本PCサービス(株)に電話連絡して相談しました。直ぐに折り返しの電話が来て1時間弱を電話でのサービスを受けました。担当の伊藤さんが親切に対応してくれました。後半では遠隔リモート操作で見ていただけました。電源をいったん外して再接続、再起動したら治りました。その原因についても色々見てくれましたが何か侵入した形跡もないし、雷等の影響も居住地では直接的には無いのですが電気ですから、静電気の作用とか、そういった事も起きるのかも。今回初めて電話で相談したけど親切な対応で助かりました。こういった事象になった時の応急対策として有線のマウスは廉価ですから用意をしておいた方が良いですよとの指導も。用意しておこうと思いました。さてさてもう長いこと使っているパソコンですが7ですので今はスムーズですけど仕方が無く10への切り替えも視野に入れなくてはと考えています。

日中は静かに過ごしたお盆でした。

今日は8月15日です。居住地では晴れた暑い朝です。先の第2次世界戦争・太平洋戦争で日本は「ポツダム宣言」を受諾し、いわゆる無条件降伏を認め、敗戦に至ったと国民に知らされた日です。状況の事実を国民には知らせず、つまり情報をその時まで隠蔽していたのですから知らされた時の混乱は想像を絶すると思う。この様な辛苦を経て軍国主義国家から民主主義国家へと展開していった歴史が有ります。軍国主義と民主主義について今、歴史から再度、学ぶことが必要な時代に有るようだ。真実は事実から導き出さなくてはと思うのです。

 

 

コメント

盆の入り

2018年08月14日 07時10分22秒 | 季節

今年は何回も咲きます。それもいったん咲き終わるとまた蕾をつけてい云う感じで。

今年もお盆が来ました。まずは配偶者側のお墓にそれから近場の私の方のお墓にという順番は何年か続いています。

「さいたま市」から「熊谷市」方面に向かうのを下りと言いますが、何でかななんて思いつつ出発。普段は1時間少しでつきますが2時間弱かかりました。止まりっ放しの渋滞という訳では無いのですがのろのろでした。

お墓参りしてそれから親類の家にも挨拶に。

そこは「星川」に近い場所です。確か「星川」と言えば熊谷市街地にに流れるそれは戦争中、大空襲で焼きだされた人々が多数水を求めて「星川」にたどり着いてそこで亡くなったという話を聞いたことが有ります。まだほんの70数年前の事です。

配偶者側の3姉妹とその連れ合い6人でのお墓参り等です。その後、昼食を共にして慌ただしく戻りましたが。

「するめ烏賊」の姿造り刺身を頼むと飲み物が全て200円とかで。帰りは私は運転をしないので「ハイボール」を何杯か、皮膚の状態を気にしつつ。

夕刻は自宅から大した距離の無いお墓にお迎えに。

戻って来て一緒に過ごすという言う事に成るのでしょう。

今日は一日が経過するのが早かった。夕餉は娘夫婦も加わって5人で賑やかに。

今朝も蒸しています。TVの天気予報では東京地方の湿度は100%と。蒸すわけだ。

大分、薬の副作用による蕁麻疹から始まった痒み等も薄らいできたような。それは時間の経過を経て回復してきたのだろう。昨夜も何度か起きて搔いて塗り薬を使用してでしたが今までとは明らかに異なり快方にと感じてます、そうなると昨日昼に食べた「烏賊の刺身」が良かったのかとか「鰻のかば焼き」かな、或いは夕食時に少し舐めた日本酒原種2種類かななんて思ったり。悪くなるのは一気にだけど良くなるのはじわりじわりというのは世の中と同じだななんて思ったり。腰痛も、昨日1時間半以上の同じ姿勢の運転で腰が張ってはいるもののもう痺れなどは感じなくなった。昨日集まった兄弟姉妹と言ってよいのだろう者との来年こそは「沖縄旅行に」との話はきっと実現するだろうなんて気持ちも前向きに成ってます。

 

コメント

引き続き蒸して不安定な天候で

2018年08月13日 07時05分50秒 | 仕事をして

予報では午後から雨がと言う事でしたが夕方までは持ったです。

午前中に自転車でスーパーへ買い物。蒸していますので少しの運動でも汗かきます。汗かいて新陳代謝を促してとの思いも有りますが。中々一度摂取して拒否的反応で止めた薬でも身体から出切らないものでもうなんかいい加減に戻ってよって感じです。でも10日にも成りますのでそろそろて感じも。ただ、夜は温かくなると痒みが出て結果寝不足気味ですが。

この時期の元気な樹木の花は「百日紅」でしょうね。そこかしこに咲いていて目に付きます。

考えようで腰痛から始まった体調不良も転々と他に移動する形で、考えれば身体のメンテナンス中とでも思いますかね。訪問等は延び延びに成ってますが預かっている伝票入力は室内にいる時間が多いだけ捗ってますので。

国税局のホームページを見ましたら「H30年10月1日実施のたばこ税の手持ち品課税について」というのが有りました。タバコ1本あたり1.0円の増税と言う事です。つまり10月1日からタバコが1箱で20円上がると言う事です。20,000本以上所有するタバコ販売業者は手持ちのたばこについて申告納税が求められています。消費者はその日から税負担分高い価格で購入という事に成ります。因みに20,000本というのは1,000箱でカートンにすると100に成りますかね。

タバコだからなどと考えていたら現状は増税というか負担がどんどんて感じも。食料品も上がっているでしょう。とにかく税収確保ですかね国の方針は。一方、勤務労働者は賃金が僅かに上がったとしても税・社会保障関連費もあがってますから、それに物価が上がると使えるお金、可処分所得は増えないし、年金受給者は毎年少しずつの減額が続いてますし、景気対策って何をしたのだろうかって感じも。海外からの旅行者は増えているでしょうけど多くの国民はそんな余裕が無くなっているでしょうに。景気が良いのは一部気儘に飲み食い宴会している選ばれた代表者だけですかって言いたくなるようなイメージも。

そう、政権与党の党首選ですが、どうも相手潰しの力学が凄まじい様相も。政策を語って討論して欲しいけど、そこはもともと無理な体質なのかな。いったん言った事だって、「今までの約束から新しい判断に」なんて言って平気だもの。守る気なんか元から無いのかなって感じで、事実そうやってますよね。正直で誠実こそがまずは求められる資質でしょうに。

ヒマワリが咲いてました。夏のイメージの最たる花です。

今朝は梅雨の様に蒸した曇り空です。局地的集中大雨が今にも起こりそうな空模様です。お墓参りにまずは車で約1時間少しの熊谷へ行きます。地元のそれは後からです。日本の8月は亡くなった方々と向き合う月でもあるのかな。それはそこから先の未来、将来に向かうためにするのだろうな。昨夜も蒸してましてぼりぼり搔いてしまったので寝不足気味です。

 

コメント

蒸して不安定な大気の状態

2018年08月12日 07時42分35秒 | 季節

蒸してます。外気がむっとする感じ。でも、何かその中でも秋の空気も感じられるような気がしてます。それは期待感が有るからなのかもしれませんが。

午後から、急に雨が降ったり、止んだり、陽が射したりで不安定な大気が感じられます。ただ、居住地では記録的短期間豪雨はまだ有りませんので助かっています。それとて単に運任せなのですが。

この暑さの中でも「短毛丸」が元気で、また咲きそう。こんな年は今まで無かった。

パソコンが元に戻って順調なのです。半分買い替えをしないと駄目かなと諦め気分でしたが順調です。と言う事は何だったのだろう。意地悪な操作が入り込んだのだろうかなんて疑い深くなりそう。でも、今は順調に動いてます。

秋の爽やかな大気が来てほしいです。この人形もまだかと探して居る様な。

少しずつ良くなっている気はしますが、医院でもらった軟膏を着けますが身体が温まると具合が良くない傾向。夜中にそうなるとムヒの方が効果的な感じも。今回は随分と長引いています。それもこの猛暑の成せる事かななんて思いも。

ほとんど室内で涼しい場所で過ごしてましたが、それも体を温めないで居たい為です。腰痛はほぼ落ち着いたみたい。整骨院に確かめに行きたいけどその為に炎天下に出るのは億劫で。季節は時間的経過が着実にしているのでしょう。シャクナゲの蕾が膨らんでますので。

今朝は蒸して曇り、時たま雨が。足首がむくんでいる感じも。何かすっかり変なのですがもう治さなくてはと感じています。そんな気持ちが有りますのでもう治します。若い時はいろんな不具合も試練で、そんな試練はもっと来たって負けないぞなんて心身の成長期の勢いみたいな強さが在ったと振り返れば思うのですが、今はもう試練は要らないと思っています。思いを馳せれば試練だらけに成るのは戦争でしょう。僕たちは戦後生まれですがそれでも戦後の試練はまだ続いていた時代なのでは。今は戦争を直接体験した方々が少なくなりました。だから、歴史から学ばないといけないのでしょう。一旦戦争に成れば「試練」に囲まれて暮らすようになるのです。根源的根拠無しの正義を御印に残虐の限りを尽くすようになるのです。そしてその裏には戦争屋が利益を上げて、民族浄化とか国民の中でも時の政権に不必要だと見なされた者は消されるのでしょう。そこには差別が正義の名のもとに正当化されるのでしょう。今だってそんな輩が首を擡げ出してきている事象が有るでしょうに。民主主義の中からずる賢く民主主義が嫌な輩が勢いと力を持ち出している時代のような気もして。

8月だからこそ、この国の歴史を振り返り学ぶことができるのではなんて少し思ったり考えたり。

 

 

コメント

肌焼く陽射し

2018年08月11日 06時47分09秒 | 福祉

猛暑です。とんでも無い気温です。幼き頃、夏の暑さだって32度も有れば暑いなーって感じたけど、それよりも5度程度の高いのですからどうかしているって感じます。

まだ、皮膚に痒み等が完治しないでいます。猛暑が治癒を邪魔している様な気も。国民とその地に暮らしていた人々にとって広島・長崎・敗戦日と戦争に関して考えを思いを巡らせなければいけない夏月だと思います。ただ、個々人の生活は日々続いている訳で身近な今日が有ってこその大事です。もう、早く回復したいです。しなければならないことが沢山あるのですから、でも、まずは治癒してかな。

腰痛は未だ重いものの痺れも無く整骨院に行かなくても学んだストレッチ等でかなり良くなったと思います。まだ、駆け足はしたく無いけど普通に歩くには問題ない感じ。で、福祉関係の月例会に。ただし、歩きたいけどこの猛暑です、それも躊躇われて自転車で。5.6分なのですが半袖の腕を焼く陽射しが強い事。尋常じゃないって感じで。じりじりと焼けるような感じに。アブラゼミの鳴き声をあまり聞かない年だなって感じてます。その点、ミンミンゼミは単体でも通る鳴き声で何とも暑苦しくも有り、夏を実感する蝉かな。

会議の部屋はエアコンで冷やしてますので大丈夫だけど、それでも元気は出ませんよね。豪雨災害で寄付を出来る方はお願いと有りました。そこで質問が出ました。「福祉に係る事って本来、国のすべき事だと思うのです。寄付をすることに別段の異論や反対は無いのですが、国としてはどのような施策展開等を行っているのですか。」と、それに関しての答えが、「すいません。そこまで把握してません。」と。良い質問だと思う。ただ、答えた方も日々忙しい中で決して怠慢だとは思いませんが、そこは次回には把握して報告は欲しい処だと思います。寄付金制度については色々疑問も有るので後日考えを述べたいと思っています。

又、研修会に参加した方からの報告も。LGBT(性的少数者)に関しての研修です。報告の結論の一部は「男女の性から外れた人達も、等しく人権が行き届くような社会に成れたら、社会の一員として当たり前に生きられるのでは。」でした。等しく平等は当然とする社会であるべきだと思います。ただ、そうした心有る方々が沢山いる一方で、選出された国民の代表者の中に「生産性が無い」という言葉で、差別認識を正しいと信じている方がいるのもこの国の実態です。

この暑さ無理だわ。学校にクーラーが無くても頑張れるのが学生みたいに言う方がいますけど、それは違うな。そこを無理させて何か良いことが有るのですか。そんな大人は沢山で無いでしょうが観念の世界で現実を理解してないのだと思う。

道すがら、この地域特有の渋柿が。小さな柿ですが食用には適さない。昔はこれから「渋」を取って傘の和紙に塗ったり、除湿紙として利用したそうです。現在は、「渋」を生産している方は居ない。

今日も朝から蒸し暑い。外出は意識して注意しながらでしょうね。

コメント

台風が去って行った

2018年08月10日 07時35分48秒 | 日常の暮らし

居住地では朝方で台風は去って行きました。と共に暑さが戻ってきてますので厄介です。

久しぶりに少しダラダラですが伝票入力をしてました。デスクワークで腰の疲れに留意しながら時々腰のストレッチ等しながら。相変わらず太腿等の痒みには塗り薬をつけてますが、若干、太くなったというか浮腫みが有るのかななんて思いながらです。

この花も一輪ずつ咲いています。一輪でも、一輪だからこその良さも有ります。そんなこと考えていたら「利休の朝顔」が思い出しました。すなわち、沢山咲いて綺麗な事を聴きつけた太閤が鑑賞に伺ったところ一輪のみを残して後は切り取った事を。利休の美意識と太閤のそれとの違いを垣間見る思い。

台風の風雨にもなんとか耐えました。夏を越えたら植え替えしよう。

散歩に出たい気持ちもあったけど暑さが危険で止めにしました。まだ、本格的な歩きにはぎこちない気もして。

多肉の「オブツーサ」です。丈夫で増えます。植え替えして個体を鑑賞すればよいのですが丈夫が故に軽んじてしまっている気も。

まだまだ、本調子ではないかも。

少し入力できましたが他はほぼ空を見て身近な植物を見て過ごした日です。

夜中に相変わらず痒くなって搔いてしまう。寝不足気味。医院で処方された塗り薬よりムヒSのが効果が高いような気がしてます。結局、身体の状況ってそれぞれ異なるので難しい処です。それにしても服用した薬が体に合わず、その影響が身体から抜けるのに随分と日にちがかかる様です。それのこの高温ですから物理的に色々在る事なのかな。午後から台風で一日順延となった福祉関係の定例会に。今日も朝から温度が高い。まだまだこのまま劣化してしまいたくないので気合も込めて元に復帰しなくては。

「長崎平和宣言」を読みました。73年前から地獄を味わった土地ですから言葉に真実の重みが。平和を求める真摯な姿勢が表現されています。その方々が「核兵器禁止条約」への参加を求めています。然るに・・・・です。

 

コメント

台風が向かってきて。

2018年08月09日 07時49分39秒 | ちょっと仕事

一輪がまた咲いています。ポツリポツリだけど咲いてくれます。

まだ、かなり遠いところに在るのだけど台風の影響で朝から小雨模様でした。30度は超えないのだけど蒸しますので動けば汗ばむ気候。

見た目は葡萄でも違うのですね。どこにでも在ったけど最近はめってに見なかった。住宅地が空き地に成った場所に生えていました。

「高砂百合」。何年か前から居住地近くで自然にたくさん咲き出しています。種が風などで飛ばされて2年目には咲くという丈夫な百合。鉄砲百合に似ているけど違うとの事です。薄オレンジ色系のケシの仲間はどちらかというと嫌われ者ですがこの百合は決してそうじゃない感じ。

午前中は蕁麻疹の治り具合を見てもらいに医者へ。大分良くなっているようです。夜に体が暖かくなると痒くて、で、搔かなければよいのでしょうけど搔かないでいられないのが痒みです。ですから塗り薬を又くれました。ここの処、夜中に起きて搔いて塗り薬を使ってという感じで寝着くのは明け方みたいでぐっすり感は乏しい。

小さな花ですが咲くと目に付きます。日陰でひっそりと咲いているのですが鮮やかな色で直ぐ目立つのです。

午後に風雨を気にしながら車で片道50分程度の福祉施設へ伝票等の受け渡しに。先月行くべき処が延び延びに成っていた6月分です。さあ、少し仕事を開始しなくては。そんな気持ちに成れるのも大分体も心も上向きになってきたからでしょう。

施設では納涼祭の飾りの跡がそのまま飾ってありました。ここでは施設勤務の方々の尽力でお年寄りの方々が平穏に暮らしているなと感じます。福祉施設の運営について利益があがった場合には本来事業に使われる様、事業計画を策定するなど、福祉関係法の改正が有りましたがここを見ているとそんな懸念の利潤等上がってないのです。従事する方々への給与等もっとあっても然るべきとは思いますがそうもいかない状況。福祉の現場に資本の論理は成り立たない。とすると公務従事者と同等な待遇であっても良いのでは感じる時が有ります。

何もかも民間事業にするという方針は間違っているのではと感じる時が有ります。国民から納められた或いは吸い上げた税金等資産は国民の為に使うのが第一です。政府等が一円たりとも恣意的に運用しては成らないと強く思うのです。税金や社会保険等の負担金を納めるのは決して安直ではないのです。その事を自覚しているならば、例えば国民の知る権利からは隔離されている官房機密費等は変だし、ちゃんと使途を開示すべきだと思うのです。

延びていた訪問先や東京での打ち合わせやその他業務の打ち合わせも少しずつ埋め合わせしていきますが、なるべく今は抑えめにと考えています。

台風の進路が気になるところです。

マスコミでは総裁選の事を多く報道してますが、それは政権党内部の事で、国民にとっては今及び将来の施策展開をどうするかが知りたいのです。災害復旧に関してだけでも被災地は先が見えてないでしょう。そこを政治行政が方向性を具体的に如何に示すのが求められていると思うのです。今のままではそうしないでしょう。小手先でない根本的変化が必要だと思うのですが、日々の生活に追われてそこに目が届かないというのが現状でしょうか。

さて、台風ですが夜半に居住地では強い風と雨が有りましたが暴風雨ではなかったのでほっとしてます。ただし、千葉県銚子に向かいましたので近辺等では大変だったのではと。停電等も報道されています。自然災害だからという諦めよりもその対策が後手後手だった為に起きたと云いうのも有るのでは。これから進路は東北地方等にも向かう様です。ご留意ご注意が必要です。

長崎に原爆が投下されて73年目の日ですね。「長崎平和宣言」を毎年読んで平和がどんなに大切かを確認させられてました。今年も読みます。

 

 

 

 

コメント