ザ・サスペンダー

日本を斬る社会派ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キーにみるセンター争い

2008-10-26 06:01:06 | モームス
ハロプロ特有かなとも思うんですが、中心人物という意味で、センターという概念がありますね。
ボーノの場合、パート割はほぼ均等だし、立ち位置はころころ入れ替わるんですが、一応アー写や初期配置の真ん中にいるのがセンターと考えていいでしょう。
すると最初の三曲が夏焼で、続く二曲が嗣永ということになります。

ここで、各曲のキーをみてみます。

ホントの自分F
恋愛ライダーA♭
Kiss Kiss KissF
ガチンコでいこうF#
ロッタラ ロッタラF#

ソングライターが曲のキーを決めるとき、程度の差はあれ歌い手のことは意識すると思うんですよね。
ボーノの曲は作曲してる人はばらばらですが、アレンジャーは同一人物です。
以上から、Fが夏焼固有のキー、F#が嗣永のキーで、センターに応じて曲のキーを決めてるのかなと、なんとなくそんなふうにもみえます。
ちなみに通学ベクトルはG#m(=A♭m)なんですよね(転調しますけど)。恋愛ライダーは実は鈴木メインの曲なのかも。
コメント (2)

ガ チンコ

2008-10-26 04:41:39 | モームス


ガチンコでいこう!ですか。PVでですね。張形のようなものを指差してですね。あまりうるさいことは言いたくないんですがね。鈴木ちゃんなんてまだ中学生じゃないですか。倫理的にですね。
コメント (4)

As One 好き

2008-10-26 03:18:26 | モームス
キュートの1stアルバムが発売されたとき、鈴木は「As One」が好きと言い、そのわけについて、詞がよい、というようなことを言っておりました。
しかしこの曲のよいところとして第一に挙げるべきは、なんといっても鈴木の歌唱です。これを抜きにして「As One」は語れません。
鈴木は本人であるがためにこの特長に到達できず、結局のところ「As One」の醍醐味をわかっていないのです。
むしろその程度の理解で「As One」好きを自称するとは片腹痛いと、言わざるをえません。
コメント (4)

競争

2008-10-17 23:31:40 | モームス
この秋でベリキュー!も終了となりました。
私の場合この枠の番組は毎日観たりするのは面倒なんで、溜めに溜めては一気に観る、という処理をします。
そんなわけで熊井ちゃんの涙を見るのも今日になりました。
ベリとキューが分かれて競う、コンセプトはよかったと思うんですがやはり全体的に甘くぬるく、ふり返ってみればもの足りない番組でした。

さて、ハロモニ@の終了に伴い、ついに深々夜のこの枠にハロプロ数十人がひしめく状況になりました。
いよいよ追い込まれた観もありますが。
おもえば歌って踊る形態の、いわば古典的アイドルはずっとモームスの独占状態でした。
こうなると市場原理は機能せず、価格も品質もモームスの会社にコントロールされてしまいますね。
不利益を被るのは当然コンシューマーなんですが、最終的には市場自体がダメージを受けて規模が縮小するわけです。
強力な競争相手が出てこなかったことは、モームスにとって幸であり不幸でもありました。

ベリキュー!の枠は事務所買取枠とも聞きますが、そうなると視聴率という競争もなく、面白い番組を作る必要がありません。
現にずっと面白くない番組の連続ですし。後継番組にも期待できないでしょう。

結局、何につけ競争って必要なんですよ。
ときたま、AKBとか狂ったように叩いてるハロプロのヲタを見かけるんですけど、むしろ応援するぐらいでいいと思います。
ライバルが強力であれば、それでハロプロの質も絶対に向上しますから。
コメント (7)

きさまら!!

2008-10-17 20:32:26 | モームス


うちの友理奈を泣かせるとは!!

ベリキュースタッフ!!

きさまら!!

グッジョブです

友理奈はなあ!!

人前で涙なんて見せない子なんだぞ!!

こんなに嫌がってることをさせるなんて!!

きさまら!!

グッジョブです
コメント (3)

ベリーズ

2008-10-16 21:41:57 | モームス
「ベリーズって国があるんだよ」。
と熊井ちゃんがよく言ってるのでどんな国なのか調べてみました。

カリブ海に面する中米の小国ですね。英連邦の一国で公用語は英語。
大航海時代にスペインが開拓したようですが、英国がガンガン入植して既成事実を作り、なし崩しに割譲させたみたいです。
スペイン領がグアテマラとして独立し英領と国境問題が発生しますが、これは現在に至ってもまだモメ続けてるようです。
1973年に「ベリーズ」の国名を掲げ、1981年に独立承認。

どうも日本人にはなじみのない国なんですが、マヤ遺跡や珊瑚礁など、それなりに観光資源もあるようなので、ここはひとつ、ベリーズ工房に親善大使として活動してもらってはどうでしょう。
せっかく名前が(カタカナで)同じという理由で「行ってみたい!」と言ってくれてる芸能人がいるわけですから。ベリーズ国にとっては願ってもない話なんじゃないですか。
そこそこ麻薬マネーで潤ってるようなので、一機ぐらい用立ててベリーズ工房を招いてみればどうですか。DVDにでもなれば、ずいぶんと観光PRになると思います。
治安も「中米の中では比較的安全」(ベリーズ国政府観光局)だそうなので、たぶん生きて帰ってこれるでしょう。
ベリーズ工房としても唐突な日モ親善テーマソングより納得のいく活動だと思います。
コメント (7)

フラ焼

2008-10-16 19:07:07 | モームス


夏焼の魅力を語る上で、フラフープを回してる夏焼はハズせないと思うんですよ。
食べてる道重を特に「食重」と呼ぶのと同様、フラフープの夏焼は「フラ焼」とでも。ひとつのカテゴリとして確立すべきじゃないかと思うんです。

女子のフラフープは遊戯やスポーツなどではないのです。美を。美を競う競技なのです。
微妙な腰のグラインドから発散するほのエロス。ほのエロスを競う競技であります。
そういう点で夏焼は天才です。天才的ほのエロフラフーピストです。



実に私はこのころから夏焼のフラフープに注目しておりました。
夏焼のフラフープの特徴は、回転が遅いことなんですね。
ボーノDVDで計測したところ、嗣永が130rpmであるのに対し、夏焼は114rpm。
この回転数の少なさが競技性を排除し優美なほのエロスを演出しているわけです。
そうしたことで、嗣永や徳永、あと中島なんかもフラフープ自慢ですけども、夏焼には及ばないのです。
コメント (13)

ベリーズDVDマガジン12

2008-10-15 23:32:47 | モームス
水族館DVD、いろいろみどころはあると思うんですけど、私が気に入ってるシーンはプールサイドです。
プールサイドだけのオリジナル髪型なんスよこれ。まとめ上げてるっつーか。


サザエさんみたいになってる夏焼とか


上で縛っていつもよりキリっとしてるスドーとか


いままで見た中で最もコンパクトな髪型の熊井ちゃんとか

全体的にかわいいんですよ。
コメント (3)

キューティーパーティー

2008-10-14 18:22:04 | モームス
キューティーパーティーがおわってしまいました。
私は梅田矢島のころが好きで命がけで聴いてました。体制に変更があってからは熱も冷めたんですが、それでも全放送欠かさず聴いたラジオ番組は矢口ANNS以来のように思います。
ハロプロやねん!も終了とのことで、これでキュートをラジオで聴く機会は「I MY ME まいみ~」だけ、という悪夢のような状況になりました。
まあ、区切りがついたので、これから反復して聴きこみ、統計、と。番組が終了してこれからが本番ですけども。
コメント (5)

聖域

2008-10-14 16:12:33 | モームス


舞台裏で嗣永と夏焼が仲良くじゃれあってたりするシーンはあまりないんですが、そのかわり2人で歌を合わせてることがよくあります。昔からそうです。
パートの量を考えると当然かもしれませんが、ベリーズを歌手としてとらえた場合、嗣永のパートナーは夏焼であり、夏焼のパートナーは嗣永なんですよね。
このときの2人の間は仲良しこよしが踏み込んでこれない、歌手・ベリーズ工房の聖域です。
コメント (4)