ザ・サスペンダー

日本を斬る社会派ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴマキ

2008-12-25 02:54:01 | モームス
私は以前から後藤のことは一貫してゴマキと呼んでおりますが、2chではよく
「ゴマキ言うな」
と言われたものです。
これは、ぬるぽ→ガッ、のような、一種のお約束のやりとりではあるんですが、もともとは、ファンなら「ごっちん」などと呼べ、マスコミが使うような「ゴマキ」というあだ名で呼ぶな、というマジヲタ的発想に基づいています。

かわい子ちゃんアイドルではなく、アーチストあるいはパフォーマーとして活動すべく、ハロプロを脱退していったゴマキです。
「元モームスの」ではなく、公正な目で歌とダンスを見てほしい、そう考えていることでしょう。
「ごっちん」などと呼ぶ、アイドル時代の残党ヲタはもはや足手まといでしかありません。

私は彼らにこう言ってやりたいです。
「ゴマキ言え」
と。
コメント (6)

Merry Xmas

2008-12-24 15:23:16 | モームス


サンタコスといえばキュートでありましてむしろキュートからサンタコスをとれば何も残らないと言われるほどキュートにはサンタコスがよく似合います。
このキュートからのプレゼントともいうべきサンタコスの真のありがたみを享受できるのはクリスマスといえば嫌な思い出しかないわれわれ聖少年(セイント)だけの特権でありまして、今年もこうして独り身でクリスマスを迎えることができほんとうによかったなと思います。
コメント (5)

ごき鈴

2008-12-24 05:54:18 | サスペンダー
恋愛のかけひきをゲームに転化できないか試行する過程で、このようなものができました。

ごきげん鈴木ちゃん

テキトーに作ったのでテキトーにプレイしていただきたいのですが、詳細な説明が必要な方は上記ページのソースにあらましを書いておきましたのでそちらをご覧ください。
コメント (2)

菅谷の初恋

2008-12-24 05:22:34 | モームス
--最初に好きになった有名人は?
州*‘ -‘リ<ウェンツさんの小さい時です。(天才てれびくん出演時のウェンツさん)

ウエンツはベリーズと仕事でからむ機会が多いですが、私は菅谷ヲタとして彼を危険な人物だと認識しております。
コメント (4)

ちゃっかり者

2008-12-23 06:52:55 | モームス


桃子に負けて泣いた熊井ちゃん
桃子に負けて泣いた夏焼
桃子から戦利品のおすそ分けをもらうキャプテン
コメント (2)

ないものねだり

2008-12-23 04:54:31 | モームス


私がPerfumeについて感心するのは、エネルギーです。
本人らはもちろん、まわりのスタッフ全員が、いや事務所ごと、「いまがPerfume勝負どころ!」とばかり、全力をつっこんできてるのがわかるんです。
その、エネルギーに、圧倒されます。

いまのハロプロには、総力を挙げて、社運を賭しての取り組み、こういった情熱は感じられないですね。
何に関しても、怪我しないことだけを考えた、及び腰の企画。
どうもそのあたりがファンが安心して乗っかれない要因であったり。

このエネルギーは勃興期のエネルギー、いつまでもは続きません。Perfumeもいずれは必ず失ってしまう、旬のきらめきです。
だからこそ美しく、すでに消費しつくしてしまったわれわれモーヲタが、ないものねだりとわかっていつつも欲してやまないものなのです。
コメント (2)

とき吹

2008-12-23 03:41:06 | モームス
先日ハロプロの恋愛シミュレーションゲームについてのフォーラムに出席いたしまして、そこで恋愛シミュレーションの核となる部分について、またその核に絞ったゲームシステムの構築について、有識者の方々とさまざま意見交換をしました。
その結果、完成したのが下記のゲームです。

ときめき吹奏楽部

難易度は低めに設定してありますのでどなたでも楽しんでプレイしていただけるものと考えています。
コメント (7)

アウェー

2008-12-09 07:07:06 | モームス
夏焼の「でかい画像を貼って長さをかせぐ」という荒技で嗣永の闘争心に火がついたのか、今回のボーノブログの記事は75cmという、最長不踏距離をマークしました。

本文中気になったのが、嗣永が「アウェー」という言葉を使ってることです。
「アウェーな感じもなく~嬉しかった」。と。
ホームとアウェーは分けて、当然かもしれませんが、考えてるんですね。
ベリーズにおいては比較的アウェーに強そうな嗣永ですら、アウェーは「嬉しくない」ものなんですね。

事務所がまだまだ一般への野心を捨てていなかった時期にデビューしたベリーズです。
外向けの営業も多く、トークを含む歌番組など難しい仕事ばかりだったと思います。
一般からはもとより、モーヲタからも無視あるいはロリコン向けと蔑視されているような状況でしたから、単独コンサートでホームを得るまで、つねにアウェーで戦っていました。
鍛え上げられた部分もあると思います。

ベリーズは今やホームゲームばかりこなしていますが、もったいないと思います。
とくに嗣永などは、逆境に追いやられて真価を発揮するタイプだと私は見ます。
アウェーで勝負してほしいです。

ハロプロ沈没寸前です。アウェーでひとりでも多くの人にベリーズに興味をもってもらう、アウェーの仕事が「嬉しい」と、言ってほしいです。
コメント (9)

祝?3周年?

2008-12-08 04:28:55 | モームス
FCイベント、キューティーランドとやらのDVDをみました。
途中、「キュート3周年!振り返りコーナー」がありました。スナップ写真でこれまでのキュートの活動をふり返るといった内容です。
しかして。そのスタートが「前回のFCイベント(1年半前)」で、それ以降をふり返っておりました。
なんでそんなところを基点にするんですかね。どうせならメジャーデビューからとか。だったら3周年じゃないからダメなのか。いずれにせよ変な話です。
けっきょくこれ、キュートの歴史を語るうえでどうしても外せない、「村上脱退」に触れないための措置でしょう。

ベリーズの3周年のDVDでは、石村はちょこちょこ映ってましたし、ベリーズ史の一事象として、清水がはっきりと石村の卒業を口にしていました。
やはり、円満に卒業していった石村の場合とは違って、村上と事務所は没交渉にまで至る完全な決裂、彼女のことは触れることも許されないタブーなのかなと。なにか気分の晴れない、祝!3周年!でした。
コメント (4)

答えあわせ

2008-12-08 03:49:21 | モームス
以前の記事で、この写真に写りこんでる人物が萩原と岡井ではないかと推測したんですが、実際には梅田と岡井でした。
あとGパンの人物は「さすがにわからない」としたんですがどうやら有原だったようです。
どうでもいいかなと思ったんですがせっかく正解が出たので報告しておきます。


コメント (3)