DXing日記

ヘタレアマ無線局・JQ2OULのブログです。

オール三重33コンテスト

2022-05-08 15:59:09 | アマチュア無線

久しぶりにオール三重コンテストに出ました。

おそらく「最北端の県内局」です(笑)

このコンテスト、日付が固定なので昨年まで日のめぐりが合わないと出られませんでしたが、異動になったので今年からは出られるようになった次第です。


県内局なので積極的に呼んでもらおうという事で基本的にはランでやりました。
最初の2時間は7Cでそれなりに呼ばれましたが、後半失速しました。20Wくらいでランしていたのですが、もうちょっと焚いて?がんがんやればよかったのかな。。。。?


今年になってコンテストは4回目でだいぶCWに慣れてきた(と思う)のですが、まだまだブランクを埋めるまでには至らないようです(^^;
CTESTWINのキーイングもソフトの設定を忘れていて難儀しました(笑)

 

結果はご覧の通り。7が殆ど。遠方は14で何局か出来たくらい。21は直接波程度の記録。50のEsはなしでした。

コンテスト業は次はWPXCWかな、出来るかな、久しぶりのRST+Nrなんで自信がない、、、(^^;

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JIDX-CW

2022-04-26 00:15:30 | アマチュア無線

ALL JAの前、JIDX-CWにも久しぶりに参加しました。

 

JAが呼ばれるコンテストなんてそうは無いので&こちらも久しぶりにやってみましょうということで出てみました。
どんだけぶり?わからんくらい出てなかったです(爆

【ロシアとベラルーシはチェックログ(というかコンテストから除外)】

 

今回、ロシアのウクライナ侵攻という事で開催数日前にロシアとベラルーシはコンテストからは実質除外、という事になりました。
すでに同様の措置がWPXなどやほかの海外コンテストでなされていますのでそれに倣った主宰者の措置、という事なのでしょう。

欧州の連盟などではウクライナに連帯、とか(当国の)連盟としてロシアとベラルーシは連盟のコンテストからは除外、という事を宣言している連盟もあります。
(自分で探してください)

結果は80QSO。というか80で止めました(笑) あんまりやる時間なかったし、キリのいい数字で満足しちゃいました(^^)

途中3回くらいかな、レギュレーション変更を確認してないロシア局に呼ばれましたが、すべて「SRI」を打ってスルーしちゃいました。
打たれて分かったのか、打った後呼び返してくる局は無かったです。こればかりはルールが変更になったので。。。。
ルール変更を知らずCQ出してるロシア局に応答しているJA局なんてのもそれなりにいましたが、、、全てチェックログ0ポイントなので聞いていて複雑な物を覚えました。

コンテストの後半はUゾーンのGCCUPがいつも被るのですが。それなりにやってる人は居ましたが、パッとしない感じでした。

社会情勢を反映してか自分のCQには結構思いもしない所から結構呼ばれたりとか個人的には結構やれた方かなというコンテストでした。
(いつもは呼ばれもかすりもしないイングランドとかスイスとかからも呼ばれたりとかしてアパマンでも楽しめたのは事実です(^^;)

 

=======

 

ちなみにこれは最近の自分の交信構成。
昨年と一昨年はコンテスト休みましたのでFT8ばかりでいびつな構成になってしまっています(笑)

今年はバランスを考えて交信モード構成をメイク?してみようかなと考えています(^^)
喰わず嫌いとか偏食は趣味界隈でもよろしくないかな?とも思っていますので。。。。hihi(^^;

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ALL JA

2022-04-25 23:57:18 | アマチュア無線

久しぶりにALL JAに出ました。

 

下の子供が高校生になり、手があまりかからなくなりました。

よって少し余裕が出来たのでこの春からコンテストにも少しずつ出て行くことにしました。

とはいえ24時間頑張りましょうみたいな完全な余裕もなく、体力も気力も昔のようにあるわけではありません(笑)

日曜日の朝から晩までCWでやりましょう、という事にしました。

結果は【画像の通り】です。


12時間くらいで途中飯づくりで2時間ほど抜けましたが、ほとんど呼び回りで187QSOすることが出来ました。案外出来てしまったような感じでした。

ランしたのは6mくらい。結構呼ばれました。Esは確認しませんでした。10mあたりでそれらしきものはありましたがソレを利用して~という事は無かったような気がしました。

28.21MHzは思ったほどできず。ハイバンド~6mをEsで稼ごうかという戦略で出来ませんでした。

案外長くできたのは14MHz。夕方遅くまで長時間遠方の局とやれました。遠方局もここで夕方遅くまでランしている局が多くてなかなか下に降りで来ないような感を受けました。

最後の方は7と3.5をどう時間配分しようかな、、、、と悩んだのですが、ぎりぎりまで7で呼び回りして最後の1時間を3.5に振り向ける(呼びまくる)という作戦にしました。

(なので、画像のグラフの最後の1時間は3.5MHzだけです。最後の1時間が突出、という結果でした(笑))


作戦?は当たったようで、12時間、実質10時間にしては上出来だったのではないかと思われます(^^) 24時間やっていたら結構いいスコア行っていたかもしれませんが、もうそんな気力はありません、程々にやります、無線は(笑)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カードが来ました

2022-04-09 10:16:46 | アマチュア無線

カードが来ました。

(先月の末なのですが(笑))

今回は100枚くらいでした。一番後ろは昨年の8月末でした。
一時期転送の時間は短くなったのですが、ここ最近はだいぶ遅くなっています。だいたい最短は7~8か月くらいになっています。
まあ自分も年に何回かしか出さなくなったので遅いとか人の事は言えない分際なのですが(^^;

 

現在自分は一日やったら電子ログサービス系はLoTW、Clublog、eQSL、QRZ.com、QRZCQあたりにADIFを上げています。
(hQSLでしたっけ?はやっていません<自分はハムログは使っていないので)
電子QSLの普及には異存はないのですが、電子系とかクラウド系に100%依存はデータや実績が飛んだ時に怖いのでベースは紙に置いています。
多分スタンスは当分は変えないつもりです(^^)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やりにくくなってしまったDX

2022-04-09 10:15:42 | アマチュア無線

昨今の世界情勢、ロシアのウクライナ侵攻によりDXが個人的にはやりにくくなってしまいました。
精神的に気が進まないと言いますか。

 

すでにコンテスト関連ではロシア、べラルーシの局はコンテストから除外の措置の取られているのもが色々出てきています。
今週末のJIDXも急遽該当2国はコンテストから除外の措置が取られてしまいました。

欧州の連盟などではウクライナに連帯を示す国(の連盟)はいくつか見られます。毅然と態度を示す国の連盟、穏健な意思表明の国(のソレ)、全く平穏(とそれを装う国)なトコ。
色々な反応があります。
無線局個人でもかなり過激な論調を繰り返す局、侵略に態度を示さないコンテストへのボイコットを呼びかける局、ブラックリストを広めている局とか色々います。

FT8などはロシア・ベラルーシの局は欧州の局を呼んでもシカトされる場面を数多く見ます。
CQを出しても無視される場面も多く見ます。このためUゾーンの局は国内で呼び合ったり比較的穏便な国の局を呼んだりして交信相手に苦労しているのだなというのがリアルとして見えます。
極めつけはUロシアの局がランしている周波数で攻撃的な文字列を浴びせて交信妨害をする局もあります。

個人的には現在の所(DXは)来る者は拒まずでやってますが、状況次第でDX界も険しくなってしまいそうです。
そして元通りになるまでは「かなり時間がかかるのは確実」でしょう・・・。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

西サハラ(S01WS)が釣り竿で出来た話

2022-02-21 01:00:00 | アマチュア無線

マウント・アトス(SV/A)が出来た4時間後の話です。

 

そのあとも半ダラでFT8のDXハント。夕飯も済ませてあとは適当に店じまいするかなと思った午後8時過ぎです、

赤い帯が流れていく、、、、なにと思ってみてみたら「S01WS」の文字!
初めてみました。よく昔からCWで限られたDXサーの人がゲットできる物だと思っていたのですが、あっ!と思った一瞬の話でした。
「CQ JA」で誰も呼んでいない1番席です、すかさず今度は50Wを入れてコールをしたら、2コール目でリターンが返ってきました!

ここからが正念場。TX1と2が5回くらい続いて。いつものお決まりのパターンで横取りされるのかな、、、と思ったら5往復目で先に進んで無事交信成立。

-25とかいうレポートだったので多分ソフトウェアと自分の設備の限界レベルでした、横取りも入らなくて終わったときにはめちゃホッとしましたよ(笑)

この週末は超難関が2つも出来てしまって超ラッキーでした。今年の運を使い果たしてしまったのか少々心配です(^^;
せめて運が残っていて今年こそはロト7の1等が当たってほしいのですが(謎
(当たったらネットの世界からは消えますw)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マウント・アトス(SV/A)が釣り竿で出来た話

2022-02-21 00:40:04 | アマチュア無線

この週末はARRL-CWでCWコンテストのリハビリをしてましたが、日曜の昼で見切りつけでやめにしました。

 

午後からはセッティングそのままでFT8にQSY。30m/20m/17mなどを行ったり来たりしながらFT8でDXハントをやってました。

 

Twitterやりながら半ダラでCQ出しながらくつろぎモードでやっていたら、TLに「SV/A」(マウント・アトス)出現のお知らせが。
知らせのあった頃にはすでに14090のF/Hモードで大盛況になっていまして。
あんまりパイルというのは昔から「貧弱局は負ける」という観念から参戦するのをためらっていたのですが、背中を押す声があったので思い切って参戦することにしました。

けど、F/Hモードでやったことない、、、webの取説とか見ながら+TLで助言をもらいながらなんとか順番待ちの列に並ぶことが出来ました。
しかし結構な待ち客がすでにあって。2列になってお待ちください状態でどの位待つのかな、、、と思いながら待つこと数分。

 

なんと拾ってもらえた!超ラッキー。自分釣り竿にその時40W入れていたのですが、あっさり交信成立となりましたよ。

こんなに簡単に超レアと交信できたなんて今までやっていてそうあった話ではないです。しかもそうパワーを入れていなかった状態だし。
(FT8のDXは30Wくらいが自分の標準で、よほどのことがなければそれ以上に上げてやってない。その位で十分いいパフォーマンスが得られるから)

ほかにお待ちの方には申し訳ない?のですがあっさりWkdしてしまいました。

多分CWあたりでは永遠に呼び負けで自分の環境ではできずに無線生活が終わってしまっていたでしょう。ニューモードに感謝、としか言いようがありません。

===

★QSLの回収にはそれなりにお布施が必要なようですが、今回はちゃんとお布施はして御朱印は回収したいと思います(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりのコンテスト/ARRL-CW

2022-02-21 00:10:00 | アマチュア無線

この週末は久しぶりにコンテストに出ることにしました。

 

CTESTWINを開いてパーシャルチェックを見たら、最終の更新日が2019-11月になっていました。

つまり2年以上コンテストはやっていなかったという事。
FT8にはまってしまった、あとどうしても家の環境がコンテストどころではなかったので(子供の受験とか、土曜出勤の部署に異動になっていたため、ほかいろいろ)、コンテストは一旦やめにすることにしました。

そんなこんなで月日が流れて、FT8も一通り遊んだ、年も変わったのでまた気分転換という事でコンテストをやってみようかな、ということにしました。

 

最初のコンテストはARRL-CWにしました。

最初はリハビリモード?ということであまりストイックにならずに呼び回りで聞こえる局を~といいう事にしました。

 

 

最初が土曜の夜の7MHz,次が日曜の朝の21MHz、28MHzは聞こえなくてあきらめて14MHzでお昼過ぎまで、でやめました。
「やめました」というのは、やって行くうちになんか同じ局と3バンドやってる状態になってしまったのでこれ以上は自分のやれるバンドではスコアが伸びないな、という判断でやめました。

ハイバンド(21)もあんまり本格的な伝搬ではなくガツンと来るような信号ではありませんでした。安定していたのは14MHzで、同じ局数でもやりやすかったです。

2年ぶりにやったけどやはり本格的にDXのコンテスト参戦には20m(14MHz)に出られるライセンスと設備がないとちょっと充実感は得られないのかな、と言った感じで、これは一旦やめる前と変わらないのかな、と思った次第です。。。

さて次はどのコンテストにしますか。ARRLのPhは家ではまだ叫ぶような状況ではないので(笑)パスか。
どっかのロカコンかメジャーでないDXコンテストあたりでリハビリを続けたいと思います(^^)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カードを出しました

2022-02-21 00:00:08 | アマチュア無線

先週2月頭までの交信のカードをビューローへ送りました。2か月ちょっと溜めたのかな、200枚くらい。

★写真にひのとりが写ってますが、ひのとりで刷ったのは10枚くらいで、残りは白地にデータベタ刷りです、すいません(^^;
 また暇があったら柄物は刷ってみます(^^)

 

このカードを送る前に1月末にビューローからカードが送らてきました。大幅遅れでだいたい6月頭位のものまでしか入っていませんでした。

まあ色々な事情があるので遅れるのは致し方なしという事で、、、、

カードをチェックしましたが、150枚くらいあってJCCのニューワンがありませんでした。バンドニューはパラパラありましたが、JCGが1コ増えただけでしたか。
現在JCC673ですが、区切りの700まではまだまだ遠そうです。

今回は自分のロギングソフトに今まで入れていなかったカードの詳細データとかを初めて入れました。
(HamDadioDeluxueです)
なぜかGL(グリッドロケーター)を一生懸命入れていました。6桁入れるとどのくらい飛んだのか詳細にわかるのでへぇへぇと表示される距離を見ながら楽しんでました。
カスタムフィールドにJCCなども作れるのでそれも入れて、過去のデータもバルク修正でまとめて修正したら、かなり充実したデータベースになりました(^^)


======

 

ところでみなさんはビューローにカードを送る時にJARLのサイトで送れる局のチェックとかして、送れる局のみに絞って送っていたりするでしょうか。

自分の場合はJARL.comで「YES」の局だけに絞って送っています。それ以外の設定の局はリプライで対応することにしました。

なんでそんなことをするのかというと、ビューローなどの手作業、小口仕分けは効率が第一、生産性の殆どの部分を占めます。
自分も会社で小口ピッキングの業務があるので、相手のことを考えてやっています。
この手の仕事は途中にNGや不可の結果があると生産性がかなり落ちるんですよね、これはやる方の身にならないと判らない話だと思います。

よく刷りっぱなしでどさっと送ったとかいう話も聞きますが、自分が送り出すときに少し手間をかければ相手の生産性は格段に上がる話だと思います。

ビューローへ送れる会員情報を公開にしたのは僕が会員になって(15年位前)数年後だったかの理事会で決まって解放された経緯があります。

せっかくの使える情報ですから、有効に利用したいものです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NYPステッカー到着

2022-01-21 20:11:01 | アマチュア無線

 

今年もステッカーが到着です。

 

2巡目の5年目が来ました、あと7年無線やり続けられるのかな、、、、?(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする