染物屋生活

神奈川県の住宅地(でも片田舎)の染物屋日記と、電気代が月1500円(原発反対なので)の節約生活を紹介「染め吉」と言います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地震にあわてた・田辺聖子のこと

2019-06-22 22:11:23 | 日々の政治・哲学
「今日はなんの日」を、たまにきいている。
6月15日は、明治29年に、三陸沖地震があった日だって。
6月16日は、1964年に、新潟地震があった日。マグニチュード7とかで、大きかった。石油タンクが何日も燃えた。子供だったが、すこし覚えている。
6月18日の夜、10時20分に、山形・新潟県で地震。10時40分ごろ、ラジオをつけたら、ずっと地震の報道だった。
6月18日は、昨年、大阪で地震があったひだよ、と教えてもらった。しらべてないけど。

「地震予知は、できません」と、地震学者がいっていたのを、きいた。

だから、いつ来るかわからないと思ってはいるのだが。


田辺聖子がなくなった。残念。緻密な文章を書く人だった。
「花衣脱ぐやまつわる、わが愛の杉田久女」は、よかった。

杉田久女を、おとしめ、けなしていたのは、「虚子」だったのではないか、というところが、じつにいい。

「ひねくれ一茶」もいい。「道頓堀の夜に分かれて以来なり」という、川柳作家(うーん、水府?)についてかいたのもよかった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「サタオ」ってしってるかい | トップ | 展示近し!選挙もはじまる! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の政治・哲学」カテゴリの最新記事