染物屋生活

神奈川県の住宅地(でも片田舎)の染物屋日記と、電気代が月1500円(原発反対なので)の節約生活を紹介「染め吉」と言います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いやああ、ながいごぶさた!本と漫画

2020-04-19 18:19:58 | 日々の政治・哲学
すみません、ごぶさた。入院したのが、10月末で、しゃばにでてきたのが、12月はじめ。そのあとは、パソ紺君が不調で。(ほんとです)

退院してから、1月になってから、あわててベランダに麦をまいた。だから、うちにもひとにぎりの麦が生えているんだよ。

マンガの話。「戦争は女の顔をしていない」を買う。作画は、「小梅けいと」これ、第二次世界大戦のときの、ロシアの話。聞き書きをして、まとめたんですと。ノーベル賞をとった、ベラルーシの女性が。この、アレクシェーヴィチ、あとで、違う作品でノーベル賞ほんとの文章は、岩波文庫から出てるそうだ。
ヤマシタトモコ「違国日記」。「異国日記」じゃないのだ。
「miniatyua trip in japan](
「ミニチュア・トリップ・イン・ジャパン」かとりせんこや、おしぼりや、鉛筆を、何かに見立てて、小さい人間をそこに置く。田中達也作。
「国策不走査 ー森友事件の全貌ー」籠池泰典+赤澤竜也
「エンド・オブ・ライフ」佐々涼子。岩手の桑畑書店のおすすめ。
「大家さんと僕と僕」矢部太郎ほか。。
「伏魔殿 菅義偉と官邸の支配者たち」望月衣塑子、田原総一郎、前川喜平、山田厚司、別冊宝島編集部ほか。
「ドイツ女性自立生活の楽しみ」サンドラ・ヘフェリン。ドイツ人の節約について書いた、もう一冊の本がおもしろかった。ドイツ人は、政府にいつも疑いを抱いている。だから、買いだめができるものは、安いときにしっかり家に買いだめしてあるそうだ。
「反日種族主義 日韓危機の根源」李栄薫編著
「草 日本軍慰安婦のリビング・ヒストリー」キム・ジェンドリ・グムスク 
「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」オーサ・いぇーくストロム 
「安倍官邸ヴァーサスNHK」相澤冬樹

などなんだが。
コメント   この記事についてブログを書く
« 展示がおわった、政治もぼち... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の政治・哲学」カテゴリの最新記事