snclimbエス・クライムのブログはじめました!

初めまして、趣味の登山と釣りと囲碁と映画鑑賞と図書館巡りをアップしていきます。
月1回climb シネマ 開催

登山は賢者のスポーツ ⑫ 遥かに山並みがみえる 2014.05.31

2018-08-31 21:49:35 | 山往き随想録

     

 

遥かに山並みがみえる。本日、やっと仕事の区切りができ、自分の歩んだ、道のりが遥かにみえる。

多くの人に支えられ、歩んできた道だ。あの時にあんなに大きな山並みが今は小さくみえる。
 
あの切り断った岩肌が美しく見える。よくもこの山並みを歩いて来たものだ。

 いろいろな分かれ道、枝路で私はこの道を選んだ。眺めて見ていると懐かしい。
 
先を見渡せば、遥かに遠い峰が見えてくる。これら私が辿りたい道だ

いろいろな縁に恵まれ、いい峰になり、いい円になつた。

遥かに山並みがみえる。本日、やっと仕事の区切りができ、自分の歩んだ、道なりが遥かにみえる。
 
あの時にあんなに大きな山並みが小さくみえる。切り断った岩肌が美しく見える。
 
よくもこの山並みを歩いて来たものだ。いろいろな分かれ道、枝路私はこの道を選んだ。
 
先を見渡せば、遥かに遠い峰が見えてくる。これら私が辿る道だ

 
人は地位、名誉、金、財産をほしがる。当たり前のことだ。全て自分を満足にしてくれる。
 
満足できる人生を送ることができる。それを得ることも幸せかもしれない。
 
しかし今は考えは変わってきている。わたしの歳では健康年齢は10~15年間と思う。
 
歳をとってくると、だんだん時間が一番大切になってくる。2014.5.31の時はもうない。
 
大切な時間を後悔することがないよう....まだいつたことのない未知なる世界へ.....
 
まだまだしたいことが脳裏に走馬灯のよに浮かんでくる。その時間はあるだろうか?
 
コメント

登山は賢者のスポーツ ⑫ 僕は1人で山歩きすることがすきだ。

2018-07-13 06:22:33 | 山往き随想録
   人間万事塞翁が馬     にんげんばんじさいおうがうま   
    環     たまき
 
僕は1人で山歩きすることがすきだ。初登山の山は単独行が中心で歩いている。
 
その時、私の全ての器官が緊張はする。その緊張がいろいろな感覚を磨いてくれる。
 
その時「ハット[?]」とする考えが浮かぶからだ。自由に行動できる。自由に登山できる。
 
自分の気にいった場所で休憩し、その時間を楽しむ。その時「ハット[?]」が起こる。
 
ある人が言った「時空間は絶対ではないと」「重力は波、涙であると」
 
もし宇宙旅行ができたら月から地球みると、重力波を直感的に感ずるかもしれない。

相対性理論 最後の証明 重力波クリック    そんなことを考えながらのぼる。

 
いろいろ思い出が走馬灯のように脳裏に流れてくる。あの時にこの決断をしたのだろうか?
 


コメント

登山は賢者のスポーツ ⑪ 時の流れはうつろに流れていく [65]

2018-07-12 19:59:57 | 山往き随想録

  

 

時の流れはうつろに流れていく今まで無かったもの現れ、今まで有ったものが去って消えていく出会いと別れの繰り返し・・・・必要なものは存在し必要でないものは存在しない。

時の流れはうつろにゆくり はやく流れていく時の流れを感じる。あの子はどこからきたのだろうか  あの人はどこに行ったのだろうか   時は川の流れのように流れる

 
 趣味を生かそうとすると、青春時代にしたことが生きてくる。山行きだ、今自分が一番したいことだ。つぎからつぎから行きたい山が浮かんでくる。

同行する友もできた。どこまで登れるか楽しみだ。一人で三ヶ上(さんがじょう)の頂上に立った。その時の感動は言葉にいいあらわせない。いまこの時間と空間に生きている。

やっとあの人に逢えたと思った・・・・人生はみじかい。結婚して子供ができ,生活している貴重な時間のなかでそのことがかけがい時間を過ごしていた。その時は家族の生活のため一生懸命

 
仕事に逐われ時間の経つのが速い。気が付いたら孫の面倒を観ている。その貴重な時間であることが解るのは孫を面倒をみる時間をもらってからだ。気が付いたときは人生が終盤にかかってからだ。
 
人間は遺伝子人生は120年、そこまで生きている人いない。脳細胞は寿命120年は納得、自分が自分でなくなるのだ。時の流れはうつろに流れていく。今まで無かったもの現れ、今まで有ったものが去っていく。
 
時の流れを感じる。趣味を生かそうとするとする、学生時代にしたことが生きてくる。山行きだ、今、自分が一番したいことだ。つぎからつぎから行きたい山が浮かぶ。山登りは賢者のスポーツだ。

同行する友もできた。どこまで登れるか楽しみだ。月一山を目指して

この歳になったら他人を束縛したくもなく、されたくもない。 成長を求めるな、幸せをもとめよ 貧しいがゆえ幸せをみつけよう。真の幸せを求めて
 


 
 


コメント (4)

登山は賢者のスポーツ まとめ ⑪~⑮ 

2018-07-12 19:59:11 | 山往き随想録


  「第三の男」の画像検索結果 「三平山森林公園」の画像検索結果 「ひとり山歩き」の画像検索結果 「時の流れに」の画像検索結果

登山は賢者のスポーツ ⑮ 広島高師 山男の歌   登山は賢者のスポーツ ⑭ 1日1時間1万歩  登山は賢者のスポーツ ⑬ 登山中いろいろのことに遭遇する

登山は賢者のスポーツ 登山中いろいろのことに遭遇する   登山は賢者のスポーツ ⑫ 遥かに山並みがみえる 2014.05.31  登山は賢者のスポーツ ⑫ 僕は1人で山歩きすることがすきだ。

登山は賢者のスポーツ ⑪ 時の流れはうつろに流れていく

 

登山は賢者のスポーツ まとめ 25~30 登山は賢者のスポーツ まとめ 21~25

登山は賢者のスポーツ まとめ ⑯~⑳  登山は賢者のスポーツ まとめ ⑥~⑩ 登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤ 

 

コメント

登山は賢者のスポーツ 24  登山中いろいろのことに遭遇する 三平山 2013.05.26

2018-06-29 18:17:09 | 山往き随想録
 
 
登山中いろいろのことに遭遇する。そのときいろいろ決断しなければならない。  生死に関わる決断もある。単独行動の場合は自己責任で決断できる。
 
しかしパーティーを組んでいるときは少々事情は異なる。一番安全な方法を考える。一番多いのがルートの迷いだ。正規ルートから獣の道に入って迷う時だ。その時は早めにひっかえし、正規ルートに戻ることだ。
 
これは人生の対処法につかえる。私、かってそのことを何度も経験した。しかし一回失敗したことがある。三平山である。まだ20代に単独行動で初登山したときのことである。
 
まだまだこの山は登山の整備されてなく、国土地理院の地図を元にルートハンテングをした。それは鳥大演習林の上部にある牧場を突き抜けて登山道に入ることだと思った。
 
その通り牧場を抜けて、登山道入ってと思って登って行った、しかし登っても登っても登山道が見つからない、体力は消耗してくる。精神的に焦りだす。その時に雨混じりのみぞれが降りだした。ブシュのなかである。
 
あとにも先に進めなくなる。時間だけが過ぎてゆく。一瞬遭難したと思った。気を取り戻し、高度をあげて行こうと、がむしゃら登っていく。
 
体力が消耗する前にビバークも考える。一瞬一瞬心が思考が変化していく。悪戦苦闘苦闘いるときに長い溝に入りこむ。その溝から這い上がる。
 
なんとそれが尾根ずたいの登山道であった。土塁である。その道で頂上までたどり着くことができた。苦い登山の思い出であるが有難い経験となった。そのときいっでも非常食を携帯する必要を感じた。
 
私が登山を初めのころは名のある山は整備され、登山ガイドがあった。しかし、ローカルの山にはいいガイドブックが無かった。
 
地図をみて地形を頭にたたみこむ必要があった。いまはインターネットですごい情報をもらえる。デジカメでリアルに情報を得ることができる。
 
2年前ワンダホウゲルの同窓会があり、20年ぶりに大山に登ってからまた山行きに憧れ、心に火をつけてしまつた。
 
自分に体力があるあいだに憧れた山には登っておこうととおもう。あすなろ・・あすなろでなく、今この時、今を大切に感謝して、二度とない、時を大切して悔いのない登山をしていきたい。

 
 
コメント

登山は賢者のスポーツ まとめ 21~25

2018-06-29 18:14:42 | 山往き随想録

 

「登山」の画像検索結果 「三平山」の画像検索結果 「佐伯天神山」の画像検索結果   

登山は賢者のスポーツ 25 山に憧れ 山に行き    登山は賢者のスポーツ 24  私が登山を初めのころは名のある山 三平山2013.05.26

 登山は賢者のスポーツ 23 兵どもの夢の跡 2013.07.07        登山は賢者のスポーツ 22 剣山には懐かしい思い出がある 2013.06.30 


登山は賢者のスポーツ まとめ ⑯~⑳ 登山は賢者のスポーツ まとめ ⑪~⑮ 登山は賢者のスポーツ まとめ ⑥~⑩登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤

コメント

登山は賢者のスポーツ ⑦ 岡山の山はすばらしい

2018-06-24 23:37:40 | 山往き随想録
   岡山の山はすばらしい  Sia - Chandelier (Piano/Cello Cover) - Brooklyn Duo
 
岡山の山はすばらしい。冬・春・夏・秋シーズンでいろいろの山旅行ができる
岡山県の山ではないが日帰りできる山 伯耆大山・四国剣山、石鎚山日本アルプスの雰囲気で登山できる。

冬(1~3月)は雪がない南部の山々適している。低い山が多いが景色がいい。
瀬戸内海に沿っての山並・王子ヶ岳、邑久大平山からの瀬戸内の島々の景色は世界絶景のひとつに匹敵する。
この地で生を受けたことを感謝する。山道は落ち葉があり、クションになって優しい山歩きができる。
啓蟄 3/5までは自然生き物はおとなしい。岡山の南部の山にとって最高のシーズンだ。
 
春(4~6月)桜と彩りどりの華花を堪能する山旅だ岡山の中部高原が[?][?][?]やすい。
だんだんと北に上がっていく。
 
北部の1000㍍も登山にはいりやすくなる。
夏(7~9月)北部の山々が安心して登山できる。
 
 秋(10~12月)紅葉の季節
心を休める登山ができる。
 
一年を通じて岡山は登山できる。
幸せなふるさとにいることを感謝する。
 
コメント

登山は賢者のスポーツ ⑥  仲間と登る 山で知る自分

2018-06-24 23:32:17 | 山往き随想録

 

次のページ 登山は賢者のスポーツ ⑦ 岡山の山はすばらしい

 

登山は賢者のスポーツ まとめ ⑥~⑩

 

コメント

登山は賢者のスポーツ まとめ ⑥~⑩

2018-06-24 23:30:42 | 山往き随想録

 

 「登山」の画像検索結果  「登山家 山口 けい」の画像検索結果

登山は賢者のスポーツ⑩  ちんたら登山 『山は逃げないよ!?』  登山は賢者のスポーツ ⑨ 好奇心は人生を楽しむ原動力

 

登山は賢者のスポーツ ⑧ 月に一山を目指し 百聞は一見にしかず  登山は賢者のスポーツ ⑦ 岡山の山はすばらしい

 

登山は賢者のスポーツ ⑥  仲間と登る 山で知る自分

 

登山は賢者のスポーツ まとめ 21~25登山は賢者のスポーツ まとめ ⑯~⑳ 

 登山は賢者のスポーツ まとめ ⑪~⑮ クリック登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤

 

 

コメント

登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤

2018-06-24 23:28:17 | 山往き随想録

 

「歩く」の画像検索結果   

登山は賢者のスポーツ ⑤ 生活習慣病 登山は賢者のスポーツ ④ 自分で道をつくる山登りめざして

 

 登山は賢者のスポーツ ③ 山歩きの基本は周到な用意と計画 登山は賢者のスポーツ ② 登山基礎知識   登山は賢者のスポーツ ① 登山資料

 

 登山は賢者のスポーツ まとめ 21~25登山は賢者のスポーツ まとめ ⑯~⑳ 登山は賢者のスポーツ まとめ ⑪~⑮ クリック登山は賢者のスポーツ まとめ ⑥~⑩

 

 

コメント

白山 骨折れる 下山 29 2015.10.04 「244」

2018-06-15 21:18:02 | 山往き随想録
      
 
 
ケガをしても歩くことはできる歩かねば家に帰られない。下山には一苦労した。
 
痛みはそれほどでもなかったが急な坂道や段差のある岩場を下らなければならない。岩をささえる手が使えない!!
こんど転けたらおわりだ。まだ標高差500mある。気が沈む
女房が気遣って、急な坂は手足となって下山することができた。
下山の最後にちょっとしたハプクニングが起こった。最初に渡った吊り橋が眼下に見えた。
 
もう少しで、バス停に着くと気力を振り絞る。道標を確認しながら下山していく、しかし途中で
「この下山道おかし、来たときと違う」と妻が言い出した。道がだんだん急にきっくなている。
景色が違っている。右側に沢が迫ってくる。足場の悪いところで立ち往生してしまった。
『登山の原則 道に迷ったら元に戻る』である。わたしが戻ろうと妻に言って戻りかけた。
その時にケガのときにタオルを貸してくれた登山者の方がこの道を下山してきた。
「この道は別当出会に行きますよねえ?登ったきたみちと違うようですが?」
 
不安そうに見上げて尋ねた。「ここは登りと下りは違うんですよ!」答えてくれた。
やっと納得して、右腕をかばいながら最後の力を振り絞り慎重に足場を固めながらゆっくり、ゆっくり降りていった。
やっとの思いで下山できた。白山のシンボルの吊り橋に辿りつくことがだきた。
 
別当のバス停にやっとたどり着いた。バスの従業員に実情を話し、病院の手配をお聞きしましたが
ここのバス会社は石川県金沢市でちょっと方向違っているようだ。
白山は石川県と長野県県境にあり、金沢→白山ルートが一番ポピュラーだ。
私達は福井県福井市のホテルを予約している。
 
仕方なく車を駐車している一ノ瀬センターで救急病院を探した。
 
センターの係員の方は福井の救急の連絡を教えてくれた。
福井県立病院の救急に行くことにした。
カーナビにセットしてそちらにむかった。
心が沈む。楽しい白山登山がこんなかたちで終わるんんて・・・・
まだこの時点ではまだ骨折しているかどうかは分かっていなかった。
福井の病院と話は続く。
 
次のページ   骨折れる 治療 30
コメント

白山 骨折れる 治療 30 2015.10.04 「244」

2018-06-15 21:15:46 | 山往き随想録


   「能登半島」の画像検索結果

10月4日事故日救急、骨折確認応急処置        5日福井県立病院治療相談       6日済生会手術日決める 

       9日手術         14日リハビリ開始 期間3ヵ月

不慮の事故の対処である。生きて生活している間だには事件・事故に遭遇する。

 
事故中自分に冷静になれ冷静になれといいきかした。だけど事故当初はそれどころではない。
 
頭のなかは真っ白・・俺はどうなったんだ?[?]手首がグンニャリ曲がっている。
 
オモチャの部品を修理するみたいに、元の手首のように戻してみる。
 
元に戻らない。あれあれ…全ての思考回路をめぐらして治そうする。
 
この事は夢であってほしいと眠りに就く毎日。
 
転けた時右頬を岩でぶっけていた。右頬が痛い[?][?]わたしはどのように転がったか想像した。
 
いままで下山中に滑って転んだことは何度もある。先月も星山で下山中に二度転んだがリアルにその動作は覚えている。
 
お尻からうって転んでいる。今回はあっと間に右顔面セイドして右手撓骨骨折,右腰打撲
 
この早い転倒はどうしてだろうか?わたしの推測であるがある考えが浮かんだ。
 
下山中追い越され際に ザックどうしがぶっかってわたしのザックの左側と追い越し
 
下山者のザック右側と接触して、その弾みで一瞬で転倒してしまったのではないかと推測した。狭い登山道は下山の時追い越し禁止である。
 
事故があって気が付くことが多い。右手撓骨骨折がわたしの首の骨を守ってくれたと思う。
 
もしこの骨折が無かったら首の骨を折ってこの世に今は居ないかもしれない。
 
わたしは生かされたと永平寺で思った。わたしの手はあれ・・この写真に似ている。 すてる神あり、拾う神あり
 
 
 
 
コメント

白山 骨折れる 事件発生 28 2015.10.04 [244]

2018-06-15 21:11:20 | 山往き随想録


  

1.下山して救急病院までの話  

2.診断結果から一路岡山へ  3.手術からリハビリへ4.この経験からいろいろのことうを思う

 白山下山の転倒事故には骨が折れる以上に心も折れたことだ。初めての経験である。よく三角巾で腕を巻いた人をみかける。

どうして骨を折るのだろうかと他人事と思っていた。自分が実際なってみると骨が折れる以上に心も折れた。この日は室堂は冷たい雨だった。岩の上を歩くから滑りやすいと思っていた。

私は白山の下山は特に気を配った。だけど転倒して右手橈骨遠位端骨折  惨め

1.登山靴が良くなく滑りやすい靴底だったのか?    道具の責任   2.足腰が弱ってきているんだろうか?        体力の限界

自分が滑った意識は全くない。滑った一瞬に右横顔を強打したことは記憶にある。あっと間の出来事で、顔が平べったい石に打ちつけられた。

その時すぐに体を起こし、我に戻った。その時右手の異常に気が付いた。異常に曲がっている。とっさに手首の捻挫と思って、元に戻そうと再三試みる。どうしても戻らない。

あとから妻や登山者の人々が心配して寄ってきて救急手当をしてもらいました。「あまり動かさない方がいいですよ」とある登山者にいわれて

まず患部を湿布してテーピングしてもらい手ぬぐいで腕を吊るすことができた。全部手当をしてもらった。

やはり登山のメッカの地域だけあって、救急の備品を必需品として携帯していることに、山に精通しているなと感動した。わたしはまだまだあまい登山をしていると・・・・・

そこで歩く気力を失って、痛みに耐えて座っていると、山小屋で一緒に泊まった夫婦の登山者の方がその時下山してこられ、

この光景を見て、「もうすぐ剱山の診療所の先生が下山してこられますよ!」教えてくださいました。

やっと先生が下山してこられ診察してもらった結果「この患部は脱臼はなく、骨折ですよ。レントゲンをとってみてください。」

診察して下山されました。その後一人の看護師さんがひきかえしてくださり三角巾で腕を固定して歩きやすくしてくださいました。

岡山からこの地にきて、見ず知らずのわたしに白山でこんなに皆様に助けていただきましたことを感謝しております。ありがとうございました。このあと話がまだまだ続く。

 次のページ  骨折れる 下山 29

登山は賢者のスポーツ まとめ 21~27

福井の旅 索引 2015.10.02~10.5 「244」

旅行 索引 6       

登山は賢者のスポーツ まとめ 21~27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

登山は賢者のスポーツ ② 登山基礎知識

2018-06-02 21:19:39 | 山往き随想録

 

 登山は賢者のスポーツ ② 登山基礎知識 

1. 体力    スクワット200回、腕立て100回 1日分割 毎日1万歩

2. 地形をみる力    正確に地図をみて3Dで推測する

3. 天気をみる力     天気図から天気の推移を考える 最近 気象庁発表いいサイトチェック

4. 現場の登山の最新の情報を頭にたたきこむ

5. 百聞は一見にしかず   下見登山をしておく。

6. パーテーを組む時は十分に下見をしとくおく     行動は体力の弱いものに合わす。

7. 生き残る確保を考える 山登りは大自然の中を進んでいく、多くの危険に遭遇する。そのときの対処法を想定して準備する。

 最近、わたしも2本ストックを使うようになった。それはそれなりの根拠がある。 

   自然の中で行動する時は2足歩行よりも4足歩行が楽で行動しやすく安定している。

   人間は巨大な脳をもったために2足歩行に進化した。知恵と心をもつ代わりに2足歩行に進化した。

   登山は3点確保が基本だ。2本ストックがあれば如何なるときも3点確保できる。

次のページ   登山は賢者のスポーツ ③ 山歩きの基本は周到な用意と計画

 登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤


 

コメント

登山は賢者のスポーツ ④ 自分で道をつくる山登りめざして

2018-05-24 22:28:52 | 山往き随想録

    

登山は賢者のスポーツ ④ 自分で道をつくる山登りめざして

登山の力量を試すにはなんといっても冬山登山だ。冬季は視界を塞ぐ植物が少なくなる。

まずピーク(頂上)をめざすいろいろコースを考えることができる。既存の登山道を無視して考えることができる。

冬山は雪に覆うわれて、はっきりと3Dで捉える事ができ、おのずとコースを思え描くことができる。

3~5コース考える。それが冬山登山だ。尾根にそるコース、沢に沿うコース、岩場に取付くコース

いろいり想定できる。それが個人の独創性だそれが冬山登山だ。

春、夏、秋登って最後にその山を確かめるそれが冬山登山だ。

雪との戦に体力は2~3倍必要いだ。その代わり雪山の幻想的な景色に遭遇できる。

次のページ 登山は賢者のスポーツ ⑤ 生活習慣病

 

登山は賢者のスポーツ まとめ ①~⑤

 

コメント