千里山ブラウズ

SENRIYAMA BROWSE 千里山の商店街や街並みを散策しながら、素敵な人やお店そして風景と出会えれば‥‥

サッカー日本代表、強豪ドイツにドラマチック過ぎる勝利!

2022-11-24 10:05:28 | Weblog

 カタールのドーハで始まったサッカー・ワールドカップ2022で、昨夜行われたグループ・リーグ初戦で日本代表が劇的な逆転勝利(2-1)を上げ、日本中が盛り上がりました!
 前半の実力差を感じる苦しい展開からは、後半あれ程のドラマチックな試合が観られるとは想いも寄りませんでした。
 翌朝、テレビの解説を聞くと、後半のシステム変更(3バック)や森保監督の選手投入がピタリと嵌ったようでした。
 ボール支配率やシュード数(11-25)では劣勢の中で、堂安選手が落ち着いて同点ゴールに繋げた頃から、追いついたチームには勢いがあるということで、もしかして逆転もあるかなとも少し感じていました。
 チャンスを幾つか外していた浅野選手が逆転のヒーローになり、前回ロシア大会のメンバーから外れた悔しさを晴らした形も、いろんな意味でドラマチック過ぎるなぁと‥‥「ドーハの悲劇」という日本サッカー史に語り継がれる地でもあるし。
 前半のPKを献上した権田選手の、その後のスパーセーブ連発もドラマを彩りました。
 次のコスタリカ戦に1次リーグ突破がかかってきますが、これまでの対戦成績が3勝1分けという歩のある相手ですので、ドイツ戦の喜びと勢いをそのままに「ドーハの奇跡」へ突き進んで欲しいと想います。
 【写真は日刊スポーツより】

実りの秋

2022-10-24 17:37:22 | 千里山ウォーカー

 実りの秋、今日は打ち合わせの帰り路で、柿を採ってきました (^-^)?
 写真のような感じで両側の家に挟まれた土地に、柿の木そして後ろに竹林となっていて、誰かの持ち物かも知れませんが宅地っぽくもないです‥‥。
 柿の実自体は小さいので、誰も採る人は無いのかも知れません。
 渋柿かとも想いましたが、歯先で小さく齧ってみると甘く美味でした。もう少し熟すとカラスのご馳走というところでしょうか。
 そういえば、以前に近くの空き地に蜜柑の木があって、囲い越しに実が道路から採れたので、何個か貰ったこともありましたし、駅前の団地が再開発される前には枇杷の木があり、小粒ながらも初夏に採って食べました。
 この枇杷については当時親しくしていたパキスタン人の夫婦がたくさん採っていたので、少しにした方が良いですよと(自分の行為は棚に置いて)言ってあげたこともありました (^-^)?

【追記】昨夜その蜜柑も見に行って、2個ほど頂いてきました。

千里山フェスタ2023

2022-10-23 16:35:32 | 千里山.NET

 秋晴れに恵まれた日曜日に、千里山フェスタ2023が千里寺の境内で開催されました。
 僕が午後に行った時にはやや少なくなったようですが、午前中は小さい子供連れの家族がたくさん集まって賑やかだったそうです。
 コロナ禍で中止を余儀なくされ3年振りの開催でしたが、事前にポスターやのぼりの告知が早く出ていたので、以前のように大勢の人たちが楽しみにしていたのかなと感じました。
 お店ブースが幾つか並ぶ中で、千里山まちづくり協議会のパネルも展示され、制作・担当の中野さんが訪れた人たちに説明をされていました。
 今回は「千里山入居100周年プロジェクト2023」の告知も兼ねており、「趣意書」や「アイデア募集」の各パンフレットを配布しました。
 こうして日常がようやく戻ってきてくれたことが嬉しいです (^-^)

・千里山まちづくり協議会の展示パネル(拡大) 「千里山のみどり」「大きな古時計の歌」「千里山今昔写真」「千里山の開発」「千里山まちづくり協議会19年の歩み


千里山会会誌『千里山』25号

2022-08-15 09:21:10 | 千里山人(ちさとのやまひと)

 東京方面在住の千里山出身者の懇親会「千里山会」の会誌『千里山』25号が今年も届きました。
 以前に「千里山.NET」という地域情報サイトを運営して、街について多様なコンテンツを発信していた頃、出身者の方たちにもご覧頂いていたようで、SNSが盛んになった時代で「千里山.NET」もアーカイブ化した現在も、毎年『千里山』をずっとお贈り下さり、有り難く楽しみにしております。
 ちょうどお盆休みで、コロナも弱毒化したようなので3年振りに徳島に帰省しようと想っています。その前に届いたので、高速バスの中や実家でじっくり見せて頂く積もりです。
 故郷美波町で故郷千里山を懐かしむ文章や絵などを味わうのも良いでしょう。
 と言いつつも、田代しんたろうさんの連載漫画だけは直ぐに読ませて頂きました。ただ、気になる一文がありました‥‥「会誌第3号から23回にわたって千里山漫画を描く機会を与えていただいた千里山会には心より感謝いたします。」。

行水三昧

2022-08-13 18:18:15 | Weblog

 今年は途中に戻り梅雨もありましたが、総じて厳しい暑さの長い夏になっています。立秋を過ぎても「残暑お見舞い‥‥」というより猛暑の日々‥‥。
 そんな35℃付近の毎日で、外出から帰ると先ずシャワーを浴びることがルーチンになりました。
 以前は、たまにそういう日があっても、毎日ということは無かったと想います。
 普通はシャワーの後は水を拭き取ってTシャツなどを着るのですが、最近は濡れた身体のまま綿のTシャツとパンツを着て、蒸発する間の涼感を楽しむという快楽に嵌っています。
 その上に急な雷雨などがあると、涼しい風が部屋を突き抜け流れて、火照った身体から熱をさらって行ってくれます。マナーはおそらく悪いですが、良ければ一度試してみて下さい。
 昔、子供の頃に入った行水を想い出しました。田舎の庭に金だらいに水を張り日向で放っておくと、夕方には熱いくらいのお湯になっていて、晴れた夏の日はいつも風呂ではなく行水でした。
 井戸に吊るしておき適温に冷えた西瓜を、行水の後で頬張ったことも一緒に想い出しました。

・イメージ写真はこちらの「夏の行水」から

もどり梅雨

2022-07-16 09:55:04 | 作詞・作曲

 短い梅雨の後でいきなり夏本番の高音となり、先日は大阪でも38.4℃を記録した日がありましたが、その時は歩いていても頭髪や肩の辺りが焼けるような感じでした。
 逆にその灼熱を経験したことで、後で続いた高温多湿の日々も比較的こんなものかと耐えられたのは面白いと想っています。
 しかし、このまま真夏に行くのかと想っていたら、最近また不安定な天気が続くようになり、今朝のニュースの予報で「もどり梅雨」と言っていました。
 僕が徳島美波町の母校の中学校に贈った愛唱歌『私の故郷』を、当時高校生で歌って頂いた竹野留里さんが今春大学を卒業し、北海道から上京して芸能事務所に所属し、作業療法士との二刀流で頑張っています。
 幼少より民謡で培われた歌唱力を活かして、ミュージカルにも挑戦したいという夢を持ち、テレビドラマや配信番組でも出演を続けていますが、この夏には早くも2つの舞台(『シーボルト父子伝』では娘のイネ役)も決まりその稽古に勤しんでいるようです。
 札幌の大学時代は地元の民謡事務所に所属し道内で活躍しながら、民謡民舞全国大会では東京都知事賞に輝き、今年もYOSAKOIソーランの歌い手として有名連から招かれました。
 そんな留里さんですが、北海道には無い梅雨を初めて体験できると楽しみにしていた(?)ところ、今年の空梅雨で拍子抜けしていたようでした。
 最近の「もどり梅雨」、新鮮な想いで過ごされているのかどうか訊いてみたいですね (笑)

 ※ 線状降水帯で大変な地域もあります‥‥気を付けて頂きたいと想います。

ムクゲは夏の茶花

2022-07-12 09:08:17 | 千里山花物語り

 今年は短い空梅雨の後、夏真っ盛りになったかと想っていたら、このところ小さな台風に続いて梅雨が戻って来たような天気に‥‥今週もほとんど雨の予報です。
 そんな梅雨(?)の晴れ間に、次々に大きな花を咲かせてくれているのが木槿(ムクゲ)で、僕には夏と言えば芙蓉と並んで外出時に少しホッとする嬉しい花木です。
 そう言えば、芙蓉の花は酔芙蓉を含めてたくさんブログにも書いたと想いますが、意外に木槿を採り上げることが少なかったのは、余りにも庭木など何処にでも見られる花木だったからかも知れません‥‥。
 花の色は写真のタイプが多いと想いますが、ネットで見るとピンクやブルー、真っ白などいろいろあるようです。
 また解説サイトに「夏の茶花」ともあり、爽やかなものをイメージしますが、どんな味なのでしょうか。

Wikipedia】ムクゲ(木槿、学名: Hibiscus syriacus)は、アオイ科フヨウ属の落葉樹。別名ハチス、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。

大森翠さんの紹介展示

2022-06-13 10:28:12 | 千里山ギャラリー

 BiViの3階コミュニティー・センターのロビー通路ギャラリーで、千里山出身の画家で昨年11月24日に亡くなられた大森翠さんの紹介展示が行われています。
 「大森翠遺作展」が、京都市内の「ギャラリー Create 洛」で、6月28日(火)から7月10日(日)まで開催される予定です。

千里山「味信」の定食、これで750円です

2022-05-01 09:57:40 | 千里山INFO

 GWですが何処にも出掛けないので、せめて昨日はと梅田にご飯に行きました。
 コロナ禍前に良く行っていたお店が、最近リニュアルして再開していたので久しぶりに寄ったのですが、注文を取りに来てくれなくて長く待たされ、空きっ腹ということもあり、とても不快な気分で食べることになり後悔しました。
 スタッフも忙しくてうっかりということだったとは想いますが、期待した客には大きな落胆でした‥‥ここにはもう気持ちが向かないと想います。
 気分を直しに、今日は安心の地元の食堂「味信」さんに行こうと想っています。
 ローテーションになっている日替わり定食は、日曜は刺身メインに様々な副菜が付いて750円‥‥インフレの時代ですが頑張って欲しいです。

母校の卒業式にアニメーションを贈る

2022-03-27 15:24:12 | 作詞・作曲

 以前に同じ作詞・作曲セミナーで知り合って以来、親しくして貰っている音楽仲間で広告代理店に勤めるTさんが、過疎化している神戸市の桜ヶ丘中学校の卒業式で、後輩に向けて餞のアニメーションを制作し贈ったことが、ヤフーニュースに載ったと知らせがありました。
 神戸市にあってもその校区は少子高齢化で、多い時で一学年300人ほどいた生徒数が、今では3割に減少しているとか‥‥。コロナ禍自粛での学校生活を余儀なくされた卒業生たちに励ましを込めて贈ったということです。
 その記事「卒業生の門出をアニメでお祝い 神戸・桜が丘中OBら作成、「鷹の爪」の作者も出演」を見て、僕も以前に同じような想いで徳島の母校の後輩たちに『私の故郷』という愛唱歌を贈らせて貰ったことを想い出しました。
 当時Tさんに相談して、現在住む大阪と地元の新聞などに取材を受け、大きく掲載・発信して貰ったのを憶えています。
 美波町の由岐中学校では、僕らの頃は一学年100人くらいいたのが、今は全学年で30名足らずになっており、いつか閉校になる日も近いかも知れません‥‥。
 Tさんの出身は神戸と聞いていたので、その地域や母校がまさか同じような状況にあって、そんな活動もされていたとは驚くと同時にとても親近感も憶えました。
 そう言えば『私の故郷』を歌って貰った竹野留里さんも大学を卒業し、コロナ禍の中で歌の道を歩むべく北海道を後にして上京します。
 若い人たちの未来に幸多かれと願う春です!

すいすいバス(たけのこルート)

2022-02-20 17:50:31 | 千里山ウォーカー

 2月17日に、吹田市コミュニティー・バス「すいすいバス(たけのこルート)」が千里山でも走り出しました。
 待ち望んでいた知人も何人か早速に体験乗車を楽しんだようです。
 阪急千里山駅→北大阪急行緑地公園駅→阪急南千里駅を基点にして、途中にも周辺地域を巡りながら約一時間かけて往復します。
 千里山駅前広場のターミナルに乗り場が設置され、時刻表を見ると午前8時3分から午後6時3分まで、一時間毎に発車するのでとても覚えやすくなっています。
 特に、阪急千里山駅→北大阪急行緑地公園駅は坂道を歩かなければならず、足に不安のある高齢者や障害者などに不便でしたが、これからは利用者も増えるのではないかと感じました。
時刻表・路線図パンフレットは停車中のバスで貰えました。

すいすいバス(たけのこルート)試験運転開始

2022-02-11 17:27:27 | 千里山INFO

 阪急千里山駅の前の地域案内掲示板に「すいすいバス(たけのこルート)試験運転開始」の告知チラシが張られています。
 千里山駅・緑地公園駅(北急線)・阪急南千里駅の間で運行されるとのことなので、個人的には緑地公園駅まで歩かなくても北急線が使いやすくなるのが便利かなと想います。
写真拡大

十日戎に行きました

2022-01-10 16:49:35 | Weblog

 今日は成人の日、三連休ではありましたが、クライアントの社長との新年最初の打ち合わせに行きました。
 そしてお昼から、フリー・デザイナーとして独立後に毎年恒例にしている、十日戎で今宮戎神社に参詣しました。
 昨年はコロナ禍で人出が少なかったので、ことしは少し賑やかになっているかと想ったのですが、直前の変異株オミクロン騒動で自粛になったのか、沿道には屋台も無く寂しい景色でした‥‥。
 それでも快晴の空の下、今年は個人的に期すものがあって、最前列まで進みお賽銭を五百円と奮発しました。いつもはご縁が倍増しますようにと十円のところ、大きく百倍のご縁に出会う願いを込めました!
 

謹賀新年!

2022-01-01 08:21:26 | Weblog

 新年、明けましてお目出度うございます。

 旧年に続きコロナ禍ではありますが、皆様の変わらぬご多幸を祈りつつ、
 僕も多くの夢を叶えるべく、決意を新たにしております。
 本年も、どうぞよろしくお願い致します!

身近に感じるカーシェアリング

2021-12-24 10:09:22 | 千里山INFO

 以前、千里山団地のシェア・サイクル設置の紹介を書きましたが、千里山駅の周辺でもカー・シェアリングが身近に感じられるようになりました。
 大手の24Timesの駐車場の一部に、シェア・カーが儲けられているのをよく見掛けます。
 馴染みのある駐車場に設置されることで、特別なライフスタイルという感覚ではなく、より普通のサービスとして認識されやすくなるのではないでしょうか。
 僕自身はずっとバイク派でしたが、年齢とともに自動車も利用できたらと想い始めています。
 昨日、後ろから車が異常な程ゆっくり来ているのを感じて避けましたが、見ると若い女性が運転しているシェア・カーでした。後ろに若葉マークも付けていましたので、運転練習に利用しているのかなと想像しました。僕もその辺りの利用から始めようかと想った次第です。