風景居酒屋 ごじゃ満開

2011年03月11日14時46分、東日本大震災発生
(since 2007/8/15)。

2860)立丸第一トンネル開通(大震災から92ヶ月)

2018年11月11日 | 東日本大震災
 以前の当店で「復興道路と復興支援道路」に触れました(2015年5月11日)。復興道路はいわゆる三陸自動車道、復興支援道路は宮古横断道路(国道106号)と東北横断自動車道(釜石道)ですが、このほかにも東日本大震災の復興支援道路として利用された道路が幾本もあります。本日御覧いただく陸前髙田から北上山地を縦貫し青森県八戸へ至る国道340号線もその一つで、後方支援基地だった遠野市と沿岸各地を結ぶ道路として大きな役割を果たしたそうです。

 このうち宮古市(旧川井村)と遠野市の境にある立丸峠(たつまるとうげ)は未改良区間で冬季は倒木や雪崩で通行止めになる事が多いのですが、震災を機にそれまでもあったトンネル掘削の話が動き出し、2015(平成27)年7月に「立丸第ニトンネル(920m)」が開通、今月29日には立丸第一トンネル(1,839m)が開通し、立丸峠の改良区間が全通します。先日の帰盛の折り、旧道を辿ってみました。



 旧川井村内を湯沢川に沿って南下し、大槌町からの県道26号線が合流すると、立丸第二トンネルが現われます。開通して3年経ちますが、まだ真新しい雰囲気を残していたのは、行き交う車がさほど多くなく、汚れていないからでしょうか?


(立丸第二トンネル川井側 -宮古市小国 2018/11/3-)

 トンネルを抜けても改良区間が続きますが、立丸第一トンネル手前で旧道に戻ります。工事開始前の写真はありませんが、きっとこんなに空は見えなかったことでしょう。


(立丸第一トンネル川井側 -同上-)

 旧道に戻ると幅1~1.5車線の旧坂となります。ギアをこまめにかえながらハンドルを右に左に切ることしばし、時折対向車にドキドキしながら立丸峠のサミットに至りました。この道を支援物資を運んだトラックや工事車両が行き交ったのでしょうか?今の静かさからは想像つきません。


(峠の市境 -同上-)

 約2週間後には足下の立丸第一トンネルが開通し、旧道は役目を終えるのでしょう。かつて歩いて越えた峠道を車で越えられるようになり、更に足下のトンネルで快適に峠越えの時代へ・・・。願わくば復興支援道路というお役目は発生しないことを願います。

2017/11/11の一品・・・2659)時速320キロの足下(大震災から80ヶ月)
2016/11/11の一品・・・2432)防潮堤(大震災から68ヶ月)
2015/11/11の一品・・・2183)意外な場所の「復興祈願記念植樹」(大震災から56ヶ月)
2014/11/11の一品・・・1962)友好都市協定(大震災から44ヶ月)
2013/11/11の一品・・・1723)記憶と記録(大震災から32ヶ月)
2012/11/11の一品・・・1499)会津若松なう(大震災から20ヶ月)
2011/11/11の一品・・・1135)あの日のマンガ(大震災から8ヶ月)
2010/11/11の一品・・・お休みでした
2009/11/11の一品・・・お休みでした
2008/11/11の一品・・・397)盛岡散歩 白鳥来盛
2007/11/11の一品・・・089)ちょっと旅気分-後編-

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪

コメント

2847)長短どちらが良いのか(大震災から91ヶ月)

2018年10月11日 | 東日本大震災
 安倍総理が自民党総裁選で三選となり、第4次安倍改造内閣が発足しました。主要閣僚は留任となったようですが、復興大臣は代わり、担当大臣時代からを含めると8人目の大臣が就任しました。

 東日本大震災から7年半で8人目が就任ということは、この7年半で7人の大臣が復興の指揮を執ってきたことになります。単純に割り返すと、平均1年ちょっとでの交代となります。実際には数日で辞めた方もおり、そういうイレギュラーを除けばもう少し長いのでしょうが。

 しかしながらまったく私見ではありますが、1つの部署である程度の実績や達成感を得るのには3年ぐらい必要なのではと思っています。1年目で現状を把握し、2年目に気づいた課題の解決に挑み、3年目に課題解決を達成しさらなるステップに進む・・てな感じです。

 と言いつつ私が身を振り返ると、1つの部署にい期間は最長で3年10ヶ月、最短で4ヶ月、平均すると2年を切っています。先述の時間の流れに合わせれば、課題解決の最中に国替え(転勤)を命じられている事になります。実際、国替えとなる時は「あれをやりたかった」「これをやり残した」という気持ちが多く、達成感を得て次の地に向かった記憶は残っていません。

 もっとも時間の流れが速い昨今、3年という尺度は長過ぎるのかもしれません。一方で過去を知らない人ばかりになると、それはそれで「経緯」「歴史」が分からなくなるというデメリットもあります。

 果たして代々の復興大臣はどのような思いを胸に、次の大臣へバトンタッチしてきたのでしょう?


(10年前の広田湾 -陸前高田市砂盛? 2008/10/13-)

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/10/11の一品・・・2642)地熱発電の日(大震災から79ヶ月)
2016/10/11の一品・・・2411)希望郷いわて国体・希望郷いわて大会(大震災から67ヶ月)
2015/10/11の一品・・・2156)あの日からの憂鬱(大震災から55ヶ月)
2014/10/11の一品・・・1943)鮭遡上(大震災から43ヶ月)
2013/10/11の一品・・・1704)風車は回る(大震災から31ヶ月)
2012/10/11の一品・・・1470)片岸川(大震災から19ヶ月)
2011/10/11の一品・・・1104)YOU'LL NEVER WALK ALONE(大震災から7ヶ月)
2010/10/11の一品・・・お休みでした
2009/10/11の一品・・・574)ちょっと隣県へ 青森県青森市(紅葉)
2008/10/11の一品・・・376)栃木散歩 大田原市(何が危ない?)
2007/10/11の一品・・・058)風は秋色 (奥会津ツーリング その4)
コメント

2832)山田線はどこへ行く-9-(大震災から90ヶ月)

2018年09月11日 | 東日本大震災
 「山田線はどこへ行く?」も9回目となりました。本日は運転再開まで7ヶ月となった頃の、山田線津軽石駅周辺です。前回御覧いただいた「津軽石新町」バス停から北へ向かって歩くと津軽石駅南側の踏切に至りました。

 踏切から南を見れば、新しく敷き直された線路が伸びていました。8月下旬からは試運転が始まったそうですから、いよいよカウントダウンなのだと思いましたが、実際に走り始めるのは来年3月ですからまだまだ先です。


(新線のような姿の山田線 -2018/08/04 宮古市津軽石-)

 ここまで至るのに7年半近くかかりました。壊れるのは一瞬、元に戻すのは長い年月がかかるというのは何事にも通じる話だなと思います。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/9/11の一品・・・2617)災害公営住宅(大震災から78ヶ月)
2016/09/11の一品・・・2387)分かっていても(大震災から66ヶ月)
2015/09/11の一品・・・2139)RADIOは今も(大震災から54ヶ月)
2014/09/11の一品・・・1929)公衆電話(大震災から42ヶ月)
2013/09/11の一品・・・1692)JR山田線の今(大震災から30か月)
2012/09/11の一品・・・1440)JR大船渡線の今(大震災から18ヶ月)
2011/09/11の一品・・・1074)アンパンマンの弁当箱(大震災から6ヶ月)
2010/09/11の一品・・・787)盛岡散歩(はやてからの岩手山)
2009/09/11の一品・・・お休みでした
2008/09/11の一品・・・お休みでした
2007/09/11の一品・・・028)前略 出張(たび)の空から
コメント

2815)8度目の「節電の夏」(大震災から89ヶ月)

2018年08月11日 | 東日本大震災
 今年は「過去の経験が通じない」夏とも言われています。台風、豪雨、そして猛暑。熱中症に遭う方が多数いらっしゃるとも報じられています。熱中症予防として水分補給と共に冷房の使用も勧められていますが、冷房に不可欠なのは電気です。

 震災以降、夏になると一度は電力需給が話題になります。震災直後は節電が声高に叫ばれましたが、その後の節電意識の高まりやLEDの普及でその声は次第に小さくなり、政府からの節電要請も行われなくなりました。

 原発の再稼働には様々な議論があり、火力発電にはCO2の排出問題がある・・・かような中で約1ヶ月前の経済紙に「日本の洋上風力発電に海外勢が相次ぎ進出」という記事が載っていました。風力発電は過去の当店でも触れた事がありますが、同じ風力発電でも洋上は海上に比べて風が強く発電効率が良いそうです。

 その洋上発電にも海底に固定する「着床式」と海上に風車を浮かせる「浮体式」があるそうで、日本では後者の普及が期待されているそうです。しかし潮風の吹く海の上の設置では、その後の維持管理が大変でしょうね。


(数年後には海の上にこんな風景が?-千葉県旭市 2013/09/22-)

 節電に反して?冷房が欠かせない船橋の夜です。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪



2017/08/11の一品・・・2595)山田線はどこへ行くー7―(大震災から77ヶ月)
2016/08/11の一品・・・2366)狼が来た!(大震災から65ヶ月)
2015/08/11の一品・・・2123)5度目の「節電の夏」(東日本大震災から53ヶ月)
2014/08/11の一品・・・1917)続・山田線はどこへ行く(大震災から41ヶ月)
2013/08/11の一品・・・1678)国道288号線(東日本大震災から29ヶ月)
2012/08/11の一品・・・1409)2度目の「節電の夏」(大震災から17ヶ月)
2011/08/11の一品・・・1043)記憶-忘れてはいけないこと2-(大震災から5ヶ月)
2010/08/11の一品・・・お休みでした
2009/08/11の一品・・・545)盛岡散歩 遅ればせながら七夕まつり'09
2008/08/11の一品・・・お休みでした
コメント

2799)全国地震動予測地図(大震災から88ヶ月)

2018年07月11日 | 東日本大震災
 7月7日夜に千葉県で最大震度5弱の地震を観測しましたが、房総半島沖では「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きているとされ、先日の新聞でも注意喚起を促す記事が載っていました(7日の地震は関係無いようですが)。

 6月18日には最大震度6弱の地震が大阪で起こるなど、水害もさることながら地震も頻発してきている気がしますが、6月26日に「今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率」を示す『全国地震動予測地図(18年版)』が政府から公表されました。載っていた日本列島を見ると、北海道東方・東京圏から西の太平洋側一帯が高確率を示す紫で塗られていました。



 記事には県庁所在地ごとの発生確率も載っており、一番確率が高いのは千葉市で85%とありました。どのような計算ではじき出された数字か分かりませんが、「いつ起こってもおかしくない」ということなのでしょう。分かっていても24時間身構えているわけにもいかないですし、脳みそにシワが3本しかないので他の事を考えると忘れてしまいます。

 「これを見て住む場所や勤め先を変えるわけにもいかないしなぁ」と思いながら千葉へ通勤した人も多いことでしょう(電子版かな)。

 ちなみに2番目は横浜市、3番目は水戸市で、盛岡市は43番目でした。この手の順位づけは往々にして自治体の反発を買うことがありますが、どうなのでしょう?



にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/07/11の一品・・・2579)風力発電、参入しやすく(大震災から76ヶ月)
2016/07/11の一品・・・2349)6度目も「節電の夏」?(大震災から64ヶ月)
2015/07/11の一品・・・2099)つばめ(大震災から52ヶ月)
2014/07/11の一品・・・1898)4度目の「節電の夏」(大震災から40ヶ月)
2013/07/11の一品・・・1661)ゆとりが生む思い?(大震災から28ヶ月)
2012/07/11の一品・・・1378)災害廃棄物(大震災から16ヶ月)
2011/07/11の一品・・・1012)RADIO(大震災から4ヶ月)
2010/07/11の一品・・・752)私的岩手通史の旅 第31回
2009/07/11の一品・・・お休みでした
2008/07/11の一品・・・お休みでした
コメント (2)