風景居酒屋 ごじゃ満開

2011年03月11日14時46分、東日本大震災発生
(since 2007/8/15)。

2724)師走の南部津軽 11景目(八戸駅→奥中山高原駅)

2018年02月22日 | 青森彷徨
 午後の効率を上げるため、昼休憩時にコーヒーを飲んでから20分の仮眠を取る事を奨励している会社があります。仮眠とコーヒーのカフェイン効果でが効いて午後の効率が上がる効果があるそうです。個人的には是非我が奉公先にも導入して欲しい制度ですが、休憩時間とは別に午後に1回、眠くなった時間に10分程度の仮眠を認めてくれるような制度が導入されないかなと思います。



 師走の南部津軽も後は盛岡へ戻るだけです。2両編成の盛岡行列車は大きな荷物を抱えた帰省客らしき人も若干乗せ八戸を発車。25分程走ると名久井岳が左手に現われ、八戸から約40分で青い森鉄道の終点である目時を発車し、馬淵川を渡りながら岩手県に入ります。


(県境の馬淵川 -青森県三戸町 2017/12/30-)

 たいてい県境というのは川や峠がそれになるのですが、青森・岩手県境は歴史的な経緯もあり、まだまだ列車は峠を上っていきます。そのサミットであろう奥中山峠に至れば積雪は再び増していきました・


(雪に覆われた奥中山高原駅 -一戸町中山 2017/12/30-)

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/02/22の一品・・・2493)北総1周 3景目(銚子電鉄~命名権~)
2016/02/22の一品・・・2240)風が北へ吹く前に 13景目(スーパー白鳥38号とはやぶさ38号)
2015/02/22の一品・・・2030)南部ワンデイスパ 奥中山温泉(1景目 IGRで行く)
2014/02/22の一品・・・1792)盛岡雪あかり 2014
2013/02/22の一品・・・1582)房総ワンデイハイク 船橋市(5景目 さざんかさっちゃんと福太郎)
2012/02/22の一品・・・1238)自転車に乗って きどうみち跡(2)
2011/02/22の一品・・・887)私的岩手通史の旅 第66回(前九年合戦 第11幕)
2010/02/22の一品・・・652)隣県の冬景色 秋田県仙北市(角館武家屋敷)
2009/02/22の一品・・・456)岩手散歩 洋野町(岩手県最北の地)
2008/02/22の一品・・・186)栃木散歩 栃木市(巴波川と栃木河岸)


コメント

2715)師走の南部津軽 5景目(青森駅→八戸駅)

2018年02月10日 | 青森彷徨
 平昌(ピョンチャン)五輪が開幕しました。当店が暖簾を上げてから6度目の五輪ですが、世間の盛り上がりとは対照的に、今回も一向に私の温度が上がりません。この時を目指して努力をしてきた方々には申し訳ないのですが、テレビや新聞が「金」を連呼するのが苦手なのかもしれません。選手の方々はそういう「期待」というプレッシャーも背負いながら協議に挑まねばならぬのですから、蚤の心臓である私からはメダルが取れなくても尊敬する存在です。



 「師走の南部津軽」は再び青森駅へ。同駅からは「青い森鉄道」に乗って八戸へ向かいます。長いホームに入ってきた2両編成の列車は通勤ラッシュ並みの混雑で到着。外気との差で、窓ガラスはすっかり曇っていました。


(雪をまとって登場 -青森駅 2017/12/30-)

 帰省客らしき人も乗せて、ひとつひとつの駅に停車していきますが、駅間はそれなりの速度で走ります。その速度とは対照的に車窓には穏やかな冬景色が流れていきます。当店で幾度か御覧いただいた陸奥湾も穏やかな姿を見せてくれていました。


(陸奥湾)

 県南に向かうにつれて雪は少なくなり、三沢あたりではほとんど無くなり、列車は陸奥市川駅を過ぎると八戸の平野に飛び出します。7年前、わずか4ヶ月ですが住んでいた時はこの風景を見ると「帰ってきた」と思ったものです。


(車窓に広がる八戸の街 -八戸市 2017/12/30-)

この話は幾度かした気がします。齢を重ねると同じ話を繰り返していけませんね。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/02/10の一品・・・2481)盛岡彷徨 滝の前広場(いわて雪まつり2017)
2016/02/10の一品・・・2233)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2016 1景目)
2015/02/10の一品・・・2023)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2015 3景目)
2014/02/10の一品・・・1780)京都のお約束(7景目 南禅寺三門)
2013/02/10の一品・・・1573)私的岩手通史の旅 第155回(南北朝時代の岩手 第1幕)
2012/02/10の一品・・・1226)房総ワンデイハイク 印西市(8景目 栄福寺)
2011/02/10の一品・・・875)私的岩手通史の旅 第59回
2010/02/10の一品・・・640)白河だるま市2010 前夜祭
2009/02/10の一品・・・449)盛岡散歩 姫神山
2008/02/10の一品・・・175)栃木散歩 さくら市(五行川水源)


コメント

2714)師走の南部津軽 4景目(青森駅と善知鳥神社)

2018年02月08日 | 青森彷徨
 数年前に5万店に達し飽和状態と言われたコンビ二エンスストアですが、昨年末の時点で5万5千店が暖簾を上げています。その中でセブンイレブンは1月31日に2万店に達したそうです。2万店あれば売上第1位の店と第2万位の店があるのでしょうが、第2万位の店とはどのような店なのでしょう?訪れてみたいものです。



 「師走の南部津軽」の続き、本日はすっかり静かになってしまった青森駅からです。3本あるホームにあった売店やそば屋はすべて無くなってしまいましたが、跨線橋の途中にある売店や改札の外の店は1年半前と変わっていなかったです。


(朝日を浴びる前の青森駅 -青森市 2017/12/30-)

 その青森駅から伸びる商店街を東へ歩くこと約15分、善知鳥神社へ至りました。ここへ来たのは2度目ですが、1度目は6年半前で記憶に残っていないです。今回足を伸ばす予定ではなかったのですが、昨夜のニュースで「善知鳥神社で御子バイトが所作の指導を受けた」と報じていたので、何となくやってきた次第です。晦日ということもあり、神社前には多くの車が路上駐車。境内での新年の準備に追われていました。


(慌ただしい善知鳥神社 -青森市 2017/12/30-)

 何となく参拝がためらわれ、鳥居の前で合掌して青森駅へ戻りました。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/02/08の一品・・・2480)岩手彷徨 矢巾町(南昌山などなど)
2016/02/08の一品・・・2232)盛岡彷徨 滝の前広場(いわて雪まつり2015)
2015/02/08の一品・・・2022)岩手彷徨 滝沢市(こまちからの名峰)
2014/02/08の一品・・・1778)ちょっと隣県へ 秋田県大仙市(冬の桜バス停)
2013/02/08の一品・・・1571)盛岡冬夕 開運橋ライトアップ
2012/02/08の一品・・・1224)房総ワンデイハイク 印西市(6景目 仁王門)
2011/02/08の一品・・・873)私的岩手通史の旅 第57回
2010/02/08の一品・・・638)盛岡散歩 盛岡三十三観音(第23・24番)
2009/02/08の一品・・・448)岩手散歩 花巻市(江戸から500キロ)
2008/02/08の一品・・・173)栃木散歩 鹿沼市(医王寺)
コメント

2713)師走の南部津軽 3景目(新青森駅→青森駅)

2018年02月06日 | 青森彷徨
 週末に帰盛し、盛岡の隣の無人駅「上盛岡」で盛岡行の列車を待っていましたが時間になっても来ず、案内放送もなく(以前は有線放送で案内があったのですが)、指定券を持っていた新幹線に間に合いませんでした。一方、代替で乗車した新幹線は3分遅れて東京に到着したのですが、「3分遅れて申し訳ありませんでした」というお詫びの放送が乗客を出迎えました。この差は何なのでしょう?



 気をとりなおして「師走の南部津軽」の続きです。新青森駅からJR奥羽本線に乗って青森駅へ向かいます。列車は赤ワイン色をまとった3両編成。運転席後ろに立つと、雪の中を2本のレールが伸びていくのが見えました。今は穏やかな朝ですが、きっと私が来る数日前までは激しく雪が降ったのでしょう。


(雪の中を淡々と -新青森~青森駅間 2017/12/30-)

 数分すると側線が増え、青森駅の構内に入りました。新幹線開業後はローカル列車ばかりが行き交う青森駅ですが、構内で交差する線路の複雑さは往時のままなのでしょう。写真には写っていませんが、構内にはポイントで雪かきをする社員の姿が見えました。先月新潟県で除雪の遅れが批判されていましたが、こういう作業を黙々と務める人々には頭が下がる思いです。


(青森駅は晴れの中 -同上-)

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/02/06の一品・・・2479)盛岡彷徨 岩手山2017(山田線からー1景目ー)
2016/02/06の一品・・・2231)開業まで49日(すでに札幌方面)
2015/02/06の一品・・・お休みでした
2014/02/06の一品・・・1776)京都のお約束(5景目 清水寺子安塔)
2013/02/06の一品・・・1570)盛岡冬夕 櫻山神社とどんと焼き
2012/02/06の一品・・・1222)房総ワンデイハイク 印西市(4景目 松虫姫神社)
2011/02/06の一品・・・871)出発まで27日(一関駅)
2010/02/06の一品・・・636)岩手散歩 雫石町(いわて雪まつり)
2009/02/06の一品・・・お休みでした
2008/02/06の一品・・・171)餃子騒動の余波

コメント

2712)師走の南部津軽 2景目(新青森駅)

2018年02月04日 | 青森彷徨
 昨日は節分でした。スーパーでは豆よりも恵方巻の方が大々的に陳列されていました。節分といえば豆まきですが、恥ずかしながら岩手と関わりができてから10年経っておきながら、こちらの豆まきでは落花生を撒くということを初めて知りました。こちらでも歳の数だけ豆を食べるようですが、落花生の場合は1殻を1歳としてカウントするのでしょうか?



 「師走の南部津軽」の続きです。盛岡を8時に立った「はやぶさ95号」は63分で新青森へ。おりしも帰省のピーク日、仙台始発の列車ですが帰省客らしき人は多く、新青森駅新幹線改札口には「出待ち」の人が多数。再開を喜び合うと駅西の駐車場へ去ってしまい、新青森駅は静かになってしまいました。駅前は客待ちタクシーの姿だけです。


(雪に覆われた新青森駅舎 -青森市 2017/12/30-)

 新幹線が開業して7年。素人の評論の域を超えませんが、東北新幹線の駅が新青森となったことで、県の玄関駅が青森と新青森に分散してしまったように感じます。新青森駅前の閑散ぶりは開業当時と変わっていないのではないでしょうか。新幹線の駅を現青森駅に設けてから津軽海峡を越えることもできたのでは?と思うのですがね。


(新青森駅に飾られた凧 -同上-)

 北海道新幹線が開業して1年9か月ですが、津軽海峡を越える機会は次に回し、青森駅へ向かいます。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/02/04の一品・・・2478)盛岡彷徨 高松の池2017(氷結)
2016/02/04の一品・・・2230)風が北へ吹く前に 11景目(インバウンドベンダー)
2015/02/04の一品・・・お休みでした
2014/02/04の一品・・・1774)京都のお約束(3景目 清水寺三重塔)
2013/02/04の一品・・・1569)盛岡冬夕 旧岩銀本店
2012/02/04の一品・・・1220)盛岡散歩 石灯籠と岩手山
2011/02/04の一品・・・869)私的岩手通史の旅 第54回
2010/02/04の一品・・・634)盛岡散歩 盛岡三十三観音(第21・22番)
2009/02/04の一品・・・お休みでした
2008/02/04の一品・・・169)栃木散歩 大田原市(羽田沼)


コメント