風景居酒屋 ごじゃ満開

2011年03月11日14時46分、東日本大震災発生
(since 2007/8/15)。

2903)盛岡彷徨 盛岡八幡宮2019

2019年01月17日 | 盛岡彷徨
  横綱稀勢の里関が昨日(16日)引退を表明し、17 日の新聞で大きく報じられていましたが、この日の対戦相手となるはずだった錦木関は岩手県盛岡市の出身です。前頭上位の今場所は横綱・大関と総当たりなのですが、昨日現在で不戦勝を含んで4勝1敗。その1敗も横綱白鵬関を同体取り直しまで追い込んでいるのですから、序盤戦をいい状態で終えたと言えるでしょう。10日後にはどのような星で初場所を終えているでしょう?



 1年前の1月17日に、初詣で参拝した盛岡八幡宮を御覧いただきましたが、本日は今年の初詣での盛岡八幡宮でございます。昨年同様元日の夜に参拝しましたが、駐車場に入るまでは昨年より時間がかかりました。

 盛岡八幡宮の拝殿は左・中・右の3か所で手を合わせる事ができます。1列4人ですので、一度に12名が手を合わせる事ができますが、中央の列に並ぶ人が多かったです。中央で拝んだ方がご利益があるのでしょうか?行列が苦手な私は、短い右側の列に並びましたが。


(今年はお願いをシンプルに・・・ -盛岡市八幡町 2019/01/01-)

 初詣ですが「平成最後」です。昨年の予想?と異なりまだ新元号は決まっていません。どのような元号になろうと、内も外も穏やかであってもらいたいものです。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の1月17日・・・コチラ
コメント

2902)元旦の車窓から(南昌山は雲の中)

2019年01月15日 | 盛岡彷徨
 昨日は成人の日、総務省の人口推計によると今年は125万人が新成人となりました。昨年の新成人は123万人でしたので前年より2万人増えていますが、私が成人の日を迎えた1989(平成元)年の新成人は186万人ですから、今より60万人以上多かったのですね。「平成初の成人の日」から30年経ち迎えた「平成最後の成人の日」・・・何となく感慨深いものがあります。



 本日も元旦の東北新幹線車窓から。盛岡到着が間近となった車窓です。南昌山が見えるはずですが、雲に覆われてしまいその姿を見る事ができませんでした。雲の下はきっと荒天なのでしょう。


(初日を浴びる盛岡市南部 -盛岡市下永井 2019/01/01-)

 同じ盛岡市でも中央部とその周辺では気候が異なり、積雪量や気温に差を感じます。盛岡在勤時代の奉公先は盛岡駅近くでしたが、駅周辺は小雪でも中心からやや離れた住まいではもさもさ降っていたりしました。

 平成の大合併で旧玉山村が盛岡市と合併して以降、玉山での寒さや積雪が世の中的には盛岡市の気温や積雪として報じられてしまいます。同じ盛岡市ですが、在住者としては違和感がありますね。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


 過去の1月15日・・・コチラ
コメント

2895)盛岡彷徨 岩手山2018(山田線から-14・15・16景目-)

2019年01月03日 | 盛岡彷徨
 昨日今日とTV中継された箱根駅伝、CMに入る前に過去の大会の画像が数秒間流れますが、背景の風景や選手の服装に時代の変化を感じました。また長い歴史の中で総合タイムもどんどん短くなっているそうですが、今の大会の中継と過去の大会を同時に見られれば、総合タイムの短縮化や風景や服装の今昔が実感できそうです。



 本日は昨年の積み残しの風景から。毎度おなじみ「山田線からの北上川と岩手山」です。3枚ともほぼ同じ時刻なのですが、三枚三様の様相となりました。

 まずは約1ヶ月前の様子です。この日は快晴で岩手山も全容を見せてくれました。2018年の中でこれだけすっきりと見せてくれたことはあまりなかったと思います。


(相変わらず水量は少なめ -盛岡市材木町 2018/12/02-)

 その半月後は一転、厚い雲の下で北上川を渡りました。前回より半月分冬至に近づいていたこともあるのでしょう。


(前回と比べて寒々とした北上川 -同上 2018/12/16-)

 そして大晦日の岩手山と北上川です。この時は年末帰省に備えたのか2両編成でしたが乗客は10数人。閑散とした車内に乾いたシャッター音が響きましたた。


(前回と前々回の折衷のような天気 -同上 2018/12/31-)

 さて、2019年は何回御覧いただくことになるのでしょう?

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の1月3日は・・・コチラ
コメント

2885)盛岡彷徨 おもてなしイルミネーション2018

2018年12月18日 | 盛岡彷徨
 昨晩のニュースを見るまで、札幌市で発生したスプレー缶爆発事故を知りませんでしたが、札幌市はスプレー缶をゴミに出す際に穴を開ける必要が無いという事の方が驚きでした。「風通しの良い場所で穴を開け、中のガスを抜いてからゴミとして出す」と学んできたのですが、自治体によって違うのですね。スプレー缶に限らず同じゴミが自治体によって扱いが異なるというのは、幾度も引っ越ししてきた身には不思議でなりません。



 時季遅れの旅行話は終わりましたので、本日は今時分の風景から。盛岡駅滝の広場の「おもてなしイルミネーション」です。盛岡駅の冬のお約束ですね。いつから始まったか存じませんが、当店では2011年以降ほぼ毎年御覧いただいていました。

 こうして振り返ると2012年と2016年のみ御覧いただいていませんが、過去画像を探ったら2016年は撮っていました。2年前の事なのですが、ご覧いただくタイミングを逸していたのでしょう。


(昨年より控えめなイルミネーション)

2011年のおもてなしイルミネーション
2013年のおもてなしイルミネーション
2014年のおもてなしイルミネーション
2015年のおもてなしイルミネーション
2017年のおもてなしイルミネーション

 今年の「おもてなしイルミネーション」は昨年に比べるとちょっと控えめのように見えましたが、左右にはブースがあり、来年のラグビーW杯とJRを合わせた装飾がありました。
 

(そばっち達がラガーマンに)

 昨年も「控えめ」と書いていました。年々控えめになっていくのでしょうか?

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の12月18日は・・・コチラ
コメント

2870)盛岡彷徨 よ市2018終幕

2018年11月26日 | 盛岡彷徨
 大相撲11月場所は、小結貴景勝関が優勝して幕を閉じましたが、千秋楽の相手は岩手県出身の錦木関でした。個人的(岩手県民的?)には錦木関と大関高安関が勝ち、貴景勝関と高安関の優勝決定戦・・・という展開を期待していましたが、中々そううまくはいかないものです。しかし錦木関は前頭3枚目で勝ち越しですから、今朝の地元紙は大きく扱っていることでしょう。



 11月も下旬となり、先週は盛岡にも初雪が降りました(すぐ溶けたようですが)が、先週土曜日(11月24日)は盛岡の風物詩「よ市」の年内最終開催日でした。この日は行けませんでしたが、その前週に覗いてみました。・・・っていうのは昨年と一緒ですね(コチラ


(こんな灯篭?初めて見た気がします -盛岡市材木町 2018/11/17-)

 今年は何回行ったか覚えていませんが、昨年と異なり雨の中で訪れた記憶がありません。地ビールや山田産牡蠣の店といった行列ができている店には興味が無いので、一往復の間に牡蠣の串刺しを食べ、お煮しめや餃子、時には寄せ豆腐を買うというルーティンは変わりませんでした。毎年酒買地蔵尊例大祭と重なる土曜日があるのですが、その日は行けませんでしたね。


(月に照らされるよ市 -同上-)

 来年のよ市は4月6日が初日です。それまでは夕食のおかずに悩みそうです。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


 過去の11月26日は・・・コチラ
コメント