風景居酒屋 ごじゃ満開

2011年03月11日14時46分、東日本大震災発生
(since 2007/8/15)。

2903)盛岡彷徨 盛岡八幡宮2019

2019年01月17日 | 盛岡彷徨
  横綱稀勢の里関が昨日(16日)引退を表明し、17 日の新聞で大きく報じられていましたが、この日の対戦相手となるはずだった錦木関は岩手県盛岡市の出身です。前頭上位の今場所は横綱・大関と総当たりなのですが、昨日現在で不戦勝を含んで4勝1敗。その1敗も横綱白鵬関を同体取り直しまで追い込んでいるのですから、序盤戦をいい状態で終えたと言えるでしょう。10日後にはどのような星で初場所を終えているでしょう?



 1年前の1月17日に、初詣で参拝した盛岡八幡宮を御覧いただきましたが、本日は今年の初詣での盛岡八幡宮でございます。昨年同様元日の夜に参拝しましたが、駐車場に入るまでは昨年より時間がかかりました。

 盛岡八幡宮の拝殿は左・中・右の3か所で手を合わせる事ができます。1列4人ですので、一度に12名が手を合わせる事ができますが、中央の列に並ぶ人が多かったです。中央で拝んだ方がご利益があるのでしょうか?行列が苦手な私は、短い右側の列に並びましたが。


(今年はお願いをシンプルに・・・ -盛岡市八幡町 2019/01/01-)

 初詣ですが「平成最後」です。昨年の予想?と異なりまだ新元号は決まっていません。どのような元号になろうと、内も外も穏やかであってもらいたいものです。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の1月17日・・・コチラ
コメント

2902)元旦の車窓から(南昌山は雲の中)

2019年01月15日 | 盛岡彷徨
 昨日は成人の日、総務省の人口推計によると今年は125万人が新成人となりました。昨年の新成人は123万人でしたので前年より2万人増えていますが、私が成人の日を迎えた1989(平成元)年の新成人は186万人ですから、今より60万人以上多かったのですね。「平成初の成人の日」から30年経ち迎えた「平成最後の成人の日」・・・何となく感慨深いものがあります。



 本日も元旦の東北新幹線車窓から。盛岡到着が間近となった車窓です。南昌山が見えるはずですが、雲に覆われてしまいその姿を見る事ができませんでした。雲の下はきっと荒天なのでしょう。


(初日を浴びる盛岡市南部 -盛岡市下永井 2019/01/01-)

 同じ盛岡市でも中央部とその周辺では気候が異なり、積雪量や気温に差を感じます。盛岡在勤時代の奉公先は盛岡駅近くでしたが、駅周辺は小雪でも中心からやや離れた住まいではもさもさ降っていたりしました。

 平成の大合併で旧玉山村が盛岡市と合併して以降、玉山での寒さや積雪が世の中的には盛岡市の気温や積雪として報じられてしまいます。同じ盛岡市ですが、在住者としては違和感がありますね。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


 過去の1月15日・・・コチラ
コメント

2901)元旦の車窓から(福島盆地)

2019年01月13日 | 各地彷徨
 昨日の地元紙(岩手)も経済紙も一面トップは「毎月勤労統計の不適切問題」でした。過少支給1973万人というのは日本の人口の1割以上に影響ある話ですし、雇用保険や労災保険も絡むとなれば他人事ではありません。12年前の第一次安倍政権時代にも「消えた年金記録問題」がありましたね。今回の事象が政権にどれだけの影響を与えるか分かりませんが、「歴史は繰り返す」のでしょうか?



 本日は元旦の東北新幹線車窓から。福島盆地です。天気が良いと車窓にしきりとシャッターを切りたくなってしまい、この時もトンネルを抜けて入り視界に広がった初日を浴びる福島盆地に、カメラを向けてしまいました。


(初日を浴びる福島盆地 -福島市永井川 2019/01/01-)

 ところで年末年始といえば、帰省客の到着する駅やUターン客の発つ駅がテレビに登場します。昨年末は福島駅に到着した帰省客が映っていましたが、東京から福島まで「やまびこ号」でも1時間40分程で着いてしまいます。一方で東京から銚子までは特急でも約2時間かかります。仕事や学校のために千葉から東京へ移った人々の「帰省」が報じられないのは、世間一般での「帰省」のイメージに合わないからでしょうか?

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


 過去の1月13日・・・コチラ

コメント

2900)世界を待つ釜石(大震災から94ヶ月)

2019年01月11日 | 東日本大震災
 盛岡市内丸の県庁前に、2019年に開催されるラグビーW杯開幕までのカウントダウンボードが建っています。存在は以前から知っていましたが、元日にしみじみ眺めてみました。開幕は今年9月20日(金)で、元日時点で262日となっています。よく見ると1日を切った後は時間でカウントダウンをしていく造りになっています。


(今日は252日前・・・-盛岡市内丸 2019/01/01-)

 サッカーW杯は釜石市でも2試合が予定され、同市鵜住居(うのすまい)には「鵜住居復興スタジアム」がオープンし、W杯を待っています。元日の地元紙の別刷りでは見開きカラーで大きく扱われ、菜園の土産専門店ではラグビーボールを模したお菓子も販売していました。これから徐々に盛り上がっていくのでしょうか?ルールを知らない身では温度感も今ひとつですが。


(鵜住居復興スタジアム -新聞から拝借-)

 鵜住居地区は東日本大震災の津波で大きな被害を受けた地です。ラグビーW杯開催は「震災復興」と「ラグビーの町」が背景にあるのでしょう。色々な意見があると思いますが、今見聞きするのは歓迎と期待感一色です。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2018/01/11の一品・・・2697)寺院の再建(大震災から82ヶ月)
2017/01/11の一品・・・2466)冬の節電(大震災から70ヶ月)
2016/01/11の一品・・・2218)希望郷いわて国体冬季大会(大震災から58ヶ月)
2015/01/11の一品・・・2006)20年後は?(大震災から46ヶ月)
2014/01/11の一品・・・1759)全線再開カウントダウン(大震災から34ヶ月)
2013/01/11の一品・・・1550)秋刀魚・若布・牡蠣・・・(大震災から22ヶ月)
2012/01/11の一品・・・1196)もうひとつのクリスマス・イブ(大震災から10ヶ月)
2011/01/11の一品・・・851)南部藩中退旅行(はやて31号)
2010/01/11の一品・・・620)盛岡散歩 盛岡三十三観音(第10・11番)
2009/01/11の一品・・・432)岩手散歩 西和賀町(ドカンと一発カマドケシ)
2008/01/11の一品・・・145)山口県つまみ食い6 光市(普賢寺)
コメント

2899)岩手彷徨 雫石町(2018年末の岩手山2)

2019年01月09日 | 岩手彷徨
 複数の用務をこなすのに、久々に自転車に乗りました。ちょっと寒かったですが晴天下の自転車は仕事であっても気持ちの良いものでしたね。もっとも走行エリアがほぼ平坦だったのでそう感じたのかもしれず、アップダウンが激しかったら正反対の感想をしたためていたかもしれません。



 本日も昨年末の岩手山です。盛岡市西側の雫石町から見た姿です。国道46号線から外れ、北へ向かう途中での1枚です。時間は16時過ぎ、周囲はすでに日が陰っていおり、路面も再び凍りつつありましたが、岩手山は夕陽を浴びて映えていました。


(路面凍結を気にしつつの1枚 -雫石町長山 2018/12/30-)

 この場所は小岩井一本桜から比較的近いので行ってみたい気もしましたが、そこまでの道は昼間でも圧雪やアイスバーン状態なので、運転に自信の無い身はここからの眺めで満足するようにします。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


 過去の1月9日は・・・コチラ
コメント