とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

2015年8月31日

2015年08月31日 | よもやま話


「暑い!暑い!!」と言っていた8月も、
本日がラストデー。
本日、8月31日です。

いよいよ、明日から9月ですね。

今年の8月は、
後半から急に気温が下がり、
秋モードでした。

本日も、
朝から雨降りで、
肌寒い一日となりました。

9月も残暑に苦しむだろうと思っておりましたので、
何だかちょっぴり寂しい思いも出て参ります。

さて、
本日8月31日は、
年始から243日目にあたり、
年末まであと122日となりました。

まだまだ続く2015年と思っておりましたけれど、
もう三分の一が過ぎようとしております。
早いです。

8月31日は、野菜の日です。
やさい(831)からきます。

野菜を摂る事は、身体にとって大切です。
そして、
食べる順序も大切=「時間栄養学」だそうで、
野菜を最初に食べるのが良いそうです。
野菜の食物繊維が、
その後に食べる食材に含まれる糖分などの吸収を穏やかにしてくれるそうです。

明日の9月からも、
元気いっぱいに頑張って参りましょう!!


ーby事務長ー



 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。




とくおかレディースクリニック







コメント

子宝メッセージ 平成27年8月31日

2015年08月31日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   職場が多忙な業務の為、日にち指定で休みをとらないといけない事が、
   まわりの理解を得るまで辛かったです。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   直属の上司、周囲の先輩等に、正直に休む理由を話していました。
   その結果、ほとんどの方から理解して頂き、フォローして頂きました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   規則正しい生活を心掛け、ストレスをためないようにしました。
   平日の仕事の場では、出来るだけ周りの方々にご迷惑をかけないように仕事をし、
   休みの日には10キロ以上散歩するなどして、ストレス解消していました。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   休みの日の散歩や、平日は通院後にカフェに行き、
   楽しみを増やすようにしていました。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生をはじめ、スタッフの方々の迅速かつ丁寧な対応が、
   とてもプロ意識が高い事を感じました。
   また、院内はいつも清潔に保たれており、
   気持ち良く通う事が出来ました。
   スタッフの方々が、朝から、膝をついて床掃除をしているところを目撃し、
   そこにもプロ意識を感じて感動したのを覚えています。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   仕事を持っていらっしゃる方は、特にストレスがたまる事も多いでしょう。
   私自身、仕事がとても好きで頑張っていたので、
   休みをとる事も最初のうちは、かなりのストレスとなりました。
   しかし、一生のうちの数年、数か月と思い、
   その期間は少しだけ仕事から離れて、
   その分を、今後の楽しみに繋げるのだと思えるといいなと思います。
   
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   私自身、正直、子供は苦手だったのですが、
   生まれてから現在まで、本当に可愛く、愛おしく感じます。
   こんな感情が、自分の中にあったのだと知る事が出来ました。
   赤ちゃんは大変だと思っていましたが、
   大変さよりも愛おしさが強く、
   毎日一緒に過ごしているだけで幸せに思います。

 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

子宝メッセージ 平成27年8月30日

2015年08月30日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   注射の痛み。
   精神的な辛さはあまり感じませんでした。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   ここを我慢すれば、子供に会える!!と言い聞かせていました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   身体を冷やさない事。
   クリニックで処方して頂いた漢方薬を飲んでいました。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しい物を食べる。
   旅行に行く。
   主人と二人でとことん楽しむ。
   気分転換をした。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   やはり人気のクリニックだったので、安心感があった点。
   先生は勿論ですが、スタッフの皆さんがテキパキしていて、
   いろいろな所で安心して身をゆだねられる点。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   体も辛かったし、何故こんなにお金をかけないといけないのか、と
   悩んだ時もありましたが、その全てが吹き飛ぶくらい、子供が可愛く愛おしいです。
   なので、諦めずにとことん頑張ってもらいたいです。   
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   その節は大変お世話になりました。
   ご連絡が大変遅くなり申し訳ありません(汗;)。
   お蔭様で、息子は7か月、体重8,8kgです。
   病気知らずで、すくすく育っています。
   離乳食は2回になり、何でもモリモリ食べてくれます。   
   すこぶる元気な赤ちゃんです。

 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

子宝メッセージ 平成27年8月29日

2015年08月29日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   結果が出なかったこと。
   仕事の予定が立て辛かったこと。
   採卵の前や胚移植の前、気持ちが悪くなったこと(勿論、個人差があるそうです)。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   なるべく淡々と通院し、良かった事を数えるようにしました。
   在宅で時間の縛りの少ない仕事をしました。
   夫婦で何度も何度も話し合いました。
   気持が悪い時は、”つわり”の練習と、自分を励ましました。
   それでも苦しい時は、泣きました。
   枕を壁に投げながら、気の済むまで泣きました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   夫 : 減酒、禁煙。
   妻 : 元々楽しんでいたピラティスに加えて、リラックス程度のヨガ、
       体重管理の為のダイエット。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   治療の帰りに書店や喫茶店に立ち寄ったり、
   自由が丘でウィンドーショッピングをしました。 
   また、夫婦で出かけたことも、良い気分転換になりました。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   不妊専門のクリニックだったこと。
   先生は的確で、スタッフの皆さんは丁寧だったこと。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   既に頑張っていらっしゃる皆さんへメッセージなど、おこがましい思いもありますが、
   振り返ってみますと、あの頃、夫婦で話し合い励まし合った日々は、
   私達の絆を強くしてくれました。
   2人で出掛けたり、食事を楽しんだ事も、大切な思い出です。
   辛い中にあっても、どうか自分を否定したりせず、
   前向きに治療なさって下さい。   
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   娘が生まれて、間もなく8ヶ月になります。
   毎日、喜びを噛みしめております。
   一方、ふとあの時、子宝に恵まれなかったら、、、と思う事もあります。
   それでも、きっと、新しい人生の挑戦をしていただろうと思います。
   納得出来る治療を受けられた事が、人生を前向きに導いてくれました。
   感謝してもしきれません。有難うございました。   


 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

子宝メッセージ 平成27年8月28日

2015年08月28日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   仕事との両立。
   激務だった為、治療に通うのが本当に大変でした。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   体外受精にステップアップする為に退職しました。
   今までは、常に会社の事が頭にあり、
   待ち時間中いつもそわそわ時計を見ていましたが、
   退職後はゆったりとした気持ちで、治療を受ける事が出来ました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   会社を辞めた事。
   あとは、先生に言われた通り、お薬を服用し、
   とくおかLCで処方して頂いた漢方薬も飲み、
   ひたすら治療に通いました。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しい物をたくさん食べました。
   生理が来たり、注射が痛かった時は、
   自分へのご褒美に好きなスイーツを食べてました。
   (妊娠中は体重制限、出産後は母乳の為、好きなスイーツが食べられないので、
    食べだめしておいて良かったです。)    

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生がお一人で診て下さるので、治療にブレがなく、信頼出来て安心でした。   
   一番良い治療方法を提案して下さり、もたもたしていないスピード感も
   ちょうど良かったです。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   不妊治療を受けられる時代に、生きている事に感謝しつつ、
   先生やスタッフの方々を信じて頑張って下さい。
   辛い事も沢山ありますが、子供を授かると、
   それがみな良い思い出に変わります!!
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   元気いっぱいの6か月の女の子です。
   離乳食を美味しそうにもぐもぐ食べる表情が、びっくりする程、夫にそっくりで、
   見ているだけで幸せを感じます。
   目が離せない毎日ですが、日々成長していく娘を見ていると、
   いろいろあったけど、あの時、治療に専念して本当に良かったと、
   心からそう思います。   


 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

本日はJR山手線運行見合わせ

2015年08月27日 | よもやま話


本日、
8月27日、
恵比寿駅~目黒駅間のJR山手線で、
線路脇にあるケーブルの2か所が燃えるという事故がありました。

この影響で、
山手線は内回り・外回り、
それから、
埼京線と湘南新宿ラインも大崎駅~大宮駅間の上下線で、
1時間余りにわたって運転が見合わせとなりました。

1時間余りで復旧して良かったです。
通学帰りや通勤帰りの方々が悲惨な思いをせずに済みました。


ここのところ、
電車の運転見合わせが頻発しております 

大人は何とでもなりますが、
電車を利用して学校に通う子供達が巻き込まれたら可哀想です。

幾つかの通勤・通学ルートを把握しておかないといけませんね。

JR東日本では、
今月18日に東京・立川市の高架下のケーブルから出火。
今月22日に東京・中野区のJR中央線の線路沿いでも、
ケーブルカバーが焼けたそうです。
本日27日のケーブル出火で3件目です。

原因を早急に調べて欲しいですね。



ーby事務長ー
コメント

子宝メッセージ 平成27年8月27日

2015年08月27日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   結果が出ず、この治療が終わる日が来るのだろうかと思い悩むも、
   友人には相談しづらく、両親にも心配を掛けたくなくて、
   深く相談する事が出来なかったこと。  
   夫と2人で話し合う日々でした。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   結果が出なかった日の夕食は、夫と2人で好きなものをたくさん食べて、
   たくさん泣きました。
   簡単には気持ちのリセットは出来ませんが、それでも少しは前向きに、
   次に向かう気持ちになれました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   治療に関しては、もう先生とスタッフの皆さんに頼るしかないので、 
   淡々と病院へ通いました。
   リフレクソロジーも何度か受けて、身体を温める大切さを学んだので、
   一年中 腹巻をして、お腹を温め続けました。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   夫と旅行に出掛けたり、外食しました。
   友人と買い物に出掛けて、たくさん話をしたり、笑ったりしました。    

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生とスタッフの皆さんの治療に対する真摯な姿勢が素晴らしいと思います。
   スタッフの皆さんと接しても、皆さんとても親切で、キビキビと仕事をされていて、
   安心して通院する事が出来ました。   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   忙しい毎日の中で、続けて通院されている事自体、
   もう頑張っていると思いますので、
   あとは信じて淡々と治療を続けていって下さい。
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   現在、6か月になりました。
   前置胎盤の疑いがあり、無理のない生活を送っています。
   赤ちゃんは順調に育っています。
   胎動も感じられます。


   追伸 - その後、2,680gの元気な女の子を無事にご出産されました。
        まことにおめでとうございます。   


 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

東急東横線の運転見合わせ

2015年08月26日 | 皆様へのメッセージ

昨日、8月25日午後6時半頃、
東急線の線路の信号機や踏切等が誤作動を起こすトラブルがあり、
東横線と目黒線、多摩川線の3線が、
4時間弱ほど運転を見合わせました。

帰宅ラッシュと重なりましたので、約36万人の足に影響しました。

当院は、
東急東横線都立大学駅という まさに渦中の駅ですので、

18時台の診察にいらした患者さんの帰路が心配でした。

また、当職員の帰宅時間とも重なりましたので、
大丈夫だったか気になっておりましたが、
全員、無事に帰宅出来たようで何よりでした。


アメブロの方にも、
スタッフさん2名の帰宅状況をアップさせて頂きましたが、
こちらにも他のスタッフさん2名の帰宅状況をアップさせて頂きますね。





<東急線の運転見合せについて>


こんにちは。
検査部のHN:よつばです。

昨日は大変でしたね。

仕事を終えての帰り道、
改札に入らずに立っている大勢の方々を見て、
「あぁ、、、止まってるのか、、、」と、
ちょっとがっかりしながら電工掲示板を見たら、
「運転見合わせ」の文字。

これは、しばらく止まってるだろうと思って、
すぐ別ルートで帰ることを決断しました。

技術が発達し、便利になった反面、
1つエラーが起こると、
複数でエラーが起こってしまうことを実感しました。

常日頃、
エラーが起こらないよう、
また起こった際には対応できるよう、
対策をたてることが大切だと感じました。




<東急線の運転見合せについて>


みなさんこんにちは。
検査部のHN:ツバキです。

昨日は、
仕事終わりに電車に乗ろうとしたら、
東横線が運転見合わせになっていて、
一瞬戸惑ってしまいました。

そこで、
私はいつも使用している路線は動いているのかを、
すぐに調べました。

幸い通常運転だったので、
都立大学駅から自由が丘駅までの一駅分は、
徒歩で行きました。

このように、
突然の運転見合わせなどのアクシデントに備えて、
自宅から勤務先のルートを、
幾つか考えておく事が大切であると今回改めて思いました。




皆さんも、
このような事態になった場合、
幾つかの帰宅ルートを確保しておくと良いですね。



ーby事務長ー



 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。




とくおかレディースクリニック

コメント

子宝メッセージ 平成27年8月26日

2015年08月26日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   人工授精を三回やってもダメだった時。
   「ARTに行くしかないのかも。でもそれでもダメだったら。」と思ったら、
   暗闇に落ちていくような気がして、しばらく涙が止まりませんでした。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   夫婦一緒に国内旅行に行ったり、
   土日に美術館や動物園に行ったり、
   なるべく穏やかに楽しく過ごしました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   特にないですが、
   健康的な食事には気を使っていました。
   
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   Q2と同じです。    

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   徳岡先生がすごく忙しそうなのですが、毎回テキパキと状況を教えてくれたり、
   どれくらいのタイミングでどういうステップを踏むと良さそうかを、
   きちんと教えてくれるのが良かった。
   スタッフの皆さんが、親身に丁寧に説明してくれるのが有難かったです。   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   皆さん言うのですが、治療中は出口が分からないし、
   不安でいつまでやればいいのかも分からず、
   軽々しく励ますわけにもいかないなと思います・・・。
   でも、私は治療を受けて、本当に良かった。
   皆さんのところにも、良い結果が届けば良いなと心から思います。
                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   まだ産まれていないのですが、今のところとても順調で、
   子供のためのふくや家具を選んでいると、
   やっぱりしみじみと嬉しいなと思います。

   追伸 - その後、元気な男の子さんを無事にご出産されました。
        まことにおめでとうございます。
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました




 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。





ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント

あてはまったら要注意!!

2015年08月25日 | 社会人教育話


gooニュースに掲載されておりました
「あてはまったら要注意!!」の文字。

その内容は、
「親子共依存」についてのお話でございました。

「親子共依存」=「親子における依存症」とは、
特に最近始まったお話ではなく、
以前は「過保護」という言い方で表現されていたそうです。

親の愛情という言葉を借りて、
親の思いや意見を押し付け、
親の思い通りに子供を育てようとするかたちを言います。

「あなたの為に言っているのよ」という思いが、
子供の不幸の始まりなのだそうです。

ですが、
親本人は、”これが愛情なのだ!”と信じ切っています。

当院におかかりの方々は、
これからお子様を授かっていきたい方々ばかりなので、
このようなお話はピンとこないかもしれませんが、
実は、このような「親子共依存」はよくあるお話です。

結婚した子供を、
遠方からリモートコントロールしたがる親もいます。
自分の思うようにならないと、
必ず、
「嫁が悪い」「婿が悪い」となるのだそうです。

’親が支配者’になってしまっている構図です。


そこで、
gooニュースにありましたチェックリストが下記です。

●親子共依存チェックリスト

(1)子どもは親に秘密を作ってはいけないと思っている。
(2)子どものことは自分が一番よくわかっていると思っている。
(3)夫よりも子どもを大事にしている。
(4)子どもの希望に沿うことは、子どもを大事にすることだと思っている。
(5)自分の人生よりも、子どもの人生を一番に考えている。

全てに〇がついたママは、注意が必要なのだそうです。


「子離れ」よりも「親離れ」の方が、先にやってきます。
その際に、
親側も、すっきりと「子離れ」出来る覚悟を持って、
子育てしていきたいものですね。


ーby事務長ー



 スタッフが綴るアメーバブログ ↓


こちらも是非、ご覧下さいませね。




とくおかレディースクリニック



コメント