とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ 平成29年12月31日

2017年12月31日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   治療を始めればすぐにでも子宝に恵まれると思っていましたが、
   なかなか妊娠にいたらず、体外受精にステップアップした後も、
   すぐには結果は出ませんでした。
   妊娠の妨げになっていると思われる子宮ポリープの除去手術後の移植でも
   陰性だった時は、期待も大きかった為、とても落ち込みました。
   思わず看護師さんの前で声をあげて泣いてしまった事を思い出します。
   仕事との両立、高額な治療費、一生懸命治療に向かって努力していても
   結果が出ない事、このいずれもが体にも心にも響きました。
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   夫にいろいろと話を聞いてもらいました。
   夫も病院の日は必ず声をかけてくれ、労わってくれました。
   夫の支えがあったので、仮に治療がうまくいかなかったとしても、
   夫婦二人で仲良くやっていこうと思えました。
   事務長様が書かれた本も繰り返し読み、
   自分の治療への向き合い方について考えました。
   体外受精のステップアップに悩んだ時、
   「不妊治療は夫婦でこどもを迎えにいくこと」という言葉に背中を押されました。
   また、子宝メッセージも1号から全部読み、いろいろな方々の声に励まされました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   頻繁に仕事を休まなければならないので、
   職場の上司・部下には自分が不妊治療中であることを伝え、
   休むことについて理解していただきました。
   3回目の移植が終ってからは、病院の治療は少しお休みし、
   不妊治療専門の鍼灸院にしばらく通って身体を整えたあと、
   移植に臨みました(4回目の移植で陽性でした)。
   子宝に良いとされる食べ物(ルイボスティー、豆乳、ブロッコリーなど)を
   積極的に食べること、体を冷やさないようにすることを意識していました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   記念日には夫とレストランに行って、おいしいものを食べたり、
   子宝祈願もかねつつ、旅行に行ったりしました。
   疲れた時は、病院の帰りにカフェによることも良い気分転換になったと思います。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   とくおかレディースクリニックに出会っていなければ、
   今、このように我が子を抱くことはできなかったと思います。
   徳岡先生は常に明るく率直に診察してくださり、
   また、スタッフの皆様が丁寧に対応してくださり、
   安心して治療に臨める病院であることが、通院の大きな支えになりました。
   先生、スタッフの皆さまには感謝しても感謝しきれない思いです。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   治療に一生懸命取り組んでいらっしゃる皆様に、
   ただただ一日も早く子宝が授かるようお祈り申し上げます。
   疲れた時は少し休みつつ、
   御自身の選択を信じて、治療に臨んでいただきたいと思います。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   娘は6か月になり、寝返りもできるようになりました。
   毎朝、ニコニコと笑顔で起きてきます。
   移植の日に、モニターで見たあの小さな小さな命のもとが、
   お腹の中ですくすくと育ち、
   無事に産まれてきてくれた奇跡に感謝する毎日です。 
   私たち夫婦のもとに来てくれたこの命を大切に守り、
   愛情豊かに育てていきたいと思います。  

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年12月30日

2017年12月30日 | 不妊



当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   いつがゴールなのかが見えない。
   1人目を授かりたい時とはまた違う悩みとしては、
   上の子を預けるのに、予定がたたないこと。
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   前に進むしかないと思い、
   取り敢えず、今出来る事は全てやりきりたいと思いました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   とにかく通院すること。
   信頼できる徳岡先生とスタッフの方を信じて、
   赤ちゃんが来てくれることを夢見て。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   ダメだったら、はい次!というように、たんたんとこなすようにした。
   考えたところで良い結果が出るわけではないので、だったらポジティブに(^^♪   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   3人の赤ちゃん、子供達を授かれたこと。
   感謝してもしきれません!!

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   とても辛いと思います。
   不妊治療をしたことがない人には分からない事がたくさんあると思います。
   でも、今できること、今しかできないことはいっぱいあります。
   先送りしてもいいことはないと思うので、
   たんたんと業務をこなすように通院することが一番期分の上下がなくて、
   自分も楽だと思います。
   頑張って下さい!(^^)!

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   2歳違いの2人のお兄ちゃん、今回無事に産まれた初めての女の子。
   とてもとても大変だけど、この上ない幸せでいっぱいです。
   とにかく元気にすくすくワイワイと育ってくれたら嬉しく思っています。
   もう一つ贅沢を言えば、もう1人欲しいです。


    

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

とくおかレディースクリニック 仕事納め

2017年12月29日 | Weblog


今年も残すところ3日となりました。
早いものですね。

本日、
12月29日はとくおかレディースクリニックの診療納めとなります。

日本企業の多くは、
12月29日が仕事納め・1月4日が仕事始めとなるそうです。

という事で、
とくおかレディースクリニックも、来年の1月4日が診療始めとなります。

本年もご愛顧を有難うございました。

本年度は高い妊娠率をキープして参りましたので、
来年度も引き続き高い妊娠率をキープし、
本年度以上の成績を修めて参りたいと存じます。

来年も多くの方々に「子宝」という福音をもたらす事が出来ますよう、
院長はじめ職員一同頑張って参ります。

皆様、
29日30日31日と、
2017年の残り3日間を大切に過ごして参りましょう。


ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年12月29日

2017年12月29日 | 不妊




当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   なかなか結果が出なく、先が見えない事。
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   我慢しました(笑)。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   仕事をやめてストレスをなくす。
   ホットヨガに通って身体を温める。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   治療の後にカフェに行ったり、自分の好きな事をする。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生をはじめ、スタッフの皆さんがとても親切で頼りになりました。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   先が見えないので、不安だと思いますが、
   先生が何かしらの方法を考えて下さるので、
   信じて頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   暫く悪阻で苦しみましたが、現在はかなり落ち着きました。
   今は実家に帰っています。


 - 追申 - その後無事に37週4日にて、
        2860gの元気な女の子、2434gの元気な男の子をご出産されました。
        まことにおめでとうございます。   

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年12月28日

2017年12月28日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   治療に伴う時間の確保。
   時期的に仕事が忙しかったのですが、可能な限り、スケジュール調整したり、
   採卵時等は事前に上司に休暇申請をして、時間確保に努めました。
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   妊娠判定時に陰性だったりと結果が伴っていない時もありましたが、
   くよくよ考えず、前進している意識を持って、
   先生やスタッフの方を信じて通院していました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ・夫との気持ちの共有。
    自分達夫婦は今後、家族の形をどうしたいのか、いつまで治療を続けるのか等、
    たくさん話し合いました。
   ・なるべく、日々、ストレスを溜めない様、頑張り過ぎない様に過ごしました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   3年前にとくおかLCで授かった娘の寝顔に癒されたり、
   良くも悪くも仕事だったり。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生やスタッフの方のスキルの高さ、仕事に真剣に取り組む姿勢。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   辛い事など様々あるかと思いますが、ストレスを溜めないよう、
   ご自分を第一に考え頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   9ヶ月目に入りました。
   妊娠初期には出血があったり心配しましたが、
   1センチにも満たなかった赤ちゃんに間もなく会えるワクワクを楽しんでいる日々を
   過ごしています。
   2人の子供を授けて頂けて本当に有難うございました。


 - 追申 - その後無事に41週1日にて、3404gの元気な男の子をご出産されました。
        まことにおめでとうございます。   

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年12月27日

2017年12月27日 | Weblog


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   ・過度な期待はしないでおこうと思っているのに、リセットしてしまったら落ち込んでしまう事。
   ・親友の妊娠が嬉しくておめでたい事なのに、なかなか会えなくて気を遣わせてしまった事。
    (なのに、後に私の妊娠を自分の事のように一番喜んでくれました)
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   ・とにかく自分の気持ちに正直に泣きたい時はたくさん泣く、我慢しない。
    そうすると、そこまで夫との間に赤ちゃんが欲しいのだと再認識出来る事で、
    「今だって十分幸せなんだな」と前向きになれた。
   ・最初にゴール設定していた(38歳スタートだったので、41歳の誕生日まで。予算は300万)
    ここまできたら終わりに納得できると信じて治療を進めた。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ・葉酸・ウォーキング・靴下を夏場も履く。
   ・鍼、灸。
   ・バランスの良い食事(飲酒はたしなむ程度にする)
   ・早寝早起き
   ・結果(妊娠)が出なくても、自分の健康に良い事だと思えば楽しく実践出来た。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   ・クリニックの帰りにはお茶や甘いものを食べて「ご褒美」を用意した。
   ・どうしても考えてしまう性格なので、親しい友人には治療をしている事を伝え、
    話を聞いてもらっていた。
   ・「今だけしかない夫婦だけで楽しめるデート」と夫と思うようにして、
    2人の時間を楽しんだ。   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   ・徳岡先生の性格でスピーディな治療方針と技術。
    (最初から期限を決めて治療をしようと決めて、病院探しをしていたので、
     まさに徳岡先生の進め方が自分にはピッタリでした)
   ・スタッフの方々の真剣さと笑顔(待合室にいる事、通院する事自体が楽しかったです!)  

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   「こんな自分だから赤ちゃんが来てくれないんだ」と落ち込んだ事もありました。
   が、どんな自分でも治療を諦めてしまえば叶うものも叶わない事もあるかもしれません。
   徳岡先生に身体の事はお任せして、毎日頑張っているご自身をたくさん褒めて下さい!
   読んで下さった皆様に、可愛い赤ちゃんがどうか授かりますように。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   陣痛から出産まで37時間の長丁場でした。
   ですが、不妊治療で経験出来た痛みや辛さを力に変えて、無事に出産する事が出来ました。
   我が子は大泣きしても可愛くて仕方ないです。
   小さな身体を抱きしめる度に幸せを感じています。   

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

育ちゃん こと 山崎育三郎さん

2017年12月26日 | Weblog


我が家では、山崎育三郎さんの事を「育ちゃん」と勝手に呼んでおります。

歌うプリンス・山崎育三郎様を「育ちゃん」などと気安く呼ばないで!
とファンの方々は思われてしまいますね。



山崎育三郎さんの歌声は、とても綺麗です。
本格的な声楽家です。

遅ればせながら、昨晩、「FNS歌謡祭」のビデオを拝見しました。
歌うプリンス・育ちゃんの歌声も聴きました。
一度、育ちゃんの舞台を拝見したいものと存じます。



私が、山崎育三郎さんを知ったのは、歌からではなく、
「下町ロケット」というドラマからです。
あの真野賢作という役柄がインパクトが強くて、
憎々しい役柄にピッタリの表情や演技をされていて、
その姿は歌うプリンスとかけ離れておりました。

ですので、そういう役が得意な役者さんなのだなと思っておりました。
もうかれこれ2年も前のお話です。

その感想を、昔のアメブロに書かせて頂きました。
  クリックすると飛びます 
こちらのブログの育ちゃんの表情をご覧になられて下さいませ。
すごい表情をされておられて、まさに真野賢作そのものです。

gooブログでも感想を書いております。
  クリックすると飛びます 

ところが、どっこい、
テレビに出る役者さんというだけではなく、
ミュージカル界の歌うプリンスだったわけです。
ミュージカルは大好きなので、
おっと、どっこい、
と驚きました

そこから注目してきての今日です。
奥様は安倍なつみさんで、お子様もいらっしゃるパパです。

今後のご活躍が楽しみですね。



ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

クリスマスに届いたお年賀状

2017年12月25日 | Weblog


本日2017年クリスマスです。



今年のクリスマス12月25日は月曜日です。
今年も残すところ一週間となってしまいましたから、
(来週の月曜日は2018年元旦なんですね!!!
やり残しのないように過ごして参りましょうね。

本日のクリスマスにお年賀状が届きました。



郵便局の方、これは、あまりにも痛いミスだと思います。
「痛恨」・・・この一言に尽きます。
どんなにお忙しかろうと、
葉書を見れば、これがお年賀状なのか普通の葉書なのか分かるはず。
分かる為に、お年賀状は全体が赤色になっている訳ですから。

お届け下さった方には、何も伝えません、可哀想ですから。
年初めの御挨拶が年末に届いてしまった訳ですから。

ですが、貴重な体験をさせて頂いたとも思います。

そして、
きちんと早めに年賀状を投函されておられていて、
とても偉いなぁ!!と心から感服した次第でございます。
かなりお忙しい御方ですのに、
計画的に事を進めておられる事の顕れです。
日本の御挨拶を的確な時期に遂行されておられるのです。

私などはまだ手を付けておりません、、、
いつもこの時期を過ぎた頃から焦り始める事となります。
見習わなくてはいけません。

先日は、正しい住所番号を書いたにも関わらず、
「宛名が見当たりません」と、すぐに戻ってきてしまいました。
何度も確認しましたが、住所番号の記載に間違いはありません。
どなたが配達されたのだろう?
病院名も書いてあるのに、なぜ分からないのだろう?
住所は絶対に間違っていないのになぜ戻るのだろう?
、、、と思いました。



郵便局は、年末年始、相当お忙しい期間になられると存じます。
年賀状が投函され始めた時期から、もうお忙しい期間に入っている事でしょう。

無料で運んで頂戴ね!とは申しておりません。
きちんと切手を貼って出しているのですから、
やるべきお仕事は抜かりなくやって欲しいと切に願っております。

皆様、2017年の残り1週間を大切に過ごして参りましょう。


ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

12月のラボ便り

2017年12月25日 | ラボ便り


12月のラボ便り


皆様、こんにちは。

今回のラボ便りでは、「受精卵の成長について」お話致します。


受精卵は、最初は一つの細胞です。
一つが二つに、二つが四つに、、、というように、
段々と細胞が分割して成長を進めていきます。
(必ず偶数で分割していくというわけではありません。
一つの細胞が先に分割し、その少し後にもう一つの細胞が分割する、ということもあります。)
最初の分割は、卵子側の力で分割すると言われています。
分割が進んでいくにつれ、卵子と精子が合わさった、受精卵自身の力で分割をしていきます。

この分割した細胞の事を、割球と呼んでいます。
8個の割球がある時期(8細胞期)までは、
この割球一つ一つの遺伝子は全て同じと言われています。
「この割球は将来心臓になる」「この割球は将来骨になる」というような未来が決まっておらず、
何にでもなれる可能性がある細胞なのです。

8細胞期以上に分割が進んでくると、
今度は一つ一つの割球が強く接着するようになります。
この現象を、コンパクションと呼んでいます。
コンパクションが進むと、割球同士の境目が判別しにくくなります。
この状態の受精卵は、植物のクワの実のように見えるので、桑実期胚と呼びます。

この時期になると、割球一つ一つが全て同じというわけではなく、
胚の外側に位置した割球が将来胎盤になる細胞(栄養外胚葉)になり、
内側に位置した割球が将来胎児になる細胞(内細胞塊)になります。

受精卵の中には、分割は進んでもコンパクションを起こさないものもあります。
そのような受精卵は、やがて分割が停止してしまい、妊娠には至りません。
コンパクションは、受精卵の成長の中でとても大切な現象なのです。


順調に成長した桑実期胚は、栄養外胚葉から内側に向けて液が分泌され、
受精卵の中に水溜りの様なものが出来ていきます(胞胚腔)。
この時期の胚を、胚盤胞と呼びます。
この胞胚腔が段々と広がっていき、受精卵は拡張と収縮を繰り返しながら、
受精卵の殻である透明帯を破り、やがて透明帯から脱出します。
脱出した状態で、子宮の内膜に着床するのです。


とくおかLCラボstaffより



「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

本日2017年クリスマスイヴ

2017年12月24日 | Weblog


早いもので、2017年もクリスマスイヴを迎えました。
今年のクリスマスイブは、日曜日です。
昨日23日の天皇誕生日が土曜日となりましたので、
今年は23日・24日の土日が連休となりました。

飲食産業やサービス産業等と同様、
医療もカレンダー通りに休む事は出来ませんね。

本日も、院長と採卵スタッフメンバーは、
朝から採卵手術でお仕事です。

クリニックの窓から見えます近所の本田病院の前には救急車がとまり、
緊急搬送の患者さんが本田病院にお入りになりました。
ご近所の病院も休みなくフル稼働されておられます。

カレンダー通りに休める方、
カレンダー通りに休めず仕事をされる方、
職種によって様々ですね。

当院にとって有り難いのは、
休日や祝日に採卵手術が入っても、
「患者さんの為に喜んで!!!」
というプロ意識とホスピタリティを持ったスタッフ達に恵まれたという事です。

プロ意識って大切ですね。
医療ですから、溢れるホスピタリティーもとても大切です。
自分の仕事に誇りを持って思いを込めて頑張るのか、
働かされていると思って不満を持ちながら頑張るのか、
大きな違いがあります。

部署のチーフが「働かされている」と思って不満を言いながら仕事をしていると、
その部署の部下は伸びず続かず、、、
続いたとしても、同じようにいつも不満を言って仕事をするという悪循環となります。
不満を持つと、人間は無意識に必ず誰かを敵とみなします。
常に敵意を含んだ言動をしてしまいます、それも無意識に、、、です。

部署のチーフがプロ意識を持って自らの意思で仕事に臨んでいると、
自ずとその部署の部下にもプロ意識が芽生えて、仕事が楽しくなり能力も伸びます。

院内に流れるクリスマスのBGMも、本日と明日までか、、、
などと思いながら、本日の採卵手術を見守っております。

皆様、
2017年のクリスマスイヴ、クリスマスも充実された日々でありますよう。

昨年書きました「クリぼっちあるある!!」もどうぞお読み下さい
   クリックすると飛びます



ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます

コメント