とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

横綱・日馬富士引退届提出と、、、

2017年11月29日 | Weblog



大相撲の横綱・日馬富士(33歳:伊勢ヶ浜部屋)が、
11月29日に、日本相撲協会に引退を届け出たそうです。



秋巡業中の10月、
鳥取市内の飲食店で、幕内・貴ノ岩(27歳:貴乃花部屋)に暴行を加えた問題がありました。
その責任を取っての引退届だそうです。

とても厳しい処分となってしまいました。
やはり、品位ある横綱の暴力事件というものが大きかったのでしょう。

日馬富士は、2001年初場所にて「安馬あま」のしこ名で初土俵、
2008年九州場所後に大関昇進を果たし、しこ名を「日馬富士」に改め、
2012年秋場所後に第70代横綱に昇進。







他国からやってこられて、厳しい相撲の世界で闘い、
横綱の地位にまで上がってくるのは並大抵の努力や忍耐ではやれません。
相当努力されての今日だった事でしょう。

その日、鳥取市内の会合に行かなければ、
その日、体調が悪くてお酒を謹んでいれば、
その日、貴ノ岩が欠席していれば、
その日、自分でない誰かが怒り心頭となり抑えにまわっていれば、、、等々、
何かの一瞬で運命が変わってしまう事ってありますよね。

まさに「後悔先に立たず」です。

一瞬で運命が変わってしまう、、、
事故や事件などはその典型だと思います。

ただ、品位ある横綱が暴力をふるってしまった事は事実ですから、
他の誰かに仕組まれたわけでなければ、、、
仕方のない方向性だったのだと思います。

伊勢ヶ浜部屋の親方やおかみさんは、子供と同じ思いで育てて来られた訳ですから、
今回の問題は、当人以上にショックが大きかったのではないかと思います。

何だか寂しい展開となりました、、、。





ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

肺ストレッチ

2017年11月29日 | Weblog


「肺ストレッチ」って聞いた事ございますか?

「肺ストレッチ」がカラダに良いと耳にしました。
それまで「肺ストレッチ」という単語を聞いた事はありませんでした。


自分の意思で動かせるものが随意神経(ずいいしんけい)、
自分の意思で動かせないものが不随意神経(ふずいいしんけい)
というのだそうです。

心臓や膵臓、肝臓、腎臓や胃、腸などの内臓は、
自分の意思で動かしたり止めたりする事は出来ません。
寝ている時も、自分の意思とは関係なく動いています。
それはそれで、とても有難い事ですね。


「ストレッチ」は、随意神経が働いている部分を伸ばす事を言います。
腕や足、肩、腰、胸など、随意神経が働いているので、
自分の意思で伸ばしたり縮めたりできます。

内臓など不随意神経が働いている部分は伸ばす事は出来ませんが、
その内臓の中で、
たった1つ、動かせる器官があるそうです。
それが「肺」。
肺は横隔膜や肋間筋の働きによって随意運動が出来る組織です。


「肺ストレッチ」とは、意識して肺を使って呼吸をする事を言います。
ピラティスの呼吸法としても知られる「胸式呼吸(きょうしきこきゅう)」です。

胸式呼吸をすると、肺胞まで酸素を届ける事が出来ます。
肺胞まで酸素を届ける事が出来れば、
血液中の酸素が増えて、細胞も神経も元気になります。
疲れにくい身体になる事が出来ます。

意識して深い呼吸をして参りましょう。
ただそれだけなのです。
それが「肺ストレッチ」。
簡単ですから、今から出来ますね。

この冬も風邪などひきませんように!!


ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年11月28日

2017年11月28日 | Weblog


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   不妊治療を受ければ妊娠出来ると思っていた自分の甘さに気付いた事。 

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   ホットヨガを始めて、週に2回通った。


Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ホットヨガで汗をたくさんかいて、流れた汗の分、気持ちを軽くした。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   ホットヨガ。なぜかそれのみ。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   タイミングで授からず、次のステップを勧めて下さり、
   人工授精でも授からず、その次のステップを勧めて下さり、
   これで終わりじゃないよ!という道案内をきちんとして下さった点。
   最終的に、体外受精に進んで1回目の胚移植で子供が出来た点。
   先生の信念と技術。
   無駄のない治療。
   スタッフ皆さんの信念と優しさ・思いやり。
   クリニック内で受けられる子宝鍼。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   自分が不妊治療を受けなければ子供を持つ事が出来ない人間だと思っていませんでした。
   まわりが次々に妊娠していく中、何で自分だけ出来ないのだろうと落ち込んできました。
   でも、今は、高度生殖医療が確立されていて、安心して受ける事が出来ます。
   考え過ぎて落ち込んだりしないようにして、前向きに頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   娘は生後半年になりました。
   願って願って出来た子供なので、本当に愛おしいです。
   おぎゃーと生まれる前の受精卵の時から知っている=見ているので、
   生命の神秘を実感して育てています。
   本当に有難うございました。
   
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年11月27日

2017年11月27日 | 不妊



当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   ・まわりの友達は次々に妊娠しているのに、私はなかなか出来なかったこと。 
   ・会社で「子供は若いうちに作っておいた方が良い」などとよく言われたこと。
   ・正社員で仕事をしているので、上司や先輩に言いたくなかった為、
    平日は休む事が難しく、体外受精になかなか踏み切れなかったこと。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   上司に不妊のことを伝え、今後、治療のために平日は休みをもらうことが多くなると相談したこと。
   みんな、理解を示してくれて、
   「辛いことは他人に話して共有すれば良い」
   「仕事の負担を軽くしようか?」
   「うち(上司)もなかなか出来なかったんだよ」
   「仕事のことは気にしなくて良い」などと言ってくれて、自分の中の心のつかえがとれた。


Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ・食事に気を付け、ジムに通い、体力づくりをした。
   ・子宝専門の鍼灸院に通った。 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   主人と旅行に行ったり、美味しい物を食べに行った。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   とくおかレディースクリニックに通う前に、別の病院に通っていたが、
   その先生は治療方針を先生が導いてくれるのではなく、患者に任せる感じで、
   素人の私にはどうしたら良いか分からなかった。
   待ち時間はとても長いのに、診察はとても短く、あまり内容のある診察ではなかった。
   しかし、徳岡先生は、私が少しでも早く妊娠できるようにスケジュールを組んでくれて、
   体外受精1回目ですぐに妊娠することができたことと、
   クリニック内の役割分担が完璧にできているため、待ち時間も少なくストレスにならなかったこと。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   子供が欲しいと思ってから7年経ってからの妊娠です。
   なかなか妊娠できないことを他人に隠していた時期が一番辛かったです。
   しかし徳岡先生に出会えて、今までの辛かった日々を忘れ、前向きにクリニックに通うことができました。
   結果的には不妊治療をしていた期間は、ただ辛いだけのものではなく、
   主人との絆を深めることができた決して無駄な時間ではなかったと思います。
   私は、徳岡先生に本当に感謝しています。
   人それぞれ事情が違いますので一概には言えませんが、あまり「不妊治療」だと思わずに、
   軽い気持ちでクリニック通った方が、気持ちも楽でストレスを感じないと思います。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   現在22週に入りました。
   赤ちゃんは432gになり、胎動を感じる度に愛おしく思います。
   男の子だということが分かったので、名前を考えたりして楽しんでいます。
   フルタイムで仕事をしているので、疲れやすく外食をすることも多いですが、
   なるべくお腹の赤ちゃんのために、自炊できる時は栄養のあるものを食べるよう努力しています。
   来年の出産に向けて、体力をつけたりしながら、マタニティ生活を楽しんでいます。


 - 追申 - その後、無事に41週2日にて、2770gの元気な男の子をご出産されました。
        まことにおめでとうございます。

   
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年11月26日

2017年11月26日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   辛い事は色々ありました。
   なかなか卵が育たない、そしてやっと採卵できても受精しない、、、
   やっと受精卵を戻しても結果が出ない、、、など。
   仕事との時間のやりくりなども大変でした。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   次がある、など前向きに考える様にしました。


Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   葉酸を飲んだり、ランニングをしたり、体を温めるなどしました。 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しい物を食べに行ったり、映画を観たり、旅行に行くなど、
   楽しい事をしました。
   

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生、看護師さん、受付さんなどのスタッフの皆様が、とても頼れる方々で、
   安心していられました。
   皆さんがとても優しくして下さるので、通うのが辛くありませんでした。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   治療の終わりが見えない、
   いくら頑張っても自分の力ではどうにもならない事だらけですが、
   頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   2回流産をした為、授かった後も、無事に産まれるまではドキドキでした。
   産まれてからは大変ですが、赤ちゃんがいる毎日をエンジョイしています。
   毎日があっという間に過ぎています。
   本当に有難うございました。   

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年11月25日

2017年11月25日 | 不妊



当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   ・治療と仕事の両立(急に休みや遅刻、早退が起きるため)。
   ・終わりがないのではないかと不安に思うこと。 

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   ・治療を始める際、上司に報告、相談。
   ・同僚にも、通院のため早退する旨を伝え、理解を求めた。
    その為、今まで以上に、仕事を一生懸命にやる!!
   ・夫婦でよく話し合った。
    いつまで頑張ってみようetc...
    子供が出来なかった際、養子をもらうかetc...
    子供がいなくても2人で楽しく暮らそうetc...


Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ストレスを溜めないようにした。
   落ち込みそうになったら、自分を甘やかしたり、
   食事も体に良い物をと無理せず、たまには甘い物や好きな物を食べたりした。 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   夫婦2人でしか出来ない事を楽しんだ。
   (映画、旅行、高級レストランでの食事など)

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生もお忙しいし、混んでいる時間は混んでいるし、看護師さんもクールな方が多いが、
   治療に真剣に取り組んで下さったと、とても感じ入った。
   時には、厳しいと感じる対応も、子供を授かれる様にという、先生方の優しさだと思いました。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   頑張ったから結果がついてくるという事ではない事がとても辛いと思います。
   私はそう思ってました。
   でも、きっと良い結果が付いてくると信じて、頑張り過ぎず頑張って下さい!!

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   体外受精にステップアップする時に、何となく躊躇する気持ちがありましたが、
   (こんな人工的な、、、という気持ち)
   今、我が子をこうして授かる事が出来て、経過よりも結果が大切だと心から感じます。
   毎日、幸せを感じます。
   本当に有難うございました。
   
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

本日11月25日

2017年11月25日 | Weblog


早いもので、あと1ヶ月後はクリスマスです。
クリスマスの12月25日は月曜日となりますが、
24日のクリスマスイヴは日曜日ですね。





2017年も残すところ1ヶ月と少しとなりました。

毎日毎日を充実させて過ごして参りましょうね。





風邪が流行って参りましたので、
皆様、どうぞお身体を大切にされて、
より良き年末をお過ごしになられて下さいませ。





ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

子宝メッセージ 平成29年11月24日

2017年11月24日 | 不妊




当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   不妊という現実を突きつけられた瞬間が辛かった。 

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   落ち込んで泣いている場合ではないと思ったので、
   とにかく当たって砕けろ!で取り組んだ。


Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   不妊治療に没頭した事。 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   仕事に没頭した事。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   しっかりと詳しい検査をして下さり、現実を知らしめて下さった事。
   同じ方向を向いて、一緒に走行して下さった事。
   こちらが弱音を吐かないような体勢でしっかりとフォローして下さった事。
   システマティックな治療。
   子供を三人も授けて下さった技術と精神的フォローが良かった事。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   とくおかLCで子供を三人授かりました。
   第一子は人工授精4回目、
   第二子は体外受精初回、
   第三子は第二子の時に凍結していた受精卵の初回移植戻しで。
   医療を用いないと子供を授かる事が出来ない身でしたが、
   こうやって三人の子持ちになる事が出来ました。
   人生って何が起こるか分からないので、起こしてみないとダメなのだ思います。
   不妊治療で培った精神力はその後に役立ちますから、凹まずに頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   三人の子供がいる生活は、毎日が忙しくて大変ですが、充実しています。
   こんな日が来るとは想像していませんでしたが、やるだけやって良かったです。
   これからはこの三人を力強く育てていきます。
   徳岡先生ととくおかLCのスタッフさんと出会えて、本当に感謝しています。
   ありがとうございました。
   
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

本年度は「殺人インフルエンザ」が猛威をふるうらしい

2017年11月23日 | Weblog


皆様、
インフルエンザワクチンの予防接種はお済みでいらっしゃいますか?

今年度は、インフルエンザワクチンが不足している為、
当院でも例年通りの予防接種がままならない状況でございました。
それでも、定期的に少しづつワクチンが入荷しておりますので、
しっかりと常備している状況となっております。
皆様には、ワクチンが入荷しましたらお声掛けしておりますので、
常備しているうちにどんどん接種されて欲しいと存じます。



なぜなら、高齢者や乳幼児同様に、
妊婦さんになると抵抗力や免疫力が落ちてしまうからです。
予防出来るうちに、しっかりと予防して頂きたいと心から思います。

ワクチンが少ない状況に追い打ちをかけるが如く、、、
今冬は例年以上に警戒を強める必要がありそうです。
南半球で猛威を振るった「殺人インフルエンザ」が、
日本でも流行るという予想が出ました。



現在、オーストラリアでインフルエンザが大流行しています。
豪政府の統計によりますと、
9月末段階で19万5312人が罹患され、
417人が亡くなられておられます。

前年同時期のオーストラリアでのインフルエンザによる死亡者は65人。
今年は、既にその6倍を超える死者が出ておられるそうです。

これは異常事態と受け取らざるを得ないでしょう。

亡くなられた方の多くは香港A型の一種である「H3N2亜型」に罹患していたそうです。
今回の「H3N2亜型」は、人に対する病原性が強いです。
特に、
免疫力や抵抗力の弱い高齢者や乳幼児、
そして妊婦さんを重症化させやすいことが指摘されている型となります。

南半球で流行したインフルエンザは、
その半年後に北半球で流行する傾向が見られるそうです。

ですので、皆様、インフルエンザワクチンがある時に、
どうぞ早めにきちんと予防接種を打たれて予防されて下さいませ。


(( 重要 )) 添付写真にもございますように、今年度のワクチンには、
         きちんと「H3N2」が加味されておられます。
         是非、奥様もご主人様もインフルエンザワクチンで予防されて下さい。
       
当院におかかりでない方でもお受け頂く事が出来ます。







ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント

2017年大相撲九州場所、、、大変、、、

2017年11月22日 | Weblog


2017年の九州場所ですが、
横綱・日馬富士が暴行事件で年内に立件されるかどうかの窮地に陥り、
九州場所3日目から休場となりました。

横綱・鶴竜は、九州場所初日から休場されておられます。

そこへきて、
横綱・稀勢の里が、本日21日から休場する事となりました。
稀勢の里は、5敗目を喫した20日(昨日ですね)に、
「腰部挫傷、左足前距腓(きょひ)靱帯(じんたい)損傷で約1カ月の安静加療を要する」
と診断されたそうです。

9月の秋場所に続きまして、
4横綱中3横綱が不在になってしまいました。

横綱・日馬富士と貴ノ岩の暴力沙汰事件も世の中を騒がせておられますし、
今後の大相撲の方向性が心配な今日この頃の相撲ファンの一人でございます。



ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
コメント