理学整体院フィジカル・Labo マイオ(筋肉)チューニング(整える)アプローチでの筋肉由来の不調の原因を改善します。

健康増進に役立つ情報・お知らせ・その他いろいろ更新していきます。
ご質問にもお答えします。

靴底の減り方で分かる体の歪み③~外側・内側が減る~

2018年04月10日 | 靴のフィッティング
外側が減るタイプと内側が減るタイプをまとめて解説します。


解説の前に膝の変形と一緒に考えると分かりやすいので、膝の変形の話を少しだけ
正面から見ると分かる変形は結構有名ですね


他にも色々ありますが、横から見ると分かる変形もあります



では靴底の減り方との関連を解説していきます
まずは外側が減るタイプから


・膝の変形で言うと「O脚」になっている
・踵の外側が減るのは正常なのですが、それが度起こしている
・親指に体重が乗らない
・歩くときに、腰が外側に逃げる

などなど


次は内側が減るタイプ



・膝の変形でいうと「X脚」(XO脚)になっている
・内股で踵の付き方からすでに可笑しい
・偏平足になっていて土踏まずに体重がかかっている
・親指だけに荷重がかかっていて、ほかの指が働いていない
・歩くときに、膝が内側に崩れて頭が外側に揺れる

などなど


前回の解説で漏れてしまったので、踵・真ん中が減るタイプ
 

・膝の変形でいうと「反張膝」になっている
・歩く時に片足に体重が乗った時に、膝を突っ張って骨で支えている
・膝周り、足の指の筋力低下

などなど


改善方法は

O脚は足の趾と膝周り・X脚は骨盤周りから下肢全体
ストレッチと筋力強化が重要です


前回「靴の選び方が重要です」という話をしたと思います
まずそれをやった後の話にはなりますが

インソール

という手段もとても効率的です


ただこれには落とし穴が非常に多いので、次回はインソールについて解説したいともいます。


==============================================

理学整躰院フィジカル・Labo
千葉県船橋市前原西2-13-12テレック津田沼ビル2階
070-3122-5244
rigaku.labo@gmail.com





==============================================

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 靴底の減り方で分かる体の歪... | トップ | 靴の減り方で分かる体の歪み④... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

靴のフィッティング」カテゴリの最新記事