「韓流☆ダイアリー」ブログ!

韓国ドラマ・韓国映画の
   感想を綴っています・・・

韓国ドラマ 「クリスマスに雪は降るの?」 コス、ハン・イェスル

2010-11-30 | 韓ドラ か行、くけこ




韓国ドラマ 「クリスマスに雪は降るの?」        2010年   16話 

              コス、ハン・イェスル、ソン・ウソン、ソン・ジュンホ


母親の故郷に引っ越してきたガンジン(コス)は転校先の高校でジワン(ハン・イェスル)と
出会います。
ある日、ジワンが起こした騒動で、ガンジンは父親の形見のペンダントを川に落としてしまう・・・
ジワンの兄は、妹の力になろうとペンダントを探しに川に入りますが、そのまま帰らぬ人に・・・
亡くなった兄を溺愛する母親の嘆き悲しむ姿にジワン(ハン・イェスル)は傷つき、責任を
感じて家を出てしまう。

お互いに初恋を感じた二人なのに、ジワンはガンジンにも内緒で家を出てしまうのねぇ~~
この時、コスssiの高校生役を演じたキム・スヒョン君がとても名演技で涼しげな目元が
印象的でした~  イケメンだワァァ~~  フフフ  これから楽しみ~

3話、8年後に建築デザイナーになったガンジン(コス)は先輩から友達の婚約式の代理出席を
頼まれます。
その婚約式の会場で新婦として登場したジワン(ハン・イェスル)と運命の再会をします。
ところが婚約式にはジワンだけで新郎の彼氏は現れませんでした・・・
彼には他に好きな女性がいたのです・・・

自分のせいで兄が亡くなり、ガンジンに別れも告げずに姿を消したハン・イェスルさんが
一人で強く生きるヒロインを演じています。
そんな明るい前向きな姿にきっと誰もが応援したくなるでしょうね~  (涙)


チャ・ガンジン(コス)は子供のころから、家の中では父親がわり、夫がわりとして母親を
優しく見守ってきました。
母親が子供たちを育てながら水商売を転々としてきた生い立ちの影響でしょうか、
このドラマは、はじめから終りまで一貫して母親を守ることに全力をつくすガンジンが
いたと思います・・・


また、ガンジンの母とジワンの父が昔恋人関係で、大人の熟年の愛が同時に発展します。
11話で二人が家を飛び出しバス停で抱き合う姿を遠くから見つめるガンジンとジワンに、
もう1つ不運が襲ってきたと思わせる悲しい心情が切なく伝わってきました。

何度も二人を襲った不運とすれ違い・・・
そして母との情愛の深さ・・・
主題歌でコミさんが歌う「あなただから」がとても素敵でドラマを盛上げていました~♪♪









(あらすじ)
頭脳明晰なガンジンは、全国でもトップクラスの成績を収めながらも、拳が先に出る性格のため、
各地の学校を転々とする生活を送っていた。
水商売じみた店で働き、女手一つでガンジン(コス)兄弟を育てる母と、“最後の転校”
ということで訪れた母の縁故地の田舎町で、ガンジンは地元の韓医の名家の娘・ジワン
(ハン・イェスル)と出会う。

ある日、ちょっとしたいざこざの最中に、ガンジンは父が唯一残したペンダントを河原で
なくしてしまう。
その騒動の一因を作ってしまったジワンは、人知れず川でペンダントを探そうとするが、
そこへ田舎からソウル大に進学した自慢の兄が帰ってきて、ジワンを手伝って川に潜るうちに
水難事故で帰らぬ人となってしまう…。
ジワンはそのまま姿を消すのです・・・

8年の月日が流れ、ガンジンはアメリカ留学を経て新進気鋭の建築デザイナーとしてソウルの
大企業に就職。
血の気が濃いのは相変わらずで、会社の重役にも食ってかかる。
そんな中、勤め先の秘書室の友人から代理で出席を頼まれた婚約発表会に出席したガンジンは
衝撃的な光景を目の当たりにする。
時間になっても姿を現さない新郎、そしてその事実を健気にもとつとつと説明して謝罪をする
新婦の姿―。
見覚えのある顔に慌ててめくった招待状には、“ハン・ジワン”の名があった…。(KNTV)






コメント (2)

韓国ドラマ「イ・サン」VS「正祖暗殺ミステリー-8日」

2010-11-30 | 馬医・ケベク・トンイ・イサン・善徳・朱蒙


韓国ドラマ 「イ・サン」、(イノライフ)記事より ↓


ドラマ『イ・サン』vs『8日』、主人公「正祖」比べる楽しさがある!

人気裏に放送されているMBCドラマ『イ・サン』と、
チャンネルCGV TV映画
『正祖暗殺ミステリー-8日』の主人公である正祖を
比較する楽しさが期待されている。

違う点としては、『イ・サン』は即位前の
東宮時代に起きた内容で、『8日』は
正祖即位直後の出来事であるという点と、
この状況で刺客に投げかける正祖の台詞だ。

『イ・サン』でイ・ソジンは、
「私はお前が殺さなければならない東宮イ・サンだ」
という言葉を残し、敵対勢力の存在と、自分を陰湿に
攻撃しようとする事実を認知していることを
見せつけているもので、相手の出鼻をくじく効果を得た。

しかし、自害した暗殺者の死体が消え返って
イ・サンが危機に面する。
『8日』では、正祖の即位当時「私は思悼世子の息子だ」と
宣言し、思悼世子を罪に落とし入れた
僻派の気分を害したため、暗殺の機運が
最も激しくなった状況だ。

すでに即位した正祖であるため、キム・サンジュンは
「こいつら、私を誰だと思っているのか?」
という台詞で、相手に王としての威厳を誇示し、
心理的に恐怖を与える。

正祖の台詞の他にも、暗殺者を迎え格闘する
シーンも全く違う。
『イ・サン』でイ・ソジンは、絢爛というよりは
簡潔な動作で刺客を圧したなら、『8日』の
キム・サンジュンは、沢山の暗殺者を相手に絢爛たる
剣術をお目見えし、暗殺者たちを一度に圧する。

チャンネルCGV側は、キム・サンジュンの台詞の
直後に繰り広げられる暗殺者との絢爛たる
格闘シーンもやはり『8日』の名場面となると言った。


[写真=CGV]  ↓



-----------------------------------------------------------------
イ・サン DVD-BOX I
VAP,INC(VAP)(D)
コメント

韓国ドラマ 「サンドゥ、学校へ行こう 」ピ(Rain)、コン・ヒョジン 

2010-11-30 | 韓ドラ さ行、さし


韓国ドラマ 「サンドゥ、学校へ行こう」   2003年   16話

      ピ(Rain)、コン・ヒョジン、イ・ドンゴン、ホン・スヒョン

高校中退、前科有り、職業ヒモ、しかも未婚で子持ちのサンドゥ(ピ)は、
初恋の女性で高校教師のウナン(コン・ヒョジン)に近づくため
あの手この手で学校に紛れ込むが。。。(笑)





初恋の相手だったウナン(コン・ヒョジン)が、
母親とともに夜逃げしてしまい、
離れ離れになった二人。

数年後、サンドゥ(ピ)は難病を患い入退院を
繰り返す娘ボリのためにお金持ちの
ツバメとなってお金を稼いでいました。











高校教師となったウナン(コン・ヒョジン)と再会し、
ウナンと一緒にいたいがために学校の守衛になったサンドゥですが、
ウナンは昔の事件のことでの罪悪感から素直に
なれない自分がいます・・・

ウナン(コン・ヒョジン)の心が揺れ動いていることに
気づく恋人で医師のミンソク(イ・ドンゴン)。
また、その相手がいい加減なサンドゥだと知り、
プライドが傷つくのです。
ドンゴンssiの「絶対に彼女は渡さない」と、
心中穏やかでない様子がコミカルに映っていて
フレッシュなドンゴンssiのお宝映像だと思いました~~(笑)

辛いことも娘のボリと愛するウナンのために
明るく元気いっぱいに乗り越えるサンドゥでしたが、
ある日ボリが自分の娘ではないことを知ってしまうのです・・・

ショックを受けるサンドゥですが、子役のボリちゃんが
微笑ましいほど可愛い子供さんで誰もが守って
あげたくなるでしょうねぇ。

サンドゥの一途に愛する人を守る姿は切なくて
号泣する感動のシーンもありましたが、
結局、ラストの結末がハッキリ、スッキリしない終わり方で、
幻想的といえばいいのでしょうが、
私にはあのシーンの意味がよくわかりませんでした~(笑)))

----------------------------------------------------------------
サンドゥ、学校へ行こう! DVD-BOX 1
ハピネット・ピクチャーズ

----------------------------------------------------------------

(サンドゥ、学校へ行こうの見どころ)
日本でも大ヒットした『サンドゥ、学校へ行こう!』。
今や韓国のトップアーティストとなったピ(Rain)が、
病弱な娘を抱えた未婚の父を好演。
ヒロインには、「ありがとうございます」、
「パスタ」の個性派女優コン・ヒョジン、
ピのライバルにイ・ドンゴンと、
今は大スターとなった俳優が揃った注目作。

(サンドゥ、学校へ行こうのあらすじ)
サンドゥ(ピ)は、金持ち女を引っ掛けて大金をせしめる、
“ツバメ”をして暮らしている。
彼には病弱な7歳の娘ボリがおり、
稼いだ金はすべてその治療費にあて、
自分はつつましく暮らしていた。
ある日、サンドゥは初恋の人、ウナン(コン・ヒョジン)と
再会する。
2人は高校生だった10年前、好きあっていたものの、
様々な事情から突然離れ離れになっていた。
しかし、高校の教師となったウナンには、
医者のミンソク(イ・ドンゴン)という彼氏がいて・・・。






コメント

FC東京 33 椋原健太選手 2011年度版プロフィール

2010-11-30 | J リーグ 椋原健太選手
 





2011年度版プロフィール (FC東京HP)

椋原 健太
むくはら けんた

ポジション  DF
背番号  33
生年月日 1989年7月6日(21歳)
出身 東京都大田区
身長/体重 172cm/64kg
血 液 型 A型
前所属チーム FC東京U-18



椋原 健太
□経歴

横浜バディSC 2002年 大田区立高畑小学校 卒業
FC東京U-15 2003年
(2年時) 日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会 優勝
高円宮杯全日本ユース (U-15)サッカー選手権大会 ベスト8

2004年
(3年時) 日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会 ベスト16
高円宮杯全日本ユース (U-15)サッカー選手権大会 3位
メニコンカップ2004 第10回日本クラブユース東西対抗戦出場
U-15日本代表

2005年 大田区立六郷中学校 卒業
FC東京U-18 2005年
(1年時) 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 ベスト8
Jユースカップ ベスト8
U-16日本代表

2006年
(2年時) 第30回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 3位
Jユースサハラカップ 準優勝

2007年
(2年時) U-18日本代表
2007年
(3年時) U-18日本代表
第5回仙台カップ国際ユースサッカー大会 出場
Jユースサハラカップ2007
第15回Jリーグユース選手権大会 優勝
都立つばさ総合高等学校卒業

FC東京(J1) 2008年 FC東京

2009年 U-20日本代表候補
2009Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝

2010年 スルガ銀行チャンピオンシップ優勝


リーグ戦 カップ戦 天皇杯
出場 得点 出場 得点 出場 得点

2008年 シーズン成績
FC東京 (J1) 3 0 3 0 0 0
2009年 シーズン成績
FC東京 (J1) 11 0 9 0 3 0
2010年 シーズン成績
FC東京 (J1) 24 0 8 0 4 0
J1通算成績
(2008~2010年) 38 0 20 0 7 0



Jリーグデビュー戦 2008-07-13 2008Jリーグ ディビジョン1 第16節(vs鹿島@カシマ)
FC東京デビュー戦 2008-07-13 2008Jリーグ ディビジョン1 第16節(vs鹿島@カシマ)



アピールポイント

大きな声でチームを鼓舞し、闘志を前面にだすDF。
1対1の守備に絶対の自信を持ち、スピードを活かした攻撃参加も魅力。
サイドバック、センターバックと守備的なポジションならどこでもこなせる
ユーティリティプレーヤー。




選手・職員一覧に戻る
監督 大熊 清
 

9 FW ロベルト セザー
11 FW 鈴木 達也
13 FW 平山 相太
17 FW ペドロ ジュニオール
30 FW 高松 大樹


7 MF 米本 拓司
10 MF 梶山 陽平
14 MF 中村 北斗
16 MF ホベルト
18 MF 石川 直宏
19 MF 大竹 洋平
22 MF 羽生 直剛
27 MF 田邉 草民
32 MF 上里 一将
35 MF 下田 光平
37 MF 橋本 拳人
39 MF 谷澤 達也


2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人
4 DF 高橋 秀人
6 DF 今野 泰幸
15 DF 平松 大志
26 DF 阿部 巧
29 DF 吉本 一謙
33 DF 椋原 健太
34 DF 柳楽 智和
36 DF ジェイド ノース


1 GK 塩田 仁史
20 GK 権田 修一
21 GK 廣永 遼太郎
31 GK 常澤 聡

コーチ陣
トップチームコーチ陣
U-18コーチ陣
U-15深川コーチ陣
U-15むさしコーチ陣
スクールコーチ陣






コメント

FC東京 33 椋原健太、東京・小平グラウンドで・・・

2010-11-30 | J リーグ 椋原健太選手
 


中日スポーツ > 365日FC東京 > ニュース一覧 > 10月の記事


【FC東京ニュース】

椋原 長友に追いつけ 持久走でぶっちぎり


2010年10月26日 紙面から

  
  ↓  持久走で後続を引き離し独走する椋原(左)=東京・小平グラウンドで


 





FC東京は25日、オフ明けの主力組を中心に小平グラウンドで練習をした。
持久走トレーニングではDF椋原健太(21)が独走した。
その目標は、激しいアップダウンを繰り返す元チームメートで日本代表DFの長友佑都
(チェゼーナ)が誇るスタミナ。
椋原は20分間走で激走し、ベテラン組を2キロメートル以上引き離した。








中日スポーツ > 365日FC東京 > ニュース一覧 > 11月の記事


【FC東京ニュース】

椋原、ガンバ宇佐美を止める!


2010年11月3日 紙面から


   ↓   1対1を得意とする椋原が、絶好調のG大阪のFW宇佐美を封じる


 





FC東京のDF椋原健太(21)が2日、2012年ロンドン五輪のエースとして期待
されるG大阪のFW宇佐美貴史(18)対策を練った。
今季初の連勝を狙う次節は、G大阪戦(6日、味スタ)。椋原は「1対1は自信がある。
緩急に気を付ければ、ドリブルには対応できる」と五輪世代対決に自信を見せた。




コメント

2008年 椋原選手、ナビスコカップへの意気込み

2010-11-30 | J リーグ 椋原健太選手





不屈の闘志を胸に秘める新世代のサイドバック

椋原健太 33


「04シーズンの優勝はスタンドで観ていました。」
「今度はピッチであの感動を味わいたい!」



どこかあどけなさが残る表情とは反対に、ガムシャラなプレーを身上とする椋原健太。
プロ1年目ながら、ここまで2試合に出場するなど、飛躍的な成長をとげている。
優勝は可能!!
そう言い切る頼もしいルーキーに、ヤマザキナビスコカップへの意気込みを聞いてみた!!


「出場が決まったときはビックリしましたし、僕で良いのかなという気持ちもありました。」
「ずっと憧れていた場所なので、入場の時はすごく緊張しました。でもピッチに入って一度
 ボールを触ってからはプレーに集中できました。」

「歴史のある戦いであると同時に、勝たなければいけない試合だということも分かって
 いましたが、まさか自分が出場するとは想像もしていませんでした。正直、かなりの
 プレッシャーを感じていましたね」

「プロとして2試合に出場して、新たに感じたことは、プロの厳しさを実感しました。」
「下部組織を含めたFC東京を代表してピッチに立っているわけですし、1つのプレーが
 すごく重く責任があるということを感じました。」

「これからも、もっとボールを動かせることが大切だと思います。現状に満足しないで
 上を目指したいです。」
   
「僕自身も少しでもチームに貢献しファンの皆さんの期待に応えられるように頑張りますので
 熱い応援を宜しくお願い致します。」
                                  (FC.TOKYO)


椋原選手の爽やかな笑顔と新人らしく一生懸命に戦う姿は私たちファンの楽しみです。
若手の選手たちがチャンスをつかみ、たくさんの汗を流す姿を応援したいと思います。

                                 2008年5月 







コメント

2008年「若き青赤戦士の日記」より健太初出場!!

2010-11-30 | J リーグ 椋原健太選手




2008年 「若き青赤戦士の日記」より健太初出場!! (FC東京)


「出ちゃいました!!」・・・椋原健太



こんにちは!椋原健太です。前回の日記では、メンバーに入り、出場は出来なかったけれど
なんとか今度は出場したい!と書いたのですが、ついに先日のヴェルディ戦で出場して
しまいました!今回の日記では、その前日、そして当日の自分のドキドキっぷりについて
書きたいと思います。

正直言って、自分のプロ初戦がヴェルディとの試合になるとは、思ってもみませんでした。
中学生の頃からFC東京で育った僕は、ヴェルディだけには絶対に負けられないし、
負けたくない!と、いつも強い気持ちで戦ってきました。

なので、今回の試合も、絶対に負けたくない!と強い気持ちで臨みました。
けれど、まだまだプレーも精神面も未熟な自分が本当に出場していいのかな?と
悩んだりしました。
中学生の頃から、ヴェルディとたくさん試合をしてきましたが、いざプロになってからの
、試合は物凄いプレッシャーに襲われました。。。

しかし、色々な先輩方に、これでもか!これでもか!とカラかってもらえたお陰で、
どうにかリラックスし、緊張がほぐれたかなと思います。

そして、なんと言っても試合前のホテルでのミーティングで、城福さんに言われた言葉を聞き、
やってやろう!と強く、強く思いました。

城福さんに言われた内容は・・・ひとつだけ、言われた事を教えます。。。
「健太!お前には1対1の強さがある!だから、試合に出られるんだぞ!」自分の中で
、何かが弾け、絶対にやってやる!負けてたまるか!とその言葉のお陰で、程よい緊張感の中、
試合に臨む事ができました。

試合中の事は、なんだかいっぱい、いっぱいで、正直言ってあまり覚えていません・・・
ただ、ただ、フッキが怖かったことぐらいしか。

しかし、本当に勝てて良かった!!プロデビュー戦が、3ー0の勝利!!
忘れられないデビュー戦となりました。
ただ、これに満足せず、もっと試合に出れるように、より一層努力していきたいです。

明日は、またまたヴェルディとの対戦です!!ぜったいに負けられないし、負けたくない!
選手・スタッフ一同全力で頑張ります!!
ファンの皆さんも熱く、全力でご声援よろしくお願いします!!絶対に勝ち点3!!
 ( FC東京、「若き青赤戦士の日記」より )

















コメント

2009年 FC東京、ヤマザキナビスコカップ優勝!!

2010-11-27 | J リーグ 椋原健太選手













FC東京、5年ぶり2度目の優勝!!

2009年、11月3日、東京・国立競技場で行われたヤマザキナビスコカップ決勝は

FC東京が川崎フロンターレを下し5年ぶり2回目の栄誉に輝いた!!

チャンスを生かした得点を、集中力の高い守備で守り切っての完封勝利。

東京・国立競技場が青赤に染まった。














優勝の熱いコメントを紹介!!



DF 33 椋原健太

ヨネ(米本)が決めてくれたけど、やっぱりアイツは何か持っていますね。
相手の攻撃をみんなで跳ね返して完封できたことはすごく気持ち良いです。
自分が先発したのは、失点をしないため。
その任務を果たせて終わった瞬間、泣いちゃいました。。。
FC東京、大好きです!!





MF 28 米本拓司

あの一発が入っていなかったら、MVPにはなってなかったです。
今はうれしいの一言です。
高校時代は「持っている」キャラじゃなかったんですが・・・
こういう大舞台に立ったことがなかったので、初めは緊張しました。
ゴールが入って、ようやくほぐれましたね。
今季、歴史をつくった人たちがいなくなりますが、次は僕たちが歴史を
つくっていかないといけません。














コメント

イ・ジュンギ君のドラマ 「どうすりゃいいんだ」

2010-11-26 | アラン・朝鮮ガンマン他とイ・ジュンギ作品



韓国ドラマ  「どうすりゃいいんだ」 ~1979年の贈り物~

                  2004年   1話完結ドラマ 60分


韓国で2004年に放映された1話完結の60分ドラマです。
ジュンギ君の2005年に大ヒットされた映画「王の男」の前の作品ですね!
2004年には「僕らのバレエ教室」や日本映画「ホテルビーナス」の
出演もありました^0^

このドラマ「どうすりゃいいんだ」は、母親はいつも体が弱く入院中、
父とはいつも意見が合わず喧嘩ばかり繰り返しています。

ある日父親と口論になり、大好きなスケートを履いて家を出たが、
公園の高台から落下してしまう。

ようやく意識が戻り気がつくと、そこは1979年の街で、
若き日の父と母がいる場所にタイムスリップしていました。。。。。

毎日言い争いが絶えない親子ですが、いつの時代も親子の愛情は
絶対だということを伝えるドラマです!

1時間ドラマの枠内なので感動する部分や視聴者に
何か影響をあたえるという演出は無理だったようですが、
イ・ジュンギ君ファンは必見でしょう~(笑)
初々しいフレッシュなジュンギ君に会えますよ~~!!




(あらすじ)
父はリストラに遭い、母はガンで闘病中。
大学受験を控えているというのに、勉強では落ちこぼれ、
人生に目標も持てず、夜な夜な得意のインラインスケートで
街に出て、ストリートで技を決めることだけが楽しみという
18歳の青年ソンホ。

ある晩、父と口論になり、得意のスケートを履いて家を飛び出した
ソンホが、苛だち紛れに街で技に挑戦していると、踏み切りに
失敗。

高い所から落下してしまう。

ようやく意識が戻ったソンホだが、そこは1979年のソウル。

しかも若かりし頃の母親に遭遇してしまう。

派手な服装で、髪形も女性のようなソンホに興味を持った母は、
ソンホに積極的にアプローチ。

そんな様子を影からこっそり見つめる若き日の父がいた。

ソンホは父にハッパをかけるが……。




コメント

イ・ビョンホン、日本ドラマで 織田裕二と共演!!

2010-11-25 | 韓国芸能情報(映画・ドラマ・他)



ワァ~~

ビッグニュースですね~~

織田裕二さんとビョンホンssiの共演、夢のようです!!

ビョンホンssiはドラマのなかでのセリフはすべて英語で演じるようです~

さすがに国際スターのビョンホンssi、「アイリス」同様、ロケ地も気になります^0^






イ・ビョンホン、日本で初めてのドラマ出演…織田裕二と共演
2010/11/25(Thu) 09:50

俳優イ・ビョンホンが日本のトップスター織田裕二主演のドラマ『外交官・黒田康作』に出演、韓日トップスターの共演が話題になっている。

25日、日本のマスコミは「フジテレビ系で来年1月に放送されるドラマ『外交官・黒田康作』に韓国のイ・ビョンホンが出演することが決定し、日本を代表をする俳優織田裕二との共演が実現した」と伝えた。

イ・ビョンホンが日本の連続ドラマに出演するのは今回が初めてで、24日から日本で撮影に入り、主演の織田裕二と息を合わせた。イ・ビョンホンが今回のドラマに出演することになったのはフジテレビ側の強力なラブコールによるものだという。

フジテレビドラマ製作センターの牧野正プロデューサーは「グローバルなストーリー展開と事件の謎を解く鍵を握り、非常にインパクトを必要とする重要な役どころから、世界を舞台に活躍し圧倒的な存在感のあるイ・ビョンホンさんしかいないと思いました」とキャスティング背景について説明した。

ドラマ『外交官・黒田康作』は、既に日本で映画として先に製作され、大ヒットした作品。ドラマでリメイクされる今回の作品は、韓国でも『踊る大捜査線』で有名な日本のトップ織田裕二と人気女優の柴咲コウなど超豪華キャスティングで日本でも製作段階から大きな話題を集めている期待作だ。

イ・ビョンホンは今回の作品で織田裕二が演じる黒田康作とは旧知の仲の韓国系アメリカ人の情報提供者役で、全てのセリフを英語で演じる予定だ。

24日早朝から始まった収録では、二人が初めて会うシーンとその他主要シーンを撮影したし、スタッフによると「初めての撮影とは思えないほど、よく息の合った演技を披露してくれた」そうだ。

イ・ビョンホンは初めての日本ドラマの出演に対して「これまで、日本ドラマの制作過程が韓国とどのように異なるのは興味がありました。実際に出演してみたところ、日本も韓国も(ドラマ制作という点で)似ていると感じました」とし、また「日本ドラマには、独特な職業や性格の主人公が多いが、アイディアが豊富なようです。今回の外交官という職業も、ドラマの主人公としてはあまり一般的ではないし。今回のドラマでは海外ロケもあって、映画だった作品がドラマになった大作なので、今までの日本ドラマとは違った形のものをお見せすることができるのではと思っています」と付け加えた。

イ・ビョンホンの所属事務所側は「『IRIS~アイリス』の日本での放映以後、日本の放送局から多大な関心とラブコールを受けてきた。しっかりしたシナリオと日本最高の俳優と共演できる良い機会なので、今回の作品に参加することを決めました」と伝えた。

イ・ビョンホンは最近、今年の東京ドラマアウォードで「Best Actor in Asia」を受賞し、韓国を越えて日本でも演技力を認められている。

(© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 )

コメント