「韓流☆ダイアリー」ブログ!

韓国ドラマ・韓国映画の
   感想を綴っています・・・

2011年 チャン・グンソク日本アリーナツアーにファン熱狂!

2011-10-31 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報




グンちゃんトークにいつもハラハラドキドキさせられますが、

心配するファンの皆さんのためにも、絶対に失望させることがないよう、毎日努力することを

誓った自由人グンちゃん。

また大きな会場に立ったこの瞬間が今でも信じられないと感謝の言葉を語った彼の謙虚な姿勢が

この人気に繋がっているのでしょう!

来月にはファンからの希望で東京ドームでの追加公演が控えています。

グンちゃん、ファイティン!









2011チャン・グンソクARENNA TOUR、成功裏に終了

韓流スターチャン・グンソクが『2011チャン・グンソクアレナツアー・ザ・クライショー・
イン・ジャパン-オールウェズ・クロス・トゥ・ユー
(2011 JANG KEUN SUK in JAPAN ALWAYS CLOSE TO YOU)』を終えた。

チャン・グンソクアレナツアーは20日名古屋公演を始まりとして22·23日大阪、25·26日埼玉公演5回に
渡って繰り広げられて、チャン・グンソクが自ら舞台、音楽、衣装、映像などの企画と演出に参加して、
日本ファン達を熱狂させた。
今回のツアーでは『屋台トーク』が最も注目を浴びた。



チャン・グンソクのアイディアで行われた屋台セットで、知り合いをゲストとして招待して即席で作曲して、
ドッキリ映像も見せて観客達を笑わせた。

11月26日東京ドーム単独公演を前にチャン・グンソクは「約4ヶ月間準備してきた舞台でファン達と共に
幸せな時間だった」としながら「やりたい通りにできる自由人チャン・グンソクのお陰で、ファン達は
いつも心配だが失望させないために毎日努力する」と覚悟を述べた。(イノライフ)















コメント

FC東京、ホームの味スタ東京ヴェルディ戦まさかの痛恨引き分け

2011-10-31 | J リーグ 椋原健太選手



昨日の味の素スタジアムは35,911人のたくさんの観客で埋まりました。
サポーター席のたくさんの大きな応援旗がある中、今野選手の旗が大きく揺れるのを
見ていると、キャプテン日本代表としての誇りを感じます。

敗戦後の試合ということもあり、またあと6試合を全勝でという意気込みもあり、
このヴェルディ戦は絶対に負けられない大事な試合になりましたが、試合早々
相手のヴェルディ側の激しい動きにちょっとビックリ。。。

前半ルーカス選手の先制ゴールでやっと~~ ホットしました~~(笑)
ところがお互いに勢いのあるゲームの中オウンゴールで同点に・・・
その後もなかなかチャンスが活かされずに、1-1の引き分けで終了・・・

選手たちの悔しさはもちろん、サポーターからのブーイングもあり、下を向いたままの
選手たちの姿は見ていて胸が痛かったです。
勝たせてあげたかった・・・













































中日スポーツ > 365日FC東京 > ニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事


【FC東京ニュース】

【試合詳報】ルーカスが頭で今季7得点目 試合はOGで痛恨ドロー vs.東京V

2011年10月31日 紙面から



FC東京は30日、ホームの味の素スタジアムで東京Vとの東京ダービーに臨み、1-1で引き分けた。
前半ロスタイムにFWルーカスが頭で先制点。
チームトップタイとなる7点目を挙げたが、後半16分にオウンゴールで失点。
まさかの痛恨ドローで3試合連続勝ちなしとなった。
J1復帰まで“秒読み”であることに変わりはないが、ここ数戦は足踏み状態。
4位・徳島など昇格を争うライバルたちとの勝ち点差も微妙に縮まった。


前半ロスタイム、ヘディングで先制ゴールを決め喜ぶルーカス。 ↓











中日スポーツ > 365日FC東京 > ニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事


【FC東京ニュース】

椋原、J記録タイの7戦連続完封に向け気合

2011年10月22日 紙面から

6試合連続完封で笑顔を見せる椋原=21日午後5時6分、東京・小平グラウンド   ↓







FC東京のDF椋原健太(22)が21日、首位攻防戦となる鳥栖戦(23日・ベアスタ)で
J2記録に並ぶ7試合連続完封を目標に掲げた。
チームは、椋原が左サイドバック(SB)に完全定着してから6試合連続完封中。
守備陣の陰の立役者は、FC東京U-18時代の同期生で鳥栖FW岡田翔平(22)との対決も制し、
完封記録を継続させる。





コメント

韓国ドラマ 「チュノ~推奴~」チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ

2011-10-27 | ドラマ 「 韓国時代劇 」


韓国ドラマ「チュノ~推奴~」             2010年 24話

  チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、
キム・ジソク、ハン・ジョンス


人が人であり続けるために、ある者はすべてを奪った者への
復讐を糧に生き・・・
ある者は共に未来を誓った主君の忠義の糧に生きる・・・

時代の矛盾に己の身1つで立ち向かった男たちの物語「チュノ~推奴~」   

今までの時代劇とは違い庶民の様子が活き活きと
描かれた時代劇ですが、人間の価値を
貨幣として扱われる人々が存在した奴婢(ヌヒ)の
様子が描かれた物語です。

奴婢(ヌヒ)とは朝鮮時代中期の身分制度最下層に
生きた奴隷のことです。

人間でありながら人間ではなかった彼らを物として
売り買いすることはもちもん
時に物として扱い捨てることも出来た時代・・・
そして人生を生きることを許されず、それを望むことが
罪となった奴婢(ヌヒ)・・・

願いを胸に多くの奴婢(ヌヒ)は逃亡を試みるが、
そんな逃亡奴婢(ヌヒ)を追跡し
懸賞金を狙うハンターたちがいます。
その逃亡奴婢(ヌヒ)を追跡するハンターの名を
「チュノ~推奴~」といいます。


このドラマのチャン・ヒョクssiはチュノとしての非情さと
その反面一人の女性を一途に
愛する隠された恋心も織り込まれ、彼女(イ・ダヘ)への
届かね愛がとても切なく
描かれていました。

彼の無愛想ですが情が厚い部分は彼の人生すべてで
自分の生きる存在を失わないための
愛だったように感じます。
このドラマのチャン・ヒョクssiはスピード感あふれる
アクションや顔の表情目の動きが
すべてがチュノ(推奴)そのものでした。

また今回時代劇初挑戦のオ・ジホssiですが、
今までのコメディキャラから大変身、
忠義心あふれる武将役を無理なく演じ
演技派俳優の貫録を見せてくれました。
相変わらずやさしい微笑みとえくぼはそのままですが、
時代劇が初めてとは思えない
刀さばきは見事でした!!

そして男の友情で結ばれている仲間たちの存在も
このドラマを大いに盛り上げる役割を
果たしていますが、私が一番驚愕したのは
テハ(オ・ジホ)を執拗に追いかける冷血な
武士(イ・ジョンヒョク)が生きるために
不本意な結婚をせざるを得なかったことと
最終話でその妻に泣きながら駆け寄る姿に男の
悲しい弱さを見たようで心が痛かったです。
本当に感動のシーンでした。















奴婢に転落した朝鮮最高の武将、奴婢を追う狩人の推奴、
その2人を愛した女奴婢の壮大な歴史劇。
裕福な両班 <ヤンバン:貴族階級> の家に生まれた
テギル(チャン・ヒョク)は召使で奴婢 <ヌヒ:奴隷> の
オンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛をはぐくんでいた。
しかし、奴婢の身分に我慢できなくなったオンニョンの兄、
クンノムが火を放ち、オンニョンを連れ逃亡する。

そして8年が経つ中、テギルはオンニョンを捜すうちに
奴婢を追う推奴〈チュノ〉になっていた。
一方、かつて朝鮮最高の武将と言われた
テハ(オ・ジホ)は友人の裏切りにより奴婢に。
そして、ある日、丙子胡乱の際に清国に人質として捕えられ
苦労を共にした昭顕世子(第1王子)からの手紙が届く。
それを見たテハは昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の
陰謀から守るために逃亡奴婢となることを決意。
テハはテギルに追われることになるが、同じく逃亡中のテギルの
初恋の相手オンニョンはヘウォンと名を変え、
テハと行動を共にすることになるのだが・・・ (ASIATV)









--------------------------------------------------------------------

韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史
2014年版 (キネ旬ムック)
キネマ旬報社


ハンスキン HANSKIN
BBパウダーパクト 12g
メディカライズ


コメント

日韓「ドリームゲーム」、韓国チームPLAYBOYSのチュ・ジンモ

2011-10-25 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事



今朝の芸能ニュースでグンちゃんの国歌斉唱が流れ、笑顔でファンの声援に

応えるグンちゃんが爽やかでした~


でも~ジンモssiも負けていませんよ~~

背番号13番、笑顔が素敵なジンモニムです!!

ジンモファンのお友達の報告では、ハイタッチ会ではしっかり手を握り返して

くれたそうです~

あぁ~~  羨ましいかぎりです^0^








24日、日本プロ野球OBオールスターズと韓流スターチーム「PLAYBOYS」との野球の試合
「第2回アスリートジャパンpresents WinWin!日韓ドリームゲーム ~私達はひとつだ
〜東日本大震災チャリティーゲーム~」が東京ドームにて開催された。

「PLAYBOYS」の出場メンバーには、オーナーのキム・スンウをはじめ、イ・ジョンヒョク、
ファン・ジョンミン、チュ・ジンモ、アン・ギルガン、チ・ジニ、コン・ヒョンジン、オ・マンソク、
イ・テソンらトップスターがずらり並ぶ豪華な顔ぶれ。
対するプロ野球OBオールスターズも監督の山田久志をはじめ、柴田勲コーチ、大魔神佐々木主浩、立浪和義、
川藤幸三、ギャオス内藤、鈴木健、本木大介ら往年の名選手が出場し、野球ファンを楽しませた。

また、この日はチャン・グンソクが特別ゲストとして韓国国歌独唱。
「今日は招待いただきありがとうございます。皆さん、どうぞ楽しんでください。僕も観客席で見ています」と
あいさつし、「PLAYBOYS」を応援するとともに、自身のファンの声援に応えた。

当初、チャン・グンソクは始球式の投手も務める予定だったが、肩の調子が悪いという理由で、残念ながら
始球式はゲストのガッツ石松氏が急きょ務めた。

試合は、「PLAYBOYS」は投手イ・ジョンヒョクで試合開始。
2回途中からイ・テソンが継投し好投、最後はチ・ジニが投げ、打線はキム・スンウ、アン・ギルガンらが
ヒットを飛ばすなど、OBオールスターズと好ゲームを繰り広げたが5-6で惜敗した。
しかし、試合後には活躍したキム・スンウ、イ・テソンが表彰された。
チャリティーイベントとはいえ、真剣に、でも楽しく試合に臨んだ両チームは、その友情とイベントの
意義をあらためて確認、「また、再戦したい」と語った。

また、試合前には「PLAYBOYS」メンバーのハイタッチ会、試合後にはサイン入りユニフォームなどの
チャリティーオークション落札者への商品手渡しなどが行われ、ファンと触れ合ったメンバーら。
最後まで熱い声援を送る観客席のファンらとの別れを惜しむように、最後までサインボールを投げ込んだり、
着ていたユニフォームをその場で脱いで投げ込むなど、メンバーらのテンションは最後まで高かった。

東京= 野崎友子通信員
朝鮮日報日本語版
















コメント (7)

「日韓ドリームゲーム」、グンちゃんスマイル!

2011-10-25 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報



グンちゃん肩を痛めて始球式は降板したそうですが肩の調子が心配ですね~
でも国歌斉唱後には「ゲームを楽しんで下さい、ぼくも同じ席で見てます」と
ファンの声援に応えていたそうです。

今回のグンソク君の参加について開催関係者はたくさんのK-POPスターに声を掛けたそうですが
皆さんスケジュールが合わなかったようです。。。
グンソク君の参加で会場もたくさんのファンで埋まったと思いますが、東日本大地震の復興資金
としてのチャリティーなので、グンソク君の参加はとても大きな意義があったと思います。
グンちゃん、ありがとう!!




[OSEN=東京(日本),パク・ジュニョン記者]

24日午後日本、東京ドームで開かれた'第2回韓日ドリームゲーム'競技前愛国歌を歌った
俳優チャン・グンソクが取材陣に向かってポーズを取っている。

'第2回韓日ドリームゲーム'は日本大地震被害者などを助けるための寄付を作るために開かれる大会で
韓国の芸能人野球チーム'プレーポイズ'と引退した日本プロ野球オールスター選手たちが
この日正面対決を広げる。

オ・マンソクとイ・ジョンヒョクは現在日本でミュージカル'美女は苦しくて'を公演中で24日現地で
合流したがチャン・ドンゴンは現在の中国で映画撮影中だと参加しなかった。(OSEN)








コメント (2)

「日韓ドリームゲーム」プレイボーイズ来日のチュ・ジンモ!

2011-10-25 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事






韓国俳優キム・スンウ、チュ・ジンモ、チ・ジニ、コン・ヒョンジン、ファン・ジョンミン、
オ・マンソク、イ・ジョンヒョク、イ・テソンらが所属する韓国タレント野球チーム「プレーボーイズ」は
24日午後6時、東京ドームで日本の元プロ野球選手とチャリティー試合を行います。
23日に来日されたプレーボーイズ所属の俳優さんと試合の様子の写真です^0^ (写真・OSEN)

このチャリティー試合の収益金は東日本巨大地震の復興資金として寄付される予定です。



















チュ・ジンモssi、ファン・ジョンミンssi、イ・ジョンヒョクssi、
どのようなおしゃべりをしているのかしら。。。?
ドラマの1シーンを見ているような光景だわぁぁ~(笑)























コメント

韓国ドラマ「私の期限は49日」チョ・ヒョンジェ、ペ・スビン、チョン・イル

2011-10-24 | 韓ドラ わ行



韓国ドラマ「私の期限は49日」 2011年        20話


         チョ・ヒョンジェ、ペ・スビン、チョン・イル、イ・ヨウォン、ナム・ギュリ、ソ・ジヘ 


社長令嬢で明るく楽天的なジヒョン(ナム・ギュリ)はミノ(ペ・スビン)との結婚を控え準備に
追われる毎日を送っていた。

ところがある日、亡き恋人の命日に事故現場を訪れたイギョン(イ・ヨウォン)が恋人を失った
悲しみから道路に飛び出し自殺を図ります。

偶然その場所を車で通ったジヒョン(ナム・ギュリ)は事故に巻き込まれ生と死の境に立たされる
ことに・・・

しかし“予定”にない死であったため、この世とあの世をつなぐ仲介者のスケジューラー(チョン・イル)
は彼女に条件付きで生き返る機会を与えるのです。

その条件とは、「血縁者以外の、彼女を心から愛する純度100%の3人の涙を得ること」。
ここだけ聞くとおとぎ話のようなコメディタッチのドラマかと思いますが、この物語は死に直面した
ジヒョン(ナム・ギュリ)が3粒の涙を得るためにひとりの女性イギョン(イ・ヨウォン)に乗り移った
ことで魂が入れ替わり二人の女性の人生と恋が交錯していくストーリーになっています。

ところがジヒョン(ナム・ギュリ)は幽霊のすがたになって、はじめて生きている時には気づかなかった、
自分の人生の“裏側”と向き合うことになるのです。

親友だと思っていたインジョン(ソ・ジヘ)はジヒョン(ナム・ギュリ)の婚約者ミノ(ペ・スビン)と
恋人同士で二人でジヒョン(ナム・ギュリ)の父親の会社を奪おうとしていたのです。
二人の裏切りを知って悲しむ彼女をやさしく見守っていくのが彼女のことをずっと好きだったハン・ガン
(チョ・ヒョンジェ)でした。

それぞれ主演級のバラエティー豊かなキャストがドラマを支えて今回仲介者のスケジューラーという
人間ではない役も登場して楽しいドラマでした。
チョン・イル君が演じるスケジューラーはファッションもおしゃれでカラフル、あの世の使者のイメージ
にはほど遠いスタイルでしたが、私はこのドラマのチョン・イル君は不思議な魅力があり存在感が一番
強かったと思いました。
特にバイクに乗ってトラックにひかれたときの細やかなリアルな演技には心打たれました。


そして、ジヒョン(ナム・ギュリ)の首に掛けられた涙のネックレスには誰の涙が入るのでしょうか??
毎回ドキドキしながら観ていましたが、生きることと人間愛の尊さ、また目に見えない気持ちを伝える
ことの難しさ大切さを感じるドラマでした。
予想外の展開は涙と感動の連続で号泣間違いないですよ!! 最後まで目が離せません~~~!!






















女優のイ・ヨウォンさんが イギョン
   ナム・ギュリさんが ジヒョン
     ソ・ジヘさんが インジョン  3人の名前が似ていて覚えるのに苦労しました~
                        アジュンマは大変なのよぉ~(笑))) アハハッハ




















コメント (2)

韓国ドラマ「グロリア」、ペ・ドゥナ、ソ・ジソク、あらすじと感想!

2011-10-21 | 韓ドラ か行、くけこ

韓国ドラマ「グロリア」      2010年       50話
ペ・ドゥナ、ソ・ジソク、イ・チョニ、ソ・イヒョン  
遅咲きの歌姫が恋と夢のステージで輝く、人生逆転の巻き返しに懸けた
純愛ラブストーリー!!
ジンジン(ペ・ドゥナ)は交通事故の後遺症で知的障害を患う姉ジンジュを
養うために新聞配達、車の洗車、海苔巻の販売などアルバイトの掛け持ちをし、
夜は3流のナイトクラブで手伝いをしていました。
そんなある日、ジンジン(ペ・ドゥナ)は歌手のピンチヒッターとしてお店の
舞台に立つことになりますが、ジンジンの歌はお店のお客さんを
沸かせることに・・・
その1回のステージで歌う喜びに目覚めたことからドラマが展開していきます。

実は歌手になる夢を持つジンジン役のペ・ドゥナさん、はじめは歌に自信が
ないからと出演を見合わせようとしたそうです。
きっとこのドラマのために時間をかけて十分に歌のレッスンに挑んだ
ことでしょうね~!
だんだん回を重ねるごとに見る者を惹きつける輝く姿が見られました!
またジンジン(ペ・ドゥナ)の病気のお姉さんも昔は歌手で、新人賞を
総なめにするほどの人気スターだったのです・・・
やはり姉妹なんですね、歌うことに対する情熱と才能には運命を感じます。。。

そしてジンジン(ペ・ドゥナ)の幼なじみのドンア役のイ・チョニssi。
喧嘩好きで荒っぽいが根はやさしい純な心を持っている青年です。
意見が合わずに毎日のように幼なじみのジンジン(ペ・ドゥナ)と口喧嘩が
絶えませんが二人のバトル戦は見ていてとても楽しいです。
そのドンア(イ・チョニ)は財閥で心に傷を持つお嬢様ユンソ(ソ・イヒョン)
に惹かれていき、辛い恋をすることになります。

また人気を二分したもう一人のイケメン俳優ガンソク役のソ・ジソクssi。
ドラマ「19歳の純情」でお馴染みですが、本作では甘いマスクに
クールな御曹司役が適役で財閥の愛人の子として育ったために愛を信じない
冷徹な性格ですが、ジンジン(ペ・ドゥナ)の所属事務所の社長として
彼女の歌にだんだん癒されていくのです。

最近「星をとって」のキム・ジフンssiの潤んだ瞳にドキドキしたばかりなのに、
このドラマのソ・ジソクssiも超~カッコ良くて困ってしまいます! ニヤリ ^0^
二人ともそれぞれのドラマで心に大きな傷をもち彼女と出会って優しさが
戻り彼女のせいで一人ブツブツ独り言を言うところは似ています~(笑)
これが彼らの愛情表現の1つなんです~(笑)  

またこのドラマのソ・ジソクssiはファイトクラブというところで格闘技を
披露するシーンも多く、男らしい姿も見られました~~!  
ジソクssi、運動神経はバツグンだそうです!!

二組の恋の行方が気になりますが、昔 悪事をはたらき姿を消した
ドンア(イ・チョニ)の父親が突然皆の前に現れます。。。

この父親の出現で、ジンジン(ペ・ドゥナ)の病気の姉の過去がだんだん
明らかになり、また一つ騒動が起こりそうです。。。
--------------------------------------------------------------------
グロリア
韓国ドラマOST (MBC)
(韓国盤)
C & C Media

--------------------------------------------------------------------
事故で知的障害者となった姉(ドンジュ)と暮らしているジンジンですが、
一緒に暮らす仲間たちの助けもあり1日1日を大切に生きていく二人の姉妹に
心の温かさを感じます。
また大家族で一緒に暮らしている姉ドンジュを慕っているドンアの甥の
子役オジンとの二人の関係がほのぼのとして微笑ましいですね。
オジン役のチョン・ホグン君ですが、ドラマ「星をとって」でもキム・ジフンssi
のそばを離れない夢遊病の僕ちゃんを演じ大活躍されていました~! 
小さいながらも涙の演技は絶賛です!

30歳にして歌に目覚め歌手を目指すジンジン(ペ・ドゥナ)と昔歌手だった
母を持つガンソク(ソ・ジソク)との関係はこのドラマの一番の見どころです。

ガンソク(ソ・ジソク)の母親(ナ・ヨンヒ)の反対が心配でしたが、
以外にも二人を応援するナ・ヨンヒさんに好感が持てました~~(笑)

腹違いの兄(イ・ジョンウォン)に常に競争心を抱き愛を信じない冷徹な息子が
ジンジンと知り合い、変わっていく様子を見ているうちに母親もジンジンに
好意を持ち始めたようです。
母親役のナ・ヨンヒさんは「僕の妻はスーパーウーマン」や「家門の栄光」
などでは、古いしきたりを変えようと力を注ぐ後妻役に共感された方も多かったと
思いますが、声もスタイルも独自の色を持つ存在感ある女優さんですね!

ソ・ジソクssiも日本でファンミを開催するほどファンが多い俳優さんですが、
このドラマのガンソク役はジンジンをひたすら愛する一途な男を演じ
カッコ良かったです!
劇中「誰になんと言われようが、僕だけを信じてついて来てくれ」と何度も
ジンジン(ペ・ドゥナ)に結婚を申し込む名場面があり、このドラマの
ソ・ジソクssiは洗練されたスマートさと自分の力で立ち上がる男らしさが
素敵で、私はこのドラマでソ・ジソクファンになりました~~(笑)
今、ソ・ジソクssi、ソン・ジュンギ君出演のドラマ「愛の選択」を視聴中ですが、
またこのドラマもお勧めの医療ドラマです!  1話からハマりました~~(笑)

♪ ドラマ『グロリア』が、人気上昇の勢いに乗りながら
OSTも大ヒットの兆しを見せている。
ドラマへの関心と同じぐらいに人気を呼んでいるOSTは
各種ポータルサイト検索順位と、OST音源チャート上位に
ランクされるなど、爆発的な関心を得ています。
カン・ジョンウク&ビョルの音色が魅力的な曲目の
『すっからかん』は、寂しさと切なさが絶妙に調和して
聞く人の胸に響く!!
特に歌詞とメロディに溶け込んだ美しい愛の物語が微妙に
交わって、ドラマの人気とともに爆発的な関心を見せている。
ドラマ『グロリア』は、人生に疲れて内面を覗き見る
余裕さえない若者たちと、彼らとの過ぎた愛に痛みを感じる
両親の世代の切ない感情が微妙に対応している。
『グロリア』はペ・ドゥナ、イ・チョニ、ソ・ジソク、
ソ・イヒョンなどの青春スターと、
ナ・ヨンヒ、ヨン・ギュジンなど確かな演技力の中堅俳優の
熱演で、人気が上昇している。(イノライフ)

私も韓国釜山の旅行先で「グロリア」のOSTを
見つけましたが、素敵な曲がたくさん収録
されていてお気に入りの1つです~♪

-----------------------------------------------------------------
グロリア全50話収録
コンプリート・シンプル
DVD-BOX 期間限定生産
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

-----------------------------------------------------------------



これまでの私、さようなら。
遅咲きの夢に目覚めた男女4人のミラクルラブストーリー!
(あらすじ)
知的障害者の姉を持つナ・ジンジンは、数々のアルバイトを掛け持ちしながら
一日中働き詰めの毎日を送っていた。
ある日、勤め先の一つであるナイトクラブで、歌手の代打としてステージに
立つことになります。
小学校時代にまともに歌えなかったジンジンだが、生まれて初めて立った
ステージでは自然と歌があふれ出し、見事『グロリア』を歌い上げます。
ジョンナンは、ジンジンの才能を見染め、それをきっかけに、
ジンジンは“歌うこと”に真剣に取り組み始めます。
30にして歌手への道に目覚めたジンジンと、幼なじみでトラブルメーカーの
ドンア、そして落ち目のエンターテイメント会社に異動させられた財閥の
非摘出子ガンソクとガンソクとの結婚を控えながらもドンアに心惹かれてゆく
ユンソ。遅咲きの夢に目覚めた男女4人の運命の出会い!
その4人の男女が人生の巻き返しを懸けて繰り広げるラブストーリーに
どっぷりハマりますよ!
中盤、いろいろな障害を乗り越え教会で結婚式を挙げるドンアとユンソ。
それを静かに見守るガンソクとジンジン・・・
このシーンはやっと一息つける、ゆいつ安心できる場面でした・・・
早く皆が幸せになってほしいと願うストーリー展開ですが、それを最後まで
邪魔して悪行を働くジソクがまぁ~憎たらしいこと・・・
もう~心から怒りがこみ上げてきて怒り心頭ですよ~ホント!!
そしてジンジンの歌手デビューも邪魔し姉のジンジュを拉致し困らせますが
その後ジンジンの出演料で姉のジンジュが手術を受け昔の記憶を取り戻す
までに回復します。
ここから姉妹の復讐劇が始まりますが、それでも悪役のジソクは負けて
いません。
終盤にジンジンの生い立ちが描かれたドラマが放送になり「このドラマは
実話です」と発表したことで世間を騒がすことになりラストはガンソクと
ジンジンのハッピーエンドで幕をとじました。
久しぶりにドキドキ、ハラハラと胸が高鳴るドラマに出会いましたぁ~!
ホント! このドラマ良かったです!!



    
コメント

韓国ソウル、三清洞から秋のソウル北村へ・・・

2011-10-20 | 日本・韓国・ソウル・釜山・ロケ地・他




何度も記事に投稿しているソウル北村ですが、今回は三清洞キル通りから
ゆっくり散歩しました~

ソウルの古い伝統が息づくエリアの三清洞と北村。
日本でも最近はテレビや旅行雑誌などで取り上げられることも多くなり
すっかり有名な観光地になりましたね~

私も北村は何度も訪れていますが、いまだにこの街に一歩入ると一瞬 
時間が止まったような不思議な空間が流れていくのを肌で感じます。。。

その昔、王様につかえる貴族が暮らしていたことで知られている北村は
今も昔の面影をそのまま残し韓国の伝統美が色濃く感じられる街です。
そして今回秋の北村はオレンジ色に実った大きな柿の木が目につきました。






































































コメント (2)

チャン・グンソク、キム・ハヌルのために大鐘賞びっくり登場!

2011-10-19 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報




グンちゃん、可愛いヘアスタイルで突然のサプライズ!!

でも~ グンちゃんらしい登場ですね^0^




チャン・グンソク、大鐘賞びっくり登場! 「キム・ハヌル姉さんに花を渡そうと思って…」

チャン・グンソクが、キム・ハヌルのために花束をサプライズでプレゼントした。


チャン・グンソクは、17日午後、ソウル光化門(クァンファムン)世宗(セジョン)文化会館で
開かれた第48回大鐘賞映画祭授賞式で、主演女優賞を受賞したキム・ハヌルのために舞台に
サプライズ登場した。

主演女優賞受賞の感激に涙を流すキム・ハヌルのためにひとかかえの花束をプレゼントした
チャン・グンソクは、「ハヌル姉さんが候補に上がったと聞いて学校が終わってから花を買ってきた」と
お祝いの挨拶を伝え、「まもなく『きみはペット』が公開される」と映画広報も忘れないセンスを誇った。

キム・ハヌルは、「チャン・グンソクにもありがとう」と所感を伝え、チャン・グンソクはかわいい
Vサインで喜びを表現した。[写真=大鐘賞映画祭] (イノライフ)
















コメント (2)