「韓流☆ダイアリー」ブログ!

韓国ドラマ・韓国映画の
   感想を綴っています・・・

韓国ドラマ 「善徳女王」、チュ・サンウクssiがOSTに参加・・・

2009-11-28 | 馬医・ケベク・トンイ・イサン・善徳・朱蒙
 


抜群の歌唱力を誇るチュ・サンウクssi、
ドラマはもちろん~~ オリジナル、サウンドトラックも
期待しちゃいますね!!


オム・テウンとチュ・サンウクが新しく制作された『善徳女王』
スペシャルオリジナル・サウンド・トラックに参加した。

 26日、MBC側はこのように明らかにした。オム・テウンは
作曲家パク・ソンジンの
楽曲「ただ一人」を歌い、甘美ながらも少年の純粋な感性が
際立つ温かいバラードを披露。

一方、抜群の歌唱力を誇るチュ・サンウクは、
作曲家シン・インスの楽曲「君が恋しいです」を
完璧に歌い、制作陣の称賛を浴びたという。

MBC側は「単純なCD発売ではなく、ドラマ『善徳女王』を
愛し、俳優オム・テウンや
チュ・サンウクを応援する人々にとって、
ドラマで見せる俳優の姿ではなく、
歌うユシン(オム・テウン)とウォルヤ(チュ・サンウク)からの
サプライズイベント的な
大切なプレゼントになるだろう」と伝えた。(エンタメコリア)










------------------------------------------------------------------
善徳女王
ブルーレイ・コンプリート・プレミアムBOX
[Blu-ray]
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ君のドラマ 「ヒーロー」 苦戦・・・

2009-11-28 | アラン・朝鮮ガンマン他とイ・ジュンギ作品



女性ヒロインの交替や放送開始が1週間遅れるなどの騒動が続きましたが、まだまだ
始まったばかりです!!
韓国では根強い「ヒーロー」ファンも多いようなので、これからのジュンギ君に期待
しましょう~~
視聴率重視の韓国芸能界・・・ ジュンギ君 ファイティン!!




『ヒーロー』3.9%最低視聴率、逆転できるか !!

MBC水木ドラマ『ヒーロー』が視聴者の好評にもかかわらず、視聴率が伸びずに低迷している。KBS第2『アイリス』の独走とSBS『イケメンですね』が若い世代のファンを確保した中で、一足遅れて水木ドラマに挑戦状を突きつけた『ヒーロー』は、苦戦を強いられている。

視聴率調査機関TNSメディアコリアの集計によると、25日放送された『ヒーロー』は、3.9%の全国視聴率だった。18日1話5.4%の視聴率で出発した『ヒーロー』は、2話4.9%、3話4.4%と下がり続けて、4話で3%台になった。また他の視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチでも、前日4.4%よりダウンした4.2%を記録するなど、低迷した視聴率が続いている。

ヒロイン交替と編成延期などのトラブルで出発からふらついた『ヒーロー』は、『アイリス』と『イケメンですね』にはさまれて、視聴率を伸ばせないでいる。『ヒーロー』は初回放送後視聴者の好評とイ・ジュンギの演技変身に対する賛辞で、期待感が高まった。しかし予想とは反対方向に流れている。“視聴率保証小切手”のイ・ジュンギも、全く光を放てずにいる状況だ。むしろ競争作が緊張感極大化し、ストーリー展開において絶頂を迎えており、『ヒーロー』に対する視聴者の関心が高まらないでいる。

しかし、ドラマ視聴率とは反対に、『ヒーロー』の視聴者たちの反応は熱い。ドヒョク(イ・ジュンギ)とジェイン(ユン・ソイ)が、お互いの本音を知って、妙な共感を形成し、これからのラブラインに対する期待感を引き上げた。危機に処した『ヒーロー』が、困難な環境を勝ち抜いて、水木ドラマのヒーローになることができるか関心が集められている。
(© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 )



韓国映画 「私たちの生涯最高の瞬間」

2009-11-27 | 韓国映画、ま~わ行


韓国映画 「私たちの生涯最高の瞬間」
          
       オム・テウン、キム・ジョンウン、ムン・ソリ


アテネオリンピックで、名勝負を繰り広げた女子ハンドボールチームの輝く栄光の実話!!

オム・テウンssiは元世界的プレイヤーで、この女子チームの監督です。
練習方法で選手たちと対立するが、やがて選手たちと心をひとつに・・・

キム・ジョンウンさんは選手として復帰し、ベテラン勢と若手選手の間のみぞをまとめ、
チームをもう一度世界へと導く大切な選手役を演じていました~~

この映画で、ムン・ソリさん、ジョンウンさん二人はライバル役です~~~ソリさんも
代表復帰を果たすが常に選手と監督の間でトラブルを起こしますが、次第に仲間同志の間に
信頼関係が出来、人間味ある部分が溢れ出てきます~~

女優陣の皆さんが、本当の選手のようにハンドボールをしているシーンは運動選手のようで
きっと~過酷なトレーニングとハンドボールの練習を受けたのでしょうね~
素晴らしい運動量でした~


日本と同じように韓国でもマイナーなスポーツなんですね~~~「中東の笛」問題で話題になり
逆に脚光を浴びましたが、この問題はスポーツ選手にとっては、絶対に納得のできない
、許されない行為ですよね~~ (怒)


(ストーリー)
オリンピック2連覇の主役である、最高のハンドボール選手ミスク(ムン・ソリ)。しかし、全身をかけて突っ走ってきた所属チームが解散し、彼女は人生の全てだったハンドボールを捨て、生活費のために仕事を始める。このとき日本のプロチームの監督として活躍していたヘギョン(キム・ジョンウン)は、危機に陥った韓国国家代表チームの監督代行として帰国をする。チームの戦力を補うためヘギョンは、長い間チームメイトでありライバルでもあったミスクをはじめ、過去の栄光を再現すべく、ベテラン選手らを呼び込んだ…。



韓国ドラマ 「イケメンですね」 最終回・・・

2009-11-27 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報



SBS水木ドラマ『イケメンですね』が、番組最高視聴率11.9%を記録して
放送を終了したそうです~~
ドラマ「アイリス」の壁は高かったようですが、グンソク君、頑張りましたね~~
アァ~~ ますます~~ 日本放送が楽しみです!!

(上の写真は最終話のラスト、「どうしょう」を熱唱するグンソク君です)



視聴率調査機関TNSメディアコリアによると、26日放送された『イケメンですね』の最終回は11.9%の全国視聴率を記録した。
これは前日より1%上昇した数値。『イケメンですね』の番組最高視聴率を更新して、有終の美を飾った。

この日放送された『イケメンですね』16話は、ミョ(パク・シネ)とテギョン(チャン・グンソク)がお互いの愛を確認するハッピーエンドで放映終了された。
『イケメンですね』は、KBS第2『アイリス』の独走の中でも健闘し、若い層から爆発的な反響を得た。

ホン・ジョンウン、ホン・ミラン姉妹作家の明るく、ハツラツとしたアイドルグループの愛というファンタジー、若者たちの愉快で一途な愛が視聴者の注目を集めた。またチャン・グンソク、チョン・ヨンファ、イ・ホンギが、各々の魅力を発散して女性ファンを魅了し、パク・シネは男装演技を立派に消化して好評を得た。
© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24



映画「霜花店」ジャパン・プレミアム

2009-11-26 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事


11月20日、新宿シネマートにて映画『霜花店(サンファジョム)~運命、その愛~』のジャパンプレミアムに高麗王を演じたチュ・ジンモが舞台挨拶に登壇!!
わぁぁ~~  最新情報にドキドキ~~!!

黒のデザインスーツに白いシャツで颯爽と登場したチュ・ジンモは、大きな拍手で迎えられ、その存在感にため息に近い声があがった。韓国では、観客400万人近くを動員する大ヒットとなったこの映画、今回チュ・ジンモの参加でチケットは売出し当日即完売という人気ぶりだ!

はにかんだ様子で「皆さんこんにちは、チュ・ジンモです。皆さんにお会いできて嬉しいです。日本で舞台挨拶をするのは初めてで、とても胸がときめいていて、そして緊張しています。」と挨拶した。

これから映画を見るお客様に対面した感想を聞かれると、会場から「ジンモ~!」「ジンモ~!」と声がかかり「僕のことをたくさんの方が知ってくれて、名前を呼んでくれて嬉しいです。皆さんから声援を頂くと韓国に帰ってまた頑張ろうという気持ちになる。」と笑顔を見せた。

映画について、今回の役のオファーを受けた時の気持ちを「この作品は、俳優がどのように役を解釈するかによって色々な見解ができる映画ではないかと思った。シナリオで王の役を見たとき、シナリオにはない感情の部分まで色々な表現ができるのではないかという印象を持った。この王の役は誰にもできるものではないと監督から聞いていたので、 オファーを受けた時は本当に嬉しかった。出演は即決した。」とし、「ただ、チョ・インソンさんとの愛の部分をどのように描いたらいいのかと心配もあった。今までのほかのドラマ・映画よりも悩む部分が多かった。」と真剣にこの映画の取り組んだ姿勢を話した。

また、チョ・インソンとはこの映画で共演する前から仲がよかったので彼の事を信じて撮影することができたし、彼は何事にも一生懸命な俳優だと感心した。ソン・ジヒョさんは本当に心のきれいな優しい方で、今回の役はとても大変な役なのに頑張っていたと称えた。

この映画の注目すべきところは?という質問に、「王の最後のところで言う一言。その一言を言う為に この王は映画に存在しているのではないか?また、その一言のために自分も出演したいと思った。」と伝えた。

この王の役は心の中に包み隠している感情の部分が多く、難しかった。その王の心情を『目』で表現しようと努めた。気持ちを抑える演技というのは本当に難しかったが、やりがいもあった。と演じた達成感を語った。

続いて、観客からの質問に、質問者の方を見て答えるジンモ。
①好きな女性のタイプは?
少し照れながら・・・「以前は可愛くてスタイルが良くて、優しい人と思ったりしたが、今は『懸命な女性』がいい。そんな女性を待っているところです。」日本女性の印象を聞かれると、「本当に優しくて配慮や気遣いをしてくれるので感謝の気持ちに尽きる。」と話した。

②この映画で10kg体重を落としたと聞いたが、今でもキープしているか?
「また10kg戻りました(笑)。実は、映画の撮影前に10kg落としたのではなくて、撮影中に王の役の感情にあわせて少しづつ痩せていった。しかし残念なことに王の衣装はゆったりしているので体のラインはあまり見えなかった。顔には出ていると思うのでよく映画を見てほしい。」と語った。チュ・ジンモに見つめれらて答えを聞く女性は、胸に手をあてこの状況が信じられないといった様子だ。

また、幸運にも選ばれた1名がチュ・ジンモから映画のポスターを手渡しされ優しくハグをされた。
最後に、チュ・ジンモから「この映画を見て楽しかったら是非、周りの人に宣伝してくださいね。 そして次の上映時には空席のない様に!」と笑いを誘って、内容たっぷりの舞台挨拶が終了した。

「霜花店~運命、その愛~」
高麗時代末期を背景に危険な愛に身を投じた3人の男女が辿る悲劇的な運命をロマン溢れるタッチで描いた歴史絵巻。今作でチュ・ジンモは第5回百想芸術大賞 映画部門最優秀演技賞を受賞した。36人のイケメン乾龍衛もみどころだ。
2010年2月6日(土)よりシネマート新宿、ほかにてロードショー!


映画「あなたは遠いところに」スエ、オム・テウン

2009-11-26 | 韓国映画、あかさ行


韓国映画 「あなたは遠いところに」 


                  スエ   (夏物語、海神、9回裏2アウト)
              オム・テウン  (復活、魔王、私たち生涯最高の瞬間)
            チョン・ギョンホ  (ごめん愛してる・犬とオオカミの時間)
            チョン・ジニョン  (王の男、楽しい人生)


イ・ジュンギ君の「光州5・18」も古い時代の映画でしたが、この映画も戦争映画の
ジャンルに入ります。  私は戦争映画は苦手なジャンルでしたが 上の1枚のポスターを
見てスエさんのあまりの変わりように興味がわきました・・・


親の決めた人と結婚をしたスニ(スエ)とサンギル(オム・テウン)。
平凡な田舎の長男の嫁のスエは姑からの強要で毎月 軍隊に行っている夫(オム・テウン)
の面会に行かされています。 しかし毎回 夫からはやさしい言葉1つなく ただ「母は元気
か?」の会話だけ・・・
ある面会の日、彼が「お前、俺を愛しているか?」とスエに聞きますが、彼女は何も言えずに
帰ってきました・・・
ところが翌月の面会で夫が志願してベトナム戦争に行った知らせを受けます。
彼女はその知らせを受けベトナムに行くという姑を残して自分が夫を探しにベトナムに行く
決心をし、慰問公演団のボーカルとして戦場へ飛び込んで行きます。

この当時の韓国(1965年~1973年ごろ)はアメリカの要請でたくさんの韓国兵士が
ベトナムに投入されたそうです。特に韓国軍の強さは際立っていたそうですが・・・
また タブーとされている歴史の傷跡もたくさんあるようです・・・
ラストのスエさんとオム・テウンssiのいろいろな意味での距離感・・・?
スエさんが何を伝えようとしてベトナムまで行ったのか・・・?
ラストは監督さんの描き方と日本人としての見方とそれぞれ心に響くものに違いがあるよう
です・・・   でも・・・ 何か感じるものはありました~~

主演のスエさんの歌とダンスが素晴らしく これまでの彼女のイメージとは違う新しい新鮮な
姿が見られます~!!
スエさんは昨年11月に「第28回映画評論家協会賞主演女優賞」をこの映画で受賞されました。


韓国ドラマ「甘い人生」 あらすじと感想!

2009-11-26 | 韓ドラ あ行、あ





韓国ドラマ「甘い人生」 イ・ドンウク、オ・ヨンス、パク・シヨン 
   
   2008年  24話


ある夫婦の「不倫」が四角関係に発展する衝撃的なラブロマンス!!

ある事件が他殺か自殺か、その事件の謎の解明のために、退職した
元刑事が一人の 青年(イ・ドンウク)を追い始める・・・

このドラマは過去と現代の話が巧みにクロスしながら交錯し、
サスペンス調なストーリーになっていて、先の流れが読めずにとても
面白かったです。


・ イ・ドンウク (マイガール、アラン、最強ロマンス)
  
  はじめてミステリアスな悪役に挑戦し大熱演でした!
  二人の女性から愛されますが、過去の心の傷が大きく、
  自分自身の心の弱さから
  抜け出せないでいる姿が痛々しいほどです!
  (顔の表情が怖いくらい役になりきっています・・・)


・ オ・ヨンス (チュモン、雪だるま、二度目のプロポーズ)

  夫の浮気を知りショックをうける、人生のケジメをつけようと
  冬の北海道に向かったが
  そこでイ・ドンウクssiと出逢いお互いに心引かれることに・・・
  「チュモン」でのユファ姫のイメージが強かったヨンスさんですが、
   若い男性と恋に
   堕ちる人妻を熱演、このドラマではビキニの水着姿も披露して
   くれましたが・・・
  (でも~、今、どうして~???  ) ユファ夫人が・・・


・ パク・シヨン (マイガール、サラン )
  
  マイガールでもドンウクssiと元恋人どうしでしたね。 
  二人はいつも心が通わないですね
  でもこのドラマでは不倫をして悩み苦しむ複雑な心の感情を
  丁寧に演じていました!
  またシヨンさんは女性から見ても「どこか守ってあげたい」と
  思ってしまう雰囲気が特徴ですよね!
  羨ましいけど・・・(笑)
  そのシヨンさん~とても演技が上手になりましたね~~!! 
  (ファッションセンスはバツグン!)
  

  それぞれのシーンで流れるバラード調の挿入歌が素敵で
  ドラマを盛り上げています!!
  
  ドンウクssiとヨンスさんの年下の不倫愛!
  ヨンスさんのイメージチェンジに注目ですね!










韓国ドラマ 「海神」 ヘシン  チェ・スジョン、ソン・イルグク

2009-11-23 | ドラマ 「 韓国時代劇 」

韓国ドラマ 「海神」 ヘシン         2005年     51話

チェ・スジョン、ソン・イルグク、スエ、キム・フンス、ソ・ドヨン、ペ・スビン

統一新羅時代に実在したチャン・ボコ(チェ・スジョン)の激動の
人生を描いた時代劇ドラマ。

朝鮮半島南部の小島・晴海を拠点に海路を開拓し東北アジア交易の
中心として海上帝国の夢を
見たチャン・ボコ(チェ・スジョン)の闘いと
切ない恋の行方にハマりますよ・・・





平均視聴率が30%を記録し、韓国歴史ドラマの
新たな道を開拓した「海神」は、外国でも高い
評価を得て、主演のチェ・スジョンssiは「海神」に
主演後、時代劇の「テジョヨン」にも
主演し成功を収め、韓国の歴史ドラマの
視聴率王と呼ばれたそうです!

同じくソン・イルグクssiもこの「海神」で
大成功し人気が出て「朱蒙」で主役の座を
勝ち取りました!

我が家のおばあちゃんは、チェ・スジョンssiの
名前が覚えられず、いつもヨン様の「初恋」の
お兄ちゃんとチェ・スジョンssiのことを呼んでいます~(笑)

たしかに・・・
「初恋」のワイルドなヨン様も素敵ですが、
足を怪我して不自由になった姿で絵を描いている
お兄ちゃんは強い印象を残しましたね!





朝鮮半島の南端、チョンヘで造船所の奴隷として生まれた
クンボク(のちにチャンボコ)は偶然
出会ったヨンムン(のちにヨムジャン=ソン・イルグク)たちから
武術を学びます。

その後、クンボクは唐に売り渡され、数々の困難に遭遇しますが
苦難を乗り越え、武術と商才で
海賊や私腹を肥やす貴族たちと壮絶な戦いを
繰り広げていきます。

やがてチャンボコは唐や新羅や日本を股にかける海の王者
「海神」にのし上がっていきますが
海賊に属するヨムジャン(ソン・イルグク)との
闘いも避けて通れないものになっていきます・・・

登場人物も多いですが、それぞれのキャラクターは
しっかりしていて、人物の背景も楽しめるように
ストーリーが緻密に計算されていて感動しました!

「朱蒙」とかぶる俳優さんがたくさん出演されてますが、
別の見方で観れて楽しかったです。
特に「朱蒙」のサヨン役のペ・スビンssiには
ビックリ驚かされました!
えぇ~~ウソ??  この人が、あのサヨンなの~??
と 驚くくらい 目が点になります!!

このドラマ「海神」でのヒロインのスエさんはキャストの
中では若手に入りますが、演技力は誰にも負けてません。

貴族の娘に生まれますが海賊に村を襲われて父親も
地位も失い苦労しながら生きて行くことに
なりますが女商人のジャミ夫人のもとで
暮らすようになります・・・
ラスト、  スエさんが一人船で沖に向かっていく姿は
とても強い印象を残してくれたと思いました・・・

-------------------------------------------------------------
海神-HESHIN-
[ヘシン]
DVD-BOX 1
ジェネオン エンタテインメント

-------------------------------------------------------------









ドラマ「ドリーム」チュ・ジンモ、インタビュー

2009-11-22 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事
チュ・ジンモssi~~ ドラマ「ドリーム」でのインタビュー!!

チュ・ジンモが、大ヒット映画『霜花店(サンファジョム)運命、その愛』に続く作品として選んだのがドラマ『MY DREAM(マイドリーム)』!!
12月19日よりアジアドラマチックTV★So-netにて放送が開始される『MY DREAM』で、スポーツエージェントの世界、格闘技を題材という新たなジャンルのドラマに挑んだチュ・ジンモssiのインタビュー!!
12月の放送が待ち遠しいですね^^

〇大ヒット映画『霜花店』の後の復帰作として『MY DREAM』に出演した理由は。

「しばらく映画だけに集中してきましたが、大衆とは遠ざかって映画だけにこだわっていた気がしていました。それで大衆と触れ合える作品を探していました。そして選択したのがこれです」

〇選手ではなく選手を育成する役どころのシナリオを初めて見た時どう思われましたか。

「職業を見て作品を選ぶわけではないので、エージェントという職業はさておいて、そのキャラクターの性格が気に入ったんです。『パンチ~運命の恋~』や『カンナさん大成功です!』は今回と似ている点があるかもしれませんが、性格の面では差別化されていると思いました」
〇気楽な姿を見せたいとおっしゃっていましたが。

「その意味は、今までの自分の役が、日常生活で見られるようなキャラクターではなかったんです。それでこのドラマでは『近所のお兄さん』的な感じを作りたかったんです。しかし、ドラマが進むにつれ脚本家や自分の意図とは多少、変わってしまい生かすことができなかった部分も多いです。しかし、このキャラクターに愛着も強かったし、キャラクターの特性は出せたと思います」

〇役作りは事前にどれぐらい、どんな準備をするんですか。

「作品を決める時に、その人物について深く研究をします。現場でそれをやったらうまく表現できないと思います。撮影が入る前にその人物分析は終わらせて、現場では楽しむ感覚でスタッフとのチームワークにより重点に置いて臨みます。それでいつも笑顔で臨んでいました」

〇特に監督から言われた、自分から主張したなど意見を戦わせたことはあったのでしょうか。

「最初の6話までは問題なかったです。しかし、半ばに入ると意見の違いが生じて色々悩みました。しかし、大きな意味ではそんなにトラブルはなかったです。ドラマの中でキャラクターが背負っている責任が大きかったので、それはつらかったんですが自分なりには楽しく撮影に臨みました」

〇キム・ボムさん、ソン・ダムビさんら若い俳優さんとの共演で、彼らを引っ張っていかなければならないような役割もあったと思いますが、それに対しての不安はありましたか。

「年下、経験が浅いということで軽く見るようなことはありません。演技にあるレベルの期待はしますが、それに達していないから自分がどうにかするというのはおこがましい。自分に出来ることは彼らの目線に合わせることです。同じ俳優なので、要求や注文などはせずに気楽に、プレッシャーを与えないように、動揺させないように頑張りました」

〇実際に二人に会ってみて、いかがでしたか。

「ソン・ダムビさんは、最近ブレイクしているホットな芸能人で誰でも惚れてしまうというイメージを持っていました。でも、実際に会った時は、歌手ではなく役者として見て、今までの名声よりはこのドラマの中での彼女、ということを意識しました。なので、今だにダムビさんのステージでの姿は慣れないですね。キム・ボムさんは、撮影の前はよく知らなかったんです。年は離れていますが大人っぽい、と撮影しながら感じました。そして、仲良くなりたかったし、ちゃんと面倒を見てあげたいと思いました」
ソウル=野崎友子通信員 朝鮮日報日本語版

チュ・ジンモ「霜花店」舞台挨拶!!

2009-11-21 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事

「韓流シネマフェスティバル2009~約束」のオープニングに合わせてチュ・ジンモssiが
19日に来日しました~~
そして~主演映画「霜花店 (サンファジョム) の舞台挨拶に登場~!!
(20日 東京・シネマート新宿)

韓国で今年、この映画「霜花店」で最優秀演技賞を受賞されたジンモssi~~
男性美もカリスマ性も兼ね備えたジンモニムの更なる活躍を祈ります
ファイティン!!

↓ (朝鮮日報より)
チュ・ジンモが日本で舞台あいさつを行うのは初めて。「緊張している」としながらも、ファンの呼びかけに小さく手を振るなど、楽しんでいる様子だった。

出演をオファーされた時の思いをチュ・ジンモは「この作品は俳優の解釈によってどうにでも表現ができると思った。王の役は非常に情熱のある、余裕のある俳優にしかできないと聞いていたので、また監督を信頼していたので、オファーをすぐに受けた」と語った。

「しかし、チョ・インソンさんとの愛の部分に心配はあったので、悩む部分もあったが、彼とは前から親しかったので、彼を信じて撮影に臨んだ。撮影していて、何事にも頑張る俳優だと思った」とした。

ソン・ジヒョについては、「心がきれいで澄んでいる人。今回は露出もあって、彼女ができるのかと心配もあったが、彼らの演技する姿を見て、自分も頑張らなければと思った」と語った。

今回の自身の演技に関しては「王の心に隠されている部分を演じるのが難しかった。目で表現しようと努めていた。いつになく気持ちを抑える演技が難しかったがやりがいがあった」と満足感を示した。

見どころとしては、「シナリオを呼んでいる時も感じたことだが、最後の一言のために出演をしたいと思ったほどの一言。その言葉で、王の気持ちを十分に理解してもらえると思うので、その言葉を深く心に刻んで感じて欲しい」とした。

チュ・ジンモは、大ヒットとなった『カンナさん大成功です!』や、チョン・ウソンとともにイケメンぶりが話題となった『MUSA~武士~』、昨年秋の〈韓フェス〉で公開された『愛 サラン』などで、ルックス、人気を兼ね備えた実力派俳優として着実にステップアップしてきた。

そして、韓国で昨年封切られ400万人動員の大ヒットとなったこの『霜花店』で、ついに百想芸術大賞映画部門最優秀演技賞を受賞。俳優として大きく飛躍することになった。

最後に、「これまで自分がやりたいものをやってきたが、これからは、観客・視聴者がやってほしいというような役をやりたいと思う」と目の前のファンを意識したように語ると、大きな拍手が沸き起こった。

高麗の王(チュ・ジンモ)、王の近衛部隊・乾龍衛隊長のホンニム(チョ・インソン)、王妃(ソン・ジヒョ)がそれぞれの愛に燃え、嫉妬(しっと)や苦悩する様を衝撃的に描く『霜花店』は2010年2月6日にシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー公開。前売りは11月21日より開始される。

一方、チュ・ジンモが『霜花店』の後、主演したドラマ『MY DREAM~マイ・ドリーム~』が、CS放送のアジアドラマチックTV★So-netにて12月19日より日本初放送される。