「韓流☆ダイアリー」ブログ!

韓国ドラマ・韓国映画の
   感想を綴っています・・・

グンソク君、新作ドラマヒロインにハン・ヒョジュさんが??

2011-08-30 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報



今朝はグンソク君のビックニュースが。。。

グンちゃん主演のドラマ、ユン・ソクホ監督の新作「愛の雨」(仮題)のヒロインに

ハン・ヒョジュさんが最有力候補に浮上!!


実現されたら爽やかなで素敵なカップルが誕生されますね^0^


グンちゃんとヒョジュさん、同い年なんですね!!





女優ハン・ヒョジュ、「愛の雨」ヒロインに…グンソクとキスなるか?


2011年08月29日14時59分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版] comment2mixihatena0 .


ユン・ソクホ監督の新作「愛の雨」(仮題)のヒロインの最有力候補に浮上した
女優のハン・ヒョジュ。
女優のハン・ヒョジュがユン・ソクホ監督の新作「愛の雨」(仮題)のヒロインの
最有力候補に浮上した。

最近、ある放送関係者によると、ユン監督はすでにキャスティングされている
チャン・グンソクの相手役を抜てきし、日程を調整中だと伝えた。

この関係者は『愛の雨』のキャスティングがハン・ヒョジュを最後に最終段階に入った。
ユン監督が20代初盤から中盤にかけてのナチュラル美人の女優を望んでおり、
ハン・ヒョジュが条件を満足していた。
すでにドラマに合流しているチャン・グンソクとは同い年で、自然に溶け込める点も
大きく作用しているうえ、ユン監督とは前作でも一緒に仕事をした縁もある」と説明した。

ハン・ヒョジュは2006年、ユン監督の四季シリーズ第4作の「春のワルツ」で
ヒロインを演じ本格的なブラウン管デビューを果たした。
その後、このドラマによって日本でも韓流スターとして株を上げていた。

この関係者は「ハン・ヒョジュの出演作が最近、日本で放送されて人気が急上昇している点も
キャスティングの際に考慮された。
ドラマ『東夷』はもちろん、初の主演作である『春のワルツ』もハン・ヒョジュの人気に勢いを
得て再放送されている」と伝えた。

「愛の雨」は「秋の童話」「冬のソナタ」「夏の香り」「春のワルツ」などを演出した
ユン・ソクホ監督と「秋の童話」「冬のソナタ」を執筆した脚本家のオ・スヨンが10年ぶりに
意気投合した作品。
70年代の大学時代に出会った男女の愛が2世にも引き継がれていく童話のような物語で、
1人の女性だけを深く愛する1970年代の殉愛譜的な愛と2000年代のデジタル的な
愛を同時に描く。
10月中旬に撮影が始まり、2012年春に放送される予定だ。(中央日報)







コメント (4)

チュ・ジンモ、クォン・サンウ主演映画「痛み」VIP試写会へ!

2011-08-29 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事




クォン・サンウ、チョン・リョウォン、主演映画「痛み」の VIP試写会には
イ・ジョンジェ、チュ・ジンモ、チャン・ヒョク、キム・アジュン、チソン、ソン・ユリ、
オム・ジウォン、パク・チユンなど、韓国のトップスターが
集まり、さすがクォン・サンウssiのビックさも感じられる試写会ですね~~

クァク・キョンテク監督は、チュ・ジンモssiも映画「愛~サラン」で主演を
務めた監督さんです~~
でも~ 今日のジンモさん~~  チョット~ 可愛いいでしょう~?!?!


映画「痛み」は韓国で9月7日公開予定です!!



クォン・サンウ、チョン・リョウォン主演の映画'痛み'(クァク・キョンテク監督)
VIP試写会が29日午後ソウル、広津区(クァンジング)、建大入口(コンデイプク)
ロッテシネマで開かれた。

'痛み'は幼い時期自動車事故で家族を失った罪悪感とその事故(思考)による後天的な
後遺症で痛みを感じることができなくなった男(クォン・サンウ)と遺伝(油田、流転)により
小さい痛みさえ致命的な女(チョン・リョウォン)の愛を扱ったメロー映画で来る秋夕(チュソク)に
開封される。

試写会に先立ちチュ・ジンモがポーズを取っている。

[OSEN=パク・ジュニョン記者] ↑








コメント (2)

「メリは外泊中」ライブイベントの写真公開!

2011-08-29 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報




「メリは外泊中」ライブイベントの写真がムン・グニョンちゃんの

公式HPに掲載されました。。。❤








ムン・グニョンとチャン・グンソクが出演したドラマ『メリは外泊中』は5月20日からTBSで
放映され、日本で大きな人気を呼んだが、同ドラマのライブイベントが8月18日と23日に現地で
行われ、その写真がムン・グニョンの公式ホームページに掲載された。


東京・日本武道館と大阪・大阪城ホールで開かれた今回のライブイベントには、同ドラマ
出演者のムン・グニョン、チャン・グンソク、キム・ヒョジン、パク・サンミョンらが登場。
2都市で2公演ずつ、合計約6万人が熱狂し、新たな韓流ブームを予感させた。


ライブイベントはドラマに登場した結婚式の美しい映像や音楽などで幕が開き、席を埋め
尽くしたファンたちの大歓声が会場を包んだ。


大阪公演ではムン・グニョンが大阪弁で自己紹介すると、客席のあちこちから「かわいいー!」と
歓声が上がり、いいムードに。そして、チャン・グンソクのライブステージでその熱気は
さらに高まった。


今回のライブイベントで新たな韓流女優注目株に浮上したムン・グニョン。
ソウルドラマアワード2011事務局がこのほど、アジア各地域のヤフーを通じ実施した
男女俳優人気投票1位になり、アジアのファン大きな支持をあらためて証明した。


パク・ヨンウン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版



コメント (2)

コン・ユ、新作映画 「るつぼ」 制作報告会!

2011-08-28 | 韓国芸能情報(映画・ドラマ・他)



除隊後、映画が続くコン・ユ君ですが、私は胸キュンのラブコメドラマが
見たいなぁぁ~~


そして、今夜のおしゃれイズムにコン・ユ君が登場!
テレビ番組には「韓国ロケであの韓流スターも登場」
さっそく、録画しないと。。。 (笑)




コン・ユ「ロマンチックガイ」の呼称はプレッシャー…実際はまじめ男


ロマンチックガイ コン・ユが、真実を暴く美術教師に変身した。
コン・ユは人気小説家・孔枝泳(コン・ジヨン)の小説を原作にした映画『るつぼ』で
虐待受ける子供たちのために真実を暴く美術教師カン・インホ役にキャスティングされた。

コン・ユは22日午後、ソウル・CGV往十里(ワンシムニ)店で行われた映画『るつぼ』の
制作報告会に参加して「ロマンチックガイ、スイートだという言葉が個人的に
プレッシャーになります」とし、「実際には意外と真面目です。真面目すぎてつまらないと
よく言われる」と打ち明けた。
コン・ユはこの日「ロマンチックガイという呼称は前にやった作品おかげ」としながら
「変身というのには話す俳優として負担になる」と告白した。
引き続き「監督さんとお酒を一杯飲む席で私の演技が迷惑をかけたらどうしようと心配が
多かった」とし、「観客に映画がオープンになる時点が私には恐ろしい時間」と話した。

だが、この日小説家孔枝泳はあらかじめ製作された映像インタビューを通じて「初めて会った
席でコン・ユが、貧しくて無力な人々のためにこの話を映画として作りたいと話した」とし、
「こういう俳優こそ主人公にならなければと思う」と主人公に対する無限の信頼を見せた。

一方、映画『るつぼ』は、校長と教師たちに虐待された子供たちのために真実を明らかにする
過程を描いた映画で9月22日公開予定だ。







コメント (4)

スンホンとテヒの爆笑ラブコメ韓国ドラマ 「マイ・プリンセス」あらすじと感想!

2011-08-27 | 男が愛する時・JIN・他スンホン作品

韓国俳優ソン・スンホンと女優キム・テヒが主演を演じ、韓国で高い人気を誇った
MBCドラマ「マイ・プリンセス」が31日からフジテレビの地上波で放映!! 
 嬉しい^^

皇室再建に反対する御曹司役のパク・ヘヨン(ソン・スンホン)と皇女イ・ソル
(キム・テヒ)の衝突劇がコミカルに描かれているドラマです。
でもお二人の美しい美男美女は羨ましいほどのナイスカップル!!

スンホンssiは「エデンの東」、「男たちの挽歌」とワイルドで男らしい役が
続いていたためファンにとっては待望の明るいコメディーに期待がもてそうです。

(今年完走した長編ドラマ「エデンの東」はスンホンssi主演ドラマということも
 ありますが、
 完成度の高いストーリーと子供のころから傷つきながら悲しみを背負って生きて
 いくスンホンssiのたくましい姿に感動!!  
 悲運な青年に身を投じ、復讐に燃える中での家族の愛、彼女への愛の葛藤に
 苦しむ重い役を見事に演じたスンホンssi。
 「エデンの東」は、超~ お勧めドラマの1つです。 )

本作では明るいキャラクターと外交官というスマートなルックスにたくさんの
スンホンファンが魅了されたはず!!
またスンホンssiもワイルドでハードな作品の後の脱力感とは違う、幸せの余韻が
味わえる作品になったようで、「劇中のヘヨンとソルにとても会いたい。恋しい。」
とファンに心情を明かしたようです!!
ホント~!!    ヒロインのテヒさんに振り回され困り果てたスンホンssiも
新鮮で笑いの連発でした~(笑)

またイ・ソル役のキム・テヒさんもビョンホンssiと共演したドラマ「アイリス」の
女戦士とは180度違うキュートでコミカルな姿を積極的に演じていました。
「アイリス」では、どうしても北の女戦士役のソヨンさんの方が驚くほどの
カリスマ性を発揮し、韓国ではテヒさんの演技力が問題になり悲しまれたよう
ですが、「マイ・プリンセス」でのテヒさんは、コミカルなお騒がせ女子大生を
テンポよく絶妙な演技で演じていました~
テヒさんの元気な皇女様は可愛かったですね^0^

最近、テヒさん、ヨン・ジョンフンssi、イ・ドンゴンssiの長編ドラマ
「マイ・スウィートファミリー」をお友達からお借りしましたが、こちらのドラマも
ラブコメなのかしら。。。??
2004年のドラマですが、テヒさん長編ドラマにも出演されていたのね^0^




(あらすじ)
貧乏だけど明るく元気な女子大生ソルは、ある日バイト先で公務中の外交官
ヘヨンと出会う。
お互いの印象は最悪で、二人は会うたびにケンカばかり。
そんな中、ヘヨンの祖父で財閥企業の会長トンジェは、皇室再建のために
全財産を社会に還元すると表明。
長年かけてソルを探し出した彼は、なんとソルが唯一の皇族継承者だと告げ
大騒動に! 
ごく平凡な暮らしが一転し、“皇女”として宮殿入りを迫られるソル。
さらにその教育係となったのはヘヨンだった! 
ソルとヘヨンは次第にお互い魅了されるが、彼女は国中の視線を集めるたった
1人のプリンセス。
その行く手には途方もない困難が待ち受けていて…!?

普通の女子大生がある日突然、プリンセスとして宮廷入りすることに!? 
という女性なら誰しもが憧れる夢のような設定をベースに描いた、
泣いて、笑ってハッピーになれる極上のラブコメディ!! (フジTV)

----------------------------------------------
 韓国ドラマ
 「マイ・プリンセス 」完全版
 シンプルDVD-BOX
 5,000円シリーズ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

何度も観たい!一気観したい!
あのトキメキを1BOXにギュギュッと収録!
夢のドリームカップル誕生ドラマ!
----------------------------------------------

コメント (4)

チャン・グンソク、日本版「美男ですね」カメオ出演!

2011-08-26 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報



わぁ~~
グンちゃん、日本版「美男ですね」に出演ですね~~
日本語も上手だし、楽しく演技されたことでしょう!




チャン・グンソク、日本版『美男ですね』カメオ出演“義理堅い”


チャン・グンソクが現在放送されている日本版『美男ですね』にカメオ出演する。

チャン・グンソクは韓国で放送され人気を博した『美男<イケメン>ですね』を
リメークしたTBS『美男ですね』に特別カメオ出演する。
日本で初めてドラマに出演するチャン・グンソクは、セリフを流暢に語り日本語の
実力を発揮した。
長い日本語のセリフをNGなしで一発で撮影を終え、拍手を受けたチャン・グンソクは、
OKサインにも再撮影を願い出るなど、積極的に撮影に臨んで、日本のスタッフから
賛辞されたという。

日本版A.N.JELLメンバーらも「チャン・グンソクの演技が本当に素敵だった」とし
「楽しい撮影で幸せな時間だった」と喜んだ。
特にチャン・グンソクは、出演料なしでドラマにカメオで出演した。
出演料を受け取らなかったチャン・グンソクは「ドラマのために出演料を使って頂ければ
嬉しい」と義理堅い一面を見せた。

チャン・グンソクは、ユン・ソクホ監督の『愛の雨(仮題)』の男性主人公に抜擢され、
9月から撮影に入る。 ↑ [写真=Tree J Company] (イノライフ)








コメント (2)

チャン・グンソク君、AKB前田&大島とCM共演!!

2011-08-26 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報




CMは9月7日水曜日から全国オンエアとなる予定だそうです!!

チョッピリ大人の雰囲気のグンちゃんに会えそうですねぇ^^




AKB前田&大島とチャン・グンソク共演! 「ファンに申し訳ない」
                              (2011年8月24日 17:24 )

 韓国俳優のチャン・グンソクと、人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子と大島優子が
エステティックのTBCグループ新広告キャラクターに起用され、8月24日、都内で行われた
発表会に出席した。






 過去に木村拓哉やベッカム夫妻、中田英寿などが起用されてきた同ブランド。
最も輝いているトップスターとしてキャラクターに決まったことについて、前田は「嬉しい反面、
プレッシャーを感じていますが頑張ります」と力強くコメントした。
前田と大島は会見前にエステを受けたそうで「お肌のプルプル感がうれしかった。
すぐにわかりました」(前田)、「顔色がワントーン明るくなりました。
また、むくみやすいのですっきりして驚きました」(大島)と感激した様子。
プライベートジェットで大阪から駆けつけたというチャン・グンソクは
「僕もエステを受けたかったです。(キャラクターに選ばれ)男性の代表みたいな感じが
して嬉しいです。
韓国と日本の男性が美しくなれるように、僕が第一線で頑張ります!」と意気込んだ。

 9月7日(水)から全国オンエアとなる新CMは、3人がそれぞれ持っている従来のイメージとは
全く異なる大人の魅力を大胆に押し出したショート・ムービー仕立てになるという。
撮影は日本と韓国で別々に行われたそうで、チャン・グンソクは「私だけ韓国で撮影で
寂しかった……」とコメントし、ふたりについては「とても可愛いですね。
AKBを知っていました。(ふたりに)挟まれて恥ずかしいですね。
ファンの皆さん、ごめんなさい!」と初対面の印象を語った。
一方の大島は「(チャンさんは)気さくな方でびっくり。
たたずまいが美しいですよね。逆に、グンソクさんのファンに申し訳ないです」と
恐縮しきりの様子で、前田も「チャンさんは日本でも大人気。実際お会いすると、
背が高くて中身も素敵な方ですね」と絶賛。
すかさずチャン・グンソクが「本当に知ってました?」と切り込むと、前田は「もちろんですよ!
 知らない人なんていないですよ」と照れ笑いを浮かべていた。

 8月25日(木)から全国7都市の野外看板約200か所に掲示されるビジュアルボードも披露され、
前田は「こんなに大人っぽくなってるとは思ってなかったので嬉しいですね。
ドキドキします」と笑顔を見せ、チャン・グンソクは「これが出たら、もう渋谷で
シャッフルダンスはできないかも……」とおどけて笑いを誘った。

 新広告は「open your beauty」をテーマに、3人が美への扉を開くという設定で、
テレビCMや屋外大型看板、交通広告、WEB広告など全国展開される。
(韓流ぴあ)撮影:杉山正直
















コメント (4)

韓国ドラマ 「製パン王キム・タック」 4人の恋の行方

2011-08-25 | 韓ドラ さ行、すせそ




韓国ドラマ  「製パン王キム・タック」     2010年      30話


            ユン・シユン、チュオン、ユジン、イ・ヨンア


タック(ユン・シユン)とマジュン(チュウォン)の二人から想いを寄せられる
ユギョン(ユジン)。
このドラマでは愛する人を裏切る初めての悪役に挑戦したユジンさんの激しい
演技にも注目です。
子供のころから父親の虐待をうけ貧しい生活に耐えてきた彼女。
幼いころタックと出会い、その明るさに救われ青年になったタックとの再会を
喜び、お互いに心を通わすのですが、タックに対抗心を燃やすコソン食品の御曹司
マジュン(チュウォン)から愛を告白されます・・・


タックに想いを寄せながら、マジュンの元へと揺れ動くユジンさんですが・・・


会長夫人のマジュンの母親からの差別が許せなかったのでしょうねぇ~
復讐心からの行動としか思えませんが、母親への当てつけでマジュンとの交際を
選ぶユジンさん・・・


タックとの別れのシーンで、

「悪いなんて思うな、お前は自分が幸せになる道を選んだと信じるよ。」
「これでお前は幸せになれる。そうだろ。もう後ろは振り返るな。」
「俺に悪いと思うな、絶対に幸せになるんだ。」と約束して去っていくタック。。。

今まで辛く苦しい思いをたくさん味わってきたタックですが、このユギョン
(ユジン)との別れが一番つらかったのでは・・・


そして、タック(ユン・シユン)とミスン(イ・ヨンア)のベストカップルは
爽やかでほほえましいお二人でした。
ミスン役のイ・ヨンアさんは、イ・ジュンギ君のドラマ「イルジメ」でも、
いつもそっと陰でイルジメを支える明るいボンスン役を演じていましたね~
イ・ヨンアさんの献身的な健気さは、いつも私たち視聴者に明るい希望を
与えてくれます。


またハン室長役のチョン・ソンモssiの一人の女性への一途な愛、息子への愛情
など緊張感が続く演技もこのドラマを盛り上げていました。
そしてタックのような明るく善良な役とマジュンのような鋭い目を持つ悪役との
対比が分かりやすく表現されたことが私たち視聴者に強く伝わり、このドラマの
高視聴率に繋がったと思います!
本当に毎回毎回気になるストーリーでした。

























コメント (2)

チャン・グンソク、日本のファンと伝統国楽演奏を。。。

2011-08-24 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報




グンちゃんが日本のファン100名と韓国伝統文化を体験されたそうです。


韓国の古き伝統文化の美しさが保存されている「韓国家具博物館」での

特別ファンミーティング。


写真からも、韓国の古き伝統文化の趣を感じる雰囲気ですね!!








チャン・グンソクは伝統的な韓国風家屋「韓屋」で特別な
ファンミーティングを行った。


チャン・グンソクは8月6日、ソウル市城北区の「韓国家具博物館」で、
日本人ファン約100人と一緒に韓国の伝統文化を体験した。
今回のファンミーティングは、アウディ・ジャパンが日本と
アジア太平洋地域のVIP客を対象に開催したインターナショナルな
イベントの一環。
チャン・グンソクはアウディ・ジャパン側のオファーで参加することになった。


チャン・グンソクは、日本のファンと一緒に伝統国楽演奏団「ビューティフル・マインド」
の演奏を楽しんだ。
ファンミーティングは約1時間30分にわたり行われ、チャン・グンソクは
「このように韓国まで来てくださってありがとう。
古い家を博物館にして韓国の美を保存している場所でお会いできて、
とても特別な意味のある夜になった」とあいさつした。


チャン・グンソクと日本人ファンがひとときを過ごしたファンミーティングのグラビア
「旧家の月の夜」は8月第3週に発行されるファッション誌『HIGH CUT』第59号に掲載される。
(朝鮮日報)

クォン・ヨンハン記者













コメント

チュ・ジンモssi、モシッタ~ サランヘ~

2011-08-24 | 「チュ・ジンモ」 ドラマ・映画・情報記事




チュ・ジンモssiがモデルを務めていた、「GGOI Ⅱ」のソウルのお店です!!

(今はビョンホンssiがモデルです~)








2009年2月の「GGOI Ⅱ」の店内です。













2009年8月の「GGOI Ⅱ」の店内です。














カタログ写真 ↓















コメント