「韓流☆ダイアリー」ブログ!

韓国ドラマ・韓国映画の
   感想を綴っています・・・

「チャン・グンソク祭り」 東京で映画4作品を上映!!

2011-05-30 | 「テバク・綺麗な男など」グンソク情報





若い俳優さんのなかでも、優れた演技力とパワフルな歌唱力をもつグンソク君!!

日本での「ソウルマッコリ」や女性月刊『anan』での表紙モデル登場など
今では韓流オバサンだけではなく、若い女性層の支持も受けて日本で大ブレイク
してますね~~

きっと~ 東京・シネマート六本木の映画館も若い女の子でいっぱいになるので
しょうねぇ~~
アジュンマも負けられませんわぁぁ~~(笑)
 


東京で「チャン・グンソク祭」、主演映画4作品を上映
2011年5月29日18時12分配信 (C)YONHAP NEWS


日本でも大ブレーク中の人気俳優、チャン・グンソクの主演映画を特集上映する
「チャン・グンソク祭」が、東京・シネマート六本木で7月9日から8月5日まで
 開催される。
 
 日本未公開の「待ちくたびれて」(2008年)、「ドレミファソラシド」(2008年)
 に加え、「楽しき人生」(2007年)、「赤ちゃんと僕」(2008年)の
 4作品を紹介する。(ワウコリア)













↑  「赤ちゃんと僕」 
    
    オーディションでグンソク君に一番似ている赤ちゃんがキャスティング
    されたそうです~
    二人とも可愛いですねぇ~












↑    「待ちくたびれて」
  
      年下カップルのグンソク君とソン・テヨンさん。
      ソン・テヨンさんはサンウssiの奥様ですよ~
      テヨンさんが若く綺麗なので、二人の年下カップルは
      違和感なく観られました~
      この映画でのグンソク君の短い髪形と軍服姿もまた
      新鮮に映っていました~














↑    「ドレミファソラシド」

      この映画は2006年から、2年の月日をかけて撮影されたグンソク君の
      初主演映画です~~
      いろいろ難しい問題があったのかしら・・・??

      この映画でも、グンソク君のギター演奏と素晴らしい歌声が聴けます~♪














↑    「楽しき人生」

      2007年の映画ですが、グンソク君の輝く若さとバツグンの歌唱力が、
      この映画で誕生した、オジサンバンドを引っ張っていきます~
      俳優さん自身が演奏されているのも感動です!!





コメント

韓国ドラマ 「愛に狂う」 イ・ミヨン、ユン・ゲサン

2011-05-29 | 韓ドラ あ行、あ
   



韓国ドラマ 「愛に狂う」           16話     2007年


                イ・ミヨン、ユン・ゲサン



最近「ロードナンバーワン」に出演された、ユン・ゲサンssiの力強い男らしさに
引き込まれてしまい、2007年の昔のドラマ「愛に狂う」を3日間で一気に完走しました~~

俳優としての道を歩み始めようとした直後に2年以上に及ぶ軍隊生活を送ることとなった
ユン・ゲサンssi。
その彼が除隊後の復帰作に選んだ作品が切なすぎる本格的なラブロマンスです。

韓国ドラマの王道ともいえる運命的な愛をとらえながら、自分の愛する人を奪った男を
愛してしまう、また決して愛してはいけない女性を愛してしまう・・・

そんな複雑で過酷な運命の出会いが悲しく切なく描かれています。


幼いころに両親を亡くしたジニョン(イ・ミヨン)は、パイロットの恋人との結婚で
ようやく安らぎと幸せを得ようとしていました。
ところが結婚式を控え彼は突然の交通事故で帰らぬ人となってしまう・・・ (涙)
そして彼と約束した航空整備士への道を一人歩むのです。

イ・ミヨンさんは、映画「恋愛中毒」でイ・ビョンホンssi、「タイフーン」で
チャン・ドンゴンssiと共演されている映画を中心に活躍されている女優さんですね~

前作の時代劇ドラマ「明成皇后」から、「愛に狂う」は6年ぶりのドラマ復帰作だった
ようですが、昨年の時代劇「キムマンドク」のイ・ミヨンさんはとても良かったと
お友達が話していました~


そして、悲しい事故から7年がたち、ジニョン(イ・ミヨン)は整備士を目指す青年の
チェジュン(ユン・ゲサン)と出会い二人は愛し合うようになります・・・

チェジュン(ユン・ゲサン)には7年前に交通事故で人を死なせ服役した過去があります。
刑期は終えたものの深い罪の意識から夢も希望も捨ててしまった影のある青年役を
ユン・ゲサンssiの高い演技力と眼の表情で視聴者を引き付けます。
除隊後の一皮むけた彼の演技に胸が熱くなりますよ~~


7話でユン・ゲサン君からの愛の告白があり 「全宇宙の力を集めて愛します・・・」
年下の彼からこんな熱い言葉で告白されるイ・ミヨンさん、 なんて幸せなんでしょう~(笑)

このあと、すぐに彼の秘密を知ってしまう彼女ですが・・・
あまりに深い愛に別れることもできず、お互いに憎しみながら生きていこうとする二人ですが
最後は最も憎むべき相手を許す大きな愛に感動の涙があふれます。







コメント

ジェヒ、除隊後の初作品ドラマは「愛情万々歳」

2011-05-28 | 韓国芸能情報(映画・ドラマ・他)




2008年のドラマ「パパ3人、ママ1人」から3年ぶりのドラマ出演なんですね~
私は「怪傑春香」からのジェヒ君ファンなのでとても嬉しく思っています。

昨年の除隊から1年ちかくの月日が経ち、やっとファンの前に姿を見せるジェヒ君。
たくさんのオファーの中から時間をかけ悩んだ末に選んだ作品だと思います~~
ファンの皆さん~    しっかり~応援しましょうねぇ~^0^


イケメンでプレイボーイな弁護士役だそうですが・・・
ストーリーはラブコメディーなのかしら・・・??

ヒロインのイ・ボヨンさんとどのような恋愛模様を演じるのか楽しみです。




ジェヒ MBC「愛情万々歳」で3年ぶりにドラマ出演
2011年5月28日9時58分配信 (C)WoW!Korea & YONHAP NEWS



韓国俳優ジェヒが、MBCの週末ドラマ「愛情万々歳」で3年ぶりにテレビドラマへ
カムバックする。

27日、所属事務所によると「愛情万々歳」は、20代後半のバツイチ女性チャン・ジェミ
(イ・ボヨン)の成功記を描いたドラマ。
ジェヒはジェミの離婚訴訟を担当し、強力なサポーターでありながら浮気者の弁護士
ピョン・ドンウを演じる。

 ジェヒのドラマ出演は2008年「パパ3人、ママ1人」以降3年ぶりとなり、昨年6月の
除隊後、初めてとなる。
今回のドラマ出演についてジェヒは「除隊後、初の作品となるので悩み、今は
プレッシャーも感じているが、キャラクターが気に入った」とし「自分の違った面を
お見せできる役柄だと感じた」と語った。

「愛情万々歳」は、ドラマ「私の心が聞こえるの」の後続番組として7月より
放送スタートとなる。(ワウコリア)




       ★ 追記   ↓



ジェヒ 腰の負傷でMBC新ドラマ「愛情万々歳」降板
2011年6月3日17時45分配信 (C)WoW!Korea & YONHAP NEWS



 韓国俳優ジェヒが、腰の負傷によりMBCの新ドラマ「愛情万々歳」から降板することがわかった。

 3日、所属事務所によるとジェヒは、先月30日、ドラマ撮影のためウィンドサーフィンを
練習していたところ、腰を負傷。現在、漢方治療を受けているという。

 事務所関係者は「現在の体の調子では、撮影スケジュールをこなすのが難しい」と説明。
「撮影を継続するには、スケジュールに支障をきたす恐れがあると判断し、制作陣とも協議し、
番組降板を決定した」と伝えた。

 7月より放送予定の「愛情万々歳」は、20代後半のバツイチ女性カン・ジェミ(イ・ボヨン)の
成功記を描くドラマで、ジェヒはジェミの頼れるサポーターであり、遊び人の弁護士
ピョン・ドンウを演じる予定だった。

 事務所側は「3年ぶりのドラマ出演となり、ジェヒは降板をとても残念に思っている」とした上で
「負傷が思いのほか重いものだったため、治療に専念しなければならない」と説明した。





コメント

キム・ヒョンジュン君のファーストソロミニアルバム

2011-05-26 | 「感激時代・イタキス」とヒョンジュン情報


芸能活動が忙しいキム・ヒョンジュン君ですが、今年の3月に
忠南(チュンナム)洪城(ホンソン)青雲大学の公演企画経営学科に入学
されたそうです。

キム・ヒョンジュン君は「SS501」の活動のため、高3ときに自主退学し、
その後、検定試験に合格され大学生になったようです。

以前と変わらず今もお仕事は忙しいと思いますが、芸能活動と学生生活の
2つ同時に進むことを選んだ彼を応援したいですねぇ~~
キム・ヒョンジュン君、ファイティン!!


「歌手カムバック」キム・ヒョンジュン、ミニアルバムをアジア全域で同時リリース
2011/05/26(Thu) 13:00

歌手キム・ヒョンジュンがアジア占領に乗り出す。

SS501のリーダーキム・ヒョンジュンの所属事務所キーイーストは「6月8日、
キム・ヒョンジュンのファーストソロミニアルバム“Break Down”が韓国、中国、日本、
台湾、香港、タイ、シンガポールなどアジア全地域で同時発売される」と26日明らかにした。
キーイーストは「K-POP界にカムバックするキム・ヒョンジュンに対する韓国内外のファンの
関心と期待が非常に高く、アジア全域同時発売を電撃的に決めた。完成度の高いアルバムを
リリースするために詰めの作業に集中している」と話した。

リード(タイトル)曲「Break Down」は強いビートとサウンドで強烈なパフォーマンスを
期待させる曲だ。
キム・ヒョンジュンの切ないボーカルの魅力を最大限に生かしてパワフルな編曲を通じて
曲全体のクォリティーをアップさせたというのが所属事務所側の説明だ。
その他にも約1年間準備してきた「Intro (Let Me Go)」、「どうか(Please)」、
「Kiss Kiss」、「Yes I Will」などが収録された。

今回のアルバムのためにキム・ヒョンジュンは米国を直接訪問して事前準備を終えたし
、海外有名アーティストが編曲と振りつけに直接参加し、2億ウォンを越える製作費を
かけてミュージックビデオを撮影した。
所属事務所の関係者は「アジアで多くの人気を得ているキム・ヒョンジュンのアルバムが
発売前から大きな関心を集めながらすでに海外コンサートおよびプロモーションのオファーが
殺到している」と伝えた。

キム・ヒョンジュンのファーストミニアルバム「Break Down」は、20日からオン・オフライン
ショップで予約販売を開始し、アルバムは6月8日アジア全地域で同時発売される予定だ。
キム・ヒョンジュンは6月7日、奨忠(チャンチュン)体育館で行われる約4000人規模の
ショーケースライブを通じて本格的な活動を始める。 [写真=キーイースト] (イノライフ)




コメント

韓国映画 「悪魔を見た」 イ・ビョンホン、チェ・ミンシク

2011-05-25 | ドラマ 「アイリス」とイ・ビョンホン作品







韓国映画 「悪魔を見た」       2010年


             イ・ビョンホン、チェ・ミンシク



韓国映画『悪魔を見た』は、連鎖殺人魔のギョンチョル(チェ・ミンシク)によって婚約者を失った
国家情報院の要員スヒョン(イ・ビョンホン)の復讐を描いた映画です。


韓国では2回の制限上映可等級を受けながら上映できない危機に陥ったが、修正し再審査を受けて
2010年の8月に青少年観覧禁止等級で公開されました。

この映画は、リアルな暴力、残忍な殺人などのシーンが多く、目をそむけたくなるほどで、
小さな子供さんには、怖すぎて見せたくない映画でしょうね~

ビョンホンファンのお友達もあまりにも残酷すぎて全部見られなかったと言ってました・・・
私も・・・ちょっとキツかったです!!
(やっぱり、全部見られなかったですね~~ )


婚約者を奪われ、激しい復讐心から次第に変貌していくビョンホンssiですが、その凄まじい
復讐を進めていく姿は殺人鬼のギョンチョル(チェ・ミンシク)の狂気より強く印象に残るほど
強烈でした・・・

だんだんと悪魔性が現れてくるビョンホンssiの感情の変化に注目ですが、決して後味のよい作品
とはいえないと思いますね・・・
もちろん、ビョンホンファンにとっては、観たその時の判断よりも、後で長く余韻の残る映画を
望むでしょうが・・・


途中ビョンホンssiの部下役で、「怪しい三兄弟」や「シティーホール」、「私は伝説だ」の
イ・ジュニョクssiが出演されていました~~
出演シーンは少ないですが、私はゆいつイケメンのジュニョクssiを見てホットしましたが・・・


















コメント (4)

FTISLAND、初アルバムで史上初の快挙!

2011-05-25 | 防弾少年団・K-POP・アイドル情報記事





FTISLAND、初アルバムで史上初の快挙!
 
韓国の人気ロックバンド・FTISLANDの1stアルバム『FIVE TREASURE ISLAND』(5月18日発売)が、
発売1週目で3.7万枚を売上げ、5月30日付のオリコン・ウィークリー・アルバムランキングで
初登場首位となった。


<FTISLAND> これまで海外男性アーティストでは、韓国出身のソロ歌手・Kの『Beyond the Sea』
(2006年1月発売)の2位(2006年1月30日付)が1stアルバムの初登場最高位で、今回FTISLANDはその記録を
5年4か月ぶりに更新。
ソロを含む海外男性アーティストの1stアルバム初登場首位は、1970年1月5日付のアルバム(LP)
ランキング発表開始以来、42年目で史上初の快挙(グループからのユニットデビューなどは除く)となる。
女性アーティストを含めても、2002年3月25日付『LISTEN TO MY HEART』で獲得した韓国のBoA、
2003年3月17日付『t.A.T.u.』で獲得したロシアの2人組女性デュオ、t.A.T.u.に続き、8年2か月ぶり
、史上3組目の記録となる。

 この快挙に、メンバーたちは「本当に嬉しいです! みなさんのおかげです!」(チェ・ジョンフン)、
「本当に、本当に、本当にうれしいです! ありがとうございます!」(イ・ホンギ)、「バンドの名前が
ついたアルバムが、本当の宝物になりました。これからも応援よろしくおねがいします」(イ・ジェジン)、
「このアルバムには思い出がいっぱいつまっています。
ファンのみなさん、ありがとうございます!」(チェ・ミンファン)、「これからもいい曲をたくさん作り
ますから、応援よろしくおねがいします!」(ソン・スンヒョン)とファンに感謝を寄せている。

 同アルバムには、日本デビュー・シングル『Flower Rock』、フジテレビ系アニメ『トリコ』の主題歌に
起用された最新作『SATISFACTION』をはじめとするシングル4曲に、ボーカルのイ・ホンギが出演する
ドラマ『マッスルガール!』(MBS・TBS系)主題歌の『ハルカ』などを全13曲が収録されている。(韓流ぴあ)










コメント

「JYJ」ユチョン君、 「次回作へのプレッシャーが大きかった」

2011-05-24 | JYJ 情報記事








「トキメキ成均館スキャンダル」がレンタルで過去最高記録を達成し

今注目度№1のユチョン君!!


たしか・・・

韓国で「不思議な魅力がある芸能人」の1位に選ばれましたよね~~~


「トキメキ成均館スキャンダル」の時代劇姿のユチョン君も男としての

力強さを感じる不思議な魅力がありました~~ (笑)






「JYJ」ユチョン 「次回作へのプレッシャーが大きかった」


昨年KBSドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」で成功的な演技デビューした韓国男性グループ
「JYJ」のユチョンが再び演技に挑戦する。

 ユチョンはMBC新月火ドラマ「ミス・リプリー」で1人の女性を愛するリゾート業社後継者
ユタカを演じる。

 17日奨忠洞バンヤントリホテルで開かれた制作発表会でユチョンは、「次期作を決めながら
他の俳優たちもこんなプレッシャーを抱えていらっしゃったんだなと思った」とし、
「決めてからも本当にうまく出来るだろうかというプレッシャーが大きかった」と打ち明けた。

 ユチョンは、撮影する時に緊張しすぎて顔が赤くなるとか冷汗を流してNGを出したことも
多かったと語った。

「演技を学んでいく立場から『さすがにこれを消化することが出来るだろうか』、
『自分は思っていたように、表現できるだろうか』というプレッシャーが1番大きかった
。前作を多くの方が見てくださり、そんなプレッシャーが大きかったような気もする。
キャラクターを分析しながら『自分が考えたのがはたして合っているのか』、『自分が表現した
部分を視聴者が合わせてみてくれるだろうか』という考えが以前より強くなった。
しかし2作品目だと思うと視野が広くなったようだ」

 30日に初お目見えする『ミス・リプリー』はどん底の人生を生きてきたミリ(イ・ダヘ)が
成功するために嘘の泥沼にはまりながら起きる、破局を描くドラマで個人の欲望と世の中の矛盾に
焦点を当てる。

 













ユチョンは作品を選んだ理由として自分と似ているキャラクターを挙げた。

 「ユタカは自分と似ている部分が多い。特に幼い頃の経験が似ている。
学生時代に成長する過程や家族の歴史、友達間の問題などの部分が似ていた。
そして感情をあえて表現しようと思わず、よく隠す点で似ている部分が多かった」
 
 劇中、ユタカはミリをめぐり、ホテル総支配人のミョンフン(キム・スンウ)と対立する
。大先輩である俳優キム・スンウとは17歳の年の差があるが、劇中でも10歳以上も年が離れた設定で、
プレッシャーを感じることはなかったのだろうか。

 ユチョンも、このプレッシャーについて、認めている。「キム・スンウ先輩が強いイメージを
もっているため、プレッシャーを感じることがありった。
ミョンフンと敵役になるユタカのイメージをどのよう表現するか、とても悩んでいたが、いざ撮影に
入ってみると、自然に表現できた気がする」

 ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」で演じたイ・ソンジュンとの違いについて問われた質問に
「まずは、服。韓服から洋服に変わった」と話し、笑ってみせたユチョン。
そして「まず、心の痛みを表現する方法が大きく違うと思う」とし「イ・ソンジュンと違ってユタカは、
いつも笑顔を絶やさない姿から涙もろいキャラクターに変わっていった」と説明した。

 ユチョンは先ごろ、ドラマPRと関連した芸能番組出演が突然キャンセルとなり、SMエンタテインメントとの
確執問題が再び浮上することになった。
グループ「JYJ」は、SMエンタと訴訟中であるという理由から、番組出演が困難になったというのだ。
これについてユチョンは「芸能番組にも出演したいが、キャンセルになってしまうことが(最近は)頻繁にある。
だから、あまり考えないようにしている」とだけ話し、口を閉ざしてしまった。

 ドラマ撮影と「JYJ」のワールドツアー日程が重なることで、ユチョンは2つの活動を同時進行しながら忙しい
日々を送っている。
「ミス・リプリー」で共演した女優カン・ヘジョンは、ユチョンが最近は1日に1時間も寝ていないことを
明かしている。

 「ことしは(2つのことが)重ならなければ良い、という思いが強かった。
それは、スケジュールの問題ではなくて、ひとつのことに集中できないということが何より残念だから。
本意ではなく、私ひとりのために多くの方々を疲れさせるのではないか、と思うと本当に申し訳なくて…」と、
つらい心情を吐露したユチョン。
また「撮影前にOST制作をしたいという意見も出したのだが、今はやりたくてもできないのが現状。
続けて撮影してきたためか、喉の調子も良くなくてレコーディングに支障が出るのでは、と思っている」と語り、
ドラマに専念する覚悟をみせた。(ワウコリア)










コメント (2)

ユジン&キ・テヨン結婚記者会見 「素敵な家庭を築きたい」

2011-05-24 | 韓国芸能情報(映画・ドラマ・他)









ドラマ「テロワール」のキ・テヨンssiですね~
ユジンさんとはMBCドラマ「恋人づくり」で共演者として知り合った
そうですが、爽やかなお二人ですね~
ご結婚おめでとうございます。




ユジン&キ・テヨン結婚記者会見 「素敵な家庭を築きたい」



 結婚を控えた人気ガールズグループ「S.E.S」の元メンバーで女優のユジンと俳優キ・テヨンが
「素敵な家庭を築きたい」と語った。

 ユジンは23日午後、漢江蚕院地区の内の船上カフェ・オーエンで開かれた記者会見で
「ファンの皆さんがこれから2人を一緒に見守ってくださったらと思う」とし、
「これからの活動もがんばっていくので応援してほしい」と述べた。
キ・テヨンもまた、「見られる職業であるだけに、お手本になることができる素敵な家庭を
築いて暮らしていきたい」と誓った。

 2人は、2009年10月に放送されたMBCドラマ「恋人づくり」で共演者として出会い、愛を育んできた。
去る11日、それぞれのファンサイトを通じて、まずはファンに結婚の知らせを伝えていた。

 ユジンは「結婚発表後、多くのお祝いをもらった。“どうしてもうお嫁に行ってしまうの? ”
と言う人は寂しいぐらいにいなかった」と笑った。
キ・テヨンは「結婚発表の時、ユジンのファンが私にたくさん声をかけてくれた」と明かし、
人気グループ出身の女性を妻に迎える思いを明かした。

 「テレビをよく見る方ではないため、ユジンが『S.E.S.』ということも分からなかった」とし、
「初めて会った時、ユジンの歌だと思ってこっそり歌った曲が、実は『Baby VOX』の曲だった」との
エピソードを伝えると、会場は笑いに包まれた。
しかし「(S.E.S.を)知っていたら、本当にファンだっただろう」とジョークを加えたキ・テヨン。
すると、ユジンも「キ・テヨンのことは、よく知らなかった」と語り、照れ笑いを浮かべた。
(ワウコリア)








コメント

ウォンビンの映画 『アジョシ』 9月17日日本公開決定!

2011-05-23 | 韓国芸能情報(映画・ドラマ・他)








9月に日本で公開されますね~~

大きなスクリーンでのウォンビンssiに皆さんノックアウトされますよ~~

ホント~  この映画のウォンビンssiは超~ カッコいいです!!

もう一度恋を感じる予感が・・・  フフフ

ファンが増えるでしょうね^0^










『アジョシ』9月17日日本公開決定…ウォンビン・シンドロームが起きるだろうか


俳優ウォンビン主演の映画『アジョシ』が、9月17日に日本で公開されることが決定した。

日本3大メジャー映画会社の東映が輸入・配給し、邦題を『アジョシ』と決め、
9月に日本全国で公開される予定だ。

日本に多くのファン層を持っている韓流スターウォンビンの主演作だけに、日本でも大きな
期待を集めている『アジョシ』が、停滞した韓流ブームに再び火をつけられるのか、
成り行きが注目されている。

一方、昨年韓国映画興行1位を記録して600万人の観客を動員した『アジョシ』は
、大胆なアクションシーンと迫力感ある展開、ここにイケメン、ウォンビンの魅力が加わって
人気を呼んだ。 (イノライフ)














コメント (2)

サッカー FC東京 33 椋原健太選手の応援に!!

2011-05-22 | J リーグ 椋原健太選手















2011年  5月22日 日曜日    味の素スタジアム


FC東京VS湘南ベルマーレ



今日は気温も低くとても寒い一日でした~
おまけに午後から雨の予報・・・

早めにスタジアムに入り「寒いね、寒いね」と話しながら下を向いて歩いていたところに
なんと~~石川直宏選手が目の前を歩いて来られましたぁ~~~

キャ~~~
健太のユニホームを着ていた私たち、そんな考えるひまもなく、「石川選手、頑張ってください!!」
なんて、叫んでいました~~~(笑)


今思うと、もう少し感動的な言葉が言えなかったのかしら・・・??
なんて~  もう遅いわぁぁ~~


石川選手も「ハーイ」と手を振ってくださったのが、とても嬉しかったです~~
今日は盛り上がりも早く、きっと~良い予感が・・・  ウフフフ


でも さすがに石川選手・・・
強烈なオーラが輝いていました~~
そして すぐそばで拝見した彼は超~カッコよく大きかったです~~(笑)  ホント










今日は試合開始早々に、いきなりロベルトセザー選手のゴールが決まり、スタジアムは喜びの大歓声!!
エェ~~??  ナニ、ナニ??  まだ~ 応援体制の準備が整っていなかった私たちは残念なことに
その喜びの勝利のゴールが見られなかったのです~~(><)
早いよぉぉ~~(笑)))   


そして・・・
その喜びは最後まで続かなかったのです・・・

後半 相手のゴールで追いつかれ、1-1
まぁ~  勝ち点1ということですが・・・

追加点を奪えなかったことに対するサポーターの怒りをしっかり受けとめて、今年1年でJ1への復帰を
必ず勝ち取りましょう!!








































コメント (2)