ぽんちゃんの買ってし魔王な日々

ことあるごとに「買ってし魔王」が降臨する、ぽんちゃん(観音旭光の両刀使い)の物欲の日々を、周囲にばれない程度に語ります。

在りし日の寝台特急あかつき

2008-10-31 02:14:47 | 鉄道写真
ちょっと、過去に撮った写真を記事にしてみました。


2008/3/2, Canon EOS 40D+EF70-200mm F2.8L IS USM(200mm), Av優先, F2.8( 1/1000sec.), +1/3補正, ISO AUTO(400),IS ON, 三脚使用。

これは、京都発長崎行「あかつき」と京都発熊本行「なは」の俗称「なはつき」が今年の3/14で廃止になる際に、有名お立ち台の長崎本線・多良-肥前大浦間の波瀬の浦まで「あかつき」を撮りに行ってきたもの。「なは」は午前7時過ぎに熊本に着いてしまうので日の出時間との関係でお手上げでした。


2008/3/2, Canon EOS 40D+EF70-200mm F2.8L IS USM(73mm), Av優先, F2.8( 1/800sec.), +1/3補正, ISO AUTO(400),IS ON。

あえて使用していたクイックシューをリリースして、慌てて最後尾のテールマークを撮った写真。もう少し早いところで取れれば良かったのだけど、残念ながら間に合わず。


2008/3/2, Canon EOS 40D+EF70-200mm F2.8L IS USM(200mm), Av優先, F2.8( 1/250sec.), 補正無, ISO AUTO(400),IS ON。

お立ち台に到着したしばらく後に鳥栖方面へ向かっていった、JR九州813系鳥栖行普通列車。実は肥前山口-諫早間を走る普通列車はそう多くありません。それが、長崎新幹線への地元の反対の根底にあったりするのです。


2008/3/2, Canon EOS 40D+EF70-200mm F2.8L IS USM(200mm), Av優先, F2.8( 1/800sec.), 補正無, ISO AUTO(400),IS ON。

寝台特急「あかつき」が通過する直前に鳥栖方面へ向かっていった、白い特急「かもめ」のJR九州885系。あくまで個人的にですが、恐らく、日本最高の特急車両ではないかとおもっています。何度も出張で使いましたが、非常に早く、速達性に優れており、これが走っているなら長崎新幹線は要らないと思うのですが。
コメント

結構お世話になっていたのですが

2008-10-30 22:19:31 | 業界動向
随分とまた久々になります。
一応、また書く気が出てきたので、書いてみようと思ってますが、その気合いが何時まで続くかは、当の本人が疑問に思っていたりして。

で、本題。

↓九十九電機が民事再生を申請
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081101/etc_tsukumo.html

本日、大分へ日帰り出張して福岡の自宅に戻ってきたら、大学関係者のメーリングリストに記事があって、読んでみたらありゃりゃりゃりゃ・・・。

最近の秋葉原出没者は知らないかもしれないけど、昔はアマチュア無線機を売っていて、私が親にねだった最初の無線機、今も実家に転がっているらしい八重洲無線FT-757SXを買ったのは、今は無き九十九電機万世橋店でした。

そのRIGは、PAを交換してFT-757GX化されて(でも表の型番はSXのまま)、当時は大したことの無かった大学無線部の21M or 28MのRIGとなっていたのは、今は懐かしい思い出です。

他にも、大学無線部が毎年大学祭で行っていたFOXの景品をお願いに行ったり、中古で757のオートアンテナチューナーを買ったり、今も大学無線部に転がっているFT-736(1.2GHzユニット+CWフィルター入り)を買ったり、2期上の先輩がケンウッドのVUオールモードRIG(確かTS-780)の中古の出物が出るので、徹夜で並ぼうと行ったら、広告が誤記で、一代前のRIG(確かTS-770)だったので、秋葉原からつつじヶ丘まで徹夜で歩いて帰ったという伝説もあったり。

その後、アマチュア無線機の販売からは撤退したものの、うちの自作のタワーPCはほぼ九十九電機で手に入れたパーツで組み上がっていたりします。

まあ、営業は続けると言うことで、最悪の事態には至っていないようですが、九十九電機が入る前、トヨムラ無線→T-ZONEの頃に大学の院生の先輩とか大学の同期がアルバイトしていた、あのeX.ビル、一部で囁かれていたけど、本当に「貧乏神ビル」ですね。
コメント