(前)神戸市会議員♪伊藤めぐみのチャレンジライフ

神戸の政治を前進させるために全力投球しています!
いつでも、あなたの目線で考える、めぐみ豊かな街づくり!

神戸市議会の政務活動費

2017-08-28 11:09:32 | 神戸市政

神戸市議会の政務活動費が流用されたり、架空請求された件について。

公金による報酬をいただいていることの自覚が欠如した
あまりにも、不誠実な議員の行動は、どうしようもありませんが、
政務活動費(神戸市会では1人につき毎月38万円)が
もはや不正の温床になっていることは明らかです。

領収書を添付しても、その領収書が架空のものであるなら
何十万、何百万円単位で、不正に受け取ることが出来るのですから。

政治の世界では、「身を切る改革」や、「議会改革」のことばが並べられ、
変えていこうという姿勢も見受けられますが、結局、姿勢や、改革の掛け声だけで
終わりがちです。
こういったことに、有権者のみなさんは、ホトホト嫌気がさしているのに
議員は気づかないふりをしている。

本当の意味で「身を切る改革」を実行するなら、少人数会派の議員が、
パフォーマンス的に議員報酬の返上や政務活動費受取拒否、するのではなく、
市議会全体で、取り組むための行動が必要だとおもうのです。

民主主義は数が力です。

神戸市議会(定数69名)の8/28現在の会派構成は、

自由民主党:18名

公明党:12名

日本共産党:12名

民進こうべ:9名

日本維新の会:5名

民進党:4人

新社会党:2名

無所属:4名


この中で、真の改革をすることが出来るのは?

ごまかして、お茶を濁して(いつもこのパターン)おしまいにしてしまうのは?

震災から20年以上の月日が流れた中で、
「BE KOBE」に込められた
「神戸の様々な魅力の中で、一番の魅力は人である」
神戸市民であることを誇りに思う、、、市議会が今一番の原点に立ち戻らなければ
信頼回復は果たせないと思います。

私は、市議会でも、市政でも「市民に寄り添った改革」が進められるように、

取り組んでいきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017全神戸軟式少年野球選抜... | トップ | 未来を語りたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神戸市政」カテゴリの最新記事