(前)神戸市会議員♪伊藤めぐみのチャレンジライフ

神戸の政治を前進させるために全力投球しています!
いつでも、あなたの目線で考える、めぐみ豊かな街づくり!

市民は政治を変えられるか?

2011-10-20 23:15:10 | 自己啓発

関学の梅田キャンパスで法学部長の岡本仁宏教授の講演を聴いてきました。

大勢の市民の方(男性が多かったです)が参加されていました。

こういったテーマに今多くの方が興味を持っていらっしゃるのですね。

私自身も一市民として、直接仕事として政治に取り組んでいるので興味大でした。

債務の多いことから、東北大地震へのボランティアでの個人の動きやNPOの活動、増税など

様々な観点を示唆していただき、政治学として現状をとらえていらっしゃる研究者の視点が

時には必要だなと感じました。

多数をとったものに任せてみる、そして、野党は調整しながら、有権者は納得がいかなければまた次の選挙で選ぶ。

真実の言葉を語る。絶対正しい政治ではなく、正しいと思う方向へどう進んでいくか、言葉で議論を尽くすことの大切さというのが

特に心に残りました。

政治家は困難なことからも逃げることができないし、市民は選んだ人に委ねて、見守る姿勢も求められているのですね。

私のこのブログは、コメントを受け付けていますが、

いただいたコメントを公表することはございません。

あくまで匿名の方のご意見のお一つとして受け止めさせていただき、

日々の想いや、活動の一端をご報告できればとの願いで書かせていただいていますので

ご理解をお願い申し上げます

今日は常任委員会でたくさんの陳情、請願の方の声を聴かせていただきました。

明日は外郭団体の勉強会があります。

この一年間は、文教経済委員会と外郭団体に関する特別委員会での取り組みを通じて

今後の基礎づくりをしていきたいと思っています

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです 
→ www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

コメント

石井一さんのお話から

2010-12-24 23:06:28 | 自己啓発

今日は、雪のちらつく中、政策セミナーに参加しました。

講師は、危機管理都市推進議員連盟会長の石井一さん。

島国で育った日本人は危機管理意識が低く、

諸外国に比べると、東京に大災害が起こった場合は

国の機能がマヒしてしまうのは目に見えています。

東京の一極集中から、地方=関西に副首都を創るという構想です。

お話の中では、大震災を経験した一人として、大災害が起きること

を想定した政策や、目先の選挙のためではなく

30年後、50年後、100年後の未来をみすえた政治決断が必要であることを

熱く語られました。

 印象に残った言葉は

「自分の政策をもち、誰に対してであってもそれを貫いていく政治家であれ」

「県民の知らない間に、関西の地盤沈下を招く方針に進んでいっている」

「民主主義の中で、民意を問う、地元の総意・自治体の総意を大切にそろえる」

「必ず出来ることは、大切なタイミング(時期)を逸しないことが重要」

 私も政治家を志す以上は、

信念を持って、目先のことにばかりとらわれず、民意を汲み取りながら

活動していきたい・・・

  クリスマス寒波の街を歩きながら、

  石井先生の熱いメッセージに勇気付けられた想いでした。

 

   ともあれ、メリークリスマス!

コメント

私の成長

2010-04-11 21:48:28 | 自己啓発
昨日、今日と

私自身の変化を感じた。
自分の欠点や弱点を見つめ直して、とても苦しかった分、
成長したんだな~と感じている。

こういう気付きや、改善をもっともっとしたい。

それには私の不足している、知識と理論と実践と経験を補わないといけないな。

力不足を実感した。

力のある人のすごさも感じた。

 学び続けようと思う。
コメント

すばらしき哉ファシリテーション

2010-03-21 22:52:19 | 自己啓発
今日は、日曜日ですが、ファシリテーターによるジコタン(自己の探求)プログラムが
行われた。

私は一見学者として参加したが、

全員のコンセンサス(同意)を得る課題のところ、
終了後の振り返りの場面で、本音が出された。

ある方が、課題の中で、ずっと黙っていた。
それに気づいてか気づかないでか、

他のメンバーは、コンセンサスが得られているものとして
進行していった。

 そんなん、コンセンサスの課題の中であってはならないことじゃん!!!!

でも・・・

 みんなは気づかない。

 他の人の意見を促せたかどうか・・・というところで、低い点数が出た。

ひとこと、

 「○○さんは、どう思われますか?」

の心配りがなかった。

 これは、自分の意見を言わなかった人のせいではなく、

 ましてや、場を見守っていたファシリテーターのせいでもなく

メンバーを、一人の“人”としてみていた意識があったかどうかが問われるもの

であった。

 あとから、「私の意見など無視されて進行していたので、黙っていた」


といわれた方は、はたして、長い50分の間、どんな想いでその場にいらっしゃったのだろうか?

その気持ちに想いを馳せれるかどうか。

私たちは、日常、黙っている人、意見を言わない人を、

 時間の制約があるから・・・とか

 黙っているのが意思表示なのだから・・・とか

自分に都合のいいように解釈して

ほったらかしにしていないだろうか

    ふりかえってよ~く、よく考えてみたい

 また、人の意見や、感情などおかまいなしに

突っ走って、自分の感情を満たすだけで良しとしていないかどうかも

確認してみたい。

 今日は、そんなとても大事なことを教えていただいた。


「あなたは、澄んだ目をしていらっしゃるわね!」


と言ってくださった、その気持ちをありがたく受け止めて
澄んだ心で人に接していきたい。

どんな人にもその存在する意味があることをかみしめて
毎日を過ごして、人と接していきたいと想う。

 今日は、多くのことを学べた善き一日でした。

日曜日なのに仕事に行かせてくれて
だんな様にも、子どものにも感謝です!!!

  ありがとう!!!   めぐりんこは、また大きくなってはばたくよ!  
コメント

人との出会いの不思議

2010-03-14 22:45:01 | 自己啓発
昨日は、午前様の帰宅となり、
今日も朝から出かけていたので
とっても疲れて目が開かない状態です。

昨日のたくさんの出会いの中で、気付かされたことがある。

チャンスの神様の前髪を捕まえるには
偶然起こることにもすばやく自分が反応しないといけないということ。

そのためには、ボーっとしていたり、
受身であっては逃してしまう。

また、一人よがりだったり、
人を差し置いて・・という態度もふさわしくない。

ここぞという時に、自分がよく周りを見て、よい反応をするためには
自分の信念というものを持っていないといけないなと思う。

自分の信じるものや、こうしたい、こうなりたい、
こんなことに価値を感じている、こんな気持ちで日々行動している

・・・など
日頃このブログで、振り返ったり、反省したりするのも役立っているな
と思う。

・・・と、いろいろな人との出会いの中で感じた。

また、役職や立場的に責任のあるポジションにいらっしゃる方は

人の話を落ち着いてよく聴いてくださる。

適切な返事と、興味を持って質問や、人の紹介をされる。

出会いに対して感謝の気持を述べる。

自分の仕事に取り入れられることはないかと意識を持っている。

・・などなどたくさん、感じ取りました。

なかなか、出張したり、懇親会に参加するときくらいしか
新しい出会いはないので、よい機会になった。

また、よいお手本のもと、自分をもっともっと磨いておきたいな。

 では、ちょっと調べものをして、
    ちょっと本読んで・・・   寝ます



コメント

いろいろな出来事

2010-02-28 20:28:04 | 自己啓発
今日はチリで大地震があり、大きな被害が出た。
この前ハイチで大地震があったばかりなのに。

どうか、これ以上被害が広がらす、助かるべき人が助け出されますように!

さて、
昨日の朝日新聞の別紙で、

「するべき仕事をつい後回ししてしまうがどうしたらよいか」

というQがあり、藤巻幸夫さんが答えていた。

「今やるべきことをやっておかないと“新しくやるべき何か”が見えてこないように思う。

 手間のかかることを先に片づけておくと、後から楽しみがやってくる、

 あるいは心に余裕が生まれる。

 そして、新しいことにもチャレンジできる」

とあった。

そうか。気になることを抱えていては前に進めないな。と
フジマキさんが私と同じような意見を言って下さり後押ししてくれているように
思えた。

 今日は発達障害について基本的なことの勉強会に参加した。

「受容と共感では失敗する」

これを心に刻み付けて今後仕事していきたい。

 仲間を助ける坂本龍馬の生き方を見ながら(大河ドラマです)、自分の感性を
大事にしながら、流されずに生きていきたいなと思った。

   また、あすから一週間がんばります


コメント

ファシリテーターとして

2010-02-26 21:06:05 | 自己啓発
今日は、行事前の事前研修があり
みなさんの前で話す時間をいただいた。

70人くらいに向かって想いと方向性を伝えるのは
久しぶりだったが、ファシリテーターの研修を受けたおかげで
教卓から、みんなの顔や様子をよく見ながら話すことができた。

いろいろなことがすべて経験として糧となっている。

おとついに仕事でむかついたことを書きましたが、
その仕事も本当に必死に効率を考え、秒単位で少しでも速く正確にできるように
工夫して、今日やりあげることができた。

他人(ヒト)がどうであれ、自分は自分らしく
必要な仕事、大切な仕事は心をこめてやっていきたい!

見る人は見ている
誰も見ていなくてもかまわない
小さな一歩でいいから、前に進む

今日は久しぶりに学生に出会えたからパワーをもらえたかな

だんな様は2泊3日の旅行中。
明日かえってきます。

フィギュアスケート浅田真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

くやしさは、今後に活きてくる。

そして、鈴木明子選手。
心から感謝して、今までの経験をすべて受け入れ、いとおしんで
滑り終えた姿に涙がこぼれました。
I'm OK でしたね。

   めぐりんこ
コメント

ファシリテーター研修

2010-02-18 22:50:09 | 自己啓発
日曜と月曜の第3弾のファシリテーター研修を持って
事前の研修は終了した。

今回も他のメンバーのファシリテーションを見学することによって
気付きがたくさんあった。

中に一人、緊張と不安でカチコチの参加者がいて、
グループの笑いやテンションに入れていなかったのに、
最後の最後に自分の中で変容が起こり、
開花していた

まわりのメンバーも彼を受け入れていたから、
また、彼も必死にくらいついて自己開示を試みたから。
「こんな自分でも、いいんだ」
とI'm OKになっていったんだな~~~

すごいことです!!

今日また、再会した彼は、表情も明るく、自分からすすんで
人に話しかけ、私の言葉かけにも
素直に答えてくれていた。

 よかった!!!

それと、12月に私の担当した参加者も、4月からの再起をめざして
がんばっていた。

 これはやはり「劇的な変化」です・・・

 すごいです。ジコタン。

 次は4月の本番連続ファシリテーションと、
次世代育成と、その後の教職協働めざして
突き進んでいくのみ!

 教育に携わっていてこんなにうれしいことはない。

 そんな体験がちりばめられている、研修でした。

  めぐりんこ

コメント

新幹線の中で

2010-01-22 19:36:53 | 自己啓発
丸二日間の研修が終わった!
内容はひきこもり
睡眠障害
自傷行為
自殺など

これからもすぐに役立つことばかり

もっともっと勉強したくなった!

あしたあさっての二日間はファシリテーター研修。

こちらもがんばります!
もうすぐ京都。
関西はいいですね~
そしてわが家が一番

めぐりんこ
コメント

年末に想うこと

2009-12-20 17:40:21 | 自己啓発
今週末は久しぶりにゆっくりできた、2日間だった。

今日は一日中、この1年を振り返り、どんなクリスマスを迎えるかの
準備の日になった。

その中で教えていただいた歌。
宮沢賢治の有名な詩に、曲がついたもの。


雨ニモマケズ 宇佐元恭一

http://www.youtube.com/watch?v=sndgaROMsY8&feature=related

来年の私は、「どんなふうに生きたいか」

この曲を聴きながら考えた。

私の中では、たとえ負けてもいい。
その負けてしまう自分の弱さと、人の優しさや温かさを
十分感じながら1年をすごしたいと想う。

 今年1年は私の成長に欠かせない充実した、(失敗もたくさん・・・)
実りの多い1年だった。

 めぐりんこ
コメント

ファシリテーター

2009-12-18 08:03:34 | 自己啓発
今日は、やっとお休みです。

 出張研修から、土日のファシリテーター、その後のいくつかの会議が
通常業務の繁忙期と重なり、
神経がか細い(意外と!)私にとって、少しストレスになっていた
1週間がやっと終りました。


ファシリテーターは・・・

私の中では得たことが200%くらいある
超ラッキーな研修プログラムでした。

今まで教員をやっていてことごとくうまくいかなかったり、
生徒に教えながら、「これではなんかだめだ!!!」
・・・と思っていたことが、スルスルともつれた糸がほどけていった。


「そうだったのかぁああああ~~~~~」



それから・・・

自分の欠点や長所をよく知った上で、周囲をよく見て、よく聴いて

決しておごらず、うまくやってやろうなんて毛頭考えず、

自分の手柄のためではなく、評価してもらうためでもなく、

自己満足のためでもなく。


ひたすらに、

目の前の学生を見つめて、彼らの持っている力を信じきって

私がファシリテートするのではなく、
ましてや、何かを教え込むのではなく、

私は私の、これまで培ってきた、生き方のスタンスで自然に立っている。

そんな2日間を過ごせて、

   楽しかった!

   うれしかった~~

   しあわせだった!!!



そんな気持ちは、学生にも伝わっていた。

学校に来ていなかった子が、「今日は来てよかった」

暗かった子が「人とコミュニケーションすることは楽しかった」

たった13人の学生だったけど、
人から認められ、人に自分を知ってもらい、互いの長所も短所も
わかりあえて、様々な力を出しあって、課題解決に挑んでいった。

中身の濃い、2日間16時間のセッションだった。



私は今までずっとこんなことを思いながら生きていた。

「自分なんて、どうせ人に受け入れてもらえないし、愛されていない」

「学校に行きたいけど、うまくいかないのはなぜなんだ」

学生や、生徒たちのそんな心の叫びに応えることができたらな~と。

そんな I'm not OK の人たちが I'm OK の気持ちになって

楽しんで人生を生きていってほしいな~と。



 まだまだ、この体験をふりかえり、検証していくには
 時間もかかると思うけど

 よい体験をさせていただけて感謝!    めぐりんこ
 







コメント

出張帰り!

2009-12-10 18:43:49 | 自己啓発
東京での帰りの新幹線の中です。

ふ~~~つかれた

2日間缶詰状態で、60分×7つの講話 と、2時間の分科会。
怒涛のように知識が入り込んできた感じです。
いろいろな障害のある学生支援で、いろいろな研修のおかげで
だいぶ詳しくなってきた。

分科会では、学生対応のロールプレイで、4人一組で実施。
ひょんなことから、全体の前で(21名)支援コーディネーター役で
モデルロープレまですることになり、

はあ~~~~緊張した。

でも、見本になることもいい経験になったし、フィードバックもして
もらえたし

よかったということで・・・

週末のファシリテーターも人数が集まらす
私ともう一人の先生の2クラスですることになった。

あああ、、みんなするるとにげちゃって!

ちょっとむかつくけど
これも私の持って生まれたものなのかな。

でも、最近思う。

私がちょっとむかつくとき、他の人だったら、

 きっと激怒している!!

 ということを。

 私は、なんてプラス思考なんだろう。
 なんでも前向き、損なことでもその中から
 ちいさ~~~いことでもプラスを見つけてしまう。

 「どうせやるなら、たのしんでやりたいよね!」

 これって、

 「(どうせ)生きるのなら、楽しんで生きていきたいよね」

 ということだと思う。

 新幹線の中で、パソコンすると目が疲れるので

 そろそろこのへんで・・・


     よっしゃ!がんばるで^^^^
コメント

ゆっくり寝たい

2009-11-05 21:33:10 | 自己啓発
この連休中も朝から晩までびっちりの研修を受けて
疲れてしまった。
自己理解と他者理解とチームビルディングについて
それをした上で今後はファシリテーターとしての
研修が始まります。

いろいろな個性のある8人のメンバーは、
私とは真逆の個性だったり、
やたらと親近感を覚えるひとだったり、
見かけで判断していた人が、意外とおもしろかったり。

やっぱりお互いを知るためには時間も必要です。

普段使わない脳の部分を使ったので
ゆっくり寝たいです。

今週末もとってもお仕事な週末ですが
よく寝てからがんばります。

    はああああ~~~~



コメント

連日の研修

2009-09-19 22:55:02 | 自己啓発
昨日は研修だった。
今日はシンポジウムへ行った。

2日間、神経を集中させて、頭が学生支援と発達障がいのことで
いっぱいです。
字の書きすぎで、今日はさすがに、手が痛くなった。

でも今日は新しい観念で、自分の狭い考えが一気に広がった感じ。

初めに組織ありき・・・ではなく、人が人を巻き込んで動き出せば
あとから組織がついてくる・・・みたいな。

あと、楽しんでやる。
メリットを強調する。
少数者のためはひいては全員のためになる。

なんかこの視点が抜けていた。
みんないきなり腰ひけてます・・・
○○しなければ・・・と思わなくていい。

そして、シンポジウムで発表や討論をされる方は
すごい実践力と、物事をよくしていこうという意識にあふれているな~

と感じました。

でもプール学院・・・遠かった。

つかれた・・・
でもすばらしい連休のスタートだ!  
 めぐりんこ

  

 
コメント

ファシリテーションのこと

2009-02-26 22:56:54 | 自己啓発
「ファシリテーション入門」というそのタイトルそのものの日経文庫を読んだ。
基本の技術や、エクササイズが載っていたが読むだけではなんとも・・・
実際に講座で体験し、スキルを身につけたいものです。

 でも!!

そんなこと習わなくても出来る人はいる!とも書いてあり、「そうね~~」とも思ったし、ファシリテーションの意識が各人にあればもっと組織や人間関係はうまくいくのにな~とも思った。

『ウィキペディア(Wikipedia)』には
ファシリテーターの典型として坂本龍馬が挙げられる。
・・・と書いてあった。
なるほど、龍馬さんって時代の先端をいってたんですね

ここでコンフリクトについての確認

 「意見や意識のギャップから生まれる対立、葛藤、衝突、紛争などをコンフリクトという」

 「コンフリクトは、意思決定を妨げるだけではなく、ひどい場合には、チームを分裂の危機に陥れる可能性がある」

 「だが、コンフリクトは決して悪いものではない」 

 「コンフリクトはチームに新しい視点と緊張感を与えてくれる」

 「ファシリテーターはコンフリクトを前向きにとらえ、それをプラスの価値へと転化していかなければならない。また、そうした雰囲気がチーム内でできるよう、コンフリクトが起こっても、ポジティブな働きかけをしていかねばなりません」

 「コンフリクトがないときには、あえてコンフリクトをつくって議論を活性化させることも必要となる。それくらいやってこそ、優れた意思決定ができるのです

 なるほど

この論理はいいです。今の現状にぴったりあてはまる・・私も今日からファシリテーター!という気持ちで一日を過ごしてみました。

CDAでも何度も出てきた「共感的理解」はいつでもどこでも人間が生きていくときには絶対必要なんだ。この「共感的理解」という言葉を知識として知っていても、実際に体現しないと意味がない。そして、テキストのどっかに書いてあった「共感はするが同情はしない」これもまた大切なこと。己の出来る範囲を超えてまで人の境界内に立ち入らないこと。

 あしたで2月のお仕事も終わり。
あしたも「ふぁしりて~た~めぐ」で     

            めぐりんこ
 
コメント