oyazi ヘロヘロ日記

フリークライミングとバックカントリースキーの記録

富士山 板納め 2014 5/25 パンダさん 山猿 oyazi

2014-05-26 | 山スキー

 

今年も5月後半もう板を納めなくてはいけない時期が来た。と言うことで最後の思い出に富士山に行ってきた。

富士宮新五合目から出発します、もうここで2400m山頂までゆきがつながっていました。

 

振り返ると大樹海が広がっておった、そして自衛隊の演習場から大砲の音がドーンと何回も鳴っておった。

5時間のヒイヒイハアハア、やっと山頂だあ~ここまで来ると空気が薄い慣れないせいか足取りが重い。でも横では走っている奴がクソ~

 お釜の中には山猿君がいるはず。

 日本のてっぺんで3人がそろい踏み、よい思い出です。

oyaziは板をもって上がったのでてっぺんから滑ちゃいました。山スキーを始めて 苦節10年こんな日が来るとは、oyaziも大胆になりました。

 

標高差1300m、見た目よりスケールがあり雪も適度に緩みとても滑りごたえがあり、最後まで気持ちよく滑ることができました。

今期も無事終了!来週からはクライミングだー。

 

コメント (2)

白馬鑓ケ岳春スキー  2014 5/11 わさびさん Oyazi

2014-05-12 | 山スキー

ゴールデンウイークは田んぼでどこーも行かれんかったoyaziは今回が春休み!

猿倉駐車場は車でいっぱい、そそくさと用意をして出発、今日は天気が良い。小日向コルまで1時間、快調に飛ばせた。縦溝だらけの斜面を杓子沢まで1本滑る。そこから鑓温泉までひと登り、日差しがつよく照り返しで顔が焼かれる、タオルでほっかぶり意外とこれが良い、まあーわさびさんには田吾作と笑われるが。鑓温泉からの登りが以外と辛かった、ヒイヒイハアハアを3時間やっと山頂です。

無風快晴の山頂でゆっくり休み、山頂からDrop来た所を滑ります。谷に入ると意外と傾斜がある、一気に落ちて行く、高度を下げると所々に残っている新雪がストップスノーになって滑りにくい。鑓温泉で一休み、隣の谷を滑っているわさびさんを待ちます。まだ小日向の登り返しが待っている。ちんたらと杓子沢まで滑り、重い足取りで上り返す、わさびさんがつぼ足わしがシール、結果は同タイムでした。小日向からの最後の滑りこれが意外と面白かった、ボードで削った斜面がモーグルみたいで楽しいとわさびさんはおしゃった。わしは必死でターンしていく、それでもってなんとか猿倉にとおちゃこです。

帰りにこひなたの湯につかり、いつもの蕎麦屋に寄り帰福、充実した一日でした。でも疲れた~

コメント