「お気楽」のお気楽なコメント

山登りや山スキー・競技スキーの話題、日常の出来事を感ずるままのコメントで書き綴ってます。

始動 スキーシーズン IN!

2014年12月30日 | スキー

今年もいつもの年と同じくやっと年末でシーズンイン




今年は雪が多いので早めに滑りたかったが、やっぱりこのタイミングに
なってしまった。。

体調はボチボチ
運動不足気味なのを早く解消したい


今年はいつも菅平で受けてるレッスンではなく「かたしな」にしときました。
(ちょっと緩めなところで・・)
かたしなの常設ポールで午前中だけで10本ちょっとの「自主練習」をやって
早めに上がった




←応援でぽちっとよろしくお願いします。

コメント (2)

突発性難聴 治療記 その②

2014年12月30日 | 治療記
治療記 その①より続いてその②です。


突発性難聴はなかなか治療法が確立されておらず・・・
いろいろな治療をとりあえずやるだけやってみようと考えてはいたものの
試してみたい高気圧酸素治療の出来る病院はずっと探していたが、なかなか
自宅や会社からの近くには無く、多少遠くても仕方ないと考えネット情報を
頼りに決めたのは都内の「E病院」


10月30日のJ病院での診察を終えてすぐにTEL。幸い翌朝の診療予約が取れ
たのでJ病院からの紹介状を持って受診。
ここで再度聴力検査を受けた後、「治療に専念するなら入院だね」
と言われ、すぐに入院を決めたが、翌日からは3連休。治療の時間が勿体
無かったが仕方ない。


11月4日から入院
ここでは高気圧酸素治療を1日1回で10回、1日2回星状神経節ブロック
注射を行う治療、更に最初の4日間は再度ステロイドを点滴するとのこと
で2週間の入院となった。
高気圧酸素治療は6日からしか空きが無かったので19日までの入院となった。
(但し週末は外泊が許可された)


入院してヒマかと思ったが意外に忙しい
朝イチ6時半に起きてすぐにステロイド点滴1時間、そして朝食。
朝9時から1回目の星状神経節ブロック注射。
その後、日によって1時間半の高気圧酸素治療(実質1時間)とブロック
注射の順番は変わるが毎日この繰り返し。

高気圧酸素は通常の倍の気圧をかけるため最初耳抜きが上手く出来るか心配
だったが、ガムとか噛みながら唾を飲み込むだけでOKだった。

そしてキツかったのが星状神経節ブロック注射。
首に針を入れる時はそうでもないが、麻酔薬が入って来ると背中にズキン
と痛みが走る。そして最初の頃は注射した側の顔がかなり浮腫んだ。
浮腫みや体のフラフラ感は数十分で戻るが・・毎日2回は痛くてキツイ

しかし、このブロック注射をした後は今まであった閉塞感が少し解消され
唾を飲み込んでも無かった耳の反応が少し出てきたような感じがして、
少しは効果があるのかと思った。
この治療の良さは血流を良くして「人間が本来持っている自然治癒力が
活性化される」とのことらしい。



入院生活は意外に快適
病院は綺麗だし、部屋は4人部屋だが広い。
部屋からの眺めもいいし、食堂からは富士山も見えて気分が和む
食事は減塩食だったが暖かいものを出してくれるので美味しく食べられる
しかし、聴力以外に体の悪い所は無いので運動不足に陥りそうなので、
入院患者は外出は許可が無いと出来ないのだが、こっそり抜け出し、
毎日治療時間の合間を使ってウォーキング。
秋の澄んだ空気で気分転換が出来た


その③に続く




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント

突発性難聴 治療記 その①

2014年12月30日 | 治療記
今年も残すところあと僅か。
自分的には今年は良くない年であったことは確か。

やはりタイトルに書かれた病気がイチバンの原因。
一応年の締めということでサボってたBLOG 記事UP



ま、自分がまさかこんな病気になるとは思わなかった。。
日本人の3000人に1人が1年間にかかるらしい。
こんな病気もあるんですな~


しかも完治する人は三分の一しかいない難病のひとつらしい。
(あと三分の一は少し回復する人、残り三分の一は全く改善されない人)
原因も良くわかってはいないが、、ストレスが多い人がかかる場合
が多いらしい。

片方だけとはいえ聞こえなくなるとかなり焦るし精神的にもキツイ



治療しての効果や予後でも個人差がかなりあるらしい。
ま、一応困ってる人も多いし、自分もかなり他人の治療記も読ませて
貰ったが情報が少ない。
そして悪質なアフィリエイト目的の高額な治療法の本のサイトに誘導され
たりで・・・。(人の弱みに付け込む商売で、そんな特効薬的な治療法は
あるわけないので)

てことで、自分なりに治療記を公開してみて、多少でも困ってる人の参考にでも
なればと。。




これより先、この病気に関係無い方は退屈で面白くありませんので・・・・

************************

↓ 以下治療記です


2014年10月21日

突然左耳がおかしくなった。

朝TVの音が聞こえ難い。
会社での会議で発言者の声が聞こえ難い。
携帯TELで相手の声が聞き取れない(これで難聴かと確信)


これはおかしい!ということで、
翌日(10月22日)会社からほど近い耳鼻科へ・・・

まずは聴力検査、そして症状を医師に話すと診断結果は・・・
「突発性難聴」
そして紹介状を書くのでどこか大きな病院へ行ってくれとのこと。
そして薬を2日間分のみ処方された。(ステロイド系の薬プレドニン
とメチコバールとアデホスコーワ)



さらに翌日(10月23日)、
やはり会社からそこそこ近い大きなJ病院へ行ったが・・・
(後で考えるとここの病院は間違いだったのかも)
やはり聴力検査を行い問診。ここでの結果は相当に悪かった。、
特に500Hz近辺はSCALE OUT
他の音域も70db近辺で更に高音は100db前後で特に悪い。

とりあえず投薬治療とのことで、病院のセンセイもステロイド薬を処方
したが、「明確な治療法はこれだけで、あとは医学的な明確な根拠の無い
治療ですよ」との冷たい対応。
(ちょっと入院治療で徹底的に治したいと思っていたのだが・・・)

他の治療方法は金はかかっても効果は疑問でやっても無駄みたいな言い方

片側の耳が相当に聴力が落ちていれば色々な方法を試してみたいという
心理が当然働くということを理解していない・・・。

一応、脳梗塞とかの関連の可能性もあるといけないとのことで紹介された
外部の診療所でMRIを撮った
そして1週間後(10月30日)に再診。
聴力はまずまず回復したが60~70db程度とまだまだ悪い。
MRIの結果は脳梗塞とかの病気・関連は無いとのこと。



そして、ステロイドの投薬治療意外の他の治療方法として、、
・高圧酸素療法
・星状節神経ブロック
・ステロイド鼓膜内注射
これらの治療方法があるが「うちの病院ではやってないので紹介状は
書くよ」とのこと。

で、他の治療でやれることは出来る限りやっておきたいため即刻書いて
もらうよう頼んだが、「病院は自分で探してくれ」とのこと。
もう、、とっとと探してサヨナラだよ・・・こんなとこ!
って思った

時間との勝負と言われている突発性難聴の治療で1週間の時間がもったい
なかった。

一応最初の1週間の時間がもったいなかったので針治療も始めた。
ネットで検索して、突発性難聴治療では有名なI治療院に数回行ったが、
聴力が少し戻ったのはステロイドなのか針治療なのかは何ともいえない・・・。


しかし聴力落ちるとかなり不便だし、人混みに行くと雑音がかなり増幅
して大きく聞こえたりでかなりの不快感。会議も相当神経を使って聞いて
いないと聞こえず、かなりストレスの貯まる状況に陥った。


その②に続く



←応援でぽちっとよろしくお願いします。


コメント