「お気楽」のお気楽なコメント

山登りや山スキー・競技スキーの話題、日常の出来事を感ずるままのコメントで書き綴ってます。

GW 白馬・雪倉・蓮華温泉・金山沢 山スキー

2012年05月01日 | 山スキー
GWの前半で行ってきました

体力落ちてるわ・・肥えてるわ・・でキツかったけど最高に楽しめました


以下レポです
  ↓



2012年4月28日~30日  同行者TAKU 

1日目
2012年4月28日(土)
 
猿倉9:00~白馬山荘15:05

初日(28日)は大雪渓を登るだけなので、朝はかなりゆっくりで猿倉を出発。




天気良くて爽やか
しかしすぐに汗が・・・




今年の大雪渓はデブリが多く下部は右岸沿いしか通れないところもある位



特に通過には支障なかったが、やはり雪崩の巣なので登行中は常に上や左右
を見ながら。
この日は雪が大きく崩れるのを見ることはなかった。

しかしいつもながらここの登りはキツイ、、が、途中から適度に風もあった
ので割と暑くもなく寒くも助かった。。








村営小屋の直下付近で一時的に風が強かったがさほどでもなく、
登りで約6時間かかって白馬山荘に到着
全てシールで登れたので良かったでした。。







夜はさほど冷え込まず、まずまず快適に過ごせた








2日目
2012年4月29日(日)

白馬山荘7:35 ~ 白馬岳山頂7:55/8:13 ~ 鉢ヶ岳手前鞍部8:35/8:57 ~

雪倉避難小屋9:42/10:05 ~ 雪倉岳山頂10:45/11:17 ~(登り返し) 

山頂直下12:00 ~ 雪倉ノ滝横12:32/13:00 ~ 瀬戸川横断点13:13/13:28

~ 蓮華温泉ロッジ14:28


快晴の朝で気分上々。
まずは白馬の山頂を踏みに行く。
途中2号雪渓を見学


セッピがかなり張り出しているが、雪が緩めば上の方からエントリー出来そう。。



山頂からの眺めは相変わらず素晴らしい




主稜からは多くのクライマーが登って来る。

狭い稜線でテン泊してたらしい。。



さて今年は雪が多いので、どうやら山頂から雪が繋がっているようで、
白馬山荘横からではなく、山頂から板を履いて鉢ヶ岳手前鞍部に向けて
ドロップです。(これが最高でした

山頂から板履きます






気分いい滑り



いいですな~



カチカチだが最高の斜面



雪はかなり硬いが最高です





かっ飛びます




素晴らしいロケーション




目指す雪倉が良く見えて来た所で惜しいが右手にトラバース。
このまま下まで滑って行きたかったが・・・




いや~楽しかった 皆で記念撮影




鉢ヶ岳を旨く巻いて雪倉避難小屋へ




雪倉の登りはシールかツボか迷ったが夏道通しで板を担ぐ。
これは正解で割と労せず雪倉岳山頂へ



200名山ゲッチュー


さていよいよ雪倉の大斜面を・・・

本日同行のSさんの滑り


あまり気持ち良かったので上部斜面を登り返してもう一丁!


しかし下部は重重雪・・・

縦溝もあって滑りにくい~



苦戦しながら雪倉ノ滝の所を僅かにトラバース。

瀬戸川は丈夫なスノーブリッジで問題無く通過。
その後は蓮華温泉まで長いトラバース道を汗掻き掻き歩きやっと到着。


その後は露天の温泉に行きたかったが、スキー靴を履いて行かなければ
ならないので挫折・・・内風呂にしたが満足。

夜はまたまた暖かく過ごせた。








3日目
2012年4月30日(月・祭)

蓮華温泉ロッジ6:45 ~ 天狗の庭付近8:40/8:45 ~ 白馬大池付近10:07/10:23

~ 船越の頭11:16/11:31 ~ 白馬大雪渓出合12:16/12:24 ~ 猿倉12:36


いよいよ最終日。
雪倉岳の斜面を眺めながら登る



先の長い登りを考えると憂鬱でペースはイマイチ。
雲が多くて涼しいのはいいけど何かテンション上がらない中せっせと登る



調子の上がらぬままやっと白馬大池へ。





大池横で大休止の後船越の頭まで登る。
ハイマツを踏み抜きながらあくせくして登っていると雨だかアラレがポツポツと
きた・・・早いとこ下りたい~~



最後の力を振り絞ってやっと金山沢に向けてのドロップポイントへ。

なんかいやーな雲が多いながらも天気はなんとかもってくれた。。


張り出したセッピの弱い所からドロップしたものの稜線直下でも激重雪で
グッサグサ





ヘタに板を引っ掛けたりすればケガしそうな雪なので慎重に転倒を避けて
滑る。

雪重くてヨレヨレ



急斜面が終って一休みして金山沢をどんどん滑り下りる。

後を滑る蓮華温泉で同室だったボーダーカップル
なかなかの滑りでした




デブリは2ヵ所程あったが下の大きい方のデブリも右岸を巻いて通過





広くて長い金山沢だったが最後の大雪渓出合も雪は繋がっており無事合流。

あとは猿倉まであっという間に滑り降りて終了。

充実した3日間でした




どこがイチバン良かったって

あたし的には白馬山頂直下のカチカチバーンが最高に気持ち良かったです
いい景色を眺めながらの滑りは最高でした~




←応援でぽちっとよろしくお願いします。

コメント (10)