「お気楽」のお気楽なコメント

山登りや山スキー・競技スキーの話題、日常の出来事を感ずるままのコメントで書き綴ってます。

槍ヶ岳~西鎌尾根

2013年08月13日 | 山登り
夏休みの始まりの3~4日間を使って出かけることに。
年最低1回はどこか縦走したい。今年は大雪には行ってはいるが・・。


単独テント山行なので適当にルートを。やっぱ北アでしょ・・
しかし車だとかったるいので公共交通機関をと、、思っていたが出発予定日
の3週間前に調べるとほとんど満席。
希望していた富山や平湯、新穂高行きのバスやムーンライトなどはすべて×
かろうじて上高地行きのさわやか信州号のグリーンカーが僅かに空いていた
のでこれで行くことに。
バスは3列シートじゃないと特に夜行は乗る気しないっすね。。
体がデカいもんで



(残念ながらデジカメ忘れてすべて携帯撮影・写真も少ないです
では記録を。

前夜出発~1日目(2013年8月9日~10日)
新宿22:30→上高地5:10/5:45→横尾8:10/9:00→槍沢ロッジ10:15/10:40

坊主岩小屋14:20→殺生ヒュッテテン場15:00



仕事を終えて一旦家に帰ってシャワーを浴びて出発!
新宿からバスさわやか信州号で上高地へ。さすがに3列シートはゆったり
してたのでそこそこ寝れてまずまず快適だった。


上高地から入ってテン泊縦走となると槍か蝶か・・
ま、夏はやっぱ槍でしょ。混雑は覚悟の上だがなるべく避けたい、

さすが上高地早朝からまずまずの人出。

ゆったり準備して出発。
まずはながーい退屈な歩きで横尾まで。
ここで大休止してラーメンを作って食べて槍に向けてGO。
天気はいいが若干雲が出て逆にホッとする。
このまともな登山道は何年振りだろ。前回秋の素晴らしい紅葉の時だったが、
夏の濃い緑もなかなかいい


ババ平を過ぎて登りの傾斜がキツくなるとペースもガタ落ち
しかし眺望は次第に良好に。意外に花も多い。

今年はコバイケイソウの当り年なのかやたら多い。



グリーンバンドの上でやっと槍とご対面。。やっぱいいね




坊主岩小屋付近からの槍。ここからの槍の姿がイチバン好きかな




背後には常念が。



だんだん登りがキツくなり、槍ヶ岳山荘のテン場はどうせ一杯だろうと思って
殺生ヒュッテのテン場で登り終了。ザックが重くてキツかった。。


夜は風が強かったが、、逆にテントは全然結露しなくて良かった・・・

真夜中に空を見上げると満点の星空で素晴らしい




2日目(2013年8月11日)
殺生ヒュッテテン場7:00→槍ヶ岳山荘7:40/8:15→槍ヶ岳山頂8:30/8:35

槍ヶ岳山荘8:50/9:40→千丈乗越10:20→樅沢岳13:35→双六小屋テン場13:55


朝はノンビリ。廻りのテントのほとんどが消えてから準備して出発。



朝イチは雲が多く、槍もガスっていたりしたが、、




次第にガスが取れて快晴に・・見事な晴れ姿




槍の肩に到着。記念撮影
穂先への登山者が少なくなってからノンビリ山頂へ、



3度目の山頂
やはり見事な景色で言うこと無し




これは定番かな・・穂高方面




結局槍からは西鎌尾根に向かうことにした
西鎌~双六方面をチェック



穂先への登りはすんなりだったが、下りで逆走してくる迷惑なヤツがいて時間が
かかった。


槍の肩から西鎌尾根へは初めての道。
景色は素晴らしかった。左手の飛騨沢は残雪期に登った時と比べる。
いい斜面。反対側も滑りには良さそうな斜面。

双六までは小刻みなアップダウンが多くて最初は暑くてうんざりしたが、
次第に雲が出て涼風も吹き快適な天候に。
花も多くてなかなかイイ感じ。(写真撮れなくて残念)

しかし、、コースタイムがちとキツイんじゃないんかなと思いながら
やっと樅沢岳に到着。
ここからは一度来た道。

双六のテン場には早めに着いたが、もうかなりの数のテントが張ってあった。

着いてから双六ピストンしようかと思ったけどくじけた。。




3日目(2013年8月12日)
双六小屋テン場6:00→弓折岳分岐7:00→鏡平山荘7:25/7:55→ワサビ平小屋9:55

新穂高10:50/11:32→松本→自宅17:40


朝は早起き出来たが、、双六ピストンはまたまた取り止め。。
おとなしく新穂高にげざんすることに。
もう前日までの山行ですっかり満足してしまったので・・・


朝の鷲羽岳。いつ見てもイイ



双六のテン場。これでももうかなり撤収されている。




弓折に向かう稜線からの笠ヶ岳方面。またまたいい天気に




前日の槍~西鎌尾根の稜線を振り返る。



帰りは鏡平でゆっくり休んで、秩父沢で小休止したのみで一気に下った。
ここの道は3度目だがいつも暑い。風の通りが悪く日当たりがいいからなのか・・
登りの人が気の毒な位イチバンいい天気で暑かった


新穂高に下山して新しくなった中崎山荘で温泉に浸かって帰路に。

松本までバス、その後あずさに乗り換え、家には余裕で明るい時間に着いた



夏山はやはり素晴らしく、月並みなコースだけど満足。。
しかし・・テント装備担いでの歩きはやはり暑くてキツい。
かといって混んでる山小屋もう~んな感じで悩ましい

山はやっぱ秋がいいのかな~




今回は前回の大雪と違って足がかなりの筋肉痛
やはりアップダウンの大きさの違いか・・




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント (4)