及川妙子の元気日記

年4回の市議会だよりを中心にお送りします。
また、政策課題や考えることなどについては随時掲載させていただきます。

成人式がありました。

2019-01-17 11:35:50 | 日記


1月14日に市民スポーツセンターで市の成人式がありました。

国分寺市の今年の成人は1304名。去年より20名多いそうです。

だいたい式に出席するのは半分くらいです。

一部は式典。二部が中学校吹奏楽部の合同バンドの演奏。

二部は中学校恩師のビデオレターでした。

実行委員は毎年女子が多くて今年は男子は一人でしたが、

その彼が「新成人のことば」を発表しました。

普段はなかなか照れくさくて言えないけれどご両親に感謝して

ありがとうと言うなどとても感動することばでした。

毎年、感動します。これまで育ててもらった国分寺市に恩返ししたい

と何年か前に言った女の子もいました。

自分が二十歳のころを思うと全然違うので驚きます。

ところで合同バンドの演奏はだいたい3曲ぐらいでここ数年

最後は「ヤングマン」なのですが、他に適当な曲はないのかと

いつも思います。

スポーツセンターはいつもすごく寒いのですが、今年は

エアコンの設備が完備したせいか寒くありませんでした。

良かった。

コメント

政治団体収支報告書を出して来ました。

2019-01-14 09:33:58 | 日記
1月7日に「及川妙子後援会」の平成30年分の収支報告書を都選管に

出して来ました。

収入は、前年からの繰り越し=261.533円、自分からの寄付=300.000円
 
    計561.533円。

支出は、事務所費=4.920円(切手代)、組織活動費=51.900円(新年会などの会費)
  
    選挙関係費=70.000円(陣中見舞い)、機関誌の発行=240.034円(議会便りの印刷、郵送費)

    調査研修費=31.000円(研修会費)

    計397.854円

差引163.679円が翌年ヘの繰越額です。

明朗会計でやってます。
コメント

消防団出初式

2019-01-10 10:00:04 | 日記


1月7日に一中で消防団の出初式がありました。

国分寺市は第1から第5まで5分団あります。

皆さん仕事を持ちながら火事があるとすぐに現場に駆けつけなければ

ならないので大変です。普段の練習もハードだと聞いています。

若い方も増えていると聞いているので頭が下がるばかりです。

いつもありがとうございます。

放水は短時間ですが見ごたえがありました。



コメント

仕事始め

2019-01-06 09:40:28 | 日記


2019年1月3日に末松義規衆議院議員と伊達淳一郎市議会議員と一緒に熊野神社で

お年始の挨拶をおこないました。

政党は別れましたが、これまで同様の活動を続けています。

とは言えなかなか会う機会が減ってしまって寂しい感じです。

政治活動は政党に所属している場合は政党中心なので仕方ないかなと思っています。

しかし、国民民主党と立憲民主党もお互い違いをいかにアッピールするかに

専念していて国民の方を見ているのかはなはだ疑問です。

敵は自民党なのにいつまでも反目しあっていては埒があきません。

立憲民主党は野党第一党ですが、議席数は自民党に比べてはるかに少ないわけです。

野党同士反目しあっていても得るものはひとつもありません。

混迷の時は続きますが、何とかならないですかね。
コメント

明けましておめでとうございます。

2019-01-03 11:44:10 | 日記
2019年になりました。

平成31年は4月までと変則的な年ですね。

去年は年女で「断捨離」を目指しましたが、春までに挫折しました。

今年はとりあえず選挙があるので「当選」を目指しますかね。

しかし、年をとったと実感するのは本当に身体の衰えです。

一昨年の総選挙で膝を痛めてから完治せず膝は常に違和感があるし、

去年はついに血圧が高くて(上が150、下が100)薬を飲み始めました。

なので血圧が上がらないような「穏やかな毎日」を目指してますが

仕事柄腹の立つことばかりでまいってます。

選挙があるから頑張らないといけないけど頑張ると血圧が上がるので

何かいい方法がないか考え中です。



5月7日にできた国民民主党は支持率がさっぱり伸びずにこちらもまいってます。

東京、大阪以外はそこそこらしいですが、特に東京は芳しくありません。

直近の西東京市議選も結果が悪く正月気分になれないのが正直なところです。

しかし、ここでぶれずに頑張ると言いたいところですが、それも

いまいち力が入りきりません。

何とか穏やかに1年、市民の皆様のために、頑張る所存です。

今年もよろしくお願いいたします。
コメント