ムチャな1日

2018年10月16日 | ヒトリゴト


予定も家人もない、素晴らしい1日♪
喜び勇んでホームセンター

コンパネから頭ン中で製図したのを切り出してもらい
鉢と土とスプレーを買う



60Lプランターから紫陽花を抜き植え替え
そのプランターを持ち上げたら

ギクッ

ギックリ腰に・・・



しかし他所様の空き地(畑)をお借りしてやってるので、予定の分は済ませたいっと




プランターの元色が気に入らずスプレー塗装するも、物が大きいだけに2缶つかっても微妙で



乾燥待つ間にトンカンして(しゃがむだけでウーって声)



スプレーでは埒あかないのでペンキして

今度の日曜はツーリングの予定だけど、ラヴォイタのSタイヤのままでは行けない
でもギックリ腰で痛いし・・・って悩んで



コルセットしてタイヤ4本交換

しちゃったのはいいけど、ハイゼットの乗り降りですらウッって状態だったのにやっちまいまして



塗装が終わってないのをスルー出来ずペンキして



別の60Lプランターもういでにペンキ
ほんとは空き地でしたかったが、持ち上げれずこの場で適当にペタペタ

スプレーよりムラ気にしなければペンキのほうが早いですね~



ってギックリ腰してから、こんだけ動いてどうなるかってのは想像通り
この後、より酷くなりぶっ倒れてました

日曜ツーリングは福井方面を予定
一緒希望なら9時までに藤橋の道の駅まで

って行けるのか・・・俺・・・行くけど(きっと)

無茶好きなんですぅ~若いから♪
コメント

続Okanの2018ラヴォイタ

2018年10月15日 | 思い出
1回でまとめ切れませんでした



ステアリング交換は結果に大きく影響しました

38秒連発

位置調整も良かった、なんでもっと早くにしなかったんだろ・・・・




何気ない記念写真(当日11時33分撮影)

そん時アバルトの佐々木さん(同姓同名ね)がボソっと「これレース結果じゃない」って

笑ってましたが



レース後の123撮影、そのまんまで3人に新鮮さ無し!(爆)

僕だけが、「おーブログに使える♪」ってニヤリ
只今1名Sasakiさん募集、ALLササキでポディウム埋めましょう(笑)



アバルト1000SP(SP1000?)のもっともおーー!な箇所

エンジンよりキャブの存在感がすごくて、しかも左右に!!!
他のアバルトも大抵キャブがでかい



何よりも感謝してた1枚

レース中一切仕事せず遊んでました、こんなラヴォイタは初めて♪
全ては激安バイトを了承くださったスタッフさんのお陰

いい思い出になりました、有難うございます



電磁ポンプ壊れて名メカニックも物が無ければ万事休すか!
ってタイミングに、「あっスペア持ってますよ」っとGさんが助けましたの1枚

僕も2基がけしてるんですが、1基で足りるので1つ動かしてなかったので、それを外して貸しますよーって言ってたんですが、外して装着より、簡単安心の新品に勝てず

あーー恩売りたかったなぁ(爆)



箱入り500さん、写真ありがとうございます♪

派手ってこんな時、得するなぁ~
コメント

Okanの2018ラヴォイタ

2018年10月14日 | 思い出




意味も無くブンブンふかして気分上々でスタート



1コーナー勇気で奥ブレーキ&パイロンギリ



全開で2コーナー、ドンとブレーキ、グイッとステア
クリップ外さずゼブラゾーンまで膨らんでS時の3コーナーをなるべく真っ直ぐなラインに見える位置にから鼻先むけてアクセルオン



4コーナーは出口で膨らまないよう小さく、だからって失速しないで



5コーナーは外から入って出口は膨らみすぎずに



6コーナークリップ前から勇気の全開、上手くいってるときは弱カウンターのままでってのに自分に痺れてる(笑)



7コーナーアクセル一瞬戻してまた踏んで
8コーナー短く手前でしっかりブレーキ、コンパクトにコーナリング、アウト側真っ直ぐ立ちあがって



シフト無し、アクセル全開でゴール

これが理想、結果は




総合2位 記録38秒53

いつものポジションに戻る(上から目線でゴメン)
記録(38秒32)更新ならず


で、いいわけブログはじまりはじまり~

1本目:38秒89
2本目:38秒76
3本目:38秒53


午前中の3本、ALL38秒台
普通に走ればこれが出る調子の良さ



3本目の車載映像

スタートと5コーナー入る手前でアクセルブーンブーンっと不安定になのがイマイチ
あとは程よくまとまってる




午後の結果

4本目:38秒68
5本目:39秒01
6本目:39秒19
7本目:45秒12




5本目の車載

スタート、1コーナーOK
2コーナーブレーキングを奥で短くしたのにアウト一杯手前で切り込みすぎてリアが流れ無駄なステア

この時点で記録がでない!ってわかりました

その影響で3コーナー真っ直ぐのラインみつけれず
4コーナー速度がのらないのを慌てた結果5コーナー膨らみ
6コーナー加速遅いしステア忙しい
8コーナー立ち上がりアウト側真っ直ぐ立ち上がれず最短でゴールに向かえず



午後からのトライ全2コーナーから3コーナー同じように失敗

6本目、7本目は「あっダメってわかった時点で」途中で走り捨てました(爆)


偉そうになりますが、こうでもしないと38秒止まり
あえて自分の走り以上のトライでの結果

自分を超えてるだけに、4回程度ではモノにならない凡人(笑)



数年前まで40秒もきれず、初戦は10位以内がやっとから
37秒台を狙うトライで悩める今回は上出来♪

キングKさんのラヴォイタ最速タイム更新についてゆけませんでしたが次回また挑みます!

みなさま応援&沢山の写真ありがとう


コメント

2018ラヴォイタレポート6

2018年10月13日 | 2018 Coppa del Lavoro Itailano
つづき



秋のコッパデルラヴォーロイタリアーノにはクラス順位があります



600cc以下クラス

優勝 50秒52 坂口選手 1971年式フィアット500(600cc)


このクラス無敵の坂口さん、今回も圧勝&記録も立派です
おめでとうございます



850cc以下クラス

優勝 43秒73 高橋選手 1989年式フィアットDAP650(750cc)


毎年勝者の変わる激戦を制したずーーっと優勝にこだわりもがきのた打ち回ってた高橋さんって事で、会場がもっとも沸きあがったクラス優勝でした、おめでとー



1300cc以下クラス

優勝 42秒53 浅井選手 1984年式アウトビアンキA112(903cc)


1300エンジンを積んだジュリアやアバルト達を抑えての優勝でした
おめでとうござます



1800cc以下クラス

優勝 38秒87 佐々木選手 1975年式フィアットアバルト124ラリー(1756cc)


神奈川県から自走で来て総合3位、クラス優勝、カッコ良過ぎます!
おめでとうございます



無制限クラス

優勝 37秒51 久保選手 1971年式アルファロメオジュリアスーパー(1962cc)


自己ベストを0.67も更新して、旧車での初となる37秒台でした!
当然総合&クラス優勝であり素晴らしい記録が残りました、おめでとうございます



イタリア車以外クラス

優勝 40秒19 久世選手 1969年式ポルシェ911S(1990cc)


ラヴォイタはイタリア車だけのレースではありません
旧車だけの大運動会、フランスもイギリスもドイツも日本のも楽しんでいただけます



そんなクラス優勝者だけの記念写真、皆さん良いトロフィ持ってるでしょ




今回クラス優勝のトロフィが特に良かったんです!
そんな良いのを持ってご満悦な人と
そんなトロフィ製作し素敵な結果になるDap号を整備してる人の2ショット



オートマイスター様の協賛でカムやコンロッドでワンオフのトロフィ
どこにも売ってません!



ラヴォイタは参加者全員にトロフィがあるレース、今回全員分がワンオフトロフィとゆう贅沢♪
さらに総合3位までと各クラス優勝者にはオリーブの王冠も授与



僕らのレース、表彰式の豪華さは他所に負けませんってことで全員トロフィ持って記念撮影

何回も演出変えて記念撮影したがる僕にお付き合い、ありがと(笑)



これにて2018 Coppa del Lavoro Italiaoレポートも終わり

参加、見学、スタッフ、ご協賛各社、そしてレポートご覧下さった皆様に感謝いたします
有難う御座いました



また名阪スポーツランドでお会いしましょう!


クラブマザーヘッドホームページ




コメント (4)

2018ラヴォイタレポート5

2018年10月12日 | 2018 Coppa del Lavoro Itailano
つづき



総合36位 48秒45 飯田選手 1970年式アルファロメオジュリアスーパー(1300cc)



37位 48秒47 花塚選手 1973年式フィアット500(650cc)



38位 48秒47 橋本選手 1971年式アルファロメオジュリアスーパー(1300cc)

37位とは同タイムだが、先にそのタイムを出した方が上位となる



39位 49秒54 齋藤選手 1984年式アルファロメオスパイダー(1961cc)



40位 50秒46 火伏選手 1977年式アルファロメオスパイダー(2000cc)



41位 50秒52 坂口選手 1971年式フィアット500(600cc)



42位 51秒10 大石選手 1967年式フィアットアバルト1000SP(1000cc)



43位 52秒27 杉田選手 1965年式フィアット500(500cc)



44位 52秒63 河原選手 1968年式フィアット500(500cc)



45位 54秒89 原田選手 1966年式フィアット600D(767cc)




全車ベストタイム60秒以内であり、スムーズな進行に協力してくださったお陰で1順するのに1時間かからず
結果テストラン1回+7本のトライとゆう過去最多集回のラヴォイタ、今回参加の方はラッキーです!

さらに撮影班してくれたgrungeさんの写真(上記もすべてそれです)がダウンロードいただけます

今回のラヴォイタにてgrungeさんの写真プレゼントは終了となります、これまで撮影班ご苦労様でした



このレースを支えたスタッフ一同(温泉さんとゆうさん居ません・・ゴメン!)

わずか15名にてこのイベントが運営出来たのは写真をご覧になってわかるとおりの和気藹々
これこそが素人の強み!

大事なのは参加者も運営側も一緒に遊んでるとゆう気持ち
だからラヴォイタは参加者の方にも整列など進行のお願いを多くしております



今回もロトロさんが居てくれたのでご飯も楽しく美味しく
古家さんのコーヒーサービスもありがたかったよね




コメント (4)