房総半島でゆっくりと丁寧に暮らす

日々の出来事を更新しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪dieciでの個展終了

2013-11-13 | 陶芸
ギャラリーオーナーさま自ら外房まで大壺を取りに来て頂き、



無事搬入も済み、始まりました!「浜名一憲展」。









お皿や



カップ



ボウルもあります。



そして定番の「セグロのクサレ」と「アンチョビドレッシング」。

以前から店頭には並べて頂いていたので?これら食品と壺を作った人物が同じ!なことに衝撃を受けられたようなお客様もチラホラ。^^



我家のリビングに鎮座していた「チャーリーブラウン壺」大阪のアートコレクターの元に嫁いで行きました。

その他壺、たくさんの食器と、セグロのクサレ、ドレッシングを大阪のお客様にお買い上げいただきました。




大阪の友人達も来てくれ久しぶりの懐かしい顔も!



↑一つ一つの壺に話しかける友人の息子。^^

無事会期が終了し、千葉に戻りました。

ご来場の皆様、dieciスタッフの皆様、本当にありがとうございました。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大阪dieciで壺展 | トップ | 大時代錯誤展@千葉市美術館... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お気に入りになりました (hachi)
2013-11-30 00:55:10
個展の時にコップ連れて帰ったものです。
壺欲しかったのですが、テンション上がってしまって落ち着いて決めれなかったんです。
コップ使ってみたら、やっぱりいいなぁと思いまして、コメントしました。
おおらかって言葉を思い出しました。
hachiさん (oceansidecafe)
2013-11-30 08:25:21
カップお持ち帰りいただきありがとうございます!
早速使ってもらってるんですね。
少々不恰好かもしれませんが使えば使うほど味も出てきますので末長く使ってください。
よろしくお願いします。^^

コメントを投稿

陶芸」カテゴリの最新記事