~笑顔いっぱい 附属高校生~ Nias ! ◆長崎総合科学大学附属高等学校◆

長崎総合科学大学附属高等学校
(男女共学・普通科)
2010年 4月1日blog開設

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しい航海へ

2011年02月28日 | つれづれ
 小雨の降る朝になりました。明日はいよいよ第47回卒業式です。お日様が顔をのぞかせてくれる事を願います。

 土曜・日曜は各部活動、練習試合や公式戦に臨みました。対戦いただいたそれぞれのチームの皆様ありがとうございました。(サッカー部は県リーグ戦に臨みました。)
 また保護者会の皆様におかれましては、いつもあたたかいご声援ありがとうございます。


 明日の卒業式を前に、様々な立場で色んな思いが交錯していることでしょう。

 先日将棋・羽生先生の本を読む機会がありました。ご存じの通り先生は、名人・王位・王座・棋王・棋聖・王将 の六冠を獲得するという偉業をなされています。81あるマス目には、実に多くのことがめぐらされ、また鍛えられた一手をうつための日々精進は、禅宗にも通じるかのようです。先生はそこに見事な自らの感性を融合し、日々に臨まれている印象を私は受けました。

 実に多くの事を著書では学ばせていただきました。今後機会があればご紹介させていただだきたいと思います。今日は数多くある中で、先生が言う『選択肢』についてご紹介させていただきます。

 記憶の限りなので正しく伝えきれないかも知れませんが、将棋一手、その一手を指すまでには実に多くの選択肢があるそうです。所謂、先を読む…。頭の中には実に何十、何百… 名人によっては数千手先を読む方もいらっしゃるそうです。羽生先生は、その選択肢を 「できるだけ少ない方が良い。」 とおっしゃっています。選択肢が多いと、先に進んでいった際「あぁ、やっぱりああしていれば良かった。」「あそこはああ行くべきだった。」 と、後悔の念に勝負中に襲われるそうです。選択肢を少なくした場合は、決断も素早く次に対応できる体勢が瞬時に作れる…。その「選択肢を少なくするための鍛錬を日々怠らないこと。」が大切だそうです。

 しかし、選択肢が少なくとも誤った選択をした場合はどうするのでしょうか。


 それは、


 先生曰く、それは「忘れること」 だそうです。後悔の念に苛まれず、忘れて現状に集中して臨むこと。



 拝読し続け多くの言葉に衝撃と感銘を受けました。そして私は、「人は生を受けてからそれぞれの出口を目指すまで最も興味有るツール (例えば将棋・スポーツ・勉強・芸術等々・・)に時間を費やしますが、最終的にはそれらを通じて同じ出口に向かっているのではないか?」という事をふいに思いました。全力で費やせる興味関心をもったこと。それを通じて得ることは、順番や形は同じではなくても、積み重ねると深い深い異形同色の美しいものになっていくのでは、ということを思いました。


 さぁ、卒業式を終えると、それぞれの人生が始まります。新しい航海-。選択肢を見つける時間。今まで、今から。




□卒業式
  3月 1日(火曜) 第47回卒業式 10時00分~(予定)

□野球部(予定)
  3月12日(土曜) 佐世保実業G 佐世保実業高(9:30~) 大分雄城台(12:30~)
  3月13日(日曜) 長崎日大高G 長崎日大(9:30~) 敬徳(12:30~)
  3月20日(日曜) 長総大附高G 大村工業 岩国B
 
  4月 8日(金曜)~ 鹿児島・佐賀遠征  鹿児島実業・佐賀北 筑紫丘

◇野球部公式戦(予定) 春の九州大会・長崎県予選
  3月 2日(水曜) 抽選会
  3月25日(金曜)~4月 3日(日曜) 9日(土曜)準決勝・10日(日曜)決勝  本大会

  □抽選会対戦決定次第・ブログ上で報告します。


※写真は行事準備を終えたある日の生徒会先生方。

言葉

2011年02月27日 | 学校行事

 明るくなる時間が、すっかり早くなりました。今朝も青空が私たちを迎えてくれます。


 昨日今日と本校各部活動はいつも通り練習に取り組みます。また公式戦・練習試合等で対戦いただいた各チームの皆様、貴重な機会をありがとうございました。保護者会の皆様におかれましては、いつもあたたかいご声援ありがとうございます。


 3月1日に卒業式がせまってきました。予行練習も終え、当日を待つ-。金曜日の放課後、帰路に着きながら体育館をのぞくと、卒業式で在校生を代表する送辞を読む生徒と、入江先生、そして放送部諸君と顧問篠崎先生が入念な練習、打ち合わせをしていました。




 練習とはいえ、言葉の起伏や抑揚等、思わず聞き入ってしまいました。送辞答辞では、毎年目を閉じるとその時々の情景が蘇ってきます。言葉の持つ不思議さ・・・。気持ちをこめて発する言葉…、いや例えそうでなくても言葉一つで人は一喜一憂できるものなのです。そう、だから気持ちを込めて伝えると、言葉は一層聴衆の心には響き渡ります。



 先輩方への感謝の気持ちを懸命に伝えたいと練習する君のその姿に私はうっすら涙が浮かんできてしまいました。練習姿を拝見してこれでは‥どうもいかん(笑)。 言葉同様、姿勢も、人に感動を与えるには充分です。

 それぞれの立場で迎える卒業式。素晴らしい式に今年も一緒にしていきましょう!



□卒業式
  3月 1日(火曜) 第47回卒業式 10時00分~(予定)

□野球部(予定)
  3月12日(土曜) 佐世保実業G 佐世保実業高 大分雄城台
  3月13日(日曜) 長崎日大高G 長崎日大 敬徳
  3月20日(日曜) 長総大附高G 大村工業 岩国B
 
  4月 8日(金曜)~ 鹿児島・佐賀遠征  鹿児島実業・佐賀北 筑紫丘

◇野球部公式戦(予定) 春の九州大会・長崎県予選
  3月 2日(水曜) 抽選会
  3月25日(金曜)~4月 3日(日曜) 9日(土曜)準決勝・10日(日曜)決勝  本大会

 ※ 抽選会対戦決定次第・ブログ上で報告します。
  


ブレイクスルー

2011年02月26日 | クラブ活動

 春の足音が確実に聞こえてきたようです。希望に満ちた青空の透明感・・・東から登る太陽を受け止めるかのように、西の空がうっすらオレンジ色に染まっています。


 昨日は第47回卒業式予行練習が行われました。また同窓会入会式も行われました。卒業アルバムが三年生諸君には先駆けて手渡されました。放課後の教室や職員室では、友達同士、そしてまた後輩から、教職員からと、自らのアルバムにメッセージを交換、メッセージをもらいに笑顔を浮かべ三年生は行き来をしていました。


 さて、二学期に本校サッカー部は地域誌の取材をいただきましたが、昨日は同地域誌より野球部の取材をいただきました。渡瀬監督によると、野球部は三年生を送る会をすでに実施し「素晴らしい会でした。」 と感慨深く言っていました。


 「言葉にすると自分の気持ちの襞まで伝えきれず歯がゆい思いがしてしまうほど、あたたかく気持ちが入った送別会でした。」


 出会いがあれば、必ずお別れがあります。長崎総合科学大学附属高等学校野球部で培った経験を次のステージでまた充分発揮して下さい。


 『ブレイクスルー』 それは自分が経験したことのない領域を目標に取り組むことです。あともう少し頑張れば今までとは異なった景色、次なるステージが必ず見えます。その次なるステージを目標にしよう!



□卒業式
  3月 1日(火曜) 第47回卒業式 10時00分~(予定)

□野球部(予定)
  3月12日(土曜) 佐世保実業G 佐世保実業高 大分雄城台
  3月13日(日曜) 長崎日大高G 長崎日大 敬徳
  3月20日(日曜) 長総大附高G 大村工業 岩国B
 
  4月 8日(金曜)~ 鹿児島・佐賀遠征  鹿児島実業・佐賀北 筑紫丘

◇野球部公式戦(予定) 春の九州大会・長崎県予選
  3月 2日(水曜) 抽選会
  3月25日(金曜)~4月 3日(日曜) 9日(土曜)準決勝・10日(日曜)決勝  本大会

 ※ 抽選会対戦決定次第・ブログ上で報告します。
  


 ※写真は、野球部三年生送別会(渡瀬監督提供)

転機迫る チャンス迫る

2011年02月25日 | 学校行事

 今朝めずらしくバスで出勤すると、様々な情景に出会いました。車中新聞を広げる人、英単語帳に没頭する学生、着席と同時に目的地まで仮眠をとる人… 今日も『頑張る場所』へ向かう車中で、それぞれの時間を過ごされていました。


 本日本校は、卒業式予行練習を実施します。3月1日には第47回卒業式が挙行されます。

 昨日三年生は卒業を控えガイダンスを実施しました。講演いただいた先生方は、講演順に 玉城保美校長、桑原芋吉就職専門指導員、若者自立支援長崎ネットワーク 精神保健福祉士・林千子先生です。いよいよ卒業式の迫った三年生。皆熱心に四月からの自分を見つめ聴講しました。



 玉城校長は、『社会人としての心構え』として、挨拶・電話対応(一本の電話の重要性)・ネット社会の危険性、この三点に絞っての講演をです。



 桑原就職指導官は、『転機をチャンスに!』と、黒板にも講演テーマを書き「みなさんの今後を象徴するように、あえて右肩上がりで題字を書きました(笑)」と、ユーモアも交えながら、激変する不安定な社会の中で、変化に対応して様々な人生の転機を乗り越えて力強く生きていくことを考える事をテーマにしての講演でした。



 最後に林先生からは、長崎サポステの紹介をいただき、「若者の活動場所」、復学に向けて・職業訓練に向けての支援・就職に向けての支援・企業に向けての支援の講演をいただきました。

 ガイダンスに出席した生徒諸君と休憩時間に話すと、「春からは県外大学に進学します。この期間にアパートを決めてきました。正直不安と期待が交錯しています。今日のガイダンスで益々『いよいよだな…。』と思いました。」 という返答でした。

 春の香りが一層強くなってきました。



□卒業式
  3月 1日(火曜) 第47回卒業式 10時00分~(予定)

□野球部(予定)
  3月12日(土曜) 佐世保実業G 佐世保実業高 大分雄城台
  3月13日(日曜) 長崎日大高G 長崎日大 敬徳
  3月20日(日曜) 長総大附高G 大村工業 岩国B
 
  4月 8日(金曜)~ 鹿児島・佐賀遠征  鹿児島実業・佐賀北 筑紫丘

◇野球部公式戦(予定) 春の九州大会・長崎県予選
  3月 2日(水曜) 抽選会
  3月25日(金曜)~4月 3日(日曜) 9日(土曜)準決勝・10日(日曜)決勝  本大会

 ※ 抽選会対戦決定次第・ブログ上で報告します。
  


 ※写真は、昨日三年生ガイダンスの様子。

永年勤続

2011年02月24日 | 学校行事

 朝の爽やかな青空に、雲が美しいアクセントを醸し出しています。


 本日まで本校は学年末考査です。また、三年生諸君は登校日。本日は学校長講話『社会人としての心得』・就職指導官 桑原先生による講話『転機をチャンスに!』を受講します。


 さて、先日本校 佐々木先生(英語科・男子ソフトボール部顧問)が永年勤続表彰を受けられました。先日サッカー部が県大会新人戦において優勝を果たしましたが、先生が顧問を務める男子ソフトボール部も高総体で優勝を果たしたことが数回あるのはご周知の通りです。佐々木先生にお世話になった卒業生の皆様、本日の写真を見て感慨深く回顧される方もたくさんいらっしゃると思います。


 教員になりたての頃、様々な事で悩んでいた時期がありました。懸命に日々を過ごす生徒諸君との時間の苛烈さに心のゆとりを見失いそうになりかけた時でした。そんな私に先生は声を掛けてくれました。


 「厳しい時期を見守るのも私達の職務の醍醐味だけど、輝いている瞬間を間近で一番にそして一緒に体験できるのも私達の職務の醍醐味ですよ~!」


 確かに視線を送っても霧の中でぼやけて見にくかったものが、一気に晴れ渡り見えるようになった言葉でした。生徒諸君同様、私達にも言葉をかけてくれる先輩教職員の方々は、大変有り難い存在です。

 先生の永年勤続に心から敬意を表します。



□1・2年生 学年末考査
  2月21日(月曜)~ 2月24日(木曜)


□卒業式
  3月 1日(火曜) 第47回卒業式 10時00分~(予定)


※写真は、玉城校長より表彰される佐々木教諭。