今、伝えたい事・自分らしく生きるために

住宅地盤ブログ ☆地盤調査・地盤補強工事・住宅地盤相談☆

はじめが肝心・価格だけで決められるものと決められないものがある。

2018-10-28 | 日記

こんにちは、

異常に暑かった夏から急激に気温が下がった秋、
体調を崩し、風邪をひいている人も多いのではないでしょうか。
私も、せきが出ていましたが、だいぶ良くなってきています。

さて、先日、電話で地盤調査費用はいくらですかと聞かれました。
金額を伝えると、もっと安くやっている会社を既に見つけていたらしく、
そちらに依頼しますと言われました。金額差は5000円ぐらいでしたか。

同じ商品であれば、安く買えるお店に行く人は多いと思います。
まして、スマホで検索すれば、商品の販売価格が安い順に並んでいるサイトを
見つける事もできます。

しかし、以前にも記載しましたが、地盤調査方法は、同じでも調査する人の知識や
経験が大きく影響する場合が多々あります。果たして、単に、安ければそれでよいのか
疑問に思います。

先日、地盤調査を実施した宅地では、固い層が深度2.5m程度で確認され、
その対角地点の場所では、9.5mにて、固い層が確認されました。
住宅程度の建物範囲でも、このように地層が傾斜しているところがあり、
特に、神奈川県などでは、起伏がある場所が多いです。

地盤が軟弱であれば、地盤補強策の検討をしなければなりませんが、
どこの地点でどのくらいの位置に固い層があるが判断する為に、地形をみて、
調査ポイントを増やしていかなければなりません。地盤補強杭にしても、
杭長が短く済めば、その分は、コスト削減につながります。
このような場所では、経験がものをいう事になりますよね。経験年数がほとんどなく、
ただ指示された調査点数だけ測定してくるだけの地盤調査では、結果的に、杭長を
長くしたりして、とんでもなくコストアップにつながるか、逆に、固い層まで地盤改良
されていなく危険になる場合もあります。

上記の同じ商品を安く買うのとは、違い、そこには、調査員のレベル、経験が
考慮されているかどうかが結果的に、大きく影響してきます。
それらを判断材料に入れて検討する事か必要だと考えます。

PS
先日、昼食を食べに食堂に行ったら、格言がいくつか張ってありましたので、
そのひとつ紹介します。

物事に真剣に向き合うと、知恵がでる。
   中途半端は、ぐちがでる。
   いいかげんだと、言い訳ばかり

うなずけるところありますよね。










 

コメント

未来の地球の気温は?

2018-09-23 | 日記

こんにちは、

前回の記事で、今後、80年先に夏の気温が4℃上がったら、
熱中症になる危険があるので、外出を、できるだけ避ける事に
なるのではと記載しました。

しかし、英国のノーザンブリア大学が開発した太陽活動周期の新しい数学モデルでは、
2030年代には太陽活動が60パーセント低下し、地球の温度が急激に低下するという。
つまり、あと15年後には、ミニ氷河期に入るらしい。15年先であれば、人それぞれ
寿命は、異なるが、自分は、生きている可能性があるので、実際のところ検証できる。

日本も約7万年前に、最後の氷河期が訪れ、その後1万5千年前から気候の温暖化が始まり、
氷河が溶け、急速に海面が上昇した。いわゆる縄文海進だ。この時のほうが、今より、
温暖だったのだろうか。

さて、気温が80年先に、4℃以上に上昇するのか、氷河期に向かっていくのか、
上昇すれば、85%の砂浜がなくなり、熱帯の虫が移動して、マラリア、テング熱などの
病気になるかもしれない。いずれにしても、地球誕生からの周期で考えると、氷河期に
向かっているのだろう。
もっと過ごしやすい夏と台風、地震による災害対策とかなり前から
それを予知できる技術が進化すればと思います。

コメント

住宅建築地の地表面観察

2018-09-17 | 日記

こんにちは、
気温も下がり、涼しくなり、秋に近づいてきました。
しかし、今年の夏は、暑かったですね
暑すぎでした。

大げさに言うと、これから先、夏は、クーラーが無いと生きていけないと
したら、人は、自然のままでは、生きていけない事になりますよね。
これも地球温暖化が原因でしょうかね。人間の経済活動と生活の進化により、
二酸化炭素・メタン・亜鉛化窒素などの温室効果ガスの濃度が増加することで、
地球の表面温度がだんだん上昇しています。クーラーや車などにより、
二酸化炭素が増加し、人間は、二酸化炭素許容濃度が、たった0.5%上昇するだけで、
意識不明となります。今後、80年先に、4度以上気温が上がるとしたら、
夏は、外出禁止になってしまうのでは?

また、今年は、7月に西日本の豪雨による災害や9月7日に北海道胆振東部地震により、
広い範囲で被害が出ました。被災された方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。

さて、今回は、以前に記載しました地盤調査の結果、建築予定建物の一部が軟弱な
数値が出た場合の原因として、以前に樹木があり伐根したケース、浄化槽を取り除いたケース
吸い込み跡、防空壕、井戸跡、水路跡、野菜の貯蔵穴、ゴミを埋めた跡、などなどあり、
その部分が沈下していることがあります。その範囲が広いと建物に影響があるので、
地盤補強策を検討したほうが良いと思います。過去に、既存家屋がある状態で、
建物の周りを調査した結果、地盤は良好なのに、既存家屋の中は床が沈下している
ことがありました。最終的に、調査したら家下の地中に廃材が埋められていた事が
ありました。建築地の地表面の状況を見ると何らの沈下や亀裂、陥没があれば
注意が必要です。ちなみに、日本で下水が完備されるようになったのは、昭和33年の
下水道法が改正された後、本格的には、昭和45年以降だと思います。

PS
急に気温が下がったので、風邪をひかないように気を付けてください。
私も風邪をひいています。熱より、鼻水がとまらない。

コメント

平成の最後の夏

2018-08-16 | 日記

こんにちは、久しぶりの記事更新です。

平成最後の夏は、異常に暑いですね。
7月23日(月)、埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上がり、日本歴代最高を更新しました。
そのほか、各地で最高気温の更新がみられ、非常に暑い夏となっていますね。

熱中症で病院に行く人の数も多く、外仕事、特に、土木、建築で働く外仕事の人は、
十分に水分と塩分チャージ、細目に休憩をとり、この夏を乗り切るしかありません。
特に、調子が悪くなってから休憩しても、回復しにくく、具合が悪くなる前に、
休憩と水分補給が大切ですね。

さて、ここまで暑くなると、昼間に遊びに出かける人も少なくなるのではないかと思います。
これから、夏は、深夜に営業する店が増え、夜に遊びに行く時代になるかもしれませんね。
東京オリンピックもサマータイムの導入など検討に入っているようです。

平成最後の夏は、全国高校野球100回記念となり、最多の高校数が出場している為、
暑い夏を家で、クーラーのきいた部屋で、野球観戦している人も多いのではないでしょうか。

猛暑の夏に遊びに行く観光先として、わたしは、鍾乳洞がおススメです。
鍾乳洞は、雨水が降ってくる際に、大気中の二酸化炭素を吸収し、さらに地中にしみこむ時、
腐食した生物が発生する二酸化炭素も吸収して、酸性になり、石灰岩をとかして、長い年月を
かけて、できた洞窟が鍾乳洞です。すごく神秘的で、洞窟の中は、涼しく15度ぐらいです。
先日、職場の仲間と行ってきました。

この平成最後の猛暑、早く、涼しくなって欲しいですね。

PS
軽井沢も暑いですが、まだ、都心よりは、涼しいです。 
                                                                
  

 

コメント

地盤調査と地盤の判断についてクオリティを高める事が大切!

2018-07-16 | 日記

 暑いですね。毎日35℃を越える猛暑です。
毎年、熱くなっている気がしますよね。
熱中症の人がすごく増えていますので、注意が必要です。
外仕事は、細目に休憩とり、水分補給が大切です。

さて、今回は、地盤調査と地盤の判断についてクオリティを高める事が
非常に重要だと感じています。
最近、とくに、いろんな会社の地盤調査結果から、地盤補強対策を検討するケースが
増えています。地盤調査のデータをみて、固い層迄の調査不足や層厚を確認していない
ケースがあります。また、どう見ても不安だと考える場合には、再調査を行います。
再調査の結果、最悪な場合は、当初予定した内容の工事を変更するケースもあります。
また、地盤調査結果に基づく、判断にしても、地盤が弱く軟弱と考えられる場合も
大丈夫と判断し、ベタ基礎で対応可能とか、その逆で、この地盤は、関東ローム層が
認められる安定した強度を示す地盤のため、ベタ基礎対応可能と判断するところ、
地盤保証会社から地盤改良必要とかになり、これは、会社としてではなく、担当者により、
判断が異なるのかと首をひねる場合があります。

地盤調査データに関して、地盤調査機械の違いや手動と自動の違いと言われるケースが
ありますが、私は、調査機械による影響は、まず無いと考えています。
それは、自動の調査機械を開発した段階で、事前にテストを行っています。また、購入予定の
会社でもテストしていると思います。では、その違いは、・・・

最終的に、人間が関わる仕事は、その関わる人のクオリティの差が結果として、一番
影響があると考えています。その為に、人に対して、資格制度や倫理規定、教育がされる
わけですから、各セクションの担当者は、精度、質を上げる事が必要であり、
大切だと思います。

PS
夏と言えば、海、そして夏祭りですね。各地で祭りが行われているので、
出かける人も多いのではないでしょうか。私も、地元の祭りを見に行ってきました。

 

コメント