ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【STAP報道:検証10】難波先生より

2014-06-06 08:44:18 | 難波紘二先生
【STAP報道:検証10】
 初動はつまずいた「毎日」科学環境部がやっと本調子に戻ったようだ。
 6/2には「実験が架空」である意味の報道を、
http://mainichi.jp/select/news/20140602k0000e040215000c.html
 6/3には奇形腫の作成に用いた細胞は、ES細胞由来である可能性を示す遺伝子データについて報じている。「細胞のすり替え」を意味している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000062-mai-sctch
 もっともこれは「Kahoの日記」がすでにブログで指摘していた。
http://slashdot.jp/~kaho/journal
 6/4「スポニチ」はKahoが理研の「遠藤高帆」上級研究員であると報じている。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/06/04/kiji/K20140604008296790.html
 6/4「読売online」は<理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらがSTAPスタップ細胞から作ったと報告した幹細胞の遺伝子について、理研の別の研究者が分析したところ、実験では使っていないはずのマウスの遺伝子が含まれていることが分かった。論文で報告された幹細胞の詳しい遺伝子情報は、公式なデータベースに登録されている。小保方氏が所属する発生・再生科学総合研究センター(神戸市)とは別の研究拠点である統合生命医科学研究センター(横浜市)で、これを分析し、理研本部(埼玉県和光市)で開かれた会合で先月、発表した。> と報じている。http://www.yomiuri.co.jp/science/20140604-OYT1T50074.html これは遠藤研究員がDNAバンクのデータを解析しての結論で、そういうDNA情報の解析分野を「バイオインフォマティクス(BI)」というが、要するにBIの勝利だ。
 鷗外の小説に『かのように』(「森鷗外・明治文学全集27」筑摩書房)がある。「Philosophie des Als Ob(かのようにの哲学)」が主題だ。理研は論文の発表以来ネットで指摘されていた、「Kahoの日記」を初めとする決定的な批判を、これまで「ないかのように」扱ってきて、いたずらに時を空費した。「かのように」の処世哲学は政府の政策がらみだった。理研の罪は重い。
 6/3「産経」が<「小保方氏、実験参加を」理研改革委、STAP検証で提言調整>と報じている。
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140602/scn14060220380007-n1.htm
 小保方に再現実験をさせ、できなければ捏造と判断するというものだが、それは改革委の仕事だろうか?できないから捏造したので、本当にできたのなら、正々堂々と学会発表した後に、論文発表していただろう。「特許うんぬん」を持ち出す人がいたが、まともな学会や科学雑誌なら、発表以後でも何ヶ月かは特許優先権が与えられることになっている。よって特許出願とは関係ない。
 6/4「日経」は<STAP主論文撤回へ、小保方氏同意、研究白紙に>と報じている。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG0301L_T00C14A6000000/

 同じく6/4「スポニチ」は<小保方再現実験に参加へ>と報じている。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/06/04/kiji/K20140604008294730.html
 「主論文の撤回は捏造を認めることになるので、できない」といい、遺伝子データがあることが公表されると、撤回に同意、「理研職員だから命令があれば再現実験に従う」という。小保方もその弁護士もいったいどうなっているのか…。初めから理研が理事長の業務命令を出せば、傷は双方ともにここまで深くならなかったのに…。これで「再現実験」は「もともとないものをあると証明する」実験になったので、意味がなくなった。これ以上は国費のむだ遣いだろう。即刻中止すべきだ。事業仕分けでスパコン購入にクレームをつけた蓮舫議員よ、貴方の出番ですよ。

 多くの人にとって、小保方晴子という人格がどのように形成されたのか、盗用、偽造、捏造はいつから始まったのか、化学や物学はどの程度の基礎学力があったのか、知りたいところだろう。「シェーン事件」では大学時代にまで遡って調査され、不正が確認された。『発掘捏造』(毎日新聞社, 2001)を出した「毎日」は、やるなら過去に遡って事件の全貌を明らかにしてほしい。期待している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (69)   この記事についてブログを書く
« 6-5-2014鹿鳴荘便り/難波先... | トップ | 【ヘビのペニス】難波先生より »
最近の画像もっと見る

69 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
理研擁護派関由行さんの6月4日のTwitterです。 (多くの研究者って誰よ?)
2014-06-06 11:13:23
細胞の初期化をやっている研究者とはなしをすると多くの人が「酸刺激によって何かへんかはおきたのでは?」「ゼロからあの論文は作れない」、と話している。報道機関へのリークではなく、正式に全データ検証をやって欲しい。


Unknown (Unknown)
2014-06-06 11:25:37
間違えました。6月2日でした。
Unknown (5月23日の関由行さんのTwitterです)
2014-06-06 13:17:23
理研CDBは連携大学院となっています。電子顕微鏡解析室米村先生、動物資源解析室古田先生、ゲノム資源解析ユニット工楽先生の研究室に配属可能です。今回のインターンシップでは米村先生がうけいれをしていますので、興味ある学生は是非!
Unknown (これってどーよ!)
2014-06-06 13:28:00
理研の全理事に交代要求へ
改革委[自浄作用が不十分」野依氏は除く ?
Unknown (これってどーよ!)
2014-06-06 13:54:45
「スタップ細胞の真偽は、第三者に検証、再現されることが唯一の手段」と、今後の検証を外部の研究者に委ねる考えを示した。
竹市雅俊氏語る。 5月29日
じゃあ丹羽さんの実験は何なのよ!
一生かかっても誰も出来ないわよ!
どんなけ無責任なのあんた!
Unknown (若山氏も同罪。彼で無くとも真実は明らかにされた)
2014-06-06 18:11:50
若山氏をも持ち上げてはいけない。彼は最初論文発表の時、嬉しそうにプレスに語っていた一人である。小保方氏を持ち上げた一人である。笹井氏が加わるまではかれと小保方さんは共になかよく実験をしていた。
若山氏が居なければこの論文は出来なかった。知らなかった、騙されたでは済まない責任がある。彼を信じ追試した人々を騙した事に変わりない。
Unknown (これってどーよ)
2014-06-06 18:25:58
若山教授は5月11日毎日新聞の取材に「国内外から、(よくやった)(りっぱだ)と私の判断を支持するメールが届いた」と、話した。
誰からのメールよ!自分の名前を入れてマスコミに喜々としてかたり、ネットでバラされたら知らなかった、確証がもてなくなったって、だれの論文よ!ヒーロー気取りは許さないわ!
Unknown (これってどーよ)
2014-06-06 18:47:41
(途中からぼくは仲間外れにされました。論文も最後よく見ませんでした。でも解禁破りを冒してでも三人で会見したいです。横で笹井さんが嘘のデータでipsを貶すのを黙って聞いていました。小保方さんがいる時しか出来なかったけど、だまってました。そんなに簡単には作れないけど
リップサービスしちゃいました。でも嬉しかったんです。ノーベル賞取れると思って) でしょ?
Unknown (Unknown)
2014-06-06 19:37:33
今日、民主党に電話して、蓮舫さんに武田先生のブログをみるよう進言しておきました。ちゃんと読んでくれるといいのですが。
ゲラー先生のTwitterより (Unknown)
2014-06-06 22:59:46
そもそもスタップ細胞は存在しなかったようだ。
つまり、「初現」は無かった。なのに何故理研は「再現」をしようとしているのか?やはり、スタップ現象では無く、スタップ幻想です。
理化学研究所事務アドバイザリー委員会の委員長は岸輝雄氏(工学博士、
専門 --アコースティック・エミッシヨン信号の逆問題解析)です。なぜ理研が選んだ委員長は肝心の問題分野とあれだけ無縁の人になったか?理解しにくい。
ハーバード大バカンテイ教授は神経再生研究の約2億円の研究費を受けた。(企業との共同研究)

コメントを投稿

難波紘二先生」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事