ももたろうパートナーズ 2006

視覚障がいのある方といっしょに走るジョギングクラブ・ももたろうパートナーズ 

二宗さんの自己紹介です。

2020-10-01 06:12:36 | 交流・メンバー紹介

 こんにちは、二宗祐樹と申します。

私は中学3年の時に、盲学校の先生の紹介で桃太郎パートナーズに入会しました。

桃太郎パートナーズに入会してから高校を卒業するまでの学生時代は朝早く学校に登校し、学校の先生にお願いして朝ランニングを10分程度しました。

朝の運動場は気持ちよく、ランニングをして良かったです。

また学校では冬に授業で操山登山や20分完走などをしていたので、運動量が多かったです。

また、駅伝やマラソン大会にも出ました。当時は3キロしか走れませんでした。

出場した主な大会は、早島駅伝、御津健康マラソンなどでした。

 そして学校を卒業してから埼玉県所沢市の訓練施設に入所しました。

そこで、2017年の6月に東京の代々木公園と所沢の航空公園でメインに活動しているバンバンクラブという視覚障碍者の伴走クラブに入部しました。

他にも東京近辺で活動しています。入部のきっかけは、祖母の紹介と、施設の掲示、ランニングを続けたいということでした。

最初は近くの航空公園で走っていましたが、途中で代々木や葛西臨海公園などでもしていることを知り、最寄駅までの歩行が慣れた頃からは代々木や葛西に参加するようになりました。

参加当日は最寄の新所沢駅から公園の最寄駅まで駅員さんに介助してもらって行きました。

桃太郎パートナーズとの違いはいくつかあります。

まず参加申込期限が火曜日までと決まっていて、木曜日ぐらいにはマッチングリストがメーリングとホームページで発表されることです。

マッチングリストが前もって発行されることで、当日の伴走者が前もって分かります。

当日は最寄駅で伴走車と待ち合わせし、公園まで行きます。現地集合する時もありました。

次に、シャッフルランがあることです。これは1周(1キロ)ごとに伴走者が変わるものです。私も何度も参加しましたが、いろいろな人と走れて楽しかったです。

また英会話ランチやミュージックピクニック、バーベキューや花見など、イベントがたくさんあって楽しかったです。

そのクラブは練習時間が3時間近くあったので、私は10キロほど走りました。

他にも代々木公園で活動している団体を3つおしえてもらい、参加していました。

バンバンは毎週土曜日、他の活動は週替わりで日曜日にありました。

アキレスふれあいマラソンなどのたくさんのマラソン大会に出場し、10キロ走れるようになりました。

キロ7分ほどで、10キロのマラソンの記録は90分程度でした。私は東京近辺でのランニングは楽しかったです。
 

そして2019年の1月に岡山に帰り、桃太郎パートナーズへの参加を復活しました。

岡山に帰った後、西大寺マラソンと赤穂義士マラソンで10キロ、早島駅伝で2.5キロの駅伝に出ました。

関東でのランニングの成果が出て良かったです。

家では夏以外は、時間がある時に父とランニングをしています。家の周りを30分ほど走っています。

また数か月前からはランニングの時間を増やすために、桃太郎パートナーズの会場に30分早く行って開始前に少し走り、終了時間も30分遅くしています。
練習時間を増やす前は5キロしか走れませんでしたが、時間を増やしたことで距離が増えて良かったです。

今はコロナの影響でマラソン・駅伝大会はありませんが、これからもランニングをがんばって走距離を増やしたいです。

体重も減ってきたので、これからもどんどん減らして、スリムな体を作りたいです。

写真:津高・さるばいけです。グリーンのジレを着ています。

↓ 森の中を快走中です。

↓ 岡山県知事の三木行治さんの墓地の下を通ったときの写真です。

※関東の詳しい情報ありがとうございました。

みなさん、いろいろ工夫されていますね。

とても参考になりました。

二宗さんの行動力にも驚きました。

すごいです。

ありがとうございました。

 

ぞくぞくと自己紹介メールが届きます。

お待ちしています。

 

お読みいただきありがとうございました。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 蒲地志奈さん(かまちゆきな... | トップ | 10月3日、定例の練習会が終わ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

交流・メンバー紹介」カテゴリの最新記事