つれづれ生活日記in桂林

中国、桂林での生活体験、見たままの日常を紹介

臨桂のマンション

2018-11-17 22:06:08 | 日記
現在、私が住んでいる臨桂は、「臨桂新区」又は「臨桂区」という表示がありどちらが正確か不明! 

どっちなのだ??と思ったりする訳ですが書類上の表記は又違う。


年金機構には「臨桂新区」で届けてありますが臨桂の派出所で「外国人住宿登记表」を申請し発行される

書類は未だに临桂县临桂镇(臨桂県臨桂町?) で記載されている為、年に一度提出する年金の「現況届」の

住所はマンション名、部屋番号以外は最初の届け出住所と表記が違っている。


正しい住所の証明書を送れと年金機構から書類が届いたことはあるが、「住所を間違えている訳ではない」

と返信、それ以外は今のところ支障はない?


現在、私が住んでいる建物の最上階は16階ですが、最近建てられているマンションはそれより10階以上は

高いと思われる建物がほとんどで、建築物の高さ制限が無いのか? 桂林市中心部とは違う風景になっています。

11月初め、臨桂内のレストランで家族の食事会をする事になり、少し遠い場所でしたがバスを利用せず、

一人のんびりと歩いて行った。

           普段滅多に歩かない道を行くと高層マンションだらけです。

       途中「美食街」がありましたが未だテナントが入っていないようだ。
 

           植樹後に枯れた木の根っこを歩道に放置してあります。



昨晩、帰宅する時普段は滅多に利用することがない85路バスに乗り臨桂までは来ましたが降りる

バス停を間違えた為、約40分かけて家まで歩いて帰る羽目に・・

歩くならバス通り沿いではなく11月初めに歩いた場所に近いルートで帰る事にした。

まだ植樹もされていない新しい通りです。流石に通りに人はいなかったが高層マンションばかり。

コメント (2)

伏波山

2018-11-12 21:39:15 | 日記
しばらく、晴天が続いていたのですが昨日から又雨が降り、今週は雨が続きそうです。

漓江の畔にある伏波山へ久しぶりに登ってみた。 最初に登ったのは2008年に初めて桂林へ来た時。

料金は大人=22元でしたが全国70才以上の老人は無料。年齢確認はいつもの免許証を提示しています。

階段で320段少し(数え損ねた)の小さな岩山ですので簡単に登れますが階段は急勾配です。

             対岸側から見た伏波山(2013年09月撮影)



特に下る時は8月に宜春市の名月山へ行った時に痛めた膝をかばいながら、ゆっくりペース下りた。

高さは60m少しということで高い山ではないが、周りの建物が低い(景観保持の為、建物の高さ制限をして

いると聞いたことがあります)ので、遠方の山々まで見渡せます。

観光客だと思いますが、山頂から桂林の街を一望できる伏波山に登る人も多いですね。



10年前に撮った画像と比べてみた。

                2008年1月撮影(左手に見えるのは解放橋)

                     2018年11月9日撮影



                     2008年1月撮影

                    2018年11月9日撮影



                   2008年1月撮影

                    2018年11月9日撮影
 

 2018-11-09

 

 

 

 

                      还珠洞に入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

高齢者の過ごし方

2018-11-07 20:40:55 | 日記
先日、ペン立て(鉛筆立て)を買うために微笑堂近くや歩行街の中にあるミニソウ(メイソウ)等に行ってみたが、

目的の品は見つからなかった。

                  街の銀杏の葉も色づいてきました




以前、瓦窑(wayao)市場内の文房具店で見た事を思い出し11路で行く。 目的地近くの公園には人だかりが

できていたのでバスを降りた後、買い物は後回しにして公園へ後戻り。



地図でみたら瓦窑小游园という名のようです。 最初は歩道で数人のお年寄りが二胡を弾いていたので、

しばらく近くで聴かせてもらいました。


やはり自分自身が練習している楽器に魅かれます。 その後、歌が聞こえてきたのでそちらへ移動。


        今度は女性2人組が歌っています。 近くには笛をふいている男性も(画像無し)・・


しばらく聴いていると今度は、大音量で電子ピアノ?を弾きだした女性!

他の楽器を楽しんでいる人達は自分達の音さえも聞こえないような音量を流しているが他人は関係ない?

とばかり弾いています。



少し移動して今度は一番人だかりが多かった場所へ。化粧した街芸人?男性が歌というか?話しかけている

というか?
 その近くでもお年寄りたちが トランプや紙牌等を楽しんでいます。 




近くには露店の散髪屋もいます。




書を囲んで何やら話を楽しんでいる様子・・



写真は撮りませんでしたが、歩道にも数組のお年寄りたちが小さいテーブルを囲んで 紙牌を楽しんでいます。

臨桂の公園でも二胡やトランプ等で遊んでいるお年寄りは見かけますが人数ではこちら側が圧倒的に多かった。

平日でしたがお年寄りたちは毎日が休日、それぞれに楽しんでいる様子。



鹿児島の場合、屋外でお年寄りが楽しんでいると言えばゲートボールが多かった印象ですが、人数的には

そう多くはなかったような気がする。


日本では一人暮らしの高齢者、いわゆる「独居老人」の数が増加の一途をたどっていて 地域社会とのつながりが

希薄となり、孤立した結果、孤独死に至ってしまうことも… という記事もあります。


高齢者を対象とした内閣府の調査によると、

我が国の単独世帯の高齢者のうち、他者との会話が「ほとんどない」と回答した人の割合は7.0%であり、

これは二人以上の世帯の値(2.2%)や諸外国の単独世帯(アメリカ:1.6%、ドイツ:3.7%、スウェーデ

ン:1.7%)と比較すると高い水準である 。


自身もその仲間に入っている訳で、日々の暮らし方を考えさせられる内容です。

内閣府HP

藤森克彦 「単身高齢世帯(一人暮らし高齢者)の生活と意識に関する国際比較」―4か国比較より
http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h27/zentai/pdf/kourei_4_fujimori.pdf 

コメント (3)

Bluetooth イヤホン

2018-11-05 20:41:15 | 日記
Bluetooth イヤホンを初めて買った。


Amazon.jpのプライム会員になり2年少し経過し、帰国時などは買い物等でそれなりに重宝していた

のですが、今年の途中からHPへのアクセスが出来ず映画やビデオも視聴できないので、プライム会員に

なっている意味が無いな!と思っていた。


先日、たまたまAmazonに関する事をネット上で調べていたら、Amazon Prime Musicは 日本以外でも聴ける

というような記事があった。


  Prime Music
 
  プライム会員であれば誰でも聴くことができる音楽視聴サービス。


XperiaにMusic Appを入れてあったので早速確認!!

結果、特別なAPPを使わなくても普通に聴けますね!! 今迄知りませんでした。

現在、Amazon.japanのHPはエラー表示が出て通常では開くことさえできないのですが・・


そしてプライムラジオというのもありました。

説明によると、Amazonプライムラジオは普通のラジオを聴く機能ではなく自分好みの音楽だけ流し、

嫌いな音楽は簡単にスキップすることができるとの事。


    解ったような、解らないような説明ですが試してみるしかない。

    楽曲のダウンロードは無料との説明なので、いろいろなジャンルの

    中からジャズピアノ名演20選というのを試しにダウンロードして

    みたらスムーズにできた。


  

    Amazon Prime Music は100万曲( iTunesの場合は約3,000万曲のよう

    ですが)が聴き放題といってもそんなには聴けません。







前置きが長くなったが、特別なApp無しでも聴ける事が確認できたのでBluetooth イヤホンを買った。

  スマホに付属していたコード付きイヤホンは持っている が、

  それ以外にイヤホンやヘッドフホンを買った事が無い。

  そして持っているイヤホンはいずれもインナーイヤー型。

 



               Sound PEATS Q30 Plus Bluetooth


私の耳の造りがおかしいのか?装着してもすぐに外れシックリこなかった。


又、スマホと繋ぐコードが煩わしかったので、カナル型のBluetoothイヤホンを探した。

最近は教えてもらいながら京東で欲しい商品を買う練習を試みていますがまだまだ慣れてはいない。

少しは慣れている?Amazon.japanで検索してみると、2018年Amazonの上半期ランキングで

1位…Sound PEATS Q30 Plus Bluetoothというイヤホンが目に止まった。

同じ商品を練習中の京東で検索しても無いのでAmazon中国ならばと検索、同じイヤホンがありました。

Amazon中国も京東と同時にAppを入れ登録だけはしていたので早速注文!

 



 取説は中国語、英語以外に日本語の説明あり

 






今度のカナル型イヤホンは私の耳にもしっくりきて落ちる事もなく、又Bluetooth接続なのでスマホと

コードでつなぐ煩わしさもない。

早速、今日は二胡連の日でしたので往復のバスの中で試してみたがいい感じ!

今後はバスの中でも自分の世界に浸れそうな気がする。

コメント

運転免許証用の健康診断と園林植物園

2018-11-02 14:09:30 | 日記
運転免許証用の健康診断

2013年11月〇〇日に取った中国の運転免許証! 毎年、身体検査があります。

私が持っているC1という種類の免許は小型車の運転しかできず(だと思います。)

免許試験は年齢が 18〜70歳までしか受けられないようですが、私はその前に取ったのでギリギリセーフ。

しかし70歳以上で運転免許証を持っている人は、毎年健康診断書を提出する必要があります。





健康診断に合格すると、運転を続けることができるので、臨桂にある交通警察まで2人で 行きました。


まずは交通警察の右側下にある「体检中心」

へ入ります。

 部屋に入ると男女の担当者が2名いました。


男性の方に免許証とパスポートを提出すると

面倒 だと思ったのか?隣の女性と交代した。

身長、視力、聴力、辨色力等の項目があり

ましたが「身長は何センチ?」と質問があり、


答えた数字を記入したのみ。壁には視力検査表もありましたが、視力検査も含め他の検査は一切無し。


これで健康診断? 拍子抜けするほど簡単でした。


後は担当者の机横にある椅子に座り、机上にあるカメラに

向かい胸に両手をあてたポーズで写真を撮りプリントアウト

した書類にハンコを押し、[ハイ 合格!!]

手数料を19元支払い終了。

他に人が居なかったこともあり5分もかかりませんでした。





余りにもあっけなく終わり外へ出ると交通警察駐車場近くに81路の小型バスが停まっていた。

どうやらこの場所と桂林園林植物園間を走っているようだ。 植物園へ行く予定ではありませんでしたが、

時間が早く終わったので終点まで行き、そのまま久しぶりに植物園内を少し散策。


園内へ入ると色々な音が聞こえてきます。

車のクラクション等、街の騒音がほとんど届かない静かな場所で思い思いに楽しんでいるようです。

 

 2018-10-30

 

 

 

 

 

コメント (2)