ブログ「FM青森チャレンジ川柳!むさし流!」

毎週土曜お昼12時から放送中!入選→秀逸→特選と3句づつ入選句を紹介。入選しないとonairにならないの。悪しからず!

2022年上半期みどり賞

2022年07月03日 | 日記
今週のオンエアは2022年上半期のみどり賞から発表しました!
(早いもので1年も折り返しです。)
 
二の宮が 歩きスマホに 薪投げる
大阪市 恋するちゃんちゃんこちゃん
 
スマホをお題にしたこの句。スマホの功罪について考えさせられたお題でもあったし、何より、モチーフになっている二宮金次郎も「ながら勉強」。労働しながら本を読むお馴染みのあの姿ですね。現代との対比が面白かったです!
「歩きスマホ」で実は勉強している人も中にはいます。
スマホ見てる人が皆、動画を見ていたり、ゲームをしているわけでもない。
ただ、時代が違いすぎますよね。危なすぎる。そりゃ薪だって投げつけられますわ。
恋するちゃんちゃんこちゃんには、むさしさんの素敵な筆で書かれたこちらを短冊をお届けしますね

7/2放送分の入選句です。お題は「鼻」

佳作1 頂いた鼻と妥協をして生きる
兵庫県 けいさん
 
佳作2 折られても折られてもなお伸びる鼻
埼玉県 高原キャベツさん
 
佳作3 皮をむく黒い指先蕗香る
六ヶ所村 とんとこさん
 
けいさんの理想の「鼻」とはどんな「鼻」なんだろう?鼻筋がすーっと通った高い鼻?ちなみに私はそんな「鼻」が欲しかったです。とはいえ親から頂いた「お鼻」ですもの。良しとするしかないでしょう!その気持ちわかります(笑)
 
折られても折られても尚伸びるとは。懲りない人もいますよね(汗)というかプラスで考えればもはやそれは信念か。そういう人は強いのではないかしら。
 
蕗の美味しい季節です。山菜は下処理がなんとも手間。でも、その一手間がより美味しくさせるのかもしれません。(とか言っておきながら自分は実家の母が下処理した蕗をもらってきて、酢味噌で合えれば後は食べるばかりですが…)
 
 
第一生命保険青森支社プレゼンツ今週の地元サラ川!
帆立貝 煮ても焼いても着てもよし
むつ市 あおししさん
 
むつ市のふるさと納税の返礼品がホタテの貝殻3枚で作る水着。だから「着てもよし」なんですね。さ、あなたもどうですか?(笑)
 
 
只今募集中のお題は「細い」
7/15締切です。
投稿お待ちしています
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月のTOP3!

2022年06月26日 | 日記

6/25放送分の入選句です。お題は「パチパチ」

秀逸2 妬心パチパチ恋の奴に成り果てる
青森市 夕月さん
 
秀逸3 爆ぜる音 砲弾の音 地下壕の無音
弘前市 小次郎さん
 
特選 叱られた訳を黙って聞く焚火
京都府 福村まことさん
 
恋をすると嫉妬心がむくむくと湧き出るもの。それを「妬心パチパチ」ジェラシーは出来ればあまりしたくはない。でも、抑えられないのが恋なのです。
 
戦争の恐ろしさ、むごさ、悲しさ、愚かさ…。今ウクライナで起こっている現実。その現実を並べたら「川柳」になってしまうとは。地下壕の無音に心が痛みます。と同時に76年前と何も変わらない世界に愕然としています。
 
叱られた訳を黙って聞く…。もはやこれだけでドラマですよね!どうして叱られたのか・・・自分の行いを回顧して自問自答してみたり、自責の念に駆られたり、後悔したり、はたまたやっぱり叱られることに納得いかなかったり・・・。正解はわかりませんがドラマは見えました!
 
福村まことさんにはこちらの短冊をお届けしますね
イメージチェンジされたむさしさんとともにご覧にくださいませ
久々の特選ですね!楽しみにおまちくださいね。
 
 
 
今週の地元サラ川
第一生命保険青森支社プレゼンツわがまち魅力再発見川柳
新郷村賞 
夏まつりナニャドヤラで婚活よ  はるうららさん
 
只今募集中のお題は「細い」
締切は7/15です。
投稿お待ちしています
 
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

たざわトマトのミニトマト

2022年06月20日 | 日記

6/18放送分の入選句です。お題は「パチパチ」

 
佳作7 落葉焚き火もう消えそうな昭和の火
岡山県 八木五十八さん
 
佳作8 過去燃やす炎の音の美しさ
佐賀県 十音さん
 
秀逸1 身の内に爆ぜるものあり五月闇
神奈川県 水たまりさん
 
確かに…落葉焚きは最近見ませんね。落ち葉をかき集める収集車は見るんですけどね。令和の時代は人力でやってきたことがますます減っていくのでしょう。なんだか寂しいですね。
 
燃やして消してしまいたい過去は、誰にでも1つ2つはあるのだと思うのですが、その燃える炎の音が美しいとは…!どんな過去を燃やせば美しい音になるんだろう?
 
身の内に爆ぜるもの…想いなのだろうと想像しています。五月闇との対比を考えても、ものすごい熱量で燃えている気持ちなんだろうか、と。
 
第一生命保険青森支社プレゼンツ 今週の地元サラ川 
五所川原市賞 
本を読む太宰治に会いに行く 双五さん 
 
さて、田舎館村のミニトマト農家さん「たざわトマト」のミニトマトが旬を迎えましたのでお知らせ
こだわりの水切り栽培で、土づくりから手間暇かけてつくられるんです。
そんじょそこらのミニトマトとはワケが違います
食べればわかります。
めっちゃ甘い!
味が濃い。旨味が濃い。
おススメです。
 


webから予約できます。
ただし発送はしていないので、予め決められた曜日に直接農園に取りに行ける方限定になります。それでも食べてみる価値のあるミニトマトです。

 

美容・健康におすすめ!トマトジュース通販 たざわトマト

美容・健康におすすめ!トマトジュース通販 たざわトマト

青森県田舎館村のトマト農家 こだわり、農薬・化学肥料不使用のとれたてミニトマトを使った高級トマトジュースギフトを通販にてご提供。美容と健康におすすめのトマトジュ...

たざわトマト

 
 
ただ今募集中のお題は「細い」
7/15締切です!
投稿お待ちしています
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アオハル

2022年06月12日 | 日記

6/11放送分の入選句です。お題は「パチパチ」

佳作4 アオハルの恋パチパチと音立てて
静岡県 春爺さん
 
佳作5 送り火の気配を辿り縄文へ
弘前市 ひろひろさん
 
佳作6 二礼二拍手やわらかい風生まれくる
奈良県 あさぎさん
 
 
青春の恋を例えるなら「パチパチと火花が飛び散るような花火」に確かにぴったり!パチパチという火花散る様もその音さえも“青春”にこんなにハマってしまうなんてむさしさんが「俺だっていきなり老人になったわけじゃないんだから青春だってあったよ」と。ええ、そうですよね。誰にでもある青春。S0 Young
 
「送り火」から縄文時代へ思いを馳せてみる。現代の送り火は縄文の精神世界に通じているのかもしれません。私たちの祖先も、1万5000年も前に亡くなった人を埋葬するのに火を焚いて送ったのでしょうか?
そしてそれが1万年も続くっていう。でも、縄文時代に生きていた人の気配は遺跡や遺物から確かに伝わってくるわけで・・・。営みが綿々と続いていることに感動します。
 
神社仏閣を訪れるとどうしてあんなに気持ちが洗われるような感覚になるんでしょうか?別に神様を強く信仰しているわけでもないのに不思議です。でも、いざというときは神頼みをする。現金なものです(私のことでです(笑)。)本殿に向かって手を合わせるときは敬虔な。そうか、あのときに感じる感覚は「やわらかい風が生まれて包まれているのかも。」と。その感覚を言葉にするとあさぎさんの川柳のようになるのかーと。勝手に腑に落ちたのでありました
 
 
今週の地元サラ川
あおもりわがまち魅力再発見川柳
三沢市賞
日米の絆はぐくむBBQ(バーベキュー)ペンネーム 友達作戦さん
 
只今募集中のお題は「鼻」
締切近づいていますよ!6/15締切です。
投稿お待ちしています
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

むさし氏イメージチェンジ

2022年06月05日 | 日記

5月29日にアップしたブログに早速コメントが到着コメントを下さったのは  (宍戸梅軒)2022-05-23 21:31:12

花の名はたぶん キクザキイチゲ(キクザキイチリンソウ)


ワサビ
タチツボスミレ

間違っているかも知れませぬ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ししどばいけんさん、有難うございました

・・・・ということをむさしさんに報告しましたら、なんと宍戸梅軒の正体はむさしさんでありましたーーーーそうですそうですむさしさんはカメラも趣味にもされてその被写体として、野に咲く小さなお花たちを好んで撮られていた方でしたむさしさん、コメント有難うございます。

さすが「草撮り名人」

 

6/4放送分の入選句です。お題は「パチパチ」

佳作1 マスク越しアイコンタクトパチパチで
青森市 戸山のカックイさん
 
佳作2 迎え火に合いの手入れる線香花火
青森市 田舎のばっちゃさん
 
佳作3 鏡に映す別の誰かとする焚き火
弘前市 どん兵衛さん
 
マスク越しのコミュニケーションが日常になってしまった今。まさに「目は口ほどに物を言う」ですね。子供のころ、母から『目バチバチ合図』をされることがよくありました。…あんまり気持ちのいいものではなかった記憶あり。互いの気持ちが通じるような気持ちの良いコミュニケーションであればいいですよね。
 
迎え火はお盆の風物詩。田舎館の実家でも13日から20日まで敷地入り口で迎え火をします。通り沿いの家々が火を焚くので、さながら迎え火ロードになるわけ。小さい子どもにすれば迎え火も花火も一緒。うちの実家でも毎年見る光景です。
 
鏡に映る別の誰かって誰なのでしょう。その人とする焚き火って…。ひょっとすると鏡に映るのは本当の自分だったりするのかしら?
 
 
今週の地元サラ川 あおもりわがまち魅力再発見川柳
 
平内町賞 やませこの つけだエアコン つからいね ペンネーム525さん
 
さて、
5月も後半の収録。トレードマークの中折れ帽がないだけでも、なんだか別の方のような気がするから不思議。デニムのシャツにまるでデニムのマスクを合わせたみたいなむさしさん。
相変わらずお洒落さんです
で、気になるそのマスク・・・どこで買われたお高いマスクなのかしら?と思って伺ったら「100円ショップ」ですって!
それを見つけられてチョイスするところがセンスあるむさしさんなのだな~と思った次第。
 

それにしても、かなりのイメージチェンジなのでは?ヘアスタイルも短髪にされて若々しいですわなんだか、新しいむさしさんが新鮮に映った5月の収録でした。
 
 
只今募集中のお題は「鼻」
6/15締切です。
投稿お待ちしています
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする