ブログ「FM青森チャレンジ川柳!むさし流!」

毎週土曜お昼12時から放送中!入選→秀逸→特選と3句づつ入選句を紹介。入選しないとonairにならないの。悪しからず!

茶臼山公園

2021年06月13日 | 日記

6/12放送分の入選句です。お題は「煮る」

 
佳作4 煮るまでは角突き合わすおでんの具
京都府 福村まことさん
 
佳作5 新人を圧力鍋が待っている
鳥取県 斉尾くにこさん
 
佳作6 コトコトと煮詰めています終い方
青森市 蛍沢の住人さん
 
 
「角突き合わすおでんの具」これも人間関係の比喩表現なのですね。いろんな意見をもった人間同士の議論を交わす場が「おでんの鍋」なのかもしれません。むさしさんが番組でおっしゃった例えがまた絶妙で、妙に納得してしまいました。いろんな意見もそうですが、色んな人間がいるってことですよね。でも、色んな人間が交わって一つにまとまるときって素晴らしい団結力と達成感をもたらしてくれます。中学、高校時代が思い出されます!角がとれて、味がしみたら最高に旨いですね。
 
これも納得の比喩です(笑)。うちでも煮込み料理に圧力鍋を使います。一度使いだしたら便利でやめられない!圧力鍋で作るカレーなんてちょちょいのちょいで出来上がりですもんね(笑)しかも、お肉はやわらかくなるし、玉ねぎはとろけて旨味になるしね。新人さんを圧力鍋であっという間に一人前に仕立てられたら、効率がよくて多くの職場が助かりますね!でも、そうは問屋が卸さない。難しいものですね。最近だと「圧力」は「ハラスメント」になりますから・・・気を付けないと
 
むさしさんと一緒に、すごい句だなぁと唸ってしまいました。そもそもむさしさんは「いきもき」なんだそう(笑)津軽弁で「せっかち」という意味です。津軽の人は「いきもき」が少なくないと思います!
私の周りにも結構いるな~(笑)かく言う私も「いきもき」だな。そういえば何をやるにしてもいつも突貫工事。コツコツやれるタイプでは決してない。恐らく終活をされてるのだろうと想像していますが、それをコツコツと準備されてるって、なかなかできることではありません。私の順番がきたらそうありたいものです。
 
 
さて、先日、大鰐町を訪ねました。
つつじはもはや終わっているのを知りながら、茶臼山公園を久方ぶりに訪ねたのです。
大鰐町を見下ろせるこの景色を久しぶりに堪能しました。
大鰐町のお土産に買ったのが「まみや煎餅店」の津軽せんべい。
手焼きのお煎餅屋さんなんですが、厚みがあって、とっても美味しい!
これを初めて食べました。
大鰐町にこんな名店があったなんて
(写真撮り忘れて食べちゃいました。ごめんなさい。)
 
 
大鰐町の帰りに立ち寄ったのは平川市の志賀坊高原 。
津軽平野を一望できます!
はじめて訪ねました。
よくポスターや写真で見ていた風景です。
夕焼け時がとくに人気のスポットです。一度、夕暮れどきに行ってみたいなぁ
 


只今募集中のお題は「花火」
6/15締切です。
投稿お待ちしています
 
コメント

お礼

2021年06月07日 | 日記

この6月から番組を支援して下さるスポンサーが2社増えました。いずれも弘前市の前田酒類食品販売株式会社様と、株式会社城東閣様です。そして、スポンサーに付いて頂くのにあたりご尽力下頂いたのが小次郎さんでした。この場を借りてお礼申し上げます。

小次郎さま、この度は本当にありがとうございました。

 

6/5放送分の入選句です。お題は「煮る」

佳作1 考えが煮詰まる前に旅へ出る
弘前市 ひろひろさん
 
佳作2 この鍋で溶かしてしまえ嫉妬心
平川市 ワイナリー娘(稲葉)
 
佳作3 煮詰めても甘くなれない青りんご
八戸市 こう子さん
 
コロナ禍の今では、なかなか旅にも出られないですが分かります!先ずは行動してみる!ってことですよね?考えを煮詰める作業ってほんとにきついものですが、行動してをみてわかることがあったりしますもんね。
結果的に行動した方が早いってことの方が多いです
 
これは、ゲリラ投稿の私でした(入選有難うございました
今ある嫉妬心を無かったことにしたくて鍋で煮ることにしたのです(笑)
嫉妬という感情は持ちたくないものですね。
 
煮詰めるを「大人の恋」に例えていらっしゃるんですね。「煮詰まって焦げ臭くなっては大人の恋は失格」だと。名言だと思いました!煮詰めるのは若いころにやっておけって感じ(笑)煮詰めても甘くはしない。その味わいの匙加減が出来るのが大人だということですね?青りんごを演出し続けられるって相当な恋の上級者ですね
 
むさしさんファンのために今回もとっておきの1枚を!
我らがむさしさん。
黒マスクも似合っちゃうから素敵ですよね
 
 
 
只今募集中のお題は「花火」
6/15締切です。
投稿をおまちしています
 
 
 
コメント

カナリア

2021年05月30日 | 日記

5/29放送分の入選句です。お題は「どんどん」

秀逸2 ピーナッツの殻や家康四巻目
京都府 あこしゃん
 
秀逸3 未使用のわたしを晒すどんどんと
静岡県 べっぴんさん
 
特選 カナリアになるよ月は欠けてくよ
弘前市 小次郎さん
 
あこしゃんのご主人様をモチーフにした句だと、添えられたメッセージから分かりました。介護をされてるあこしゃん。しかも介護5から介護2まで恢復されたとのことで、あこしゃんのサポート素晴らしいと思います。そばで見守り支えてこられたあこしゃんの愛が滲んでいる句だと思いました。
 
生きている限り「可能性」はあるんだということを教えられます。生きている限り興味も持ち続けられるし、挑戦もできる!後は勇気とやる気だけなんですね。「未使用のわたし」という表現があるなんて!
未使用の自分をどんどん開拓して素晴らしい人生を。そんな生き方、お手本にしたいと思います。
 
なんて文学的。月が欠けてゆくにしたがってカナリアに近づいていく小次郎さん。時の経過を表現しているのかな?と想像しました。カナリアになっても川柳家をやっておられそうですよね(笑)
 
特選の小次郎さんには色紙を贈らせていただきます!
ただし…
むさしさんも番組の中で触れていらっしゃいましたが、「カナリア」を「カナリヤ」と書いちゃった!って
なんともお茶目なむさしさんのカミングアウト。
聞いて下さってましたか?ということでお許しを頂ければと思います。
 
お茶目なむさしさんのトークが気になる方はぜひ「radiko」で聞いてみて下さいね!
radikoのいいところはオンエア済みの番組を1週間まで遡って聴けるところにありますからね。
ぜひ
 


「カナリア」じゃなくて「カナリヤ」って書いちゃった!
byむさし
写真もおちゃめなむさしさんでした
 
ただ今募集中のお題は「花火」
6/15締め切りですよ!
投稿おまちしています
 
コメント

恐るべしじんましん

2021年05月23日 | 日記

5/22放送分の入選句です。お題は「どんどん」

 
佳作10 四島は見えているのに遠くなる
奈良県 あさぎさん
 
佳作11 今日もまた話ができた また明日
弘前市 どん兵衛さん
 
秀逸1 堪忍の袋に酒をついでやる
兵庫県 さくら草さん
 
 
四島とは北方四島のことですね。択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島・・・。北海道は大好きでよく旅をしますが道東はとくに好きなエリア。根室の納沙布岬も訪ねました。見えるんですよね、島が。本当に近い。それが日本の領土ではないなんて、切ない気持ちになってしまいました。あんなに近いのに、どんどん遠くななっていくような現実・・・分かります。
 
物語が想像できる句ですね。たったの17音なのにすごいなぁと思います!勝手にストーリーを思い浮かべてしまいました。気になる子がいて、なんとかその子に近づきたいという気持ちが溢れてますよね。初々しさまで感じられる。作家性の高さを感じます。
 
堪忍袋の緒が切れそうで・・・。でもそこをなんとか回避すべく酒を注いでやることにした。ということでしょうか。「怒る」って怒る人も怒られる人もストレスがかかること。できればあまり怒りたくはないものですよね。ただ、やけ酒にならないようにしてくださいね(笑)
 
 
コロナ禍の自粛によりおうち時間が長くなっています。
せめて、おウチで美味しいものでも食べたいと思っているんですが・・・。
それが裏目に出たかも。新鮮なシャコとホヤを戴きました!
これがとても安くてなおかつ美味しくて大満足だったのですが。
 
その後、地獄をみました。
 
人生初の「じんましん」を発症。
三日三晩苦しかったです・・・。
症状の出方は個人差があるようですが、全身にぶわーーーっと出るんですもんね。
はじめはポチポチとした発疹が蚊に刺された後のように膨らんできて、それが隣同士とくっついて地図状に広がって、かと思ったら、それが今度はさらに広がって大きく島みたいになっていくんです。
かゆいし、じゅくじゅく、ぞわぞわ、寒気もするし、かといって皮膚表面は熱いし、しまいには空咳まで出る始末。
さて、そのアレルゲンは何なのか。
 


血液検査の結果はまだ出ていないのですが、ホヤか??
当分食べられそうにありません。
 
じんましんは突然発症するそうですよ。
お気をつけくださいね。
 
 
只今募集中のお題は「花火」
6/15締切です。
投稿お待ちしています
 
 
コメント (1)

八重の桜

2021年05月16日 | 日記

5/15放送分の入選句です。お題は「どんどん」

佳作7 恋心胸に宿せば十五歳
青森市 夕月さん
 
佳作8 家系図をどんどん遡上する見合い
京都府 福村まことさん
 
佳作9 どんどんと終の栖が出来上がる
千葉県 柏の山姥さん
 
どんどん若返るなんて!「恋」はやはりするべきですね(笑)句のモチーフであるフィギュアスケーター羽生選手は特にシニア世代の女性を虜にしているようですもんね。
 
お見合い結婚の「お見合い」だと私もよみました。福村家のご家族は皆お見合い結婚だったのかもしれませんね。でも、どうでしょう?田舎だと家系図を遡っていくと…結構行き着いたりしませんか?赤の他人と思っていた人が家系図を遡ると実は繋がっていたりして。昔はそんなに珍しいことでもなかったみたいですしね。
 
柏の山姥さんの終の栖は移住の地、千葉県の柏になるんですね。そのおうちがリフォームの最中だとか。お手紙が同封されてましたが、娘さんの想いにジンときました
母娘の愛を感じました。
 
青森市の野木和公園です。
遅咲きの八重の桜が綺麗でしたよ
散策するにはぴったりの公園です。

 
「煮る」の投稿はお済ですね?
只今募集中のお題は「花火」
6月15日締め切りです!投稿お待ちしています
 
コメント