ミカウバー日記!音楽とグルメと旅行が好き!

今まで行ったライブや食べ歩いた店や訪れた場所についての雑感を書いていきます!

何気に思い出しましたこの映画のタイトルを!

2020-01-26 11:00:00 | 映画
最近でこそ映画館に観に行く回数は減ったけど映画🎞を観るのは昔から好きだ。当然当たりもあればハズレもある。

何故かふっとこの映画の事を思い出してしまった。勿論ハズレとして。

その映画のタイトルは Free Jackだ!


当初からあまり期待はして無かったけどRolling Stones Mick Jagger が出ているという事だけでStones Fan の僕はいそいそと映画館に足を運んだ!

正直今となっては映画のストーリーさえ殆ど覚えていない。なのでここでググってみました!

『フリージャック』(原題: Freejack)は、1992年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はジェフ・マーフィー。ロバート・シェクリイの小説『不死販売株式会社』(原題: Immortality, Inc.)を原作としている。

となっている。あらすじはというと

F1レーサーのアレックスは、レース中の事故の瞬間に2009年の未来にワープする。しかしそれは裕福な者が若く健康な肉体に自分の魂を移し替え生き存えるためにフリージャックされたものだった。アレックスは2009年の成長した恋人のジュリーの協力を仰ぎ、自由の身を求める逃走を続ける。

となっていた。

確かに近未来の映画だった記憶はあったけどストーリーはこんな感じだったんですね。何かチープなSFと言う感じだった事を覚えている程度ですな。
しかも主演のEmilio EstevezってCharlie Sheenのお兄さんなんですね。お恥ずかしながら今回はじめて知りました。

キャストを見てるとRene RussoAnthony Hopkinsと言う演技派も出るしなんとチョい役でMickの元嫁のJerry Hallも出てたんですね。
今回振り返ってみて改めて知ることが多くありました。確か僕はこの映画のパンフレットも買った様な気がするけど・・・

薄らと記憶に残っているのはMickの演技が酷かったことくらいかな!流石にStones Fan の僕としてもガックリなレベルでした。これならまだパイレーツ・オブ・カリビアンKeith 方が良かったね。


とにかく全編観ていてちっともストーリーの中に入り込めないし面白くない。

お目当のMickの登場シーンが意外と多いのにびっくり!

でもこれは酷いよ!

この映画をわざわざ横浜の映画館まで観に行った僕も凄いね。観終わった後になんとも言えない徒労感に包まれたのは言うまでもなかった。

今回この映画の事を思い出したけど

もう一度見直す事は絶対ないです!


Mick お願いだから音楽以外に色気を出さないで〜!

という事でこの映画はMickに免じて☆です。

コメント