『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

小栗吉忠(をぐりよしただ)

2020-04-09 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
小栗吉忠(をぐりよしただ)

<現代仮名遣い>おぐりよしただ

※下線部は信長公記以外の記事によります。


二右衛門。松平宗家の末流で、はじめ松平氏を

称したが、母方の小栗姓を称するようになった。

吉忠は松平広忠に小姓として仕え、広忠の死後

は家康に仕えた。

1563年三河一向一揆の際、家康方として居館筒

針の砦を守る。

1569年には掛川城攻めの戦功により、四十人を

つけられ同心級八百二十四貫を与えられた。


1582年4月徳川家康の命により、小栗吉忠・浅井

    道忠・大橋の三名が奉行をつとめ、天竜

    川池田の宿のあたりに舟橋をかけた。

1590年9月駿河城で死去。


 ※小栗氏は松平宗家の出自であるという。

  もしかしたら小栗旬も・・


コメント

小倉松千代(をぐらまつちよ)

2020-04-08 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
小倉松千代(をぐらまつちよ)

<現代仮名遣い>おぐらまつちよ


松寿。信長の小姓衆。

1582年6月本能寺の変で湯浅甚介・小倉松千代

    は京の町屋に居たが、敵にまぎれて本

    能寺へ入り込み討ち死に。

コメント

小鴨元清(をがももときよ)

2020-04-07 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
小鴨元清(をがももときよ)

<現代仮名遣い>おがももときよ

※下線部は信長公記以外の記事によります。


左衛門尉・南条元清。伯耆の武将で岩倉城主。

南条宗勝の庶子で、嫡系の兄が南条元続。東

伯耆の名門小鴨氏の名を継ぎ、小鴨元清と称

する。


1581年10月羽柴秀吉の元へ「吉川元春が南条

    元続の羽衣石城と小鴨元清の岩倉城

    を取り巻いた」との注進が入り、秀吉は

    亀井玆矩の城へまず参陣する。そのと

    き吉川は羽衣石城と岩倉城に向けて、

    馬の山のふもとに着陣する。次に秀吉

    は羽衣石城に7日間在陣。国中から兵糧・

    玉薬を集め、蜂須賀正勝・木下平大夫の

    両人を馬の山押さえの勢として送る。

1581年11月羽衣石・岩倉間に段々に軍勢を置き、

    兵糧・玉薬を十分持たせ「春まで動けるよ

    うに」と指示する。その後秀吉が姫路に引

    き上げると、吉川元春も軍勢を引き上げる。

1588年冬主家南条氏のために伯耆羽衣石城代と

なる。

1592年南条氏の名代として朝鮮へ出兵したが、甥

元忠の家臣の讒言により失脚。その後小西行長に

仕える。

1600年関ヶ原の戦いでは、行長の領国肥後国宇土

で加藤清正軍と戦う。しかし行長の刑死後は加藤清

正の家臣となり、清正の仲介で豊臣秀頼への仕官を

願ったが、果たせずに病死。子の宣政が豊臣秀頼に

仕えることになった。
コメント

岡部元信(をかべもとのぶ)

2020-04-06 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡部元信(をかべもとのぶ)

<現代仮名遣い>おかべもとのぶ

※下線部は信長公記以外の記事によります。


五郎兵衛。駿河今川氏の将。

1552年3~4月信長方の山口左馬助が駿河今川

    方に寝返ると、笠寺に入る。

1556年から、鳴海の城の城代として籠る。

1560年5月、桶狭間の戦いの時は、鳴海の横を通

    る信長軍の進軍をとめることが出来ず、

    今川義元討ち死にとなった。戦後少し篭

    城したものの降参。信長からいのちを許

    され駿河へ退却。

戦国人名事典ではこのとき今川義元の首級を駿

河へ持ち帰ったとある。今川氏滅亡後は武田氏に

仕え、遠江国高天神城を守る。

1581年3月高天神城を徳川家康の臣榊原康政・本

多忠勝・鳥居元忠らに攻撃され、討ち死にした。



 ※ここでは信長公は、

 ・死化粧を施した今川義元の首級を岡部

  元信に持ち帰らせる。

 ・直後に駿河に攻め入ることはしない。

 などからみて、「今川治部大輔殿を討ち果

 たしたのは偶然であり、駿河を攻める意図

 は毛頭なかった!」と世の中に示したかった

 のではなかったかと思います。 

コメント

岡部又右衛門(をかべまたうゑもん)

2020-04-05 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡部又右衛門(をかべまたうゑもん)

<現代仮名遣い>おかべまたえもん


信長臣下の大工。

1573年5月5000人乗りの大船建造の棟梁を務

    める。

1575年5月熱田神宮の八剣宮の修復を任される。

1576年1月開始の安土城建築で大工頭をつとめる。

1581年9月信長は安土城造営にかかわった諸職人

    頭(狩野永徳・息右京助、木村次郎左衛門、

    木村源五、岡部又右衛門・同息、遊左衛門・

    子息、竹尾源七、松村、後藤平四郎、刑部、

    新七、奈良大工)に小袖を下した。


 ※信長公が岡部又右衛門に造営を命じた

  5000人乗りの大船についての情報が、

  秀吉→家康→徳川家代々と続いていた

  なら、幕末にアメリカの黒船ごときで驚

  く必要はなかったかもしれません。それ

  とも家康はこの情報を闇に葬り去ったか・・


コメント

岡部長保(をかべながやす)

2020-04-04 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡部長保(をかべながやす)

<現代仮名遣い>おかべながやす


丹波守。不詳。

1581年3月高天神城陥落の時、城勢として討死に。

コメント

岡部帯刀(をかべたてわき)

2020-04-03 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡部帯刀(をかべたてわき)

<現代仮名遣い>おかべたてわき


不詳。

1581年3月高天神城陥落の時、城勢として討死に。

コメント

岡辺(をかべ)

2020-04-02 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡辺(をかべ)

<現代仮名遣い>おかべ


不詳。武田勝頼の臣。

1575年5月長篠の合戦に参戦し、退却時に討

    ち取られる。

コメント

岡飛騨守(をかひだのかみ)

2020-04-01 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
岡飛騨守(をかひだのかみ)

<現代仮名遣い>おかひだのかみ


三好義継の臣。

1573年11月若江城で家老の多羅尾・池田・野間

    の背反により主君三好義継が切腹する

    と、追い腹を切って果てる。


コメント

小川祐忠(をがはすけただ)

2020-03-31 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
小川祐忠(をがはすけただ)

<現代仮名遣い>おがわすけただ

※下線部は信長公記以外の記事によります。


孫一郎。滋賀県神崎郡能登川町小川の小土豪。

志村のとなり。

1571年9月信長の志村攻めを見て、小川城を開

    城・降参。

1573年7月義昭真木嶋攻めに信長方として参戦。

1581年1月の馬場入りで、爆竹(さぎちゃう)の準

    備をつとめる。

1582年1月爆竹北方東一番を、土佐定久・多賀常

    則・後藤高治・山岡景宗・蒲生賦秀・佐々

    木京極高次・山崎秀家・小川祐忠が務める。

1582年山崎の戦いの時には明智光秀に属して戦

ったが、のち柴田勝家に属し、勝家の養子勝豊の

家老を勤めた。

1583年勝豊が秀吉方についたので、祐忠も秀吉

方として賤ヶ岳で戦った。

勝豊の没後秀吉に仕える。

1584年小牧の戦いに参戦。

1590年伊予国府中城主で七万石。

1593年朝鮮に出陣し、金海で浅野長政を救援。

1600年関ヶ原の戦いでは西軍に属したが寝返り、

東軍のため戦功をあげる。

戦後改易され1601年死去。



コメント