『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

菖蒲の前(あやめのまへ)

2016-01-19 18:17:52 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
菖蒲の前(あやめのまへ)

〔現代かなづかい〕あやめのまえ


後白河院の女房で、三位入道頼政に譲られた。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

尼ぜ(あまぜ)

2016-01-18 20:56:53 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
尼ぜ(あまぜ)

〔現代かなづかい〕あまぜ


“藤原隆重の女(むすめ)”のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

安倍泰親(あべのやすちか)

2016-01-17 20:06:10 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
安倍泰親(あべのやすちか)

〔現代かなづかい〕あべのやすちか


陰陽頭(いんようのかみ)泰長の子。晴明

から五代の末裔にあたる。天文博士・陰陽頭。

中宮徳子の出産で、皇子であること・出産の

時刻など見事に言い当て、当時「さすの御子

(=卜占の名人)」といわれた。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

安倍時晴(あべのときはる)

2016-01-16 09:54:45 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
安倍時晴(あべのときはる)

〔現代かなづかい〕あべのときはる


陰陽頭(いんようのかみ)。安徳帝誕生の時の

千度の御祓いを行なった。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

安倍晴明(あべのせいめい)

2016-01-13 21:07:27 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
安倍晴明(あべのせいめい)

〔現代かなづかい〕あべのせいめい


賀茂忠行・保憲に学んで陰陽道を極め、天文博士

になる。一乗堀川戻り橋の下に職神(十二神将)を

しのばせ、必要な時に召し仕ったという。これに

よって橋占を行なうと必ず職神が人の口に移って

善悪を示すという。


 ※『陰陽師』の実写では、個人的には野村萬斎

  の安倍晴明が好みです。SMAPの稲垣吾郎も

  悪くはなかったけど、駐禁逃走事件とか、

  SMAP解散事件とか、ぶつぶつ・・・


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

近江帝(あふみのみかど)

2016-01-11 17:36:05 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
近江帝(あふみのみかど)

〔現代かなづかい〕おうみのみかど


“天智帝”のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

淡路帝(あはじのみかど)

2016-01-10 08:07:46 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
淡路帝(あはじのみかど)

〔現代かなづかい〕あわじのみかど


“淳仁帝”のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

淡路守(あはじのかみ)

2016-01-04 21:05:59 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
淡路守(あはじのかみ)

〔現代かなづかい〕あわじのかみ

“平清房”のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

阿難陀(あなんだ)

2016-01-03 08:43:16 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
阿難陀(あなんだ)

〔現代かなづかい〕あなんだ


釈迦十大弟子の一人で「多聞第一」と

称せられた。

 ※釈迦十大弟子とは、阿那律・阿難陀・

  優婆離・迦葉・迦旃延・舎利弗・須菩提・

  富楼那・目連・羅睺羅のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント

阿那律(あなりつ)

2016-01-02 09:27:49 | 源平盛衰記の蔵:人物篇
阿那律(あなりつ)

〔現代かなづかい〕あなりつ


釈迦十大弟子の一人で「天眼第一」と

称せられた。

 ※釈迦十大弟子とは、阿那律・阿難陀・

  優婆離・迦葉・迦旃延・舎利弗・須菩提・

  富楼那・目連・羅睺羅のこと。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
コメント