映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ねらわれた学園 #272

2005-03-27 | な行映画
1981年 日本 90分

眉村卓のSF小説の映画化。夕焼け番長みたいな人とか嫌味なしゃべり方をする優等生とかめっちゃベタな学園モノで始まる。当然薬師丸ひろ子は学園一番の優等生で憧れの的。幼馴染の耕児とはよき友人関係だ。彼女を中心とした学園ドラマなんだけど、耕児の剣道の試合あたりから、ちょっと毛色が変わってくる。そして謎の変人(文字通り変てこな人だー!マグマ大使みたい)峰岸徹の登場。さらにライバル転校生の登場により、学園はものすごい急展開!

ブレイク直前の薬師丸ひろ子のアイドル映画。監督の大林宣彦は2年後「時をかける少女」を撮るんだけど、この2作、なんか似てる。ヒロインと幼馴染の恋人未満の関係、学園で起こる不思議な事件、合成の画面、パジャマ姿。どちらも主人公のアイドルの魅力は存分に発揮されていて嫌いではない。主題歌は両方松任谷由美で、「守ってあげたい」も名曲だし。

が、バックにアニメでキラキラなんか入ってきたりカラーと白黒が反転されたり、挙句には実写とアニメがごっちゃ混ぜくりで、とにかく怪しさ満点の映画に仕上がってる。80年代角川映画の怪作だ!こっそり高橋克典が出てた。松任谷正隆のやる気のなさそうな演技も異色だった。原作の眉村卓さんは校長先生役で出演、机を叩いたらオブジェが3つ飛び跳ねるネタをやっていた。豪快な映画だった。たまにはいいけど、続けてこういうの観ると食傷かも。

原田知世主演で30分枠のTVドラマもやってたなー。関耕児君(高柳良一)が映画と同じ人で怪人は本田恭章だったっけ。TV版の方が好評だった気がする。懐かしー。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« チャーリーと14人のキッズ ... | トップ | 第三の男 #273 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おなか。 (ブンブク)
2005-03-27 22:47:10
こんにちわ。

懐かしいですねぇ。

なんか幼少のころの記憶で

結構うろ覚えなんですけど、

最後の敵と戦ってる最中に後ろが宇宙みたいに

なってませんでしたっけ?

そしてそして、敵のお腹に大きな目玉が

あったような気が。・・・

違う映画だったらスミマセン。

Unknown (映画のせかいマスター)
2005-03-28 07:30:41
どうも!コメントありがとうございます。

そうです!まさしくそのとーり!バックの宇宙は安っぽいアニメで、お腹の目玉はウケ狙いとしか思えない出来栄えでした(笑)最高です。もし思い出したら描画してくださ~い

コメントを投稿

な行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事