映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャップリンの独裁者 #300

2005-04-18 | た行映画
1940年 アメリカ 120分

オープニングは戦地コント。戦場に赴いた床屋のチャップリンが、手榴弾を自分の洋服の中に落としてしまって必死で探すシーンや、不発弾を調べるシーンにつかみはOK!ところ変わってヒトラーを模した総統の演説シーンでは何語を話してるのかわからないが、一気にまくし立てる一人二役のチャップリンの独裁者ぶりが際立つ。一転、地球の風船で遊ぶシーンや隣国の総統にいいようにやられてしまうシーンでは、実は独裁者もたいした人物ではないように描いている。

話は独裁者と床屋の二つのエピソードが交互に入り、その二つをつなぐ役割として、冒頭の戦地で飛行機で床屋がたまたま助けた将校が登場する。ユダヤ人の床屋は突撃隊の兵隊らにやりたい放題にいたぶられる。兵隊に立ち向かうのは床屋の隣に住む娘ハンナ(モダン・タイムスのポーレット・ゴダード)くらいで、窓からフライパンで応戦する。ある日床屋は兵隊に連行されそうになるが、通りかかった将校に命の恩人と助けられる。一時期町は平穏になるのだが、将校が逮捕されるというニュースが入り、床屋らは将校を匿うことに・・・。

笑えたのは総統と討死にする男を選ぶのに、コインが入っているケーキを食べた男が当たり、というシーン。何気に重さを比べてケーキを分配したり、結局みんなの分にコインが入っていたようでそれぞれが隣のケーキにこっそりコインを忍ばせたり、コインを飲み込んで知らない振りをするチャップリンがチャリチャリ言わせるところ。屋根に将校を隠そうとして荷物で顔が隠れてしまい、板の上を渡っていくところや、ブラームス ハンガリー舞曲 第5番に合わせての髭剃りなどもも可笑しかった。毒のある映画を笑いでうまく包み込んでいる。


さて、この映画が作られたのはヒトラーもちろん存命中。こんな映画を作っちゃって大丈夫?とついつい心配してしまうほどの出来栄えだ。ラストで独裁者にすり替わった床屋が感動の演説で平和を唱えるが、その甲斐なくして?翌年には第二次世界大戦が始まってしまう。また当時のユダヤ人迫害もそのまま描いていて、ユダヤ人を憎むことは我々の義務であるとまで言わせる。かなり風刺のきいた作品で、当時の影響力も凄かったんじゃないかと想像する。チャップリン初のトーキー映画。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 米TVムービー | トップ | 移転準備中です »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (Ray)
2005-04-18 18:16:25
偉大なチャップリン映画ですね。

この映画をあの時代に造った勇気と、世論に与えた影響は私には計り知れません。

この後も風刺映画を造っていますものね。



風船のシーンは笑いました。

地球儀だったですよね。すごいブラックユーモアです。
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-04-19 07:17:35
どうも~!チャップリン映画の深さを改めて知りました。wowowの放送順もよかったですね~。全部見たのでしばらくはチャップリンシリーズです。しばしお付き合いください。

そうそう地球儀、最初何なってんのかわかんなかったです^^
Unknown (ぱんだ)
2005-08-26 22:51:19
この映画すごいですね。

魂を感じます。

チャップリンの映画は、涙の中の優しさを

感じて好きです。

こちらでも記事を投稿したので、

よかったらお越しください。

コメントなどもらえると倍うれしいです♪
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-08-27 07:05:32
ぱんださん、コメントありがとうございます。

チャップリン映画は大人から子どもまで間口が広く奥が深い、笑いも涙も満載ですよね。



そうそう、ぱんださんのブログもそれに似ていると感じました。あとでコメント書きに参りまする^^

では!
Unknown (奈緒子と次郎)
2006-08-01 08:23:10
久しぶりに見ましたが、やっぱりすばらしい(^o^)

若い人たちにも見て欲しいですね。
Unknown (映画のせかいマスター)
2006-08-05 14:19:13
おそくなって失礼しました。こっちはチェックが甘かった・・。



奈緒子さん、若い人じゃないですか~というつっ込みは置いといて、ほんと、高校の授業とかで流して欲しいくらいですよねー。名作です。
Unknown (スペードのA)
2006-08-09 15:51:39
こんにちは。

私もコインのシーンは面白かったです。

ナチス政権時にこういう映画をつくるのはかなり勇気がいると思われ、チャップリンは凄いですね。
Unknown (映画のせかいマスター)
2006-08-09 20:46:13
スペードのAさん、コメントありがとうございます。映画もたくさんあって楽しいブログですね。

コインのシーンは絶対自分もやりそうで笑ってしまいました。



今後ともよろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2007-01-04 21:11:07
私も見ました
私も見ました (宇美)
2007-08-11 17:50:29
ついさっき
見たばかりです☆
やっぱり最後の演説が
心に響きますよね・・

コメントを投稿

た行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事