映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第三の男 #273

2005-03-28 | た行映画
1949年 イギリス 105分

第二次世界大戦後の焼け野原となったウィーン。ミステリー作家のマーティンス(ジョゼフ・コットン)は親友のハリーライム(オーソン・ウェルズ)の元を訪れるが、彼は事故で亡くなったと言う。マーティンスはハリーの死が信じられず、真相を突き止めようとハリーの恋人のアンナ(アリダ・ヴァリ)らを訪ねる。目撃者の証言からハリーの死体を運んだのは3人いることが判明するが、2人は誰かわかるが、3人目の男の行方が不明である・・・。

上から下から、映像の構図が面白い。目玉のような螺旋階段。なぜか時々斜めになるのは主人公の迷走の象徴かな。シンメトリーな観覧車、下水道、遊歩道。鼠が出そうな下水道もなぜかキレイに写ってる。迷路のような下水道を画面の上と下、右と左に同時に映し出す。ニョキっと出てくる指。そして響き渡る銃声!軽快なリズムの音楽に乗せてミステリーが展開する。

さて、この映画の主人公は誰だろう。ぶっ通しで出てくるマーティンスは、かっこよさげだが、実はお間抜けだ。逆に予想通り姿を現したハリーの悪人面。こっちは存在感大だ。音楽も「ハリーライムのテーマ」なわけだし、出演時間半分でかっさらっていったかな?!で、勝者はどちら?美女アンナが舞い降りるのはどっち?・・・第三の男が出てきたりして。しないって。その答はラストシーンで!

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ねらわれた学園 #272 | トップ | 地獄の黙示録 #274 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カッコ良かったですね♪ (izumi)
2005-03-28 22:11:55
こんばんは~。

TB&コメント、ありがとうございます!

ほ~んと、上から下から右から左からでしたね。

ラストシーンも印象に残っています。

音楽も良いですよね~。

TBさせて頂きますね♪

コメントを投稿

た行映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事